天職を探し中の25歳の女ですが、将来的には何らかの会社を立ち上げられたらと思っています。
 私の周りには起業したひとや社長がいません。いろんなビジネス書を読んだりしてはいますが、私の友人でも同じように将来起業したいとか今の現状をよりよくしようとしている行動派な方もいないのです。いろんな業界の経営者や社長にお会いして、その方たちの経営に関する考えやきっかけなど自分の知らないことを色々聞いてみたいんです。そういう方たちにいい意味で影響されたいと思っています。
そのような方たちとどういうところにいけば会えるでしょうか?
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

僕も同じことを思いました。

昔。もう起業しています。

経営者って何人いるか知ってます?600万人ですよ。これは労働人口比8.5人に一人です。つまり、死ぬほど居るってことです。

会合?もちろん、いきました。群れている経営者はダメですね。なんで群れているか分かります?売上に困っているだけでね。優秀な経営者は群れません。だから会合で会ってもムダです。ほとんど参考になりません。この手でいうと、ニュービジネス協議会が初心者コースでしょうか。これでもエントリーですが、異業種懇談会よりはマシです。

優秀な経営者に合う方法は、難しいのですが、まず、自分が優秀であることです。自分と似た程度の人間にしか合えません。だから、知り合いに紹介を頼みつつ、自分のビジョンを説明しないとダメです。

それから話すことが無いと誰もあってくれません。だから自分が何を伝えるか、何を考えているか、どこまで本気かを練ることです。

『起業夢想予備軍』なんて死ぬほど居ますから、起業した人間はもう相手にはしません(時間の無駄です)。それに起業したい、といって本当に起業するのはサラリーマンからは10人に1人くらいでしょうか。よって、本当に逢いたければ、まず起業のリスクを取ってからのほうが良いでしょう。じゃなきゃ、平等にならないからです。

捨て身の人間なら僕は喜んでお会いしましょう。でも、「お勉強」なら断ります。この世界は『何を行動したか』でしか評価されません。口だけでも、やっぱり難しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分が優秀になることは本当に大事だと思います。厳しい意見ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/16 06:38

 始めまして。


 天職をお探しとのことですが、最初から天職にたどり着く人はいません、色々な事を経験し、学んでいく中から見いだしていけると思います。
 そうしたことの積み重ねの中から、自分にあった新たな会社を起業なさってはいかがでしょうか?
 何らかのといった漠然としたご質問では投稿する方が考えてしまいます。
 しっかりした、自分の将来に対する、ビジョンを作ってからでも遅くありません、
 それでも経営者の方にお会いしたいというなら、下記URLを参考にして下さい。
  ちなみに、私も近々起業をする予定で色々準備をしていますまで、毎週火曜日の大田区と金曜日の赤坂に参加しています。
 異業種交流が出来て大変勉強になり「目から鱗」を時々経験しています(元気な社長って大変)
 貴女が東京近郊の方で有ればお会いできるかもしれませんね。

 

参考URL:http://www.tokyo-rinri.net/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

近々起業されるのですね。がんばってください。
参考になる意見をありがとうございました。

お礼日時:2005/04/16 06:37

東京商工会議所の女性会でやっている「女性の女性による創業塾」というセミナーがあるので、問い合わせてみれば如何ですか。

起業講習会の情報もあるかもしれません。
但し、かなり勉強してからいかないと、レベルは高そうです。アントレの一つの成功モデルとしては、こうしたセミナー仲間の横のつながりから協力し合って事業を立ち上げるという手法があります。
成功している社長さんは、貴方の話を聞くほど暇ではありません。ただ、そういう起業家がセミナー講師をする場合は多くありますから、探していくのが最初はいいでしょう。その程度の投資はしないと話は聞けないものです。
それと天職は簡単に分かるものではないと思いますよ。ほとんどのサラリーマン・OLは自分の仕事が天職とは思っていないでしょうし、仕事を始めて何年もして振り返ってみて言えることではないですか。イチローみたいな例は何万人に1人でしょう。

参考URL:http://www.tokyo-cci.or.jp/women/event/050115-02 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういうセミナーもあるんですね。参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/03 00:00

身の回り・・・近所ということで言えば、専門職とかは女性経営者は結構多いと思いです。


質問内容からすると、派遣業の社長でもよさそうですね。
大手で言うパソナとかフルキャストとかはフリーター発らしいですし。

身近で言えば個人事業者でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『パソナとかフルキャストとかはフリーター発』知りませんでした。回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/03 00:02

簡単なようで、難しいですね。



社長に会うだけなら、あなたが働いているところの
社長には会えるのでは?
現状をよりよくしようとしている行動派ではない。
というなら、それはそれで、反面教師にすればいいし。

コミュニティ誌や新聞に載っている、講演会にさんかするのもいいし・・・
経済団体が主催する名刺交換会などがあれば、参加してみるのもいいと思います。

野球選手になりたいから、野球選手に会いたい。
この理屈と同じでは?
あったから野球選手になれる訳ではありません。日々の努力が必要です。

私も自営業者(起業者)ですが、現実には理想だけでは片付けられない問題が、たくさんあります。

ただ、あなたの前向きな気持ちが長続きして、
希望にかなう日が来ることを祈ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前向きな気持ちを長続きさせていこうと思います。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/02 23:58

天職を探している?何等かの会社を立ち上げたい?


あなたの安易な話の内容からは、銀座のスナックにでも勤務すれば「社長さん」には会えますよ、程度しか言えないのでは。
あなた自身に具体的な考えも経験もなく、しかも友人を含めて「周囲にそのような人物がいない」。それは周囲の問題ではなく、あなた自身のレベルがそうだということだと思います。
会社を経営するという高いレベルの人達に会うには、あなた自身のレベルをもっと高めておかないと、結果は目に見えているのではないですか?

この回答への補足

厳しいご意見ありがとうございます。まさにおっしゃる通り、私自身現在、そのようなレベルには達してないので、そのレベルに進むには現在社長や経営者にお会いするのがいいのではないかと思ったのです。
 銀座のスナックで働くというのも良いお考えだと思います。入ったことがないのでわからないのですが、スナックはお酒をついでお話を聞いていればいいところですか?お触りとかはあるのでしょうか?

補足日時:2005/04/02 11:34
    • good
    • 0

経営者なら特に「ギブアンドテイク」を意識するのではないでしょうか? 人にもよりけりでしょうが。


経営者はあなたに起業ノウハウという情報をギブできます。
あなたはその経営者になにをギブできますか?
情報?
お金?
それとも……?
その答えをまず見つけてください。そうすれば次の行動につながると思います。
例えば、お金をギブするというのであれば、ビジネススクールに通ってみるのもひとつだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『ギブ』できるものですか。アイディアと労働力ですかね。。また考えてみます。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/02 11:20

怪しい社長さんもいるかもしれませんが、「お見合いパーティー」等が良いのではないですか?


医者限定、一流企業限定等限定されているパーティーがありますので参加されてみたらいかがでしょうか?
いろんなお話聞けると思いますよ。

でも起業って、自分がこれだと思うこと、それに対して何をしていくかということが見つけられたらどこででも起業はできます。
が、存続できるかはその後の努力しだいです。
種をまいても育たなくては売れませんし、育っても買う人がいなければ売れません。
自分が得意な分野、好きなもの。
その中でビジネスになりそうなもの。
見つけて、決めて、行動するのみです。
探しているうちにチャンスは失われているかもしれませんよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速そのようなお見合いパーティ探してみようと思います。『見つけて、決めて、行動するのみ』ですね
行動しなくちゃはじまりませんものね。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/02 11:17

まずは、どういう業界に進まれるつもりなのか決める方が先じゃないですかね?


多分、極端な例ですが呉服店の経営されてる方が、建設業の経営者と有っても話が合わないです。(実例書いてる気がするけど・・・)
まずは、その業界の下積み、実情を知ってから経営に携わらないと危ないです。

この回答への補足

早速回答ありがとうございます。
ほんと、そうですよね。業界の下積み、実情知らないと危ないですよね。。
今現在興味のあるのは輸入雑貨と日本にきている留学生など外国人のホームステイや住宅のあっせんですね。

補足日時:2005/04/02 11:03
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経営者です。社員がうつ病になりました。

小さいながら会社経営をしていますが、社員がうつ病を発症し自主退社しました。その後1~2年は何もなかったのですが、最近になって頻繁に、「自分がうつ病になったのは仕事のせいだ」「慰謝料を払え」などといったメールが届くようになりました。

この方は入社前からうつ病を発症していたことを黙って勤務しており(それは退社する間際に知らされた)、私も最新の注意を払ったと思ってはいるのですが、うつ病になってしまったのは事実です。このような場合、どのように対処したら良いでしょうか?

勤務時の配慮としましては、

・残業、休日出勤等は一切行っていない。
・休みたいときは自由に休ませていた。
・勤務中にも体調不良を訴えたときはソファーで寝かせるなどの処置もしていた。
・上記のことを行っても給料から天引きなどはしていない。
・社内でいじめや悪口等もなかった。

仕事内容としましては、

・会社全体で目標を設定し、本人にも努力させていた事実はある。(努力目標として当然だと考える)
・ただし、ノルマを与えたわけではなく、目標を達成しなくても罰則等は一切設けていない。

※本人はこの目標に関して責任を感じてうつ病を発症したそうです。

本人の実力がもともとなかったこともあり、他の社員よりも
管理する業務はだいぶ少なくしていましたし、体調不良に関しても
やさしく接してきたつもりですが、結果はうつ病になり、今その方は会社を恨み、
慰謝料を払えといってきています。(現段階ではまだ本人がメールで行ってきているだけで弁護士などが入っているわけではなさそうです。)

このような場合、会社としてどのような対応をすべきでしょうか?
私としては、最大限配慮してきましたし、彼のミスをサポートするために
他の社員もかなり犠牲になりましたので、さらに慰謝料を払うとなるとかなり経営が厳しいです。

うつ病の方と接するのが初めてで、どうすべきか悩んでいます。

小さいながら会社経営をしていますが、社員がうつ病を発症し自主退社しました。その後1~2年は何もなかったのですが、最近になって頻繁に、「自分がうつ病になったのは仕事のせいだ」「慰謝料を払え」などといったメールが届くようになりました。

この方は入社前からうつ病を発症していたことを黙って勤務しており(それは退社する間際に知らされた)、私も最新の注意を払ったと思ってはいるのですが、うつ病になってしまったのは事実です。このような場合、どのように対処したら良いでしょうか?

勤務時の配慮...続きを読む

Aベストアンサー

会社経営者です(零細ですが・・)

鬱までは行きませんが、欝っぽい人を解雇して似たような事例にあったことがあります。

経営者側として防衛するとするならば、まず労働基準監督署に相談して、今までの経緯の中で問題点が無かったかを確認し、それを文書なり証拠なりの形で残すことです。

上記の事例の際に、解雇した人が労基署に訴えて示談になったのですが、労基署曰く「このようなトラブルになる前に経営者側もぜひ相談して欲しい」と言われました。

また入社の経緯や欝を隠していたこと、自主退社であること、などの書類も取っておくほうが安全ですし、社労士さんに雇用手続き関係を依頼しているなら、いまのうちに相談して証拠となる書類を保存しておくこともお勧めします。

それと、時効の問題です。
基本的には慰謝料などの請求権の時効は3年です。ところが、この時効に関しては「本人が被害を認識してから」という最高裁判例がついています。今回の場合は2年ほど経ってから「前職のせいで鬱になった」と被害の認識をしているのですから、これから3年は時効が成立しないと考えたほうが安全でしょう。

そうなると逆に「最初にメールなどが来た日」も重要な証拠です。少なくとも「慰謝料を払え」と被害の認定を本人がしてメールを打っているのですから、そこから3年間法的な行為を行わなければ時効が成立する可能性が高くなります。

また、最近鬱がひどくなって被害妄想などが過度になっているなら、そもそも損害賠償そのものが必要かどうかまで吟味する必要があります。

客観的な検証に耐えうるように、彼からのメールや郵便物はすべて保存し、電話があった場合は録音できればいいのですが、できない場合はすぐに電話のあった日時、通話の時間、通話内容をメモにして保存しておくことをお勧めします。

これらをそろえた上であれば裁判まで行っても勝てる可能性は高くなるでしょう。その場合は勿論弁護士に相談して勝算があるかどうか検討してからになるとおもいますが、少なくとも「時間と費用」という点は質問者側のほうが圧倒的に有利である、ということは事実でしょう。

個人的には、うつ病の彼は「会社をやめたもののニッチもサッチも行かなくなって、そのような状況になったのはあの会社のせいだから、慰謝料を貰って生活の足しにしよう」と考えているようにしか見えません。

一番いいのは、のらりくらりと3年間かわしつづけて、3年の時効が成立するのを待つのがいいのではないでしょうか。
少なくとも電話代すら払えなくなれば、メールも止まるでしょうし、逆に電話代が払えるなら生活は何とか成り立っているので、それ以上のアクションは起こさないような気がします。

後は、逆恨みで刺されないようにだけ注意してください。

会社経営者です(零細ですが・・)

鬱までは行きませんが、欝っぽい人を解雇して似たような事例にあったことがあります。

経営者側として防衛するとするならば、まず労働基準監督署に相談して、今までの経緯の中で問題点が無かったかを確認し、それを文書なり証拠なりの形で残すことです。

上記の事例の際に、解雇した人が労基署に訴えて示談になったのですが、労基署曰く「このようなトラブルになる前に経営者側もぜひ相談して欲しい」と言われました。

また入社の経緯や欝を隠していたこと、自主退社である...続きを読む

Q将来起業したいです。今大学生です。起業する上でこれだけはやっておいたほ

将来起業したいです。今大学生です。起業する上でこれだけはやっておいたほうがいいというようなアドバイスはなにかありますか?先月留学から帰国して、就職活動中です。自分の中では、会社で3、4年働いて独立しようと思っています。

Aベストアンサー

1.お金。通常3~4年はどんなに運が良くても収支とんとん、普通は持ち出し。
ですから、生きていくだけのお金は起業の分と別に用意しましょう。

2.特技。他の人にマネが出来ない「何か」。それがないと何をやっても「後追い」にしかならないので「起業」の意味がありません。似たサービスが沢山あっても自分たちしか供給出来ないオプションがあれば何とか喰っていけます。それが特異であればあるほどメリットは大きいと考えて良い。

3.度胸。大体どこの成功者も一度や二度の「絶体絶命の危機」には会います。その時知らん顔をして仕事が続けられなければ、起業なんて無理です。

Q人手不足の介護施設の経営者の考え

人手不足の介護施設の経営者は介護職員が病気(うつ病、腰痛など)になっても、「使い捨てだと思って」限界まで働かせようとする考え方の人が多いのでしょうか?

従業員である介護職員の健康なんかどうでもいいと思っているのでしょうか?

Aベストアンサー

それはさすがに言いすぎというか…ちょっとひどいね。

さすがに「使い捨て」という気はないと思うよ?。
ただ、精神的にせよ肉体的にせよ、仕事が無理なくらいにダメージを受けることがあれば、それは働かせておくわけにはいかないというのはあると思うね。
利用者さんのことも考えなきゃいけないし、これだけ多数の介護施設が乱立している状況だから、利用者さんが他の施設に移るということは、状況が悪化した場合を除き、出来れば看過したくないというのが本音だろうね。

だから、私がここで五月蠅く「施設職員も、向き、不向きはあるんだよ?」と言ってるわけです。
向いてない人は、やはり難しいし、病気を悪化させてしまうからやめなさい、と。
腰痛とかはある程度はアクシデントだけど、これも日ごろの注意である程度までは防げるはず。

だから「使い捨て」というのは、俄には言えないところがあると思う。
当人の無理というものも看過できないし、向いてない上に無理を重ねることは、やはりよくない。
経営者にとって、大きなデメリットがあるにかかわらず、牛馬のように働かせようという理由がないんです。
指導を受けたなら、はいそれまでよ?ということもある世界なのだからね。

重ねて言うけど「無理はしたらダメ!」なんですよ。
言い分はあるだろうけど、それでも誰のためにもならないことだから、無理はしないほうがいいのです。

それはさすがに言いすぎというか…ちょっとひどいね。

さすがに「使い捨て」という気はないと思うよ?。
ただ、精神的にせよ肉体的にせよ、仕事が無理なくらいにダメージを受けることがあれば、それは働かせておくわけにはいかないというのはあると思うね。
利用者さんのことも考えなきゃいけないし、これだけ多数の介護施設が乱立している状況だから、利用者さんが他の施設に移るということは、状況が悪化した場合を除き、出来れば看過したくないというのが本音だろうね。

だから、私がここで五月蠅く「施設職員...続きを読む

Q貴重なスペースを失礼します。 起業、経営に関しての質問です。 今、起業するために調べているのですが、

貴重なスペースを失礼します。
起業、経営に関しての質問です。
今、起業するために調べているのですが、商標登録をし、その際に個人事業として登録しました。
まだ今後起業した会社が成長するかはわからないですが、もし大きくしていけそうであれば大きくしていきたいと考えています。
そこで、初歩的な質問ですが、
個人事業、合同会社、株式会社、と企業の形態はいろいろありますが、それぞれメリットとデメリットがあると思います。もし詳しい方がおられましたらご教授下さい。
お願いします。、
一番知りたいのは合同会社の事です。

Aベストアンサー

私は、個人事業を法人化し、最初は合資会社として起業しました。
そして、株式会社化を検討した際に、事業を分割し節税対策をするという点で、合同会社を株式会社化せず、別会社として株式会社を設立しました。
その後必要に迫り、合同会社と株式会社のほかに、個人事業を再度起業させ、さらにさらに合同会社を増やしました。

個人事業は、起業も廃業も簡単です。
事業主が始めたと言えば開業であり、やーめーた、と言えば廃業です。
税務署への届出は、事後の届出であり、税務署の届出により企業や廃業が決まるわけではありませんからね。
しかし、事業上損害賠償を求められれば、廃業しても免れることはできません。事業主は無限に責任を負い、賠償ですと自己破産しても免れることはできません。

法人の設立全般に言えることは、設立に登記が必要であり、登記に費用が掛かることとなります。さらに赤字でも法人住民税の均等割として、最低でも7万円毎年納税しなければなりません。

ただ、法人で借り入れたものや損害賠償を受けたものが生じても、連帯保証を個人でしない限りは、原則、経営者個人に責任はなく、法人の倒産(廃業)により責任を免れます。

個人の確定申告は勉強して頑張れば、節税がどこまでできるかは別にしても、素人申告ができます。結構多くの方が税理士へ頼まずに、自己申告をされています。
確定申告時期の税務署が開設する申告相談会場には多くの人が集まっていますからね。
しかし、法人の申告は、そう簡単に勉強できるものではありません。ほとんどの会社が税理士へ依頼していることでしょう。税理士はビジネスですし、高度なノウハウを使った代理人として対応するため、それ相応の報酬を求めることでしょう。
ただ、個人事業と法人で比べれば、法人の方が社会的評価が高いでしょう。いまだに、法人でないと取引対象にしないという企業や団体もありますからね。

法人には、合同会社・合資会社・合名会社・株式会社と会社法で4種類とされています。そのほかに会社法以外で法人として認められる各種団体もあります。
会社法の法人が通常だと思いますが、やはりネームバリューでいえば、株式会社が一番です。
私の会社でもメイン会社は株式会社にしています。

しかしあらゆる手続き事務その他でいえば、区別はありません。
ただ、社会的評価などは株式会社が一番でしょうね。
事業の内容や取引状況その他によって、判断してもよいでしょう。

起業時の違いとしては、株式会社以外の人的会社と言われる3法人については、会社の健康と言われる定款の作成において、設立時に作成される定款について株式会社は認証が求められていますが、3法人は不要とされています。
認証は公証役場の公証人による業務とされておりますが、紙で作成された定款には印紙が必要で、さらに、公証人への報酬も必要となります。
紙ではない電子定款の作成となると、専用のソフトが必要となるため、印紙税の節約を考える人は、対応している行政書士や司法書士の事務所へ依頼します。

私はITにもそれなりに詳しいため、自分で電子定款を作成し、合同会社を設立させました。
人的会社も印紙税は課税されますが、電子定款ですと課税されません。さらに認証が不要で登記ができることを活用しましたね。

あとは、個人事業の事業主やその家族従事者は、社会保険への加入ができません。しかし、法人の代表者は加入ができます。
どちらも雇用保険には加入できませんし、労災も原則加入できません。しかし、法人個人問わず、特別加入制度を利用すれば経営者も労災の適用は受けられます。

あとは各種団体の会費等では、法人、それも資本金の額に応じた会費制度となっていることがあり、比較的資本が大きくなる株式会社ですと割高かもしれません。

ちなみにですが、私はやりませんでしたが合同会社の株式会社化も可能です。最初から株式会社にするよりも手続き費用が掛かりますが、高額ではありません。起業時の優先度愛により、まずは合同会社で起業し、その後株式会社にしてもよいでしょう。

最後に、市町村等の実施する企業予定者に対する研修に参加すると、設立時の登録免許税が安価になる場合があるようです。さらに、起業時の発明等として、商標や特許などの申請費用が安くなる制度もあるやもしれません。
企業経営者として一番良いのはすべて自分でやることではなく、情報を正しく収集し、能力ある人を上手に活用することです。その中の優先度愛等によりご自身で頑張る部分は頑張ることとし、営業に力を入れましょう。

私は、個人事業を法人化し、最初は合資会社として起業しました。
そして、株式会社化を検討した際に、事業を分割し節税対策をするという点で、合同会社を株式会社化せず、別会社として株式会社を設立しました。
その後必要に迫り、合同会社と株式会社のほかに、個人事業を再度起業させ、さらにさらに合同会社を増やしました。

個人事業は、起業も廃業も簡単です。
事業主が始めたと言えば開業であり、やーめーた、と言えば廃業です。
税務署への届出は、事後の届出であり、税務署の届出により企業や廃業が決まる...続きを読む

Qうつ病について調べていたらたくさんあってわかりません

うつ病について調べていたら単極性うつ病と双極性うつ病があるのはわかりました。もっと調べていたら定型うつ病と非定型うつ病と言われるプチうつ病があるらしいです。これは単極性うつ病を更に二つに分類したということでしょうか?
更に調べたら身体因性の鬱、内因性の鬱、反応性の鬱があるようなのですがこれは単極性うつ病の中の定型うつ病を更に三つに分類したということでしょうか?
自分の理解が正しいのか誰か詳しいかつ親切な方がいたら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

ガンのような病気なら、発生する部位で肺ガン、胃ガン、肝臓ガン、膵臓ガンと分類できます。
しかし、うつ病は、単純に分類する事ができません。

分類というか、医師の便宜的な区分けの仕方として、
1)気分障害としての症状の現れ方
2)症状の重さ
3)症状の現れ方
4)病気の原因
で分けていったものがいくつかあります。

1)気分障害として症状の現れた方

DSM-IV(アメリカ精神医学会(APA)発行の精神疾患の診断・統計マニュアル 第4版)
によると、うつ病は、まず「気分障害」に該当します。

気分障害は、双極性障害、うつ病性障害、一般身体疾患を示すことによる気分障害 、特定不能の気分障害
と4つに分類されます。
その中の双極性障害、うつ病性障害が、それそれ双極性うつ病と、単極性うつ病にあたります。
前者が、躁と鬱を周期的に繰り返すタイプ、後者がうつ症状だけを示すタイプです。
一般に「うつ病」というと、単極性うつ病のみを指します。

2)症状の重さ

次に症状の重さによって分けられます。

DSM-IVでは、以下のような分類をしています。
○大うつ病性障害・・・ふつうにいううつ病。軽度、中等度、重度に分けられる。
○気分変調性障害・・・軽いうつ症状が2年以上続く(抑うつ神経症)
○特定不能のうつ病性障害
 ・小うつ病性障害・・・症状の軽いうつ病(軽症うつ病)
 ・反復性短期抑うつ障害・・・短期のうつ状態が繰り返される(軽症うつ病)
 ・月経前不快気分障害・・・女性特有の生理的うつ状態

3)症状の現れ方

2)に一部、症状の現れ方が含まれていますが、医師や医学研究者の間では、症状の現れた方で
○難治性うつ病・・・治りにくい、治療効果の出にくいうつ病
○遷延性うつ病・・・治療効果の出るのに時間のかかるうつ病
○仮面うつ病・・・本当はうつ病だが、うつ病あるいはうつ状態が、身体の症状で隠されるもの
などの呼称もあります。

4)病気の原因

内因性、心因性、反応性の三分類は、スイスの精神科医であり、うつ病の病因論研究に大きな功績
を残したキールホルツによって行われたものです。
ただ、それらの境界ははっきりしてませし、原因を特定する事が難しい事からDSM-IVのように
うつ症状の程度と持続期間によって重症うつ病(大うつ病エピソード)と軽症うつ病に分けて考え
る事が多くなっています。

以下、ご質問への回答です。

>定型うつ病と非定型うつ病と言われるプチうつ病があるらしいです。これは単極性うつ病を更に
>二つに分類したということでしょうか?

定型うつ病は、セロトニン不足仮説で病因を説明できるような、典型的なうつ病です。
前述の2)のDSM-IVの分類によれば「大うつ病性障害」と言えます。

それに対して、非定型うつ病は、「神経症性うつ病」または「抑うつ神経症」と呼ばれるもので、
DSM-IVの分類では、「気分変調性障害」にあたるものです。
この病気の症状は、セロトニン不足仮説では説明できず、心因性のものと考えられています。

また、定型うつ病がと否定系うつ病の差異として
○好きなことにもやる気が起きず、いつも元気がない  ⇔  憂鬱だが好きな事はできる
○朝から午前中に調子が悪い  ⇔  夕方から夜にぐあいが悪化
○寝つきが悪い、早朝目覚める「不眠」傾向  ⇔  いくら寝ても眠い「過眠」傾向
○食欲が落ち、体重は減少  ⇔  過食傾向で体重は増加
○頭の回転が鈍る  ⇔  イライラして落ち着かない
があり、ほとんど相反しています

以上の点から、定型うつ病と非定型うつ病は、単極性うつ病の更なる分類ではなく、
「大うつ病性障害」と「気分変調性障害」を指しているものと捉えたほうがいいと思います。

>更に調べたら身体因性の鬱、内因性の鬱、反応性の鬱があるようなのですがこれは単極性うつ病
>の中の定型うつ病を更に三つに分類したということでしょうか?

4)で説明しましたように、原因からの分類が難しいということで、うつ症状の程度と持続期間に
よる分類が主流になってきました。DSM-IVもその方式です。
従って、原因での分類は、DSM-IV方式の分類が出て来る以前の分類であり「単極性うつ病のうち
定型うつ病」といったように特定のうつ病を分類したものではなくなっていると思います。
むしろ、大きく広くうつ病を見た時の全体を、その原因で分類したものと捉えられると思います。

ガンのような病気なら、発生する部位で肺ガン、胃ガン、肝臓ガン、膵臓ガンと分類できます。
しかし、うつ病は、単純に分類する事ができません。

分類というか、医師の便宜的な区分けの仕方として、
1)気分障害としての症状の現れ方
2)症状の重さ
3)症状の現れ方
4)病気の原因
で分けていったものがいくつかあります。

1)気分障害として症状の現れた方

DSM-IV(アメリカ精神医学会(APA)発行の精神疾患の診断・統計マニュアル 第4版)
によると、うつ病は、まず「気分障害」...続きを読む

Qたまに、会社を複数持っている社長さんが居ますが、ひとつの会社でいろんな

たまに、会社を複数持っている社長さんが居ますが、ひとつの会社でいろんな部門を持っている会社もあります。(YAMAHAとかUNIKUROとか)会社を複数作るのは何か意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

リスクの分散、税金対策なども考えられるでしょう。
許認可事業の場合、複数の事業を同一法人でできない場合もあります。

複数法人の場合、複数の法人が出資し設立する場合もありますし、1社100%出資で法人を設立する場合もあります。
親子・関連会社などの場合、損害が生じて倒産させずに吸収させることもありますし、利益が出る部門を独立させて法人化することもありますね。

私も小さい会社の役員ですが、複数の法人の役員です。私の会社の場合には税金対策が中心ですね。また、メインの法人で危ない橋を渡りたくないような場合には、別会社で対応します。リスク回避で最悪倒産させればよいわけですからね。

小さい会社なんて、実費で数十万円と資本金の見せ金があれば法人を作れますからね。

Qうつ病がうつ病を呼ぶ

うつ病がうつ病を呼ぶ
ミイラ取りがミイラになる みたいな感じでうつ病がうつ病を呼ぶなんていう事例ありますか?
例えばうつ病患者を看護している保護者が患者のわがまま等のストレスにより保護者までうつ病になってしまったとか・・・

Aベストアンサー

そう言った事例になる可能性は大いにあるでしょう。当該患者のうつ病の度合いが深くなるのと、保護者(介護者)の心のバランスが崩れた時、質問者様の言う「うつ病がうつ病を呼ぶ」事になります。こう言った悪循環を止める方法は2つ。

1)当該患者を入院させる

2)小泉元総理の様な「鈍感力」を介護者側が持つ

事です。介護している側が逆に当該患者よりも重くなるケースが多いです。ですから、介護者の方が気持ちを強く持つ事が大事なんです。入院のメリットは

1)同じ境遇の仲間が当該患者の周りにたくさんいる事により、安心できる

2)当該患者よりも更に重たい症状の患者さんを見て、自分の現状を認識できる

3)作業療法士さんとの楽しい一時を過ごす事ができる。

4)仲間ができる

事です。特に4)は重要です。仲間、友達ができる事により、いろいろな悩み事等を話したりできるからです。うつ病の人は心の底で気づかぬ内にそういった孤独感という感覚を持ってしまうのです。何よりも「うつ病」を理解できるのは「うつ病」の患者さんだけです。「うつ」でも無い人に「うつ」を理解しろったって、到底無理な事です。「うつ」と言うだけで偏見の目で見られる、それが現状です。

そう言った事例になる可能性は大いにあるでしょう。当該患者のうつ病の度合いが深くなるのと、保護者(介護者)の心のバランスが崩れた時、質問者様の言う「うつ病がうつ病を呼ぶ」事になります。こう言った悪循環を止める方法は2つ。

1)当該患者を入院させる

2)小泉元総理の様な「鈍感力」を介護者側が持つ

事です。介護している側が逆に当該患者よりも重くなるケースが多いです。ですから、介護者の方が気持ちを強く持つ事が大事なんです。入院のメリットは

1)同じ境遇の仲間が当該患者の周りにたく...続きを読む

Q上場起業家の社長とお話しする機会を作るには?

ある尊敬している起業家の講演を聴く機会がありました。
考えていた以上の感銘を受け、いつかその起業家の方と
お会いし、お話がしたいという思いが強くなりました。

ただ現在その方との繋がりは全くありません。
今のこの状況からどのようにすればその起業家の方と
お会いし、お話しする機会を得ることができるか
ぜひお知恵をお貸し願いませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も手紙がベストだと思いますが、
会う所までいくかは手紙の内容次第です。
自分自身について、
どんな点に感銘し、会って何を話したい・聞きたいかなど
具体的に書かれていると良いと思います。

なお、字の巧拙よりは丁寧に書けばいいと思います。

Q「軽症うつ病」とはどんな病気ですか。

 「軽症うつ病」は一般的なうつ病に比べるとどう違うのでしょうか。自殺を考えないうつ病を言うのでしょうか。ニュアンスとしては、一般のうつ病より症状が軽いうつ病を「軽症うつ病」というのでしょうが、具体的にどう違うのでしょうか。一般的なうつ病の基準に当てはまらないのでしょうか。どのような基準で「軽症うつ病」と診断されるのでしょうか。よろしくご教示下さい。

Aベストアンサー

参照URLで説明されていますよ。

参考URL:http://www.netricoh.com/contents/antenna/nurse/data/0010.html

Q上場起業家の社長とお話しする機会を作るには? No.2

先日同じタイトルにて質問させてもらいました。
お話する機会を作るにはまず、“直筆の手紙”を出してみてはという
アドバイスを頂き、実際に送ってみました。
すると、なんとその起業家社長から返信のお手紙を頂きました。
もちろん手紙の内容は印刷された文章でしたが、
添え書きに直筆にて御礼の言葉とサインがありました。
そしてなんと“東京にお越しの時は、お会いできれば”との内容が!
※私は関西に住んでいます。

そこで質問ですが、次にお会いするまでのアプローチをどのように
とればよいでしょうか?
2ヶ月程して実際に東京へ行こうと思っています。
どうぞよろしくお願いします!

Aベストアンサー

前に回答したと思いますが、凄く早い展開に驚いています。
この場合はお礼の手紙を送ることが第一です。
「先日はとても丁寧な御礼をいただき誠に有難うございました。身に余る光栄です。お手紙を拝見し私は9月初旬に上京の意を強くしました。差し支えなければその節はぜひお話を伺いたく存じます。日程は8月下旬に改めてご連絡させていただきたく存じます。誠に厚かましいお願いですが何卒宜しくお願い申し上げます」

こんな内容で手紙を書き、8月下旬に改めて手紙です。
なお、私が社長の側近なら質問者さんにいずれ電話し、日時、場所を詰めてしまいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報