南北朝時代は混乱を極めた時代ですが、国が二分されて戦争に明け暮れました。
多数の人命が失われ増大する社会不安の中で、一体何を考えてトチ狂ったように長期にわたる戦争を繰り返したのでしょう。

この時代は結局北条鎌倉幕府から足利室町幕府に移行し戦国時代に続く長い導火線に点火した時代ですが、その時代の武士達は、離合集散を繰り返しつつ戦争を繰り返しました。 その中で何を考えていたのでしょう?
大きな疑問です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

足利尊氏


 彼自身は非常に無欲で気前のよい人物なので、それ程深く考えてなかったと思いますが、足利一族としては頼朝依頼の源氏の嫡流が絶えた今、足利氏こそが源氏の嫡流、番頭の北条に奪われた実権を取り返し、征夷大将軍として幕府を開きたい。

新田義貞
 家系図では新田氏が源氏の嫡流。
世間では足利氏の傍流と思われてるのが癪。
この機会に源氏の嫡流として、足利と新田のどちらが正嫡か思い知らせたい。

楠正成
 この人物に関しては何を考えていたかよく判りません。
勿論この機会にという欲はあったと思いますが、損得抜きで天皇側に付いてますから、案外後醍醐天皇と個人的な親しさがあり、友情から行動してたとも考えられます。

北畠顕家
 本来は公家ですから、武士を蔑んでいる面はあったと考えます。
この機会に武士の実権を奪い、公家の利権を図るつもりでは。

赤松円心など、他の武士も荘園を得たいなど、それぞれの思惑で動いてると思います。
この時代、足利兄弟の動きを見るとなかなか面白いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

代表的人物に対するご回答有り難うございました。

私も足利尊氏は当時珍しく経綸というもののあった人物と思っています。
幕府という概念に達したのは公家政治の現実に絶望した後年ではないかと思っているのですが・・・

新田義貞は確かにお説のとうりでしょう。 ただ何度も敗戦を重ねている内の執念が今ひとつスッキリしません。
吉川英治氏は楠正成のひたむきさに触発されたと分析していますが・・・

楠正成はもっとも理解しにくい人物です。
なぜ南朝側に参戦したかも常識的に理解しにくいですし、出身の事情からゲリラ戦術に多少の自信はあったでしょうが、不思議な存在です。  なにかトラウマのようなものをを感じるのは勘ぐり過ぎですか・・
後鳥羽帝と友情があったのでは・・とする事は出来ないと思います。  人柄的に全く正反対ですから。

北畠顕家は先天的なすり込みがあったのではと思われる純真さですが、彼が21歳で戦死する直前、後醍醐帝に諌奏した内容(一部しかのこっていませんが)を見ると立派なもので、もう少し長生きしたらと惜しまれる人材です。

確かに足利兄弟の不和は惜しまれますが、それがなければ日本は変わったかも・・・

お礼日時:2005/04/03 14:33

>確かに聡領制に対する反乱はあったでしょうが、


>血縁地縁による団結も強かったと思います。
>敗戦と判っていてなお戦い続けたのが理解出来ない
>のです。

おそらく、楠正成のことを指していると思います。
その楠正成についてですが、利害損得の観点で見る限り、
彼を理解することは、まず不可能です。

ここは司馬遼太郎氏の言葉を借りますが、彼は宋学の徒
であったと言うことです。
宋学=朱子学です。

鎌倉時代や室町時代には、武士に忠義などという観念は
ほとんどありませんでした。
せいぜいが所領安堵による、御恩と奉公という関係です。

しかし楠正成だけは違いました。
明らかに、忠義という観念をもって行動しています。
それも、『君、君たらずとも、臣、臣たれ』というような
絶対的な忠義を尽くします。

武士道の精神を忘れてしまった現代日本人には、彼の
心情は完全には理解できないと思います。
もちろん、私も完全には分かりません。
しかし、かつての武士道や、儒教の精神を学ぶことで、
少しは楠正成の気持ちが、理解できるようになるかと
思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重ねてのご回答有り難うございます。

別に楠木正成だけを意識したのではありません。
彼を宋学の徒とするのは理解できるとしても、その対象を南朝に選んだのが今ひとつスッキリしません。
南北両統は後醍醐帝以前に既にありましたから。
北畠親房が神皇正統記を力作して強調しなければならなかった時代です。

一族郎党を道連れにしてもという点で傑出しすぎているように思われます。

お礼日時:2005/04/04 12:05

設問が逆のように思えます。


血縁関係・地縁関係の別なく、所領を求めて小競り合いしていた武士達が、なんで南北朝のどちらか(あるいは、別の第三勢力)の権威を利用しようとしたのか?

権威があるに越したことはないから。

鎌倉時代は、しょっちゅう、流血の戦いをやっていましたし、同時代の西欧史を見ても、戦争のない時が珍しいのが当時の一般的な状況です。

4月3日の大河ドラマで、脚本家おもしろい台詞を吐かせたなと思いました。

以仁王の令旨を受けて、北条の一統が、頼朝の前で、決起を促しながら、次の台詞が「これで、伊東のやつらに一泡・・・」などと、近視眼的に、近所の所領問題になっていました。

当時の在地領主にとっては(江戸時代の始まりまでは)意識としては、その程度であったのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

当時所領の証明に文書による必要は普遍的であったので発行者の権威は認めざるを得なかった事は理解できます。

しかしその権威そのものが南北交代していた時代ですから困ったでしょうね。
ご回答有り難うございます。

お礼日時:2005/04/04 11:32

この時期の武士達の思考についてを考えるには、武士団の構造変化を見ていく必要があろうかと思います。



まず、鎌倉期後半まで続いた分割相続が所領不足から不可能になってきました。しかし、その惣領・庶子の平等な分割相続が惣領制を支え、同族による武士団を形成していたわけです。それが、惣領単独相続になれば、各地の所領に派遣された庶子は、惣領から独立し、対等な関係となって対立して抗争を生み出す事になりました。

彼らは土地に根ざし、国人と呼ばれる事になりますが、所領支配を円滑に進めて利益を守る為、周辺の国人と協力関係を結び、一揆と言われる土地を媒介とした地縁関係を築き内乱の主役となります。

要するに、血縁的上下関係から地縁的横の関係へと構造変化が起こり、内乱の要因になったと言えます。

南北朝の内乱は、国人に対してもう一人の内乱の主役である守護が、守護職という職権をかざして、国人達と対立することになり、より複雑な内乱へと発展したと言えるでしょう。

そして彼ら多くの武士達は、自己の利益を一番に考えていたはずです。土地の安堵だけなら、守護や有力国人の被官として所領を維持すれば良いわけです。(弱小領主の多くは被官化しました。)利益とは、収入源である所領の支配権や商品流通経路の確保であったりしたわけです。その利益を守るために一揆を結び、軍備を増強して、独立自立性を確保することを思考していたと思われます。(上納金や奉仕によって有力な者の支配下で細々と生きていくか、自立し主として利益を上げるか、現在の会社組織に似ていますね。)対立者が南朝方なら北朝へ、北朝方なら南朝へと、各人の利害関係により離合集散していたと考えるべきではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。

惣領制に対する反乱という相続権争いだけで説明するにはまだ十分な理解が出来ません。
確かに独立自尊の時代でしたが、過渡期の思想を理解するのはなにかスッキリしません。
南北朝時代の分析は皇統問題からタブーとされ、まだ解明不十分ですし、今日でも奥歯にものの挟まった感じです。

しかし命をかけて戦い続けた執念は何だったかという理解はしたのです。
悪人、一揆の離合集散はよくわかります。 
土地所有の証明に文書が重要であつた事はわかるのですが、当時まだ朝廷の権威が有効だったのでしょうか?

お礼日時:2005/04/03 12:49

結局、武士というのは土地がすべてなんですよ。


ところがその土地の相続について、固定化したルール
が、ずっと確立しませんでした。

早い話が、長男でなくても、権力者に認めてもらえば、
次男や三男、あるいは庶子であっても、親のもつ土地の
相続者になれるんです。
だから、土地の相続権が欲しい人は、戦が起きそうに
なったときに、勝って権力者になりそうな人のところ
に駆け込むわけです。

鎌倉時代末期から戦国時代まで、だらだらと戦争状態が
続いたのには、こういう理由も強かったのではないかと
思います。

最終的に土地相続問題に決着がついたのは、江戸時代
でした。江戸時代になってようやく、親の財産は原則
として長男が受け継ぐというルールが確定したのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。

確かに聡領制に対する反乱はあったでしょうが、血縁地縁による団結も強かったと思います。
敗戦と判っていてなお戦い続けたのが理解出来ないのです。

お礼日時:2005/04/03 12:22

 こんばんは。


 書物からの受け売りですが、武士らは元寇での働きの褒美が出ないのを恨んで、皇室を担いで北条氏の執権政治の幕府を倒したのですが、公家の新政がお話にならない乱脈ぶりだったので、再び愛想を尽かし、南北朝の骨肉相食む戦争時代に突入したのだ、と言われます。ゆえに、この頃の武士は、大なるは自己の出世・栄華、小なるは自家の存亡を最も重要に考えて行動したと思われます。現在我々が典型のように思う赤穂浪士のような洗練された侍ダマシイは、この頃の武士とはほとんど無縁だったのです。詳しいことは下記の本をご参考に。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167135 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。

元寇の報償という説は確かにありますが、これは関与した西国にいえる事で全国には当てはまらないと考えます。
確かに足利尊氏が九州勢を結集して反攻を図った時は影響しましたが・・・
建武の中興の実態は大衆とは遊離したもので、将来の経綸を欠くものでした。

しかし武士の大半がお説のようであったのは頷けますが、敗戦と判っていてなお戦い続けるエネルギーの源が理解し難いのです。
自派への忠誠などは信じられませんから。

赤穂浪士については異なる異見ですがここでは省略します。

お礼日時:2005/04/03 12:12

当時の武士は「一所懸命」と言う言葉で表されるように、自分が支配する農地と農民を維持し拡大するために、文字通り命を懸けていました。

自然と隣接の武士や公家・寺社の荘園とは土地争いが生じてきます。

さらに、まだ相続における長子相続などの慣習が決まっていない時代ですので、兄弟や叔父甥の間で相続争い=土地争いが頻繁に起こっていました。

南北朝時代に武士がそれこそ昨日は北朝、今日は南朝と、ころころと立場を変えたのは、自分の土地所有を正当と認めてくれる権威を選んでいたからです。

敵が南朝につけば、北朝の権威を利用し、南朝から声がかかれば敵を追放してくれれば協力すると答えるなど、主義主張で動くのではなく、自分の土地所有の正当性を後押ししてくれる側についていたわけです。

平安後期から室町にいたるまでの公家支配(土地の公有・公家所有(荘園制))→武士支配(土地の私有・開墾地主の自立)への流れは、こうした武士たちの土地所有に対する執念が導いた。「息の長い革命」だったとして捉えると、分かりやすいのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。
当時の寺社の権力はなお強く、これらに対する「息の長い革命」という説はよくわかります。
所領の確認には文書が必要で、まだ誰かの権威をからねば成らなかったのでしょう。

しかしその権威の所在があやふやでしたから。

お礼日時:2005/04/03 11:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の南北朝時代というのは何年から何年までのことですか?

日本の南北朝時代というのは何年から何年までのことですか?

Aベストアンサー

南北朝時代(なんぼくちょう じだい)は、日本の歴史区分の一つ。建武の新政の崩壊を受けて足利尊氏が新たに光明天皇(北朝側)を擁立したのに対抗して京都を脱出した後醍醐天皇(南朝側)が吉野行宮に遷った1336年(延元元年/建武3年)から、南朝第4代の後亀山天皇が北朝第6代の後小松天皇に譲位するかたちで両朝が合一を見た1392年(元中9年/明徳3年)までの、56年間

Q戦国時代の北条早雲って鎌倉幕府の北条氏の子孫ですか?

鎌倉幕府の北条氏は室町幕府に倒されたと思いますが、戦国時代に出てくる北条氏はどんな関係なのでしょうか?
子孫?親戚?無関係?

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

戦国時代の幕開けに関東の覇者となった戦国大名の北条早雲が初めて歴史に登場するのは、文明10年(1478)、駿河の守護大名である今川家の内紛の調停役としてでした。
彼の姉か妹かが今川家の側室の一人であったということらしいです。
この頃、早雲は四十六歳、まだ伊勢新九郎長氏(ながうじ)と称していました。出自については諸説いろいろあります。
その後、伊豆の韮山に北条氏の末裔がおり、そこの主が亡くなって未亡人が1人となったところに婿養子として入り、北条の名を継ぐようになりました。もっとも早雲自身は最後まで伊勢氏を名乗り、北条姓に変わるのは2代の北条氏綱からですが。
この改姓は非常に重要な意味を持ちます。つまり鎌倉幕府の実質上の主であったあの名門、北条氏の流れを汲む者であると名乗れることは、大きなハクがつくことになるからです。このような権威付けは当時では非常に重要なことと思われます。由緒ある家柄だということは、支配者としての「資格」のあることを意味するからです。もちろん資格があっても実力がなければすぐに亡ぼされてしまいますが、実力があっても資格がないと、人々は支配者としてなかなか認めたくはない。室町幕府の権威が低下し、実力の世となっても、人心の変化は、まだまだそういった古くからの権威をあがめ、由緒を尊ぶ気風は十分に残っていました。戦国時代、下克上の三羽烏とも言われる北条早雲、斎藤道三、松永久秀のうち、道三と久秀はまもなく滅んでしまったのも、このあたりに原因の一つがあるのではないでしょうか。

戦国時代の幕開けに関東の覇者となった戦国大名の北条早雲が初めて歴史に登場するのは、文明10年(1478)、駿河の守護大名である今川家の内紛の調停役としてでした。
彼の姉か妹かが今川家の側室の一人であったということらしいです。
この頃、早雲は四十六歳、まだ伊勢新九郎長氏(ながうじ)と称していました。出自については諸説いろいろあります。
その後、伊豆の韮山に北条氏の末裔がおり、そこの主が亡くなって未亡人が1人となったところに婿養子として入り、北条の名を継ぐようになりました。もっとも早雲...続きを読む

Q現在の天皇の家系は、南北朝時代の北朝の家系なんでしょうか?

現在の天皇の家系は、南北朝時代の北朝の家系なんでしょうか?

Aベストアンサー

100 後小松天皇(北朝6)ー 101 称光天皇 」(南北朝時代96~102)・・・125 今上天皇 (北朝、持明院統の家系)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E5%AE%A4%E3%81%AE%E7%B3%BB%E5%9B%B3%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E5.8D.97.E5.8C.97.E6.9C.9D.E6.99.82.E4.BB.A3.EF.BC.8896.E4.BB.A3.E3.81.8B.E3.82.89102.E4.BB.A3.E3.80.81.E5.8C.97.E6.9C.9D.E5.88.9D.E4.BB.A3.E3.81.8B.E3.82.896.E4.BB.A3.EF.BC.89

Q室町時代には「南北の朝廷」だけでなく「東西の幕府」も存在していた?

室町時代前期における「南北朝」の対立は非常に有名です。
しかし、この時代には京都の幕府とは別に、関東にも「もうひとつの幕府」の
ような存在がありました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8E%8C%E5%80%89%E5%BA%9C
その名は「鎌倉府」といい、足利尊氏の子の基氏(二代将軍義詮の弟)とその子孫が
代々世襲しました。
この鎌倉府の組織とは、「鎌倉公方」をトップに「関東管領」が補佐し、その下には
「侍所」「政所」「問注所」があり、これは室町幕府の機構にソックリです。
室町幕府はどうしてこの模倣品のような組織を認めたのでしょうか?

ちなみに私は学校で初めて「鎌倉府」の組織について学んだ時に、
「これはきっと将来争いが起こるに違いない」と予感していました。
そうしたら、次のページにはもう永享・嘉吉の乱が起こり、これが「応仁の乱」の
引き金となりました。
まるで漫画のようなお約束展開に笑えました。

ではなぜ幕府は「絶対もめる」と分かりそうな組織作りをしてしまったんでしょうか?

室町時代前期における「南北朝」の対立は非常に有名です。
しかし、この時代には京都の幕府とは別に、関東にも「もうひとつの幕府」の
ような存在がありました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8E%8C%E5%80%89%E5%BA%9C
その名は「鎌倉府」といい、足利尊氏の子の基氏(二代将軍義詮の弟)とその子孫が
代々世襲しました。
この鎌倉府の組織とは、「鎌倉公方」をトップに「関東管領」が補佐し、その下には
「侍所」「政所」「問注所」があり、これは室町幕府の機構にソックリです。
室町幕府はどうし...続きを読む

Aベストアンサー

歴史の流れを現代人の目から見ると、
「結局○○になるのにこいつら馬鹿だなあ」
などと、つい笑ってしまいがちですが、
それは後知恵による結果論です。

下の回答者の方も書いておられますが、
鎌倉府を作ってしまったために争いが起きたのではなく、
権力の中心を一つにまとめることが出来ない状況だったのです。
(室町幕府がどうやって出来たか考えてみてください)

後の江戸幕府のあり方と比べてみれば、
室町幕府のお粗末さは目に余る程ですが、
考えてみれば江戸時代の平和も、
100年続いた争い、すなわち戦国時代を経た後
だからこそ実現したと言えるのではないでしょうか。
(そう考えると、参勤交代の制度を作ったりして
大名達をコントロールした徳川将軍家ってすごい)

現在の私達は、明治以降の強力な中央集権化によって出来た
1つの政府の存在を自明のものとしていますが、
歴史の流れをさかのぼれば、
権力が統一されていないこと時代があって当たり前です。

あなたは鎌倉府について学んだ時に、
「これはきっと争いが起こるに違いない」と予感したそうですが、
この時代の人たちも勿論それは予感していました。
と言うよりも、もう既に争いの真っ只中にいたのです。

建武の新政では、
後醍醐天皇の息子である護良親王は天皇の言うことを聞かず、
鎌倉では中先代の乱が起き、
南北朝の分裂に続いて観応の擾乱・・・
ワンマン天皇の死に体の親政を延命するか、それとも
頭の2つある危なっかしい形でも幕府をスタートさせるか、
(リーダーは尊氏か?それとも直義か?)
当人たちは真剣に迷ったと思いますよ。

結局、足利尊氏は、
幕府を鎌倉ではなく京都に移す「建武式目」を発表。
足利一族の争いを都に持ち込まないためには、
離れていてもらうしかない!という訳で鎌倉府の設置に至ります。
しかし争いの種はすぐに芽吹いた訳ではなく、
足利義満は有力な守護が勢力を強めないように討伐を行うなど、
将軍権力の確立に力を注ぎました。
しかし足利義教の恐怖政治や、足利義政の無気力政治のせいで、
守護大名たちが争い合う時代を招いてしまったのです。

まず「永享の乱」ですが
これは室町幕府と鎌倉府の対立と言うよりは、
義教の専制政治の一環と捉えるべきではありませんか。
次に「嘉吉の乱」ですが、
義教の専制政治を覆そうとした有力守護の反乱です。
室町幕府VS鎌倉府の図式には当てはまりません。
そしてこの2つの乱は
応仁の乱の引き金になった訳ではありません。
「嘉吉の乱」はやがて「結城合戦」や「享徳の乱」を誘発し、
関東が全国に先駆けて戦国時代に突入するきっかけとなりましたが、
応仁の乱が起こったのはまた別の理由によります。

因みに応仁の乱の図式は、
将軍家、畠山氏、斯波氏の各家督相続争い+守護大名の勢力争い
ということになります。かなり複雑な事情がありますので、
じっくり腰を据えて勉強してみてください。

「東西の幕府」というキーワードだけでは
室町幕府の失敗の謎は解けませんよ。

まずは学校で社会科の先生に聞いてみてはどうかな。

歴史の流れを現代人の目から見ると、
「結局○○になるのにこいつら馬鹿だなあ」
などと、つい笑ってしまいがちですが、
それは後知恵による結果論です。

下の回答者の方も書いておられますが、
鎌倉府を作ってしまったために争いが起きたのではなく、
権力の中心を一つにまとめることが出来ない状況だったのです。
(室町幕府がどうやって出来たか考えてみてください)

後の江戸幕府のあり方と比べてみれば、
室町幕府のお粗末さは目に余る程ですが、
考えてみれば江戸時代の平和も、
100年続いた争...続きを読む

Q日本の歴史の南北朝時代を調べようと思ったのですがここの部分で日本の歴史で一番難しそうなんですけど

日本の歴史の南北朝時代を調べようと思ったのですがここの部分で日本の歴史で一番
難しそうなんですけど
ポイントを教えてください。

Aベストアンサー

ポイントは人によって説明の仕方が異なると思います。
 一つは、動乱や統合(統治する幕府の変化の原因と他の政権への変遷の原因となるもの:つまり〇〇の乱:争いの原因は何か、〇〇時代~〇〇時代で、誰が中心的な役割を果たしたか? 誰の政権下:〇〇天皇、〇〇将軍等:にあったか?)等を中心にまとめることがわかりやすいかもしれません。

 ここに、とてもわかりやすくまとめて説明している動画があります。
これを見ながら、もう一度考えてみたら如何でしょうか?
①わかる歴史【南北朝時代】南北朝の動乱 https://youtu.be/hYipWhLxAqg @YouTubeさんから
②わかる歴史【南北朝時代】南北朝の合一 https://youtu.be/EOeqZv2bD_U @YouTubeさんから

これをコアにして、自分なりに、教科書や他の参考書などと読み比べて、まとめ直してみたらいかがでしょうか?

Q鎌倉時代の幕府・天皇の「二頭政治」で怒った天皇が戦争で幕府に負けた

 13世紀だったと思いますが、後鳥○(正確な名前忘れました)天皇がたぶん京都にいて、そして関東にある鎌倉幕府と、同じ日本で二つの支配層があるような政治形態だったと思います。

 その天皇が統幕を企てるも、戦争に敗れ、勝者としての幕府と、応援した武家たちが、西日本に大挙として押し寄せた。どうやら、褒美として西日本の政治的・経済的な支配権をそうした武士達に与えるという趣旨だったようですが、そもそも西日本は天皇側の京都もあり、戦争に勝ったとはいえ、にらみを利かせる意味で武家を幕府が配置したのでしょうか?

 関東から西日本に行くというよりは、行かされる(縁のない地域に住んで自分の代から子供や孫までその地域に住む覚悟だったと思います)という気持ちはなかったのでしょうか。各々の武家は、何を基準に、西日本の地域のあるところは、武家Aで、またこちらの地域は武家Bという風に決まったのでしょうか。サイコロですか?

 

Aベストアンサー

承久三年(一二二一)後鳥羽上皇がかつがれておこした「承久の乱」ですね。

制圧した鎌倉幕府は「応援した幕府たち」への恩賞として上皇方旧領の地頭職を与えました。
その配分規準は知り得ませんが、上皇に加担した武家の地位と、その旧領へ送り込む幕府方の武
家の功績とのバランスをみて決めたと思われる例が多いようです。
また、そのとき「にらみを利かせる意味で」京都に設けられたのが、六波羅守護(六波羅探題)です。

頼朝の「平家討伐」のときも、東国武士たちに西国の平氏没官領が与えられています。
もともと東国などに地頭職をもっていたので、初め代官を送って支配に当たらせた例もあったようで
すが、庶家(分家)が増えれば東国の本領だけでは扶養しきれません。
やがて、新所領に移転して支配に当たるようになりました。
 

Q南北朝時代の天皇

皇室は南北朝時代に途絶えたと聞きますが、系図を見ると北も南も後嵯峨天皇の血筋ですよね?
途絶えたとは言うのは間違いですか?

Aベストアンサー

断絶の意味の理解次第だね

断絶という言葉の意味を精査しないと厳格な回答は出来ない


基本的には、”断絶していない”と断言するのは厳しい

してないという人は、南北朝の政治構造を理解できていない人であって、歴史的には支持されない


後円融天皇 と 後小松天皇 の間が断絶という見解がそれなりに有名。

後小松天皇は、後円融天皇の第1皇子等ではなく、足利義満の子


ちなみに、後小松天皇による断絶論は、南北朝統一によって指摘できる話なので、断絶という考えも

もっと先の話をすれば、この後に発足する「後南朝」が後小松天皇の系譜ではなかったりw

なお、「後南朝」の話はタブーらしいののだが・・・・



ちなみに、両統迭立の原初である「後嵯峨天皇の血筋」だが、
血筋だけで”断絶ではない”という考えもある
いわゆる男系継承という話ね

断絶とかはどうでも良い立場としては、虚像に虚像を塗り重ねるのは醜態としか思えないわけだが

まぁ、後南朝も神器もタブーらしいのでなんとも

この話は思想的でアフォらしいが、有識者会議として、何故か憲法学者が登場するのが意味不明だったり

断絶の意味の理解次第だね

断絶という言葉の意味を精査しないと厳格な回答は出来ない


基本的には、”断絶していない”と断言するのは厳しい

してないという人は、南北朝の政治構造を理解できていない人であって、歴史的には支持されない


後円融天皇 と 後小松天皇 の間が断絶という見解がそれなりに有名。

後小松天皇は、後円融天皇の第1皇子等ではなく、足利義満の子


ちなみに、後小松天皇による断絶論は、南北朝統一によって指摘できる話なので、断絶という考えも

もっと先の話をす...続きを読む

Q鎌倉執権北条氏と、戦国時代の後北条氏の家紋・・・

はじめまして。

鎌倉執権北条氏と、戦国時代の後北条氏は、同じ「北条」でも血のつながりがあるとは言えないと聞きました。
それなのに、どうして家紋が同じ三つ鱗なのでしょうか?

Aベストアンサー

ただ単に後北条の始祖伊勢早雲が自家の繁栄を願って北条と名乗ったのです。
つまり家紋もそれにあやかったんだと思います。

Q魏晉南北朝時代について調べています。

魏晉南北朝時代について調べています。

下記したものはあるサイトからの引用なのですが、これ以外に明確な特徴と言えるものはあるのでしょうか?
少々急いでいます。

[魏晉南北朝時代]220~589
 【南北朝時代】317~589 
   晉滅亡からの270年間、中国は南北に分裂
  1.南朝
   東晉→宋→斉→梁→陳
    江南中心:後の南京に都
    豪族勢力が強大で王権が弱体、王朝は「名前だけ」
    ※江南開発の促進
     自由な貴族文化=六朝文化
  2.北=五胡十六国時代
    5つの異民族による13の国と漢民族による3つの短命な国
    ↓この異民族の内“鮮卑族”が強大化
   =北魏(386~439~534)
     ※439年、華北統一=北朝開始
  3.北朝
   北魏→東魏→北斉─┐
    └→西魏→北周(華北統一)→隋
                ※589 南朝の陳を滅ぼし南北統一

Aベストアンサー

これでほぼ完璧でしょう。付け加えるとしたら、「胡」(野蛮な民族を意味する)という文字を避けて最近は「東晋十六国時代」と呼ぶことが多いとか、北朝勢力が発達するにつれて南朝は押されていきどんどん弱体化していったとか、あとは中国史上で東南に逃げた政権はほとんどが滅亡の運命をたどっている、ぐらいでしょうか。
それより、引用されているサイトがどちらなのか気になります。こういう場合には明示しておくことが先方への礼儀だと思うのですが。

Q足利幕府の守護大名の影響力の大きさについて

1)なぜ足利将軍家を圧迫するくらいの大版図を領有し得たのか

2)なぜ細川・斯波・畠山の三家のみ管領家と成り得たのか

3)なぜ山名氏だけが「六分の一殿」と称されるくらいの大版図を領有し得たのか

以上三点、なるべく簡潔な回答、お願いします。

Aベストアンサー

1)なぜ足利将軍家を圧迫するくらいの大版図を領有し得たのか

守護の権限なんてそうタイしたものではなかったから。
守護大名は戦国大名と違って、一円支配しておらず、「領有」という概念で考えるほど、権限は持っていなかった。
南北朝の騒乱をやっている間に、ジワジワと権限が広がって、気づいたら
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%88%E8%AD%B7%E9%A0%98%E5%9B%BD%E5%88%B6
こんな感じになっていた。

参考 自民党幹事長
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%9A%E5%B9%B9%E4%BA%8B%E9%95%B7
戦前の政党の幹事長はそんなに権限を持っていなかった。
戦後の選挙制度が、中選挙区制で、選挙の取り仕切りをやる幹事長がジワジワと力を持つようになり、総裁は総理大臣ということになったため、いつの間にか自民党の事実上のトップが幹事長になった。
そんな感じ。


2)なぜ細川・斯波・畠山の三家のみ管領家と成り得たのか

これは、たまたま高家が没落した後、執事として(自民党の幹事長みたいなもんですが)足利将軍を補佐できるような実力を持っていた、足利一門の分家が上記の三家だったから。
執事(=家来)となるのを潔しとしなかったので、斯波高経は、13歳の息子を管領にして、自分は実権を握るみたいなことをしています。


3)なぜ山名氏だけが「六分の一殿」と称されるくらいの大版図を領有し得たのか
キャスティングボードを握って上手く立ちまわると、利益が大きいという例です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%90%8D%E6%99%82%E6%B0%8F
南朝方に一時付いた。返り忠ってやつですね。

1)なぜ足利将軍家を圧迫するくらいの大版図を領有し得たのか

守護の権限なんてそうタイしたものではなかったから。
守護大名は戦国大名と違って、一円支配しておらず、「領有」という概念で考えるほど、権限は持っていなかった。
南北朝の騒乱をやっている間に、ジワジワと権限が広がって、気づいたら
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%88%E8%AD%B7%E9%A0%98%E5%9B%BD%E5%88%B6
こんな感じになっていた。

参考 自民党幹事長
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%9A...続きを読む


人気Q&Aランキング