絵画療法とは何か。
絵画療法の研究
絵画療法のレポート

等のオススメサイトがあれば
教えていただけないでしょうか?

心理学の授業の課題でレポート提出をしなければなりません

A 回答 (2件)

こんにちは。

私も芸術療法士になりたい卵なのであまり沢山のことはご説明できませんが、
絵を書くことや造形などの芸術を通して心のケアをしていく心理療法の一つです。カウンセラーとは違って非言語的セラピーなので子供からお年寄り、精神的な病気を持つ人から健常者まで広い範囲の人たちを対象に行えるセラピーです。
アートセラピーで検索すると、(msnやyahooなどのサーチエンジンで)アメリカでアートセラピーを学んでいる人の論文が掲載されているホームページや都内のセラピスト養成コースを持っている学校のホームページなど色々見つかると思います。
私が最近読んだ本では『心を癒す芸術療法』徳田良二著や
『芸術療法ハンドブック』(これは高いしイギリス人が著者ですこし和訳が読みずらいです。でも本場の芸術療法を知るにはいい本) 等があります。本屋さんや図書館で探してみるのもいいかもしれないです。
確かにまだまだ知られていない分野なので文献を探すのは難しいかもしれませんが、上のいくつかを当たってみてください。それなりにどんなものかわかってくると思いますよ。レポート頑張ってくださいね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました
ありがとうございました
どんなものかだいたい分りました

お礼日時:2001/09/07 01:17

boobooangelさんの補足です。



E・クレイマー、徳田良仁他訳「心身障害児の絵画療法」黎明書房
徳田良仁他訳「アートセラピー」日本文化科学社
上里一郎他訳「心理療法2 臨床心理学大系」金子書房
等もどうですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました
探してみる事にします

お礼日時:2001/09/07 01:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【心理学は障害者と健常者を比較した学問であるので障害者があっての心理学なので健常者には役に立たない学

【心理学は障害者と健常者を比較した学問であるので障害者があっての心理学なので健常者には役に立たない学問である】

心理学は障害者であることを認知するための学問なので健常者にとっては比較対象が障害者基準なのでメリットはない。

心理学は健常者を研究したものではなく障害者の異常値と比べた結果なので異常者とどれくらいの差異があるか分かるだけで自分がどれだけ健常者であるかは分かる物差しにはならない。

Aベストアンサー

心理学を勉強したことないでしょう。

例えば幸福論です。

心理学では、快楽は幸福では無い、としています。

快楽は、美味いモノを喰った、ひいきのチームが
勝った、などで得られますが、
幸福とは、人生における満足を意味する、として
います。

これのどこが健常者の役に立たないんですかね。


有名な心理学者、エーリッヒフロム曰く
「人は独りでは幸せになれない」

アドラー曰く。
「自己に執着すると幸せになれない」

Q日本国内における鬱病や他の心理的な病気に関する調査データの情報を提供していただければとてもありがたいです。

外国人でしかもこのような物の検索が初心者なので恥ずかしい質問で恐縮なのですが、心理学に対してとても興味が有り資料や書籍を読んでいます。特に鬱病に関して興味があるのですが日本国内における鬱病や他の心理的な病気に関する調査データが在るのではないかと探していますが、なかなかどの機関にアクセス検索しても出てこない現状です。
日本国内で心理的な病気で苦しむ方の病名ランキングーのような統計数値を手に入れ参考にしたいと考えています。
資料の検索元を知っている方がいれば情報を提供していただければとてもありがたいです。
よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

http://www.nhk.or.jp/heart-net/program/
「心理的な病気」精神疾患
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%96%BE%E6%82%A3
http://www.yoshitomi.jp/kokoro/seishin/index.html
もよりの都道府県の「こころの医療センター」をさがしてみてください。「こころの救急電話相談」など24時間対応の相談窓口もあるとおもいます。福祉課、保健所などにきいてみてください。
http://www.pref.mie.jp/KOKOROHP/HP/
http://www1.ocn.ne.jp/~y_kokoro/
http://www.city.osaka.jp/kenkoufukushi/kokoro/
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/050112/050112.htm

Q心理学の授業でのレポートアドバイスお願いします。

こんばんわ☆
心理学のレポートについてなんですが「顔認知研究の例」って何かあるでしょうか?なにかアドバイスなどがあればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

<相貌失認>というものがあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E8%B2%8C%E5%A4%B1%E8%AA%8D

顔を覚えられないというもの。



研究としては

http://www.rda.co.jp/topics/topics1610.html

http://rate.livedoor.biz/archives/50515730.html

Q心理学レポート 授業で学んだことをどのように活かせるかを考察しなさい

心理学のレポートなのですが、 将来、福祉の仕事に携わったときにこの授業で学んだことをどのように活かせるかを考察しなさいというもので2000文字なのですが、実際学んだ内容が少ないため、いきずまってしまいました。学んだ内容は心理学の発達課題と心理療法、心理アセスメントです。知識は身につけたのですが仕事にどのように活かせるかがまとまらないため、ぜひお力ください。福祉関係の方、そうでない方でも教えてください。昨日一日考えたのですが、1000文字程度しかかけていません。明日提出なので今日中に連絡いただければうれしいです。

Aベストアンサー

 ここ数ヶ月間(数日間?)、私達は、「心理学の発達課題」と、「心理アセスメント」、「心理療法」について、学びました。これらの身についた事を、これから仕事にどう活かしていくべきかを、考察してみたいと思います。

 「心理学の発達課題」・・
 精神分析家である、E.H.エリクソンは、師であるS.フロイトの発達論に影響を受けながらも、独自の発達論を作り上げました。それが、「心理社会的発達論」と呼ばれるものです。エリクソンは、「人間は生まれてから死ぬまで、生涯に渡って発達する」という考えのもと、人間の一生(ライフサイクル)を、8つの段階に分け、それぞれの段階で獲得すべき課題を、設定しました。
 第I期 乳 児 期 :基本的信頼 対 不信感
 第II期 幼 児 前 期:自律性 対 恥・疑惑
 第III期 幼 児 後 期:積極性 対 罪悪感
 第IV期 児 童 期 :勤勉性 対 劣等感
 第V期 青 年 期 :同一性 対 同一性拡散
 第VI期 初期成人期 :親密性 対 孤立
 第VII期 成 人 期 :生殖性 対 自己停滞
 第VIII期 成 熟 期 :統合性 対 絶望
これから私達が老人介護の仕事で関っていく方々は、「第VIII期 成 熟 期 :統合性 対 絶望」の段階におられます。第I期から第VII期までの経験を重ね、第VIII期の段階で、「絶望」に打ち勝ち、「統合性」を手に入れてこそ、その方に、「幸せな人生だった」と感じていただける事ができると思います。若輩の私達が、様々な人生経験を重ねてこられた大先輩と接して、その方が、「統合性」か「絶望」、どちらを感じておられるのかを見極め、援助させていただくのは、一概にはできないと思いますが、この、「心理学の発達課題」を勉強した事で、少しでも、「統合性」に近付く事の手助けができると思います。

 「心理アセスメント」・・
 これから私達が関わっていく高齢者の方々は、何らかの身体介護を必要とし、家族と離れての施設入所で孤独を感じておられる方も多く、中には家庭に何らかの問題を抱えている方(例えば、家族との折り合いが悪い、等・・)も、おられると思います。それらの方々の心のケアを行う場合、まず、この、「心理アセスメント」が重要になると、思いました。対象者の生育暦や性格、これまでの環境等の情報をきちんと把握して、そこから更に、「面接法」・「観察法」・「検査法」により、その方の心理状態をアセスメントしていきます。寄り添って話を聴く事で、その方がこれまで誰にも話せなかった、悩んでおられる事を把握でき、次の、実際に行う「心理療法」、「心のケア」に繋げる事ができると思います。

 「心理療法」・・
 「心理療法」とは、カウンセラー、セラピスト等によって行われる、精神疾患の治療、心理的問題の解決、あるいは精神的健康の増進を目的とする、理論・技法の体系を、心理療法と言います。
「心理療法」は、老人福祉の仕事をする上で、とても役に立つものだと、私は感じました。「心理療法」によって、様々な心の問題を抱えた方々の心のケアをする事も、私達の大切な仕事の一つだと思います。高齢者の方々は、「話を聴いてもらいたい」「自分を受け入れて欲しい」と欲している方が多くおられると思います。「心理療法」の主なものに、「カウンセリング」がありますが、まずは、相手の話を肯き(うなずき)ながら、「傾聴」する姿勢が、何よりも大切だと、私は思います。

 最後に、「心理学の発達課題」・「心理アセスメント」・「心理療法」について学んでみて、何よりも、対象者との信頼関係を築く事が、大切だと、私は感じました。「心理アセスメント」を行うにしても、まずは私達を信頼していただけなければ、悩みを打ち明けていただく事も、できないと思います。「心理療法」・「カウンセリング」も、対象者との信頼関係があってこそ、初めて、役に立つものだと、思います。
 これから社会に出て、福祉の仕事、高齢者の「心のケア」をしていく上で、今回の講義で学んだ事は、きっと役に立つと思います。

・・質問者様が、講義でどの様な内容を学ばれたのかが分からず、見当違いのレポートでしたら、ごめんなさいです。

 ここ数ヶ月間(数日間?)、私達は、「心理学の発達課題」と、「心理アセスメント」、「心理療法」について、学びました。これらの身についた事を、これから仕事にどう活かしていくべきかを、考察してみたいと思います。

 「心理学の発達課題」・・
 精神分析家である、E.H.エリクソンは、師であるS.フロイトの発達論に影響を受けながらも、独自の発達論を作り上げました。それが、「心理社会的発達論」と呼ばれるものです。エリクソンは、「人間は生まれてから死ぬまで、生涯に渡って発達する」という考...続きを読む

Q臨床心理士と、認定臨床心理カウンセラー&認定臨床心理療法士の違いを教えてください!

「臨床心理士」の資格は指定大学院卒業後、試験に合格した人が取得できる、民間でありながら知られている資格だと思いますが、
内閣府認証 特定非営利活動法人(NPO法人)日本臨床心理カウンセリング協会認定で、「認定臨床心理カウンセラー」や「認定臨床心理療法士」という資格が、日本カウンセラー学院で取得できると記載されていました。
これは知られている信頼できる資格ですか??
こちらだったら大学院でなくても臨床心理士に似た(?)資格が取れるということでしょうか。
詳しい方教えてください!

日本カウンセラー学院サイト
http://www.therapy.jp/pinpoint_shikaku.shtml

Aベストアンサー

1の回答の方は誤解があるようですが、臨床心理の分野に国家資格はまだありません。現在そういう動きはあるようですが、まだ決定事項ではありませんので。

何をもって信頼できる資格とするかは難しいところですが、就職ということでは臨床心理士しか選択肢はないと思ったほうが良いです。
他の資格では絶対無理とまでは言えませんが、その資格のみで就職したという人は、臨床心理士に比べると非常に少ないのではないでしょうか。

気をつけたいのは臨床心理士以外の資格だと、就職しているといっても実はそのカウンセリングの資格以外にも別分野の資格を持っており、それで(カウンセリングの資格に関係なく)就職できていることが多くあります。
体験談にはそのようなものが混じっていますので、だまされないようにして下さい。

病院や学校などはほぼ臨床心理士です。
産業分野では産業カウンセラーという資格がありますが、これも臨床心理士より下に見られますし、取ったからといってすぐに就職につながるようなものでもありません。

就職につながりにくい資格は、スクール内で雇用する制度や開業を前面に出していたりしますが、社会的に認知されていない資格だからスクール内で雇うという希望を持たせて生徒を集めるのでしょうし、ぱっと開業して上手くいくほど、甘い世界でもありません。

ただ臨床心理士であれ、資格を取ったら仕事が保証されているというわけではありません。他の資格よりはましとはいえ、食っていけるかどうかは本人次第です。

1の回答の方は誤解があるようですが、臨床心理の分野に国家資格はまだありません。現在そういう動きはあるようですが、まだ決定事項ではありませんので。

何をもって信頼できる資格とするかは難しいところですが、就職ということでは臨床心理士しか選択肢はないと思ったほうが良いです。
他の資格では絶対無理とまでは言えませんが、その資格のみで就職したという人は、臨床心理士に比べると非常に少ないのではないでしょうか。

気をつけたいのは臨床心理士以外の資格だと、就職しているといっても実はその...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報