確かに英語のキーは日本語の「鍵」ですね。そこらから鍵盤という言葉が使われ始まったと思うのですが、西暦何年のどのような場面から使われだしたか教えてください。鍵盤よりも以前に使われていたそれを指す日本語も。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ネット上で遡れる資料としては、


http://www.asahi-net.or.jp/~yi9e-mzn/t-tyosaku/s …
http://www.aozora.gr.jp/cards/000158/files/1509. …
明治44年に出版された島崎藤村の小説「家」の中に、洋琴の鍵盤という言葉が出てきます。

では、誰がいつ鍵盤という言葉を作ったのか?ピアノを教えるには「鍵盤」について何らかの呼称が必要ですし、国産ピアノができたのは明治30年で、工業化するには部品名が必要ですから、何らかの名前で呼んでいたはずですが、わかりませんでした。
http://www.suzuki-metal.co.jp/story/music/06.html

この回答への補足

ありがとうございます。オルガンが先か、アコーデオンが先か。言葉の普及はどんなぐあいだったのか。皆さんよろしく。

補足日時:2005/04/03 01:52
    • good
    • 0

中国語にも ちょっと見た目が違いますが、鍵盤という言葉があります。

ピアノの歴史の古さ、他国との付き合いから見て、先に中国、そのあとピアノと一緒に輸入されたんじゃないでしょうか?敵性語禁止令は ずっと後ですし。

この回答への補足

中国が「キー」を「鍵」盤と訳したのだろうか。興味深い。

補足日時:2005/04/03 17:18
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング