膜電位非依存性にミトコンドリアを染色する蛍光試薬であるacridine orange 10-nonyl bromide(Molecular Probes) のストック溶液をどのように作製するかで悩んでいます。濃度はfinalで50nMから濃くても数uMの範囲で用いるつもりですが、エタノールで溶かすかDMSOで溶かすか悩んでいます。メーカーのサイトにも溶解度が載っていないようなので、高い試薬ですし、できれば溶解できる濃度を知ってから溶かしたいと思います。どなたか使用経験のある方がいらっしゃいましたらアドバイスをお願いします。蛍光試薬一般の話でもかまいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

書き忘れていましたが、一般的にはDMSOの方が好まれます。

今回はラベルが目的とのことですので、特殊でない限り、添加量に気をつければ(0.5%以内)どちらでもかまわないかと思います。DMSOは細胞の保存に
使われるくらいですので。

添加後、12時間以上おくようならミディアム交換を行うのも手です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答をどうもありがとうございました。
細胞を扱って日が浅いので、知らないことが多くお恥ずかしい限りです。
invitrogenに質問しつつ、教えていただいたようにDMSOでやってみます。

お礼日時:2005/04/04 11:24

一般的にDMSOやエタノールに溶解させるMolecular Probesの蛍光試薬は10mg/mLくらいで溶解させます。

もし100mgなどのバイアルであれば、10mgほど大きめの容器にとってまず1mLで溶解させ、溶けきらないようでしたら10mLにアップします。このとき、固まりは溶けにくく、これは溶解度に達しないためでなく、単に物理的に固まりが溶けにくい、ということもあるので、DMSOを加えたら、遮光して(温度に問題ない試薬でしたら)37℃に10分間ほどおいてみてください。

一番よいのは、日本のインビトロジェンに聞いてみることと思います。本社経由ですので、回答を得るのに数日かかると思いますが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生物の質問です。 写真のアのようなニ価染色体が、ある生物の1つの細胞中に5個観察された。この生物の

生物の質問です。

写真のアのようなニ価染色体が、ある生物の1つの細胞中に5個観察された。この生物の体細胞の染色体数は何本か。
という問題です。答えは10本です。

しかし、教科書の減数分裂の第一分裂前期での説明に、「クロマチン繊維は凝縮して染色体になり、相同染色体同士が対合して4本の染色体からなるニ価染色体が形成される」と書いてありました。
このことから私は、ニ価染色体の作りを写真のア、イ、ウ、ように考え、染色体数は20本ではないかと思い、答えの10本が理解できません。

そもそも染色体が2本集まって相同染色体、相同染色体が2本集まってニ価染色体という考えが間違いっているのでしょうか…?

わかる方教えてください。

Aベストアンサー

染色体が観察される状態(分裂期)であるとき、すでに複製されており、染色体2本分が1本として見えています。
その染色体同士が対合して二価染色体となるので、観察上1本に見える二価染色体は4本分の染色体です。
体細胞で考えてみると、その半分の2本が体細胞の染色体数としてカウントされます。
この体細胞とは、分裂をしない細胞(分化した細胞)と考えるのでこの本数となります。
実際は、細胞は分裂するので、間期(M期)であっても、染色体は観察はできませんが、複製されている場合もあり、2本分の染色体を有している場合もあります。

過去のセンター試験の問題でも同様の問題が出題されましたが、「5個観察された」という表現が大切になってきます。二価染色体の本数なのか、相同染色体の本数なのか、観察はできないが、体細胞の染色体なのか、しっかりと見極めて本数を答える必要があります。

ですが、この手の問題は批判が多く、染色体の本数を問う問題は減少するはずで。それよりもDNA量を問う問題が頻出ですので、しっかりマスターしてください。

Q蛍光probeを付けたらタンパク質が消えた!

蛍光probeをタンパク質に付ける反応をして、精製し、SDS-PAGEをしたのですが、バンドがでません。

蛍光probeがバンドの色を消してしまうとかは、あり得るのでしょうか?

Aベストアンサー

おそらく結合するが何カ所かあって、色素のつく数にバリエーションがあるのではないでしょうか?そのため、バンドがディフーズになって検出できなくなったのかもしれません。ゲルを蛍光で観察できませんか?あるいはアクリゲーションができて、流れなくなりウェルかセパレーションゲルのトップでひっかかってるかもしれません。
または精製後たんぱく質がなくなってないか確かめましたか?ゲルとかに吸着してるかもしれませんよ。

Q肝臓組織の染色法について(HE染色・AM染色)

肝臓組織の染色方法について。

肝臓組織を委託で染色していただいたのですが、その際にHE染色とAM(おそらくアザン・マロリー)染色という2種類の方法で染色していただきました。調べたところ、HE染色は一般的な染色方法のようですが、AM染色がよくわかりませんでした。

基本的なことをお聞きして申し訳ないのですが、
HE染色、AM染色の特徴、また2つの染色の相違点、これら2つの染色法で行った意義などがわかれば、教えていただきたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.yodosha.co.jp/gastroent/pathology/vol4.html

http://jsp.umin.ac.jp/corepictures2007/10/c05/index.html

HE染色は、組織切片を見やすくするため組織細胞の核と細胞質を染め分ける。

アザン染色は線維組織を染める。線維化の具合によって肝硬変の進み具合が分かる。

Qエタノール沈殿での70%エタノールと100%エタノールの使い分け

エタノール沈殿をする際に、「70%エタノール」と「100%エタノール」を使用しますが、どうしてこの2種類の違う濃度のエタノールを使用するのか単純に疑問に思っています。
別に70%エタノールで洗浄して、もう一度70%エタノールで洗浄してもいいと思いますし、逆に両方とも100%エタノールでもいいのではないかと素人の私は思ってしまいます。
70%エタノールと100%エタノールを使い分ける意味を知っている方がおられましたら、お暇な時で結構ですので教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

エタノール沈殿の原理は省いて簡単に書きます。

DNAが塩析してくる最適なエタノール濃度が70%ほどであるのです。
通常、100%エタノールをもとの液の2~2.5倍ほど加えると思います。
すると最終的にエタノールの濃度は70%ほどになるはずです。

このように最終的に70%ほどの濃度にする、ということが目的なので
最初に加えるエタノールは100%じゃないとかなり面倒なことになると思いませんか?

そして洗浄のときですが、70%エタノールではDNAは溶けません。
もちろん100%エタノールにも溶けません。

ですが、エタノール沈殿における「洗浄」というのは、余計な塩を取り除くということです。
塩は水に溶けますが、アルコールには溶けません。
なんで、洗浄の時に100%エタノールを使っても塩を溶かし込んで覗けないということになります。
70%エタノールの30%は水であるということが重要なのです。
30%の水に塩を溶かして洗浄すると想像してください。

簡単なエタノール沈殿ですが、それぞれに意味があり、かつよく考えれられてデザインさているのです。

そういうことをきちんと理解して実験することは重要だと思います。

エタノール沈殿の原理は省いて簡単に書きます。

DNAが塩析してくる最適なエタノール濃度が70%ほどであるのです。
通常、100%エタノールをもとの液の2~2.5倍ほど加えると思います。
すると最終的にエタノールの濃度は70%ほどになるはずです。

このように最終的に70%ほどの濃度にする、ということが目的なので
最初に加えるエタノールは100%じゃないとかなり面倒なことになると思いませんか?

そして洗浄のときですが、70%エタノールではDNAは溶けません。
もちろん100%エタノールにも溶けま...続きを読む

Qエステラーゼ染色について・・・

エステラーゼには特異性エステラーゼと非特異性エステラーゼがあり、染色法は単染色と二重染色があるということは解ったのですが。
白血病のFAB分類の鑑別時に単染色と二重染色はどのような異なった染まり方をするのでしょうか?又、二重染色があるのに単染色をする必要はあるのでしょうか?どうか教えてください。

Aベストアンサー

エステラーゼには、大まかにわけて
・好中球系で強陽性を示す(特異的エステラーゼ)
・単球系で強陽性を示す(非特異的エステラーゼ)
の2種類があります。
で、それぞれを染めるのが単染色、
同じ標本に両方の反応液を用いて2つを染め分けるのが二重染色です。
(単染色を2回行うような感じ)

引っ張り出した教科書によれば(^^;
二重染色の方が若干染色性が低下するそうです。
あと、単染色は封入を行いますが二重染色は乾燥させるだけなので、
標本の持ちは単染色の方が良さそうです。

病理は学生時代以来触れてないので ちょっと不安ですが
このくらいで参考になりましたでしょうか?

QDMSOで阻害剤を希釈する際の濃度計算。

濃度計算ができなくて悩んでおります。
心筋細胞培養系(35mm dishに4.0*10^5 cells/mL、培養液2mL)に阻害剤(DMSOに可溶)を10μMの濃度で付加しようとしています。
その阻害剤は分子量が約380、1mg入のものです。
10μMにするにはどのように計算すればよろしいでしょうか。頭が悪くて申し訳ありません。
DMSO濃度は1%以内と聞いたのですが、それを考えるとわからなくなりました。
10μMということは、10*10^(-6)mol/L→10*10^(-9)mol/mLとなりませんか。
つまり阻害剤の分子量が約380であるので、380*10^(-8)g→0.0038mgの阻害剤を1mLのDMSOに溶かせばよいのでしょうか。
DMSO濃度1%以内とはどのような計算をすればよろしいでしょうか。

非常に長くなり読みづらくなってしまい、申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

終濃度(培養液中の濃度)を10μMにするのですね?

DMSO濃度は1%ですので、2mLの培養液にDMSOを20μL(つまり1/100量)加えると
1%となります(加えた20μLだけvolumeが増えますが、1%増ですので無視します)

終濃度を10μMにするには100倍濃い1000μM(1mM)を調製します。
分子量が380ですので、3.8mg/mLを調製すると10mMになります。
(分子量を100で割って、1mLに溶かすと10mMになります)

試薬は1mgですので、これを263μLのDMSOに溶かすと、10mMになります。
これををDMSOで10倍希釈します。

Q生物 遺伝 常染色体

生物 遺伝 常染色体

常染色体の半数をAで表すと、

2A+XX と 2A+XY

となることの意味は、

染色体は性染色体と常染色体にわけられて、
常染色体と対をなさない染色体が性染色体で、
対をなすぶんが上のように表されるってことで、

だから、常染色対にもXとかYとか入っていて、
Aより多い分が性染色体になるってことですか?

この文の意味がいまいちわからないかもしれません><
そういう方はとにかく、
常染色体がどうして上のように表されるのかをお教えください。

Aベストアンサー

言葉の定義の問題ですかね。

性染色体とは、性決定にかかわる染色体のことです。
大雑把にいえば、オスとメスで異なる染色体のことです。
常染色体とは、性染色体以外の染色体のことです。

常染色体はほとんど同じものが2本で1対をなします。
ヒトの体細胞にはそれが22種類、44本あります。
この22種類をまとめてAという記号で表すとすれば、
44本のセットは、それが2組あるので、2Aです。

一方、性染色体はオス(男性)にはXとYが、
メス(女性)にはXが2本あります。
いずれも、性決定にかかわるので、性染色体であって、
常染色体ではありません。
性染色体は、男性がXY、女性がXXと表記します。

染色体全体を表記するときは、常染色体と性染色体を足して、
女性が2A+XX、男性が2A+XYとなります。

QSDSの分子篩いの%Cと%Tの関係・終濃度など・試薬計算

今度はじめてSDSの実験をします。
初心者なので予習していても分からないことが多くて困っています。

(1)分子篩いの孔の大きさはアクリルアミドと架橋剤の濃度の和(%T)と、架橋剤の濃度(%C)に影響される。
%Cが一定の時、%Tがあれば孔は小さくなる。
(%Tが一定の時、%Cがあればやはり孔は小さくなるが、これには限界がある)

とあるのですが、なぜ%Cと%Tに影響されるのか。
2行目のどちらがが一定の時、なぜ他方が小さくなるのか。
また、なぜ限界があるのか、それは何の要因か。
教えてください。

(2)10%アクリルアミドゲル(分離ゲル)
(各stock溶液から必要量を計算しなさい。ただし使用する器具も考慮に入れること。)
H2O・・ ml
30%(w/v)アクリルアミド溶液・・10%
1.5tris-HClbuffer pH8.8・・375mM
10%(w/v)SDS溶液・・・0.1%
10%(w/v)APS溶液・・・0.1%
TEMED・・・0.075%

○以上の問題があったとき、総量が不明でも全溶液に対して何ml必要か算出できるのですか?
○器具を使用するとき、例えば2.95ml必要だった場合に、器具はメスフラスコに3ml入れてそこからマイクロピペットで50μm抜き取るという作成法でもいいのですか?それとも、2mlメスフラスコではかり、あとはマイクロピペットを使用するのですか?それとも、そもそも使用器具としてメスフラスコは使いますか?

(3)試薬作成計算で終濃度とかいてあるのですが、それはどういう意味ですか。
実験途中に濃度が変化するから終濃度なのですか?

今度はじめてSDSの実験をします。
初心者なので予習していても分からないことが多くて困っています。

(1)分子篩いの孔の大きさはアクリルアミドと架橋剤の濃度の和(%T)と、架橋剤の濃度(%C)に影響される。
%Cが一定の時、%Tがあれば孔は小さくなる。
(%Tが一定の時、%Cがあればやはり孔は小さくなるが、これには限界がある)

とあるのですが、なぜ%Cと%Tに影響されるのか。
2行目のどちらがが一定の時、なぜ他方が小さくなるのか。
また、なぜ限界があるのか、それは何の要因か。
教えてくださ...続きを読む

Aベストアンサー

(1)%Tと%Cに影響されるのは、網の目の構造を考えてみてください。%Tは、網目を作っている糸の量、%Cは、その糸がどれだけの個所で結ばれているかということだと考えるといいかもしれません。

2行目、どちらかが上がれば他方が小さくなるとは言っていませんよね?(孔が小さくなると言っているだけ)

%Cの効果に限界がある理由は、%Cは架橋剤であることを考えればわかるでしょう。極端な話、架橋剤ばかりになってしまっては網にならないですよね。

(2)総量は指定されているはずですね。使うゲル板の大きさと、作る枚数によって違うはずですから。器具も考慮にいれるとは、そのことでは?

あと、このような用途の時には、メスフラスコほどの精度は必要とされません。
メスピペットか、ピペットマン(チップ式ピペットマン)などで取ることになるでしょう。
(たとえば2.95mlのときは、P5000(5mlのピペットマン)で取るか、P1000(1mlのピペットマン)で1ml×2+0.95mlというふうに。また、たとえば14mlの水なら、10mlのメスピペットで10ml+4mlとか。

(3)終濃度と言うのは、調製し終わった溶液中の濃度という意味です。つまりは、いろいろ混ぜ合わせて、混合後の溶液中での濃度ということ。

(1)%Tと%Cに影響されるのは、網の目の構造を考えてみてください。%Tは、網目を作っている糸の量、%Cは、その糸がどれだけの個所で結ばれているかということだと考えるといいかもしれません。

2行目、どちらかが上がれば他方が小さくなるとは言っていませんよね?(孔が小さくなると言っているだけ)

%Cの効果に限界がある理由は、%Cは架橋剤であることを考えればわかるでしょう。極端な話、架橋剤ばかりになってしまっては網にならないですよね。

(2)総量は指定されているはずですね。使うゲル板...続きを読む

Qシンコー・テクノ(株)

シンコー・テクノ(株)という会社をご存じの方いませんか?港湾土木の建設会社です。実態が把握出来ません。HPもないようですし。本店の住所等が解ればいいのですが?

Aベストアンサー

http://www.aomi-const.jp/
ここの子会社です

大阪市中央区備後町2-4-6
森田ビル504
06-6203-7100

Qプライマー溶解 希釈濃度

収量20nmolの乾燥プライマーをTEで溶解するのですが、最終濃度は10pmol/μlで使います。
この場合、200μlのTEで溶解すると、100pmol/μl。これを10本に分注して保存。
1本は20μlで2000pmol/μl。180μlのTEを加えて全体を200μlにすれば10倍希釈で、10pmol/μlになります。
PCRで1ウェルあたりの反応液に使うプライマーは0.4μlです。
分注した1本で500ウェル分?!
こんなに沢山できちゃうものでしょうか?
大変不安になっています。
私の計算がどこかおかしいのでしょうか?
すみませんが、検証していただけないでしょうか・・。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>1本は20μlで2000pmol/μl

→ 100pmol/μl  (あるいは 2000pmol/20μl)

が正しいですが、なぜかその後の計算はあってるのでタイプミスでしょうね。


最終 10pmol/μl で使用し、1ウェルあたり0.4μl使用 ということは、1ウェルあたり 4pmol 使用することになりますね?

もともと20nmol あるのですから、20nmol ÷ 4pmol =5000 ウェル分

10本に分注してるので500ウェル分で、計算はあってますね。

1ウェルあたり使用するプライマーが0.4μl、が合っているなら、間違いないでしょう。

他の質問も見てみましたが、
http://questionbox.jp.msn.com/qa1836835.html

だいたい1000ウェル分くらいは取れるみたいだし、合ってるんじゃないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報