医療ミスは実際どれくらいの頻度で起こっているのですか?医療ミスが起こったとき、どのようにして対処・解決する場合が多いですか?(裁判とかお金とかですか?)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まじめな興味だとして回答します。



医療ミスと一般にいうものは、
1)避けられない事故
2)過失の内容が軽度のもの(誠実に診療をしていて、一部に不適切な判断があるが、「後から振り返れば、~しておくべきだった」というようにその過失が責めをおうほどでない)
3)ほとんど故意に近い過失(明らかな知識不足や無謀な判断に基づくもの)
と、分けられるでしょう。1)は、医療事故、2)、3)を医療過誤と呼ぶべきでしょう。医療ミスというのは誤解を招くことが多いので避けるべき呼び方かと思います。

医療事故、医療過誤、裁判についての調査は有名な「Harvard Medical Practice Study(HMPS)」があります。(日本のマスコミには、これをそのまま日本の人口に換算して、「日本で医療ミスでなくなった人がxx人いるはずだ!」なんてめちゃくちゃな報道をしたところもあります。)

それによると、入院患者のうち、医療によって不利益(事故・過誤すべて合わせて)受けた人は、入院患者全体の3.7%、そのうちの27.6%(全体の1%)が医療過誤
(上の2)、3)に相当)し、事故・過誤によって死亡したのが全体の約1%、その半数が事故、残りの半数が過誤に基づくものだった。とあります。

詳しくはリンク先をよくお読みください。
(連載記事なので前後もお読みになってください)
ただアメリカでは、日本のようにごく軽症で入院することはまずないので、半健康体の人も多く入院している日本に当てはめるのは誤解を招きます。

その先の裁判結果と医療事故/過誤/悪質な過誤の相関も興味深いです。アメリカでも「裁判で真実がわかる」には程遠い結果になっています。

さて、日本は「医療事故・過誤」に対して、どういう対処をするかどうか岐路に立っています。
アメリカのように「裁判で解決する」のか、ニュージーランド、スウェーデンのように「公的な医療事故被害救済制度」を作るのか。どちらがよいかは他国の例ではっきりしているようですが、決めるのは医療を利用するわれわれ国民の側です。よく考えましょう。

参考URL:http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2002dir/n24 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。医療ミスでも色々なケースがあるんですね。

お礼日時:2005/04/02 23:40

ミスというのは大小さまざまですよ。


完全な投薬ミスもあれば、ガーゼ忘れだったり、
点滴が血管に入らないミスもありますね。
一概には言えないと思いますし、病院も公にはしませんね。

解決法は示談もあるでしょうし、裁判もあります。
ただし、裁判は患者側が病院の過失立証をしなければ
ならないので、内部告発者や内部資料でもない限りは
相当困難な裁判になります。

あとは病院側が完全否定してなにもなかったことにする解決法もありますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり現実はそんなもんなんですね…。ありがとうございまいた。

お礼日時:2005/04/02 14:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療ミスについて

医療ミスが許しますか?
もし医療ミスが遭ったら、どうやって解決しますか?
教えてください。

Aベストアンサー

医療過誤(医療ミス)は医療事故(医療行為に関連しておきた事故)の中で病院側に法的責任があるものを指します。そのため、医療事故には病院側に責任がない、不可抗力によって起きたものも含まれます。医療過誤が起きた場合、現実的にどのような解決策がなされるか。潜在的に多数を占めると思われるのが泣き寝入りです。次に話し合いによる示談。そして訴訟になります。

解決方法については、死亡事故ではない場合は健康被害の回復や治療費用などがあげられるでしょうが、一般的に金銭による損害賠償になります。示談交渉で解決しない場合は、訴訟を提起し、和解に持ち込むか、判決を待つことになります。日本の医療訴訟の現状については、原告勝訴率は40%ぐらいで、和解が50%くらいらしいです。この和解の中には内容的に原告が実質的に勝訴みたいなものも含まれます。

しかしながら、大変なのは訴訟を起こすことです。過誤(ミス)があったという証拠を立証しなければなりませんし、まずその記録を手に入れるのからして大変です。診療録の開示請求、個人情報保護法に基づく開示請求あるいは証拠保全手続きが必要になります。その後も訴訟の中では数々の困難が伴います。

また事件を依頼した弁護士がそういう訴訟に馴れているかというのも重要なところです。専門で取り扱っている弁護士に依頼するのが重要です。病院側に当初からミスという認識があれば、事故後に双方話し合い、示談で解決するケースも多いです。

いずれにしろ、医療過誤(医療ミス)ということであれば、当然病院は責任を負うべきであることは疑う余地はありません。なお、故意や重大な過失があれば病院や医師は刑事責任や行政処分(医師資格の処分)を受けることになります。

しかしながら、人間の行う行為にはミスが必ず起きるとの研究もあります。許す、許さないは加害者の交渉の中で、加害者が十分に反省をし、きちんとした保証を提示し、再発防止を約束するという過程をふまえ、被害者が判断するべきものではないでしょうか。

もちろん、病院や医師が、医療過誤を絶対に起こさない努力を続けていくことは、社会的に当然に要求されていることでしょう。

医療過誤(医療ミス)を疑ったら、まず相談です。全国の医療安全支援センター(県や保健所にある)、民間団体、弁護士相談などを利用されてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www3.ocn.ne.jp/~mmic/

医療過誤(医療ミス)は医療事故(医療行為に関連しておきた事故)の中で病院側に法的責任があるものを指します。そのため、医療事故には病院側に責任がない、不可抗力によって起きたものも含まれます。医療過誤が起きた場合、現実的にどのような解決策がなされるか。潜在的に多数を占めると思われるのが泣き寝入りです。次に話し合いによる示談。そして訴訟になります。

解決方法については、死亡事故ではない場合は健康被害の回復や治療費用などがあげられるでしょうが、一般的に金銭による損害賠償になりま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報