最新閲覧日:

太宰治の本の、文章の中に、(チエホフ)という言葉がよく使われているのですが、これは、何のことでしょうか??どう意味で使われているのでしょうか?
おわかりになる方、教えてください!!!

A 回答 (3件)

太宰治の「斜陽」に出てくる(チエホフ)でしたら、


ロシアの作家アントン・チェーホフ(1860-1904)のことです。

彼が書いた戯曲に「桜の園」「三人姉妹」「かもめ」などがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました^-^

お礼日時:2001/09/08 04:15

太宰治の作品は読まないのでわかりませんが、


ひょっとしたら、ですが
ロシアの作家の「チェーホフ」のことかもしれません。
「桜の園」とかを書いた人です。
違ってたらすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました^-^

お礼日時:2001/09/08 04:15

全然自信がありませんが、ロシアの作家チェーホフのことでは??


どんな文脈で使われてるんですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました^-^

お礼日時:2001/09/08 04:16

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ