医療ミスは実際どれくらいの頻度で起こっているのですか?医療ミスが起こったとき、どのようにして対処・解決する場合が多いですか?(裁判とかお金とかですか?)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まじめな興味だとして回答します。



医療ミスと一般にいうものは、
1)避けられない事故
2)過失の内容が軽度のもの(誠実に診療をしていて、一部に不適切な判断があるが、「後から振り返れば、~しておくべきだった」というようにその過失が責めをおうほどでない)
3)ほとんど故意に近い過失(明らかな知識不足や無謀な判断に基づくもの)
と、分けられるでしょう。1)は、医療事故、2)、3)を医療過誤と呼ぶべきでしょう。医療ミスというのは誤解を招くことが多いので避けるべき呼び方かと思います。

医療事故、医療過誤、裁判についての調査は有名な「Harvard Medical Practice Study(HMPS)」があります。(日本のマスコミには、これをそのまま日本の人口に換算して、「日本で医療ミスでなくなった人がxx人いるはずだ!」なんてめちゃくちゃな報道をしたところもあります。)

それによると、入院患者のうち、医療によって不利益(事故・過誤すべて合わせて)受けた人は、入院患者全体の3.7%、そのうちの27.6%(全体の1%)が医療過誤
(上の2)、3)に相当)し、事故・過誤によって死亡したのが全体の約1%、その半数が事故、残りの半数が過誤に基づくものだった。とあります。

詳しくはリンク先をよくお読みください。
(連載記事なので前後もお読みになってください)
ただアメリカでは、日本のようにごく軽症で入院することはまずないので、半健康体の人も多く入院している日本に当てはめるのは誤解を招きます。

その先の裁判結果と医療事故/過誤/悪質な過誤の相関も興味深いです。アメリカでも「裁判で真実がわかる」には程遠い結果になっています。

さて、日本は「医療事故・過誤」に対して、どういう対処をするかどうか岐路に立っています。
アメリカのように「裁判で解決する」のか、ニュージーランド、スウェーデンのように「公的な医療事故被害救済制度」を作るのか。どちらがよいかは他国の例ではっきりしているようですが、決めるのは医療を利用するわれわれ国民の側です。よく考えましょう。

参考URL:http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2002dir/n24 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。医療ミスでも色々なケースがあるんですね。

お礼日時:2005/04/02 23:40

ミスというのは大小さまざまですよ。


完全な投薬ミスもあれば、ガーゼ忘れだったり、
点滴が血管に入らないミスもありますね。
一概には言えないと思いますし、病院も公にはしませんね。

解決法は示談もあるでしょうし、裁判もあります。
ただし、裁判は患者側が病院の過失立証をしなければ
ならないので、内部告発者や内部資料でもない限りは
相当困難な裁判になります。

あとは病院側が完全否定してなにもなかったことにする解決法もありますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり現実はそんなもんなんですね…。ありがとうございまいた。

お礼日時:2005/04/02 14:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q誤診?医療ミス?責任は?

ご意見お聞かせください。
1ヶ月ほど前に車にはねられ、救急車で運ばれた先の病院でレントゲン撮影の結果、「捻挫」で「全治2週間」と診断されました。このとき、捻挫とは違う痛みに気づき、医師に何度も骨折の疑いが無いか問いただし、CT撮影しないでいいのかも確認しました。後遺症とかについても大丈夫なのか念を押したのですが、安静にしてればいい、と取り合ってくれませんでした。
結局2週間の通院で治らず、他の整形外科でCT撮影をした結果、手の有鈎骨骨折と判明しました。そして、最初の2週間のせいで骨折への対処が遅れ、治癒に関して不利な状況といわれました。これから金属を添える手術の予定です。
こういう場合、最初の病院には、「治療に余分な日数が必要になってしまったこと」「完治の可能性が低くなったこと」などに対して、何の責任も問えないのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当然診断にミスが有ったわけです。
しかも。「CT撮影しないでいいのかも確認しました。」、「最初の2週間のせいで骨折への対処が遅れ、治癒に関して不利な状況といわれました」が有るのですから、初療に充分な診療が行われたとは言えないでしょう。(その時に、CTが取れない何らかの理由が有れば別でしょうが)
よって、責任は回避できないでしょう。
まず、この旨を、最初の病院に申し出るべきでしょう。
その対応を見て、相談窓口なり、訴訟なりを考慮すべきでそう。泣き寝入りだけはしないように。
こうゆう医者には間違いを認識して貰わなければ、次のieyasuさんを生みます。                  

Q医療ミス(手術ミス)で請求しておいたほうが良いもの。

手術ミスにより、補償金が支払われることになりましたが、相談できる機関(神戸在なので、神戸市の公共機関が好ましいのですが)をご存じでしたら、教えてください。補償金の額もそうですが、その他に何を病院側に請求できるのか分かりません。私としては「医療ミスとして、しかるべきところへの報告(つまり院内でうやむやにしない)」「この後の治療費は無償にて行う」と、請求したいのですが。。。今後、担当医や再手術をした医師がいなくなった場合などに、「こうゆう請求もしていたら良かった」と思うことがないようにしたいのです。

”しこり”の摘出手術で首あたりの神経を切断され、腕があげにくくなりました。マヒのように感覚がにぶい箇所もあります。病院側は手術ミスを認め、手術金額の返金、再手術(神経をつなぐ)、その後の治療費は無償となりましたが、腕のあがりにくさ、感覚のにぶさが残るため、補償金での解決となりました。

Aベストアンサー

神経走行の個体差を執刀医が判らなかったことによる後遺障害かと思いましたが…すごく強引なDr.に手術されてしまったのですね。重度過失による傷害ですね。「腕がピクピク動くのですが大丈夫でしょうか?」という問いを受けた時点から 医師には手術ミスの予見可能性が生じていた訳です。

麻酔に関しては、わざと意識を残しながらおこなう手法もありますし、本件後遺障害とも無関係ですので、全身麻酔でなかったことは気になさらなくて良いと思います。

「神経損傷の可能性を伝えられていなかった」のではなく「麻痺の可能性は伝えられていた」訳ですよね。その時の医師の「治りますよ」という回答に関しては、「患者さんを勇気付けるための言葉だ」と言われればそれ以上言及出来ません。(医療も患者との契約関係を明確化する方向に進んでいますので、いずれこの辺りも変わっていくでしょうけれど。)

とりあえず病院側で既にその非を認めており、話合いも進んでいらっしゃるようですので、後は補償金額が貴方の納得できる金額になるかどうかという点が問題になるのだと思います。
病院との話合いだけでは納得いく額の提示が無理なようでしたら、執刀医個人に対して請求をかける事も可能です。そこらへんは弁護士等に相談なさると宜しいと存じます。

最後に、腕が挙上し難い件についてです。その動作をおこなう或る筋肉が現在全く動かない場合は、その動かなくなってしまっている筋運動の改善は難しいです。でも、少しでも力が入るようでしたら、神経―筋促通の機能訓練(普通の筋トレのイメージとは違います)を行なうと改善がみられる場合が多いです。
徒手筋力検査や筋電図検査等を既に受けておられるか存じますので、どの筋肉に繋がっている神経の損傷だったのかは病院側で判っていると思います。もし可能性があれば諦めずに少しづつでも良くなるようにリハビリ頑張ってください!応援しております。

神経走行の個体差を執刀医が判らなかったことによる後遺障害かと思いましたが…すごく強引なDr.に手術されてしまったのですね。重度過失による傷害ですね。「腕がピクピク動くのですが大丈夫でしょうか?」という問いを受けた時点から 医師には手術ミスの予見可能性が生じていた訳です。

麻酔に関しては、わざと意識を残しながらおこなう手法もありますし、本件後遺障害とも無関係ですので、全身麻酔でなかったことは気になさらなくて良いと思います。

「神経損傷の可能性を伝えられていなかった」のではな...続きを読む

Q獣医師の医療ミス

最近は、日本でも医療ミスが取りざたされて、医療訴訟が増えておりますが...
獣医師が医療ミスをしても、法的な責任は問われないのでしょうか?
ペットが医療ミスで死亡しても、結局は泣き寝入りするしかないのでしょうか。

Aベストアンサー

 先行のご回答と若干重複する部分がありますことを、まずおわびいたします。
 gostさんが飼主なのであれば、誠にお気の毒ですが、結論的には、法的責任の追及は非常に困難です。
 以下、飼主の方々にとっては酷薄な表現を用いますが、正確を期する趣旨ですので、ご容赦賜れば幸いです。

1 過失行為の主張・立証について
 獣医師が診療行為上の過誤により対象動物を死に至らしめた場合、飼主との間の診療契約上の債務不履行ないしは不法行為に基づき、損害賠償義務を負います(民法415条前段、709条)。
 なお、刑事責任は、獣医師に故意がないかぎり成立しません。過失器物損壊罪を処罰する旨の刑罰法規が存在しないからです(刑法261条、38条1項)。

 ただ、飼主が獣医師の損害賠償責任を追及するためには、獣医師の注意義務の内容を特定し、かつ、義務違反に該当する事実を飼主側で主張・立証しなければなりません(最高裁昭和56年2月16日判決ご参照)。
 つまり、「診療行為上の過誤」があったとされる当時、対象動物の病状(病巣、病変の転移の有無、体調その他の一般条件など)がどのようなものであり、これらを前提とした場合に、獣医師としての医療水準からは、どのような診療行為が要求されるのか、といった点について、飼主側が具体的に特定して主張・立証しなければならないわけです。

 動物の場合は、人間とは異なり、死亡直後の病理解剖が広く実施されているとはいい難いですから、対象動物の病状を特定して主張・立証することは、非常に困難です。
 また、これが特定できたとしても、適切な文献・資料等の蓄積が十分でないために、対象動物に関する診療行為当時の医療水準を調査するのは、人間に関する医療水準を調査する以上に困難な作業です。

2 損害論について
 上記1の主張・立証が成功して、獣医師に過失行為があると認定されたとしても、損害賠償の額は、さほど高額とはならないと解されます。

 まず、飼主は、財産的損害として、対象動物の死亡当時の再調達価格(いわゆる「時価」)相当額の賠償を請求することが可能です。

 次に、慰謝料ですが、交通事故による死亡者(人間)の遺族固有の慰謝料額は、おおよそ500万円程度とされているようです。
 飼主のお立場からすれば、ペットも人間と同じく家族の一員だという感覚なのでしょうが、法的観点からみれば、相当高額に見積もったとしても、人間の場合の10分の1、50万円程度が上限ではないかと思われます(商品用の猫であったからとの理由で請求は認められませんでしたが、大阪地裁平成9年1月13日判決の事案では、アメリカ合衆国の愛猫団体からチャンピオンの認定を受けたことがある猫の死亡について、飼主は、50万円の慰謝料を請求しています。)。

 ご参考になれば幸いです。

 先行のご回答と若干重複する部分がありますことを、まずおわびいたします。
 gostさんが飼主なのであれば、誠にお気の毒ですが、結論的には、法的責任の追及は非常に困難です。
 以下、飼主の方々にとっては酷薄な表現を用いますが、正確を期する趣旨ですので、ご容赦賜れば幸いです。

1 過失行為の主張・立証について
 獣医師が診療行為上の過誤により対象動物を死に至らしめた場合、飼主との間の診療契約上の債務不履行ないしは不法行為に基づき、損害賠償義務を負います(民法415条前段、70...続きを読む

Q医療ミス?不正な医療行為?

今年の4月に距骨骨軟骨障害で手術を受けました。しかし、今の担当医に疑問と言うか腑に落ちない点があるのですが、然るべき処置の仕方も分かりませんし、担当医の処置や治療方針に対する皆様のご意見や見解やアドバイスを頂ければ幸いです。
まず(1)、手術前に剥離しかけた軟骨部位を『骨釘』で固定すると説明を受けたにも関わらず、抜釘、ワイヤー摘出手術を最近受け、摘出された釘は骨釘ではなく普通の『金属の釘』という事を知りました。
(2)ワイヤーを足に残す(外踝の骨を固定(癒合)する為に入れた)事自体説明されていない。説明されたのは術後。
(3)釘もワイヤーも抜く予定は無いと術後に説明されたにも関わらず、ワイヤーと釘の皮膚への出っ張り具合による痛みとワイヤーによる足首の稼働域の狭さから、結局摘出手術する事になりました。
改善される経過や期間は個人差があるとはいえ、明らかに手術前に受けた説明と手術法や所見などが違い、それに伴い、回復も延びています。
これらについての事は医療ミスなり不正な医療行為に当たりますでしょうか?その場合、私はどちらに相談すれば良いでしょうか?宜しくお願い致します。

今年の4月に距骨骨軟骨障害で手術を受けました。しかし、今の担当医に疑問と言うか腑に落ちない点があるのですが、然るべき処置の仕方も分かりませんし、担当医の処置や治療方針に対する皆様のご意見や見解やアドバイスを頂ければ幸いです。
まず(1)、手術前に剥離しかけた軟骨部位を『骨釘』で固定すると説明を受けたにも関わらず、抜釘、ワイヤー摘出手術を最近受け、摘出された釘は骨釘ではなく普通の『金属の釘』という事を知りました。
(2)ワイヤーを足に残す(外踝の骨を固定(癒合)する為に入れた)事自体説...続きを読む

Aベストアンサー

医師は手術にあたり、インホームドコンセントと言って、体がこのような状態なので

こういう手術をします。それにより、こういった後遺症がでる恐れもあります

と具体的に説明し、患者が承諾、納得した上で手術に取り組まなければならないと

医師法で定められています

手術は医師の腕一つです。正直へたくそもいます。

医療事故情報センターと言うホームページがあります

一度相談されてはどうでしょう

Q医療ミスについて

医療ミスが許しますか?
もし医療ミスが遭ったら、どうやって解決しますか?
教えてください。

Aベストアンサー

医療過誤(医療ミス)は医療事故(医療行為に関連しておきた事故)の中で病院側に法的責任があるものを指します。そのため、医療事故には病院側に責任がない、不可抗力によって起きたものも含まれます。医療過誤が起きた場合、現実的にどのような解決策がなされるか。潜在的に多数を占めると思われるのが泣き寝入りです。次に話し合いによる示談。そして訴訟になります。

解決方法については、死亡事故ではない場合は健康被害の回復や治療費用などがあげられるでしょうが、一般的に金銭による損害賠償になります。示談交渉で解決しない場合は、訴訟を提起し、和解に持ち込むか、判決を待つことになります。日本の医療訴訟の現状については、原告勝訴率は40%ぐらいで、和解が50%くらいらしいです。この和解の中には内容的に原告が実質的に勝訴みたいなものも含まれます。

しかしながら、大変なのは訴訟を起こすことです。過誤(ミス)があったという証拠を立証しなければなりませんし、まずその記録を手に入れるのからして大変です。診療録の開示請求、個人情報保護法に基づく開示請求あるいは証拠保全手続きが必要になります。その後も訴訟の中では数々の困難が伴います。

また事件を依頼した弁護士がそういう訴訟に馴れているかというのも重要なところです。専門で取り扱っている弁護士に依頼するのが重要です。病院側に当初からミスという認識があれば、事故後に双方話し合い、示談で解決するケースも多いです。

いずれにしろ、医療過誤(医療ミス)ということであれば、当然病院は責任を負うべきであることは疑う余地はありません。なお、故意や重大な過失があれば病院や医師は刑事責任や行政処分(医師資格の処分)を受けることになります。

しかしながら、人間の行う行為にはミスが必ず起きるとの研究もあります。許す、許さないは加害者の交渉の中で、加害者が十分に反省をし、きちんとした保証を提示し、再発防止を約束するという過程をふまえ、被害者が判断するべきものではないでしょうか。

もちろん、病院や医師が、医療過誤を絶対に起こさない努力を続けていくことは、社会的に当然に要求されていることでしょう。

医療過誤(医療ミス)を疑ったら、まず相談です。全国の医療安全支援センター(県や保健所にある)、民間団体、弁護士相談などを利用されてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www3.ocn.ne.jp/~mmic/

医療過誤(医療ミス)は医療事故(医療行為に関連しておきた事故)の中で病院側に法的責任があるものを指します。そのため、医療事故には病院側に責任がない、不可抗力によって起きたものも含まれます。医療過誤が起きた場合、現実的にどのような解決策がなされるか。潜在的に多数を占めると思われるのが泣き寝入りです。次に話し合いによる示談。そして訴訟になります。

解決方法については、死亡事故ではない場合は健康被害の回復や治療費用などがあげられるでしょうが、一般的に金銭による損害賠償になりま...続きを読む

Q医療ミスと医療過誤?

最近医療の現場での事故の報道が多いですが、その中で「医療ミス」と「医療過誤」という2つの言葉が使われている気がします。これは同じ意味で使われているのでしょうか?ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

医療ミスと医療過誤は同じと考えていいと思います。
また,ミスないし過誤はよく調べないと確定しない,という意味と医療サイドがミスという言葉を避ける意味合いから,医療事故と若干定義の広い言葉を使うこともあります。欧米ではエラーerrorを使います。これが汎用性もあり,良い表現だと考える人が日本にも一部にいます。マスコミがミスの定義をかなり広く使うのも,最も狭く定義したミスないし過誤が少なくないのもこまったことです。

Q医療ミス=医療事故

こんばんは、この頃医療ミスが相次いでいますね。
私は、よくとは言いませんが持病がありますので頻繁に病院に通院します。

皆さんに聞きたいことは、医療ミスをするとなぜ病院側は隠そうとするのでしょうか?そんなに名誉が傷つくことなのでしょうか…?患者側の家族の気持ちは考えられないのでしょうか?
自分は、児童関係のボラをしています。子どもは可愛いです。でも、医療ミスで子どもが亡くなることを聞くと悲しいです。そしてもっと悲しい事は、医療ミスを隠して堂々としていた病院側です。憤りを感じます。
皆さんはどうでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般論としてなぜか?
ということで書き込みます。

1)隠してバレると病院側も被害は大きいですよね?でも隠す方向に向かうのはedogawaranpoさんが言うように隠す方に有利な状況があるからです。隠し通せばなかったことになります。
2)なかった事になって得なのは
 1 民事的な賠償
 2 刑事的な責任
 3 今後の患者の減少
これら全般です。つまりどれも病院経営には重要な部分です。

3)前記以外にもう1つ大きな事柄があります。
医療事故そのものに関する意識/認識の違いです。
皆さんは医療事故などほとんどが隠されているとお考えかもしれませんが、私は「明らかなものはほとんど隠せない」と考えています(だから隠すのはポリシーに反する…私のポリシーは「無駄なことはしない」(笑))。
なぜなら密室で治療するといっても誰もいないところで1:1ということはないからです。
明らかな医療ミスはほとんどの場合、同席した誰かによって(理由は良心の呵責)外に漏れます。ですから遅かれ早かれ露呈します。隠すだけ無駄なんです。
問題なのは「明確に医療ミスとは呼べないもの」です。
これらは治療には一定のリスクがあるからし方がない…として医療者側にはなんら気持に引っかかるものはありません。「運が悪かった」と本気で思っています。
これらは隠しているのではなく「誰も事故だと思っていないから」外には出てこないんです。手術中の細かな手の動きの違いなど…誰にもわかりません。また厳密に病院管理が徹底していれば出ないことでも横並びなら目立たないこともたくさんあります(院内感染などなど)
こういったものは『隠しているわけではないから』よけいに目立たないし現行のシステムでは第三者が確認するシステムはありませんのでそのうちにうやむやになって消えます。ですから今後続々出てくるであろう、『事故報告の義務化』…も実は機能するかどうか怪しいところです。認識していなかったら報告のしようもないでしょ?
隠して堂々としていた中には、前者の「冷やひやしながら」というのと後者の「真面目に堂々と」というのと両方があると思いますよ。

今の日本の医療はパターナリズム的な色合いがまだまだ濃く、患者の責任で選択し結果も患者(だけ)が享受するという認識が少ないため、医者側からは隠しやすい環境が残ってしまっているんです。
ただそれによって患者サイドは細かなことは医療者任せにする「なーなー」が成り立っています。ミスを減らすにはこの「なーなー」が一番邪魔だというのがアメリカ式医療を見ても明らかになっています。

では、この「なーなー」がなくなったとき果たして困るのは誰か…小泉さんの言葉を借りれば3方(本当は政府もいれて4方)の誰になるのかは容易には推測できません。
私個人からすれば損するのは患者と政府だと思います。医療者はある意味ラクになるように思います。
癌が見つかったらその場で『癌だね・・でどうする?』ってできるアメリカ的医療はすごく魅力的です。治療の選択肢も「ココで出来るのはコレとコレ、それ以外はあなたの責任で探してくれ」とすればもっと簡単です。手術の成功率が開示されたら「成功しない確率も知っていたんでしょ?」となりそれに対する補償は当然なくなります。…今のシステムにはこれらはありえないことです。
マイナスばかりではないんです。ただ「マイナスは嫌・プラスだけくれよ」というのはどこの世界でもワガママ以外の何物でもないように思いますよ。そのあたりを考えて国民&行政で医療に関する基本姿勢を考えていけばいいように思います。少なくとも昔の国民は現行の制度を選んだといえます。(日本の風土に上記のようなシステムが馴染むかどうか…ソコが分かれ目です)

ミスを隠して教えて「くれなかった」というところにも以外と病巣は潜んでいます。ミスがあったかどうかは金をかけてでも調べるのが国際標準だからです。
どんな商売・どんなメーカーでも同じですが『明確な』誤り以外は認めないものです。それが当然と考えれば何も不思議なことではありません。ある意味それくらいのリスクが潜んでいることも含めてすべてのサービスは提供されているだと思います。

人のことを怒るのは簡単なことです。じゃあどうにかできるのか?今の医療の質を下げずに、負担を増やさずに… そんなのは無理な話ですよ。小児科の開業医、小児科を開設している病院はどんどん減っています。それに連れて残った小児科の病院の負担はいや増している。医療者も含めて国の中で生きている以上、国が進める政策の範囲内の事柄しか出来ないし国が許す医療レベルしか享受は出来ないんです。現行の予算や人員配置ではアメリカ式の医療すらままならないのが現実です。

誰も殺したくて殺したんじゃないと思います。
正直に言えば、どんなミスだって帳消しになって子供が生き返るなら誰だってミスを(ミスじゃなくたって)申告しますよ。そんなところが本音の本音です。

一般論としてなぜか?
ということで書き込みます。

1)隠してバレると病院側も被害は大きいですよね?でも隠す方向に向かうのはedogawaranpoさんが言うように隠す方に有利な状況があるからです。隠し通せばなかったことになります。
2)なかった事になって得なのは
 1 民事的な賠償
 2 刑事的な責任
 3 今後の患者の減少
これら全般です。つまりどれも病院経営には重要な部分です。

3)前記以外にもう1つ大きな事柄があります。
医療事故そのものに関する意識/認識の違いです。
皆さん...続きを読む

Q【医療費控除】レーシック手術は医療費控除が適用される。 医療費控除って何ですか? 医療費控除を適用さ

【医療費控除】レーシック手術は医療費控除が適用される。

医療費控除って何ですか?

医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?

Aベストアンサー

>医療費控除って何ですか?
医療費控除とはかかった医療費の一部を税金(所得税)から控除することです。

>医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?
1.医療費控除は確定申告をしなければいけません。
2.自分や家族のために支払った医療費等の実質負担額が、年間(1~12月)10万円(所得金額が200万円未満の人は「所得金額×5%」の額)を超えた場合、その超えた金額をその年の所得から差し引くことができます。
3. 控除できる金額の上限は200万円です。
4.2017年から新しい医療費控除の「セフルメディケーション税制」がはじまります。市販薬の購入費に限定した医療費控除です。 いままでは医療費の合計が年間「10万円」、または「所得の5%」(所得が2百万円未満の場合)という足切りラインがあり、その額を超えないと使えませんでした。
※たとえば所得が100万円の方であれば、医療費が5万円を超えなければ医療費控除を適用できません。
これに対しセルフメディケーション税制では、足切りラインが年間「1万2千円」と低めに設定されていますので、対象医薬品(パッケージに「セルフメディケーション 税 控除対象」というマーク(共通識別マークがあったり店頭で対象かどうか確かめてOKとなったもの)のレシートを取っておけばいいのです。
ただし、この税制では
(1)インフルエンザなどの予防接種、
(2)定期健康診断、
(3)特定健康診査(メタボ健診)、
(4)人間ドッグやがん検診(市町村・健保組合等が実施)
などのうち、いずれか一つを受けていることが大前提の条件です。つまりレシート+これらどれかの領収書を合わせて提出することで所得税の控除対象となります。

>医療費控除って何ですか?
医療費控除とはかかった医療費の一部を税金(所得税)から控除することです。

>医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?
1.医療費控除は確定申告をしなければいけません。
2.自分や家族のために支払った医療費等の実質負担額が、年間(1~12月)10万円(所得金額が200万円未満の人は「所得金額×5%」の額)を超えた場合、その超えた金額をその年の所得から差し引くことができます。
3. 控除できる金額の上限は200万円です。
4.2017年から新しい医療費...続きを読む

Q医療ミスの現実

医療ミスは実際どれくらいの頻度で起こっているのですか?医療ミスが起こったとき、どのようにして対処・解決する場合が多いですか?(裁判とかお金とかですか?)

Aベストアンサー

まじめな興味だとして回答します。

医療ミスと一般にいうものは、
1)避けられない事故
2)過失の内容が軽度のもの(誠実に診療をしていて、一部に不適切な判断があるが、「後から振り返れば、~しておくべきだった」というようにその過失が責めをおうほどでない)
3)ほとんど故意に近い過失(明らかな知識不足や無謀な判断に基づくもの)
と、分けられるでしょう。1)は、医療事故、2)、3)を医療過誤と呼ぶべきでしょう。医療ミスというのは誤解を招くことが多いので避けるべき呼び方かと思います。

医療事故、医療過誤、裁判についての調査は有名な「Harvard Medical Practice Study(HMPS)」があります。(日本のマスコミには、これをそのまま日本の人口に換算して、「日本で医療ミスでなくなった人がxx人いるはずだ!」なんてめちゃくちゃな報道をしたところもあります。)

それによると、入院患者のうち、医療によって不利益(事故・過誤すべて合わせて)受けた人は、入院患者全体の3.7%、そのうちの27.6%(全体の1%)が医療過誤
(上の2)、3)に相当)し、事故・過誤によって死亡したのが全体の約1%、その半数が事故、残りの半数が過誤に基づくものだった。とあります。

詳しくはリンク先をよくお読みください。
(連載記事なので前後もお読みになってください)
ただアメリカでは、日本のようにごく軽症で入院することはまずないので、半健康体の人も多く入院している日本に当てはめるのは誤解を招きます。

その先の裁判結果と医療事故/過誤/悪質な過誤の相関も興味深いです。アメリカでも「裁判で真実がわかる」には程遠い結果になっています。

さて、日本は「医療事故・過誤」に対して、どういう対処をするかどうか岐路に立っています。
アメリカのように「裁判で解決する」のか、ニュージーランド、スウェーデンのように「公的な医療事故被害救済制度」を作るのか。どちらがよいかは他国の例ではっきりしているようですが、決めるのは医療を利用するわれわれ国民の側です。よく考えましょう。

参考URL:http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2002dir/n2489dir/n2489_05.htm#00

まじめな興味だとして回答します。

医療ミスと一般にいうものは、
1)避けられない事故
2)過失の内容が軽度のもの(誠実に診療をしていて、一部に不適切な判断があるが、「後から振り返れば、~しておくべきだった」というようにその過失が責めをおうほどでない)
3)ほとんど故意に近い過失(明らかな知識不足や無謀な判断に基づくもの)
と、分けられるでしょう。1)は、医療事故、2)、3)を医療過誤と呼ぶべきでしょう。医療ミスというのは誤解を招くことが多いので避けるべき呼び方かと思います。

医療...続きを読む

Q医療ミスについて

よろしくお願いします。

先日知人の子供さん(3歳)が亡くなりました。
高熱で最初に、地元の大きい総合病院で診てもらったところ、「風邪」の診断を受けてそのまま自宅へ帰されました。
しかし熱が下がらないため、かかりつけの個人病院へ連れて行きました。医師は「O-157」ではないかと疑い、前述の総合病院で検査をしてもらったところ、その通りでしたがもう手遅れだったそうです。

私は医療に関しては素人で、今回の処置が妥当なものであったのかどうかは全く判りませんが、このような判断ミスのようなことは比較的多いのではないのかなとふと思いました。しかし尊い命を扱う医療現場で「よくあること」で済まされる話ではないでしょう。

今回の親御さんは、裁判でも起こさない限りは泣き寝入りになってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

医師です。
ご不幸な転帰についてお悔やみ申し上げます。

医療の最前線では、最初に見た段階では通常のカゼかO-157か判断をつけるのは難しい場合があると思います。また仮にO-157が検出されたとしてもベロ毒素を出していなければ入院の必要すらない場合があります。

またO157は下痢を起こす原因のごく一部にすぎません。集団発生しない場合、個人的には非常に難しいと思います。下痢の原因がO157などの腸管出血性大腸菌であるかどうかは、検査の結果を待たなくてはいけません。

2次感染の恐れのある、「三類感染症」になっておりますので保健所に申請する必要があります。

以上の条件から、私は下記のステップを経てはどうかと思います。

1.最寄りの保健所で相談を受けることができます。
→保健所に連絡をする。
2.医療判断について疑問があれば、医師や他のスタッフから十分に説明を受ける。
3.その上で納得がいかなければ、弁護士に相談する。

●各段階で全力を出し、その時点では問題ない判断でも、結果が悪ければ全て「医療が悪い」という風潮が、マスコミ主導で蔓延しています。

●最初の段階から考えられる病気に関して検査を徹底的にすると、「過剰検査」といわれてしまいます。単なる下痢で即日O-157の検査を出すのも難しいものです。ほかにも多くの疾患が考えられますし、もしもO-157でない場合は「あの病院は検査ばかりする」といわれます。#1の方を中傷するわけではありませんが、限られた情報の中で「絶対悪」のような言われ方をすると、ますます医療は検査過剰になっていくでしょう。

●一方、「医療費抑制」の名の下に検査や治療のお金が削られようとしています。少なくなった分は、検査や治療を削るしかありません。いい悪いではなく、今よりお金をかけないということを、「国民の皆さん」が選択されているのです。今一度考えてください。

なくなられたご本人にも、残されたご家族の方にも心安らかな日が来られますようお祈りいたします。
合掌

医師です。
ご不幸な転帰についてお悔やみ申し上げます。

医療の最前線では、最初に見た段階では通常のカゼかO-157か判断をつけるのは難しい場合があると思います。また仮にO-157が検出されたとしてもベロ毒素を出していなければ入院の必要すらない場合があります。

またO157は下痢を起こす原因のごく一部にすぎません。集団発生しない場合、個人的には非常に難しいと思います。下痢の原因がO157などの腸管出血性大腸菌であるかどうかは、検査の結果を待たなくてはいけません。

2次感染の恐れ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報