今日、子供の通う幼稚園で、集団フッ素を行う趣旨の説明が小一時間にわたってありました。内容はいかにフッ素が虫歯に対して有効であるか、という事のみで、フッ素が劇薬である事などは一切触れていませんでした。私は直後に(自分の子はうがいも上手に出来ないし)フッ素の使用を止めてくださいと園長先生に訴えた所、「最近はインターネットで色々調べてくる親御さんが多くて」(あきれ顔で)「そのかわり、しっかりとご家庭で虫歯予防をしてくださいよ」と言われました。
説明会の時に、まるで信仰集団の説明会に来ているような錯覚がありました。「フッ素は良いモノ、すばらしいもの、アメリカでも推進している。貴方のお子さんが虫歯になったら・・・(恐怖心を植え付けるような説明)」気持ち悪くなりました。フッ素をするかしないかの選択をさせなかった点、園長の言動から「園での集団フッ素洗浄を断る親は特別」的な雰囲気がありました。人権侵害にあたりませんか?
どうでしょうか?過剰反応でしたでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

劇薬のフッ素はフッ化水素(HF)のことで、歯に塗るフッ素はフッ化ナトリウム(NaF)で、全然別の物質だと思いますが。



塩酸(HCl)と食塩(NaCl)ぐらいの差があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。お答えありがとうございます。
私は体重20キロの子供は0.22gで死亡する、と聞きました。少量なら、紅茶やワカメにも含まれていて、中毒になる事はないのですが、量を取れば、危険性が高い、と認識しております。

ただ、たとえば、「もっとお米を食べる生活をしましょう。園ではオヤツにおにぎりを出す日を沢山もうけます」のような事でしたら、おにぎり に害もありませんし、食べないのは おにぎり のキライな子でしょうが、やはり親としては100安全ではない、という意見のあるモノ(アメリカでは50年も争っているそうです)を子供が口にするのですから、安全面、危険面も含め説明が欲しかったし、やるかやらないかの選択は親と子供にある、等の説明も欲しかったと思います。

お礼日時:2005/04/03 16:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング