こんにちわ、先日造影CT検査を行いました。結果肝臓に黒い丸い陰がありました。造影CTの場合は黒い陰は何を意味するのでしょうか?(水分?)だれか教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


私は医療に携わっていますが、医師ではありません。
あくまで、私の持っている知識の範囲内での話しです。

肝臓の造影検査では、動脈相・門脈相・平衡相の3つの相を比較して病気を診ています。
よって、この質問の仕方だけでは、何か断定できないと思います。

造影剤はやや粘着質ですが、水分なので、低濃度が水分を示すかは一言には言えませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!補足すると肝臓表面にありました。肝臓癌の場合は中心に壊死がみられるそうですが、それは腫瘍真中の色が変化しているということでしょうか?

お礼日時:2005/04/02 18:59

経験から言うと お答えしにくい質問です


次回の診察で医師から説明があるでしょう 不安に思われるしようが 別に今日明日という緊急性はありませんので診察日までお待ちになったら
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一概に黒い陰といっても即判別はできないのですね、ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2005/04/02 18:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q切迫早産入院中です。24時間点滴していますが、先週から肝機能数値が高く、肝機能数値を下げる注射をして

切迫早産入院中です。24時間点滴していますが、先週から肝機能数値が高く、肝機能数値を下げる注射をしていますが、なかなか下がりません。ちなみに、先週→ALT65 今日→ALT81 でした。先生は点滴のせいと言っていまし たが、点滴のせいで何故、肝機能数値が上がるのかがいまいちよく分かりません。このまま3桁になったら点滴を違うのに変えるそうです。3桁までいくのに放置でいいのか不安だし肝機病にならないか不安です。素人の私でも分かるように説明して下さる方いましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ほとんどの薬は、肝臓で分解されます。 で、人によっては(ウテメリンの場合5%未満の人)肝臓機能に影響し数値となって現れます。

ある程度悪化したら、休薬することが望ましいですが、その程度は早産のリスクなどと合わせて医師が判断するものです。 週数によっては、減薬等もあり得るかもしれませんし、薬の変更も考慮しなくてはいけなくなる可能性もあるということでしょう。 

ただし、薬をやめれば肝機能は元に戻る可能性が高く一時的なものだと思いますので、そこまで心配せずにお医者さんに任せておいてもよいかと思います。

お大事になさってください。

Q膵臓検査のため明日CT造影やりますが・・・

2週間少し前に、みぞおちと背中の激痛で救急にかかりました。
20年前、脂肪食を深夜食べていたことが原因で急性胆嚢炎で入院していることや、数年後に胆石の疑いもあったりで、翌日検査になりました。
ただ、胆嚢炎の時のようなわき腹は痛まず、嘔吐もありませんでした。

腹部エコー・血液検査と問題なく、次の日に胃カメラ検査をして、ポリープ切除しました。結果は問題ありませんでした。
切除した事もあってその間食事はもちろんお粥等でしたが、2週間たったいまもうどんさえ拒む日々です。

それで膵臓を見ましょう…ということになり明日CT造影検査をしますが、嘔吐も感じない私にその検査は有効でしょうか?

まぁ検査はしておいた方が良いに決まっているのでそれはいいんですけど…急性膵臓などのサイトを見ると『嘔吐』というのがあるので、もし検査で何も問題が無かったら何故に今も痛いのか(鈍痛)不思議です。

Aベストアンサー

すい臓がんを疑っているのかもしれません。

なんにせよ、CTをやる、ということは医師にも「よーわからん」状態
であることは確かなので、一番「わかりそうな」手段に走っていると
思いますよ。何も出なければそれでよし、癌でも見つかれば大変ですから。

Q62歳の母親の質問ですが、薬を飲まずに高血圧の数値を下げる良い方法はあ

62歳の母親の質問ですが、薬を飲まずに高血圧の数値を下げる良い方法はありますか?そして良く眠れる方法も教えてもらいたいそうです。

Aベストアンサー

 高血圧に一番よいのは運動です。62歳というのはまだ老人の範疇には入らないというのが昨今の状況ですから、是非ウォーキングなどの要酸素運動を始めるよう助言してあげてください。有酸素運動については下記に詳しく出ていますからこれを参照してください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E9%85%B8%E7%B4%A0%E9%81%8B%E5%8B%95

 有酸素運動により高血圧の改善が期待できるのですが、実はそれだけではないのです。悪玉コレステロールの蓄積を防いで血管の老化を防止し、血圧が上がったときに切れたり詰まったりしにくくしてくれるという効用もあるのです。

 最近、要酸素運動の中でスロージョギングという、画期的な方式がNHKが提案し、これが大きな反響を呼んでいます。全く肉体的な苦痛を伴わないのに、歩くより遙かに大きな発汗作用とカロリーの消費が期待でき、アルツハイマーの予防にさえ効くという一石二鳥どころか三鳥、四鳥の効果があるのです。下記で紹介されていますから是非これを取り入れてください

 私はこれを始めて1年近くになりますが、140を出たり入ったりしていた血圧は120-70と完全に正常になり、悪玉コレステロール値が300を超えていたのが今は正常値の120を下回る90、中性脂肪もハイティーン代のパーセンテージとなり、信じられないほどの効果に驚愕しています。

参考URL:http://cgi2.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20090610

 高血圧に一番よいのは運動です。62歳というのはまだ老人の範疇には入らないというのが昨今の状況ですから、是非ウォーキングなどの要酸素運動を始めるよう助言してあげてください。有酸素運動については下記に詳しく出ていますからこれを参照してください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E9%85%B8%E7%B4%A0%E9%81%8B%E5%8B%95

 有酸素運動により高血圧の改善が期待できるのですが、実はそれだけではないのです。悪玉コレステロールの蓄積を防いで血管の老化を防止し、血圧が上がったときに切れ...続きを読む

Q造影剤CT時

造影剤のCT撮影をしました。
3度目なのですが、3回とも左手の手の甲から造影剤を入れました。
もの凄く痛かったです。

友人が最近、違う病院で造影剤のCT撮影をしたのですが、採血をする時のような場所から造影剤を入れたそうです。

これは病院によって違うのでしょうか?
若しくは造影剤の種類によって違うとか?

撮影場所は私も友人も腹部です。

手の甲はメチャメチャ痛いので、出来れば採血をする時のような場所からにして欲しいのですが、検査の際に言えば変更してくれるのでしょうか?
病院?技師?のやり方で決まってるものなのでしょうか?

ご存知の方がいましたら、教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

肘や手首から造影剤を入れることが殆どだと思います。
手の甲の血管はあまり使わないですね、ご経験の通り痛いので。
もしかして肘や手首の血管取りづらい方ですかね?
採血で普通に肘から採っているなら、次の検査の時にはっきり
「手の甲から入れられるとすごく痛いので肘か手首にしてもらえませんか?」
とお願いしてください。

Q統合失調症の薬を服薬しています。健診の結果、肝臓の値が高いです。肝臓の値を下げる方法はありませんか?

30代後半
身長:187cm
体重:87kg

【肝機能】
AST(GOT) 30
ALT(GPT) 46* 【5~40】
r-GTP 153*  【~70】

【脂質系】
総コレステロール 310* 【159~210】
LDL-コレステロール 228* 【139以下】
HDL-コレステロール 70
中性脂肪 92

*のついている項目が基準値をオーバーしていました。

統合失調症を患っており、現在、下記の薬を服薬しています。

【精神の薬】
リスパダールコンスタ度50mg注射:2週に1度
(非定型新薬デポ剤)
レボトミン50mg、レボトミン25mg
(定型新薬)
アキネトン1mg
(副作用止め)

【内科の薬】
ウルソ50mg×3
(高脂血症の薬)

持病の統合失調症は現在、ある程度、落ち着いているので、
服薬している薬を変更することは出来ないです。

日々の食事は、カロリーベースだと大体1日2400キロカロリー
早食いで食べてしまい、寝る前や夜に食べてしまうこともあります。
脂っこい食べ物やしょっぱい味の濃い食べ物もよく食べてしまいます。
アルコールはまったく飲まず、タバコも吸いません。

改善するとなると、

早食いを止めること。
寝る前に食事をしないこと。
脂っこい食べ物をなるべく食べないこと。
塩辛い食べ物をなるべくたべないこと。
規則正しい生活を送ること。
睡眠時間をきちんと確保すること。
運動をして内蔵脂肪を落とすこと。

を行うしかないでしょうか?

肝臓に良い食事やサプリメントは素人がなまじ使って逆効果になり体調を悪くしないか
心配なことと、費用対効果が本当にあるのかが疑問があります。

特定の栄養素を補って、劇的な改善を目指すというのではなく、

体重や内臓脂肪を減らすことを重点に考えた方が良いでしょうか?

何か、他に肝臓に関して良い効果がある方法などありましたら
アドバイスよろしくお願いいたします。

30代後半
身長:187cm
体重:87kg

【肝機能】
AST(GOT) 30
ALT(GPT) 46* 【5~40】
r-GTP 153*  【~70】

【脂質系】
総コレステロール 310* 【159~210】
LDL-コレステロール 228* 【139以下】
HDL-コレステロール 70
中性脂肪 92

*のついている項目が基準値をオーバーしていました。

統合失調症を患っており、現在、下記の薬を服薬しています。

【精神の薬】
リスパダールコンスタ度50mg注射:2週に1度
(非定型新薬デポ剤)
レボトミン50mg、レボト...続きを読む

Aベストアンサー

薬の影響もあるかもしれませんが、肝臓とLDLコレステロールについては、糖質の摂取を控えれば数値は下がります。

特にLDLコレステロールが高いのは、コレステロールに中性脂肪がくっついた状態でコレステロールが圧縮されたような
感じになっているという事です。

コレステロール自体は脳や細胞の成分なので不足すると脳が弱ります。
中性脂肪がくっついている事でコレステロールが吸収できていない状態といえます。

結局中性脂肪を減らす事になるので、中性脂肪が作られる要因の糖質の摂取を控えます。

糖質は炭水化物にふくまれる成分ですので炭水化物を減らす事ができるかどうかです。

食事自体は糖尿病患者に似た感じになりますが、肉、魚、卵中心で塩のみで食す事です。
脂っこい食事、塩辛い食事にも炭水化物が含まれていると中性脂肪に変わりやすいです。
ただ肉、魚、卵だけであれば脂質とタンパク質が体を造る為に使われますので、中性脂肪になりにくいです。
(フライではなく焼いただけのもの)

貴方の今の体質が既にバランスをくずした状態ですので、食事を含めてバランスをとるところから始める必要があると思います。
今迄の食生活を振り返って、タンパク質、脂質がどれだけ採れていたかと体内で上手く細胞に変わっていたかが重要になります。

薬の影響もあるかもしれませんが、肝臓とLDLコレステロールについては、糖質の摂取を控えれば数値は下がります。

特にLDLコレステロールが高いのは、コレステロールに中性脂肪がくっついた状態でコレステロールが圧縮されたような
感じになっているという事です。

コレステロール自体は脳や細胞の成分なので不足すると脳が弱ります。
中性脂肪がくっついている事でコレステロールが吸収できていない状態といえます。

結局中性脂肪を減らす事になるので、中性脂肪が作られる要因の糖質の摂取を控えます。

糖質...続きを読む

QCTで肝臓に何か写る

初期の、腎臓がんで手術しました。一年半後の定期検査のCTで肝臓に何か写ってるが小さすぎててわからないので、内科を紹介されました。明日から病院も休みで、正月明けでないと病院にも行けず不安です。
何の病気が考えられますか?転移でしょうか?

Aベストアンサー

肝臓は血腫とかの良性の腫瘤が多い臓器なので、今のところはなんともわかりません。健康な人でも大なり小なりの血腫があるとも言われてますし。一方、腎臓がんから肝臓に転移する例もあるようです。

東京医科歯科大学「転移性肝がん」
http://www.tmd.ac.jp/grad/msrg/liver/cancer03.html

CTでわからない程に小さいなら、あとはMRIか造影CTぐらいでしか調べようがないと思うんですけどね・・・超音波エコーは解像度がCTより低いので、CTで判別できないものはエコーでもわかりません。

ただ、肝臓は切除しても元通り回復するほぼ唯一の臓器です。仮に最悪転移性肝がんであっても、小さすぎて何かわからないほどの早期に対処すれば、治療の選択肢は多いですし生存率もかなり高いです。

普通の肝がんは自覚症状がないために広範囲に進行してしまってる場合が多く、それゆえ選択肢が限られてしまうのです。

Q数値計算の計算コストを下げるためのこつ

時間のかかる数値計算をなるべく早く終わらせるためのコツについてまとめられているサイトや書籍があれば教えてください。


例えば、
http://www.index-press.co.jp/books/excel/excel-02.pdf
のページに少し書かれています。
こういうちょっとしたコツがもっと書かれている書籍ってないでしょうか?

また、
足し算、掛け算、指数計算、sin計算、sinh計算
など様々な関数や演算子がありますが、これらの計算で
どれがもっとも時間がかかるとかってまとめられている書籍とかってないのでしょうか?

Aベストアンサー

NO.1の補足に対しての返答です。

日本語訳(第3版)においては271ページ、表15-1として載っています。
15.6.2節をご参照ください。

Q父が肝臓癌の造影があると言われただけで・・・

先月父が病院の定期健診に行き、お医者さんに
肝臓癌の造影(3cm位)が認められると言われました。
お医者さんの説明では、癌が認められると言われたものの、
これからの治療方針や薬(ウルソとガスターという薬のみです)、
入院など、変更についての話はありません。
ただ、毎月病院に行って検査(13年になります)をしていたのが、
急に2ヶ月後に来院してくださいと言われたのみです。

父は、お仕事の付き合いでアルコールの過剰摂取から肝硬変になり、
食道静脈瘤もあり内視鏡で何度も取りました。
調べてみても肝臓癌への道を歩んだと言う事は理解できたのですが、
ただ、癌の造影が認められると言われただけでは、
家族としては、治る見込みがあるのか、余命がどのくらいか
もわからず、動揺するだけで意味がわかりません・・・

ずっと仕事ばかりで家庭を顧みることがなかった父ではありますが、
私にとってはとても大切な父です。
この病状から察する状態をご教示頂ける方がおりましたら
どのような回答でもかまいません。
どうかご教示の程、宜しくお願いします。

先月父が病院の定期健診に行き、お医者さんに
肝臓癌の造影(3cm位)が認められると言われました。
お医者さんの説明では、癌が認められると言われたものの、
これからの治療方針や薬(ウルソとガスターという薬のみです)、
入院など、変更についての話はありません。
ただ、毎月病院に行って検査(13年になります)をしていたのが、
急に2ヶ月後に来院してくださいと言われたのみです。

父は、お仕事の付き合いでアルコールの過剰摂取から肝硬変になり、
食道静脈瘤もあり内視鏡で何度も取りました。
調...続きを読む

Aベストアンサー

超音波検査での発見でしょうか?超音波のみであれば、CTやMRIでの検査も受けられた方が良いかと考えます。
肝機能にもよりますが、3センチで単発(1つだけ)であれば、治療は可能だと思います。定期的に 検査をされていたので、このサイズでの発見であったと考えます。
具体的な治療法は、手術、肝動脈塞栓術、ラジオ波焼灼術、エタノール局注療法などです。肝機能や、腫瘍のある部位、腫瘍の数によって変わってきます。
肝細胞癌は、一度できると再発する事も稀ではありません。今回治療されたとしても、定期的な検査を行い、これまで以上の厳重な経過観察が必要になります。

参考URL:http://www.twmu.ac.jp/DNH/shoukai/geka/www/geka/news5_1/news5_5_2.html

Q白血球を下げる食事!

喘息の検査で白血球の数値が高いと言われました!白血球の数値を下げる食事や食材はなんですか?また他にした方がいい事はありますか?ご回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

白血球が多いということは炎症しているということで炎症を抑えるまたは、腫れを治すことかな?
一週間同じ数値なら医者検査してもらい薬を処方してもらう。
のどの腫れや風邪などの外的な原因が明らかなら、のどの薬や風邪薬を処方してもらう。
病院が嫌ならシナモン、生姜、はちみつ、プロポリス
参鶏湯、韮と卵のおじや、充分な睡眠と休養。身体をよく温め体温を上げるとよい。寝てしっかり汗をかくこともいい。

スマホ、コンピュータはやめる方が早く治る(電磁波のせいと、目や頭が疲れるから)

Q胸のCTを造影剤の使用で撮影したけど

かなり久々に、大学病院で、胸のCTを造影剤を使って撮ってきたのですが、

私は、旦那の保険証なので、医療費の支払いは、3割負担なのですが、

ずっと病院へ行くこともなく、感覚がなくなっているのか、医療費が、とても

高額なものに感じてしまいます。診療明細書を見ると画像診断管理加算 2 や

コンピューター断層診断という枠の点数は180、450程なのに比べて、

造影剤のところが、2434と桁違いに高く、今日、病院で、支払った医療費は、

9月19日に、ちなんでか(笑)CT検査だけで、9190円でした。この金額は、

普通ですか?また、造影剤に関しましては、何でこんなに点数が高いのでしょうか?

医療費や検査に、お詳しい方が、いらっしゃいましたら、お暇な時にでも是非、

お声を、お聞かせ下さいませ。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

参考URLを見るとわかります。
「CT検査の診療報酬点数と検査料金」の項目です。
450点は「画像診断l料」
180点は「電子画像管理加算」と呼ばれるものです。
参考URLは120点となっていますが、これは「画像診断管理加算 1」に当たります。

それに加えて疑問点である、2,434点です。
参考URLでは、CT撮影料1,500点と造影剤1,085.1点を合わせて、
2,585.1点になりますが、造影剤の種類や使用方法により違いが生じます。

なので、造影剤という項目名が混乱をきたします。
いわゆる造影手技料も加算されています。

現実問題としては、CT検査の診療報酬が昔から比べると、
大幅に引き下げられていることがあります。

参考URL:http://www.eisei.or.jp/radiology/10/


人気Q&Aランキング