プロが教えるわが家の防犯対策術!

今朝のテレビ報道で、東京都のコロナ宿泊療養所はパンク寸前とありました。
そこに、現場の看護師さんがインタビューを受けて、
現場の切迫した状況を切実に話していたので、同じ状況だと思いました。

次の放送では「青森ねぶた祭」参加者の男性たちが、マスク無し【大声で飛沫】を飛ばしていました。
https://www.nebuta.jp/

祭り主催者のページでは、マスク着用や身体的距離の確保、飲食時の黙食など観覧とありましたが、
祭りの参加者自身が大声で叫んでいれば、看板に偽りありの気持ちになりました。
(特に青森ねぶたに、個人的な見解及び私見はありません。ただテレビで見た光景があまりにも衝撃的でしたので、例に申しあげた次第です)

コロナ第七波で、あまりにも違う状況をテレビで見ましたが、主催者によっては延期したり・中止があります。その判断は、県単位・市町村単位・主催者の考えで違うのでしょうか?
医療関係者として素朴な疑問です。

A 回答 (8件)

●【コロナ第七波で、あまりにも違う状況をテレビで見ましたが、主催者によっては延期したり・中止があります。

その判断は、県単位・市町村単位・主催者の考えで違うのでしょうか?】

⇒そうですね。
おそらく、
【経済を止めるな。経済を回せ。】ということなんでしょう。

すなわち、観光客が来てくれれば、何かしら観光や宿泊やお土産の購入で何かしら地元にお金を落としてくれるでしょうから。

どうも、国(政府)が特に規制しないと、相変わらず何も考えないで安直に実施する人たちが多いんですよね。

おそらく、そのような主催者らは、何かあれば、【だって、国が規制しているわけじゃないし】などという言い訳を頭の片隅に用意しているはずなので・・・。

なお、今回、わたくしは、旅行も帰省もするつもりはありません。
少なくとも、自分がコロナにかからないことが何よりも大事なことだと思っていますので。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

いい影響があるとは考えられませんが、
主催者の方によっては慎重な意見が優先されないのですね。

ただ、医療関係者は使い捨ての道具ではないです。

お礼日時:2022/08/07 09:45

日夜苦労されている医療関係者の方々にはただただ頭が下がります。



(1)これだけ全体の感染者が多いと、感染防止に注意しつつイベントをやったくらいで、割合としてはそんなに増えないからです。

(2)日本人は「良くも悪くも」やればできる子なので、ウィズコロナの医療体制を拡充するには、敢えて多少の過負荷をかけるのが実は一番効果的、という日本人の勤労スタイルを考慮した思惑もあります。
    • good
    • 2

当然」集団感染はあり得ますし、すでに祭りが原因のものも公表されています。

「栃木県那須烏山市は28日、ユネスコの無形文化遺産に登録されている夏祭り「山あげ祭(まつり)」で、関係者74人がPCR検査で新型コロナウイルスへの感染」(朝日新聞)
https://news.yahoo.co.jp/articles/19e9420596828a …
何も考えていないのでしょうね。ミスト感染(空気感染みたいなもの)が重要といえば、これまでのマスク・手洗いの上に換気に気をつけるという意味なのに何を勘違いしてか、説明も悪いと思うが、マスクと手洗いを軽視する傾向があることを見ても、とても考えているとは思えません。
    • good
    • 3

海外のマスクなしの応援などを見て、「クラスターになったらなったでいいんじゃないか」という気持ちが共有できたのでしょう。



「感染しても軽いんだろ」とも思ったでしょう。

ま、「感染より経済」ということですよ。
    • good
    • 1

治療薬待ち。


それ以外はもう手の打ちようがないということです。
ワクチンで重症化リスクを低減しつつ、あとは感染者を野放しにして感染拡大させ、それで強い抗体を持つ国民を増やす。
それしかないというか、それが最良の道という判断でしょう。

過去の人類のウイルスとの戦いは、ワクチンなしの自然感染で乗り越えてきたわけで、結局のところ、感染して強い抗体を造ることが最良の策であることが判明したということかと思います。
    • good
    • 6

う~ン。

極めて複雑な気持ちです。

私は全国の昔ながらの伝統行事(お祭りなど)の写真を撮りに行っていますが、マスクをしている伝統行事の写真なんて絵になりません。極めて不自然です。観光客はマスクをしても演出者たちは外してほしいと願っています。
コロナが収まるまで待てばいいじゃないか、という意見もあるのでしょうが、後期高齢者の私にはもう残された時間がないんです。男性の健康寿命を超えています。

最近のコロナは感染力が強くなっている一方で、重症化するのは少ないみたいです。季節性のインフルエンザで毎年亡くなるかたは3千人規模ですが、それよりも少ないと思うんです。

私の娘は10日ほど前にコロナに感染しましたが、診察を受けたら「確かに感染しています。解熱剤と咳止めの薬を出しておくので、さっさと家に帰って寝ていなさい。もう来る必要はなし」と言われました。それでずっと自宅療養してきました。

パルスオキシオメータを配り(娘にも送られてきました)94%以下になれば診てもらうのでいいじゃないか、と思うんです。

で、ごく最近、私自身も感染した感じです。ですが、どうせ診察を受けても薬をもらって家で寝ていろ、と言われるだけだと思っています。
私のコロナへの認識は、そんな程度です。国民の6割が感染してしまい、実効再生産数が1を下回ればコロナは収束する方向に行くと見ています。
    • good
    • 6

数日で感染者の数がどの位増えるのか、待ってみるのも1つの答えです

    • good
    • 3

「カルビー現象」です。



一度出した命令は、
止められない
止まらない。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング