はじめまして。
私は事務仕事や勉強方法(資格試験)の要領の悪さで悩んでます。自分のあまりの「分類・段取り下手」に悩んでます。
そこで、事務的に処理するものは自分なりに工夫してあらかじめ「樹形図」や「マインドマップ」を頭の中や紙に書いたりして手がけてますが、取りこぼしが多々でてきてしまいます。
勉強の場合、本の前書きや小見出しを上手く利用して「樹形図」などを書いて上手く分類するのですが、細かいところまで網羅しきれず、これまた小さい穴が多々あります。
「分類しきれないもの」や「取りこぼしてしまうもの」は、どう処理しようか?悩みどころです。全体的に発想の転換が必要なのか?
わかる方がいらっしゃれば是非、教えて下さい。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

  おはようございます。


 
 私もデスクワークが多い仕事ですが、仕事柄トラブルが発生したときの対応方法については以下のようにしています。


 原因→処置→対策→見極め


 物事の問題発生するには必ず原因があります。その原因を書き出します。
 どうしてそうなったのか、そうなる原因は何かを明確にします。

 原因が分かればそうならないようにする処置を行います。
 例えばボールペンが書けなくなったら買ってくるとか、その火は借りるとかです。

 対策は、予備を買っておくのも方法です。ボールペーンが書けなくなってもすぐに使えるというものです。

 見極めというのは再発防止ということもあり、同じことが繰り返されなくなったり、処置や対策が確実に行われているかということです。


 あと、取りこぼしが出るということですが、気が付いたことや大事なことは必ず記録に残しておき、随時その記録を見る習慣をつけるということです。

 付箋紙やノモ用紙でも良いのですが、紛失する可能性があるためノートを用意しておきましょう。

 私の場合は、一つのノートで付箋紙ヤメモ用紙に書いたものは、紛失を防ぐためにノートに貼り付けています。

 先方の名前や電話番号を聞いた伝言メモ用紙をなくして対応が遅いとトラブルになったことは結構あることなので、メモ用紙を使っても、テープでどこかに貼っておくのが確実です。

 長くなりましたが参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「処置・対策」の見極めまでしてなかった自分が甘かったです。そうですね。同じことを繰り返ししてテンパるのが一番キツイですからね。後ろから見て実は全体を回してるのがデスクワークの醍醐味ですから。ありがとうございました。共に、がんばりましょう!

お礼日時:2005/04/03 12:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング