ボルト等を塗装するため表面についている加工油、防錆油を除去するときに現在ジクロロメタンを使用しています。
もっと環境にやさしく効果のあるものをご存知ないでしょうか?

A 回答 (2件)

塗装前の洗浄となるとかなりシビアですね。



残念ながら、フロン、トリクロロ・エタン、ジクロロメタンに変わる脱脂材は無いと言って過言では無いと思います。
しかし、現在ではいろいろ試されていて、さほどシビアで無い線上には水洗浄を使い始めています。

有機洗浄の場合の代替品の有機溶媒の名前は忘れましたが、(商品として)いくつか有ります。乾きの速度を問わないのなら、有機溶媒一般で洗浄できます。(先のアセトンもその一種:シンナーも含まれます)

要求される洗浄の生産性と品質が解らないので、正解になるとは思えませんが、完璧でなくても良くて時間が掛けられるのなら、工業用の脱脂材(家庭用のアルカリ洗剤の強力なもの)を使って、60度位でつけ込みするとかなり落ちます。数Kg程度で良いので同じ高温のアルカリ溶液のスプレーかスティームで仕上げができるとより効果的です。:温度を上げると落ちやすくなりますが、錆びる可能性が有ります。脱脂後は、ドライヤーなどでよく乾燥させて下さい。(ふき取りはNG、最低でも不織布を使いましょう:目に見えなくても繊維がついてしまい塗装ムラになります。)

参考URLに、脱脂洗浄剤メーカーのアドレスを入れておきます。

参考URL:http://www.parker.co.jp/b01_00.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確なご回答どうもありがとうございます。とても参考になりました。

お礼日時:2001/09/08 13:48

私、大学の夏休みに某研究所でバイトしたことがありましたが、そのようなケースでは、ほとんどアセトンを使っていました。

 火気絶対厳禁、要換気注意ですがジクロロメタンよりは環境にやさしいと思います。 ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/08 13:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブレーキクリーナーとパーツクリーナーどちらが強い?

オイル交換の際に、オイルの垂れたオイルパンやドレンボルトの掃除にパーツクリーナーを使用しています

先日ブレーキクリーナー&パーツクリーナーという商品が いつも購入しているパーツクリーナーとほぼ同等の値段で売っていました(190円くらい)

ブレーキクリーナーはパーツクリーナーより値段が高いので効果(オイルの分解?脱脂?力)があるのでしょうか?

それとも 単に使用する場所が違い成分が違うため、値段が違うのでしょうか?

もしブレーキクリーナーの方が脱脂力が高ければ今後、ブレーキクリーナー&パーツクリーナーを購入して、オイル交換の際に使用したいと考えていますが これは間違いでしょうか?

ちなみに「ブレーキクリーナー&パーツクリーナー」はモノタロウの商品ですので
かなりチープな商品だと思います・・・・

Aベストアンサー

簡単に

レーキクリーナー:金属メインで強力=オイル交換時に可能


パーツクリーナー:多少樹脂に掛っても大丈夫=溶剤量の違い


で判断下さい。

金額は大して関係有りません。

きっと専門用語が飛び交いますが、結論は、使用可能判断・・・上記に記載した通りです。

Q鉱物油と動植物油の分離または分析法

JIS K0102の付属書によるとフロリジルカラムによる分離により定量していますが再現性が低いといわれたことがあります。何かほかに簡便で投資額の少ない方法で分析できないでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは
動植物油の様な極性物質を吸着して分離するのはやはりフロジリルが一番信頼性が高いと思います。
水質汚濁防止法等の法律に定められた分析方法はJISに定められた方法ですから、基本的にはフロリジルカラムで分離して分析しないと、分析結果としては使えないものと思います。

Qパーツクリーナーとブレーキクリーナーはどう違う

パーツクリーナーとブレーキクリーナーはどう違うのでしょうか?
ブレーキクリーナーをパーツクリーナーの代用に
パーツクリーナーをブレーキクリーナーの代用にできますか?

Aベストアンサー

商品名に定義があるわけでないので、中身はいろいろです。

原則的には、親水性と親油性を両方持つメタノールをベースとするものが多いですが、完全にこれだけなら後には何も残りませんが、製品によっては液状の成分が残るものもあります。

一般にはブレーキクリーナーは、樹脂類への攻撃性が低い性状のようです。

Q廃植物油(てんぷら油)で製造したディーデルオイル(BDF)について

教えてください。熊本市内にBDFの給油スタンドが有るらしいんですが、ご存知の方お教え頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

熊本市と富合町のガソリンスタンド3店舗で販売している等、BDFに関する詳しい記事の載っているサイトがあります。

http://www.bund.org/opinion/20050815-2.htm

Qブレーキクリーナーでエンジンのお掃除??

愛車のエンジンがかなり汚れています。そこで質問なのですが、スプレー式のブレーキクリーナーをエンジンの汚れた部分に吹きかけてもよいのでしょうか?
どうかご教授ください。

Aベストアンサー

#4です。ブレーキという安全性の重要なところへ使うものだから、支障のある成分は入ってない。とは思いましたが、念のため今、手持ちの2種類の注意書きを読んで見ました。1つ目には「ゴム、プラスチック類、塗装面にかかると変色する恐れがありますので、注意して・・・」とあり、もうひとつにはそれもありません。そんなに心配いらないと思います。あ、全ての製品を知っているわけではありませんので、こんどは「自信なし」のほうをクリックさせてもらいます。

Qジクロロメタンと1,1,1-トリクロロエタンについて

はじめまして。
環境関連の仕事に従事している者です。

土壌汚染調査でジクロロメタンと1,1,1-トリクロロエタンが検出されたのですが、はたして、ジクロロメタンが分解・再結合して1,1,1-トリクロロエタンになりえるものでしょうか。

自分としては、ジクロロメタンは現在工場で使用中のもの、1,1,1-トリクロロエタンは周りが田圃だらけなので、薬品からきているもの と考えているのですが、如何なものでしょうか。

アドバイスできる方、書き込みをお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは
有機塩素化合物の生物的分解は還元雰囲気下での脱塩素反応によるものと言われています。1,1,1-トリクロロエタンから以上の反応により生成する物質は、1.1ジクロロエチレンや1.2シス-ジクロロエチレンですが、反応が逆に進むことはありません。ジクロロメタンはクロロメタンを経由して炭酸ガスに分解されます。
#3の方の回答しているとおり、以前に使用していたのだと思います。

Qパーツクリーナー(ブレーキクリーナー)はエンジンやミッション、トランス

パーツクリーナー(ブレーキクリーナー)はエンジンやミッション、トランスファのシールは溶かさないでしょうか?またドレンボルトなどに塗られている液状ガスケットも浸透していって溶かさないですか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分の知る限り最近のパーツクリーナーは速乾性の物がほとんどなので、度を越さない程度ならそこまでシビアに考えなくていいかもしれません。ただもしもエンジンに直接かける場合は必ずエンジンはきった状態で。点火系のリークがあったりすると燃えます。

Q油圧プレスのオイルミスト除去

モーター駆動の油圧シリンダで、オイルタンクからのオイルミスト処理対策について検討中です。
オイルタンクの給油口がベント機構も兼ねていて、オイル吐出時はエア吸気、オイル吸い込み時はエア排気できるようになっており、エア排気時にオイルミストを撒き散らしてしまいます。
オイルタンクには継手が取り付けれられるポートが2ヶ所あったので、それぞれINとOUTで、OUT側にはオイルミストフィルターを付けようと思っていますが、IN側に何を付ければ良いか分かりません。最初にチェックバルブと考えたのですが、この場合だと機能しないと思いました(バルブのIN側からの入力が無い為)。
逆止弁のタイプで、負圧になった時だけ開くようなバルブご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

ボール式のチェックバルブでもいいと思うのですが、軽い力で作動させるのは難しいかもしれませんね。
それでしたらリーフ弁(リードバルブ)を検討されてはどうでしょうか。
薄い板がぱたぱたするタイプの逆止弁です。
場合によっては配管の向きを考える必要があるかもしれません。
逆止弁の一種ですが、どうもうまく参考サイトを見つけられませんでした。
オートバイ用のリードバルブは見つかったのですが、サイズが違いすぎますよね。

Q脱脂

塗装前の脱脂はホワイトガソリンはダメなんでしょうか?
値段が脱脂用スプレーの同容量に比べて半額以下(1/3くらい?)で入手できますので・・・

やはり塗装前は専用品がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

私はブレーキクリーナーで脱脂してます。
価格も安いですし、色々と他のことでも使えますので。

Q私たちが住んでいる地球表面のCO2濃度はあがらないでしょうか?

私たちが住んでいる地球表面のCO2濃度はあがらないでしょうか?
CO2排出量の増加で地球温暖化していることが問題になっていますが、CO2は空気より比重1.5倍あるため、上昇しないで下降すると思います。そう考えると、私たちが住んでいる地球表面はCO2濃度が上がっているはずですが、そんなニュースは聞いたことがありません。地球表面のCO2濃度は上がっていないのでしょうか?

Aベストアンサー

CO2の比重は空気よりも大きいですが、大気の下に溜まるということはありません。
混合されて、かなりの上空まで一様な濃度になっていきます。

気体分子は激しく運動しているので、どんどん拡散していきます。
そして、一度交じり合った気体が比重で自然に分離することはありません。


人気Q&Aランキング