人間の体温程度の温度に反応して色が変わる素材ってどんなのがあるのでしょうか?一度変化しても、温度が低下すればもとの色に戻るものが希望なのですが。硬い柔らかいはおいときます。
あと、光に反応して、色が変わるものも教えていただきたいのですが。光源とその素材の間に物体が置かれると、その物体の影が素材に移り込むようなものが良いのですが。光源の光量は蛍光灯や白熱球程度なのですが。
よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

体温に反応して色が変わる素材については、この製品が良さそうです。


Tシャツ等にも使用可能となっています。

http://jpforms.net/cti/products.htm

なお家にある子供の玩具で、40度の湯船に入れると色が変わる物がありますので、探せばもっと安い物が他にもあるかもしれません。

なおこの会社では、光(紫外線)に反応して透明から着色した状態に変化する製品もあるので、「光に反応して、・・・」についてもこちらのサイトをご覧ください。
(ページの下の方の「その他の色変化インキ」-「フォトクロミック フレキソインキ」です)

参考URL:http://jpforms.net/cti/products.htm
    • good
    • 0

 昔、コップに絵が描いてあって、水を入れると絵が赤くなって、手で温めると、元の色に戻るというのがありました。



 うちにいっぱいあったので、きっと材料はとっても安価なものだと思います。
    • good
    • 0

温度の方は、液晶以外にも、色素と基質の平衡反応を用いたものもあります。


ここで具体的な商標を出すのはちょっと問題があると判断しているので、
そこは控えさせてもらいますが、低温に色の変化点を持っていったものは、
スキーウェアとかに応用されて、一時期評判になりました。大手の繊維メーカー
で、一時期精力的に開発されていたので、そちらをあたられると見つかるかと
思います。

光のほうは、物体の影をどの程度の精度で、どの程度の時間保持しておきたい
かで、素材とかも変わってくるかと思います。手っ取り早いのは、印画紙です
けども。暗室の中で質問内容の実験をされると、影が映りこみます。
あとは現像処理をすればいいだけかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
提出した資料のデータで参考にせていただきました。
スキーウェアでそういえばあったなぁと懐かしかったです。
助かりました。
では。

お礼日時:2001/09/18 19:38

温度の方ですが、液晶を使ったものがありますね。


詳しい原理は忘れてしまいましたが、温度計とかになっています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレンズが光源とフィルムの間にある幻燈機の光路

普通の幻燈機は被写体(フィルム)の先にレンズがあってそのさらに先のスクリーンに倒立像を結びますが、17世紀の司祭、アタナシウス・キルヒャーが「光と影の大いなる術」で紹介した初期の幻燈機はレンズが光源と被写体(フィルム)の間にあって、影絵の様にスクリーンに正立像を写します。
このタイプの幻燈機の光路図を知りたいのですが、下記最初のリンク先の図がちょっと違うような気がしています。レンズは本来光源の近くで平行に近い光を受け、レンズを出た光路はレンズと被写体(フィルム)の間で一旦点に収束するのではないでしょうか。
このタイプの幻燈機について何かご存知の方、制作や実験等されたことのある方、光路は「こうなっているに違いない」というご見解、ご見識をお持ちの方のお答えをお願いします。

http://www.geocities.jp/syu_58jp/eit/7_1.JPG
http://www.geocities.jp/sakushiart/gento.htm
http://watersky.jp/memo/wiki.cgi?page=%B1%C7%C1%FC%B4%F0%C1%C3%B1%E9%BD%AC-%C2%E82%B2%F3-2008

Wikipediaの「幻灯機」の説明ページにあるリンク先にアタナシウス・キルヒャーの原点がありましたが、1,000ページ以上ある上英語では無いため何処に書いてあるのかわかりませんでした。
http://echo.mpiwg-berlin.mpg.de/ECHOdocuViewfull?tocMode=thumbs&tocPN=1&url=/mpiwg/online/permanent/einstein_exhibition/sources/5G6UYVGT/pageimg&viewMode=images&start=191&searchPN=1&mode=imagepath&characterNormalization=reg&query=&pn=6&queryType=

普通の幻燈機は被写体(フィルム)の先にレンズがあってそのさらに先のスクリーンに倒立像を結びますが、17世紀の司祭、アタナシウス・キルヒャーが「光と影の大いなる術」で紹介した初期の幻燈機はレンズが光源と被写体(フィルム)の間にあって、影絵の様にスクリーンに正立像を写します。
このタイプの幻燈機の光路図を知りたいのですが、下記最初のリンク先の図がちょっと違うような気がしています。レンズは本来光源の近くで平行に近い光を受け、レンズを出た光路はレンズと被写体(フィルム)の間で一旦点に収束す...続きを読む

Aベストアンサー

元々が「灯火の点光源」ですから、全然「光束がみなし平行の太陽光源」とは異なります。
凸レンズであっても度が浅く、収斂でなく散光を押し留める程度のものとなります。

この部分は「コンデンサーレンズ」という名称ですが、これには相反する意味が有り、
「点光源を「種板」に平行に照射する」為のものは映写機のランプハウス側
(デジタルシネマ各方式も)などに必要となるものです。

(株)オプトロニクス社、光学専業学術出版
「レンズ辞典&事典」のWeb公開版、コンデンサーレンズ
http://www.optronics.co.jp/lens_jiten/word.php?wid=316&PHPSESSID=100ff5230c48ea71b42d3c1e7ebce25b
(文中アンカーのある「コリメート」は平行光束を指す)

有限会社 大平技研
http://www.megastar.jp/
正確にはドメイン保有のまま公開終了とされているのですが、
エクスナレッジ刊「プラネタリウムを作りました。【改訂版】」
以外のWeb上での制作ページがメガスター時代も共に公開停止とされているので、
インターネット・アーカイブの2003年7月記録済みアドレスにて。
http://web.archive.org/web/20030728042135/http://www.megastar-net.com/astroliner/pstory01.html
プラネ製作記 「アストロライナーの誕生」
Chapter1「ピンホール式からレンズ式へ」
プロローグ、後半「コンデンサーレンズの入手」の章がきわめてわかり易い。

「平行光束を収束する」は、顕微鏡の試料位置=プレパラートの直下に用います。

株式会社ヤガミ(名古屋)教育系・産業資材系商社の扱う理科学機器
理科機器ホーム > マメ知識 > コンデンサーレンズってなに
http://www.yagami-inc.co.jp/view/science/mame/02

元々が「灯火の点光源」ですから、全然「光束がみなし平行の太陽光源」とは異なります。
凸レンズであっても度が浅く、収斂でなく散光を押し留める程度のものとなります。

この部分は「コンデンサーレンズ」という名称ですが、これには相反する意味が有り、
「点光源を「種板」に平行に照射する」為のものは映写機のランプハウス側
(デジタルシネマ各方式も)などに必要となるものです。

(株)オプトロニクス社、光学専業学術出版
「レンズ辞典&事典」のWeb公開版、コンデンサーレンズ
http://www.optroni...続きを読む

Q物体の温度について

お世話になっています。
教えてください。

気温が摂氏30度の部屋の内部で、なぜ金属系の物質は30℃より低い温度をしているのでしょうか?当方の個人的な手による触手確認でも30℃よりも遥かに低い温度で金属系の物体は存在している様です。
金属系の物質は気温から温度の影響を受けないのでしょうか?
気温が朝から晩まで30℃以上継続して有る部屋の内部の金属が何故30℃未満の温度で存在できるのかその理由を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

室温が30℃で一定なら 内部に安置された物体も30℃です(ヒーターや冷却装置がない限り)
それを冷たく感じるのは あなたの体温がそれ以上なので 熱伝導率のよい金属を触ると 熱が二蹴るという現象を錯覚しているにすぎません。

Q光と色の関係。光の反射と透過

質問です。


色は、その色の光が反射される事によってその色に見えますよね?
例えば赤い紙は、光の中の赤い色のみが反射されて目に届くので赤く見えるということですよね?

では、赤いセロハンなど透過性のものの場合はどうなのでしょうか?
セロハン自体が赤く見えるのは、赤い光を反射しているから。
ですが、セロハンを通した光は赤いですよね?
赤い光を反射して赤く見える物体を透過した光が赤いのはなぜでしょうか?
赤い光を反射している物体の透過後の光は、赤以外の色なのでは?
と、トイレに入りながらふと思ったのですが、なぜでしょうか??

宜しければご回答下さい。

Aベストアンサー

たとえばセロハンの色が赤だとしましょう、確かに同じ色の可視光線を『反射』しているので色を認識できるのですが、同時に他の色『吸収』しています。
セロハンを透過した光も同様に、見えている色以外の光は吸収されて消えてしまっています。
それでは「赤色に見えているのだから、赤い光は反射に使われてしまっていて、透過した光には含まれないのでは?」っという疑問を持つかもしれませんが、これは、数%の光が反射され、残りの数%の光が透過しているので、『赤いセロハンを透過した光は赤くなる』っという事が成立するのです。

Q水色の光に色つきフィルムで白い光に出来るでしょうか

水色の光に、色付きのフィルムを通して、白い光になるものでしょうか? あと水色の光に何色のフィルムを通すと赤になるでしょうか?
わかる方いましたら是非教えていただきたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に, 白以外の色の光は「白い光から何かの色を取り除いたもの」と思ってください. そして, フィルムを通すというのは「フィルムの色に応じた色を取り除く」という操作です. 従って, 水色の光を色付きのフィルムに通しても白い光になることはありません.
また, 水色の光には「赤い光」の成分がおそらく含まれないので, どんなフィルムを通しても赤になることはないと思います.

Q光のスペクトルに金色と銀色がないのは

光のスペクトルに金色と銀色がないのはどうしてでしょうか?
絵の具をまぜても金色と銀色を作るのは難しいです。
どうしてでしょうか?
この二色は特別なのですか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

金色は黄色や赤色に金属光沢が加わって金色。銀色は金属光沢で銀色。
ということだと思います。

金色や銀色、また金属光沢について参考URLをご覧ください。

参考URL:http://pearl.ne.jp/pearl_tale/tale14.html,http://homepage2.nifty.com/1b-town/zatsu/chishiki2.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報