こんにちは。
最近クラリネットを始めたばかりのものです。
もっともっといい音を出せるようになりたい!!と思っています。
そこで、練習の…と言いますと失礼のような気もしますが、
参考になるようなクラリネット奏者さんのCDを探しています。

日本人の方でももちろん嬉しいのですが、
現在、アメリカに留学中の身なので…
できれば、海外でもCDを出している方を教えていただければ嬉しいです。

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まいどでございます。



練習の参考になる、と言う点に絞るなら、やはりカール・ライスターが一番でしょう。ぶっちぎりの安定感に、美しく滑らかな音色は他の誰にも真似できないものです。ただ、楽器のシステムが違う(僕らはフレンチのベームシステム、あちらはドイツ系のエーラーシステムです)ので、僕らではどうしても真似できない部分もあります。公開レッスン受けましたが、確かに響き方が僕らとは違いました。

同じドイツ系のザビーネ・マイヤーもすばらしいです。ライスターをもっと派手にした感じ、と言えば語弊でまくりなんですが、鮮やかな美しさはやっぱ違います。

ベームシステムを使っておられる奏者で、一番お勧めなのが、アレッサンドロ・カルボナーレです。ごっつい太い音で繊細な演奏をされます。実演を聴いたのですが、音の響きが他の方(一般的な奏者と比べて)段違いでした。離れてるのに、耳の後ろで音が鳴っているような、錯覚は錯覚なのですが、ものすごい響きでした。

個人的には、ポール・メイエも好きなんですが、ちょっとビブラートを多用している気がして、練習の参考にはならないかも。あ、チャールズ・ナイディックさんを忘れてました。ジュリアード音楽院の先生ですが、変態的(これも誤解を招くかもしれませんが、尋常でなさすぎなんですよ)テクニックでいろんな曲を演奏されてます。ストルツマンも、すごいんですが、あの方を参考にはできないかも、です。個性が強すぎるので…。めちゃ好きなんですが。

他にも、シュミードルとか、オッテンザマーとか、ジュリアン・ブリスとか、もういっぱいすばらしい方がおられます。お金をかけて、掘り出し物を発掘するのも楽しいですよ。

追記  ナクソスというレーベルがありますが、基本的にはずれなしですよ。安いし、録音も演奏もいいです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ヘイ、まいどで(笑)

カール・ライスターさんはNo.1の方もおっしゃっていましたので、
一番に手に入れて聞いて見たいと思います。

ところで、ベースシステムとは何のことでしょう???
最初に頭に浮かんだのは隣の席でバスクラを吹いている子の顔でした。
ナクソスと言うレーベルと言うのはCDのことでしょうか?

それにしても、お礼の欄に重ねて質問を記入するのは本当はズルっこなんでしょうね…
お時間がありましたらどうぞご回答お願いします。

沢山のすばらしい演奏者さんを教えていただいてどうもありがとうございます!
日本へ帰ったら日本人の方のCDも探して見たいと思います。

お礼日時:2005/04/04 02:29

しくじりました。


http://www.naxos.co.jp/
これがナクソス。
http://holz.fureai.or.jp/HOLZ_TOP.htm
こちらがホルツの会です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい。どうもご訂正ありがとうございます。
エーラーはクラよりも難しそうですねぇ…
それではまた!

お礼日時:2005/04/05 11:21

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9% …

最初のリンクは、ウィキペディアのクラリネットの欄です。参考URLは、日本におけるエーラーシステムの最大派閥、ホルツの会のページです。

ベース、じゃなくて、ベームシステムですが、フルートのキィシステムを改良したベームさんの仕組みを、フランスのクローゼさん(教則本でおなじみ)と、ビュッフェさん(いわずと知れたビュッフェ・クランポンの先祖)がクラリネットに応用したものです。全世界の大半でこのシステムの楽器が使われてます。

ナクソスは、香港のCDメーカーで、売れ筋にこだわらない音楽作りで、廉価版レーベルとしては異例の大ヒットを飛ばしています。あんまり有名でない曲を探したければ、とりあえずここを探すといいですよ。

参考URL:http://holz.fureai.or.jp/HOLZ_TOP.htm http://www.naxos.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。
何だか、こういう(ウィキペディア)ページなんかを見ると、
自分がいかに自分の楽器に対して無知なのかが浮き彫りにされているようで、
非常にきまりが悪くなってしまいました…(汗)
これからのんびりとでもいいので色々知っていきたいものです。

bu-claさん、本当に毎回ありがとうございます。
お仕事頑張って下さいね^^♪

お礼日時:2005/04/05 11:02

こんにちは。

私が個人的におすすめなのは やはり カール・ライスターとリチャード・ストルツマンではないでしょうか? カール・ライスターはアンサンブルで実際に音を聴きましたが、素晴らしかったです。ストルツマンは、いろいろなジャンルの曲も吹いていて大好きな演奏家です。この二人はクラ吹きでは誰でも知っているくらい有名なので海外でも容易に入手できると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもお答えありがとうございます。
カール・ライスターとリチャード・ストルツマンですね。
クラ吹きなら誰でも知っている…
何だか耳に痛い言葉ですね。
まだまだ、始めて間もないヒヨッコな者でなので…!
アンサンブルをお聞きになったのですね。うらやましいです。
私もこれから実際にコンサートなどに行って本物の音をガンガン聞いて行きたいなぁ…
なんて思っています。

どうもありがとうございました!

お礼日時:2005/04/04 02:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクラリネットにミュートはないの?

クラリネットの初心者です。
家(マンション)で練習したいのですが、近所迷惑になります。
クラリネットには、トランペットのミュートのような消音装置はないのでしょうか。

Aベストアンサー

クラリネットのミュートもかつて、開発されたことがあるそうですが、失敗に終わったとききます。

遮音効果があるものとして、
ELSAXCO / SILENT BAG <クラリネット、ソプラノサックス用>
があるようです。

 クラリネットやサックスはトランペットなど金管楽器とは違い、ベルを塞ぐだけでは、ミュートの効果が得られません。

これはサックス本体を包み込んでしまう事で遮音効果を上げています。体感的に、半分位の遮音効果があるようです。消音ではありません。
全くの初心者の方には押さえるKeyの場所などが見えなくなるので、初めはやや厳しいかもしれませんが、家の中での練習がある程度可能になるようです。ショルダータイプのソフトケースとしても使用出来ます。

参考URL:http://www.ishibashi.co.jp/webshop/wind_mavis/wind_mavis.htm

Qクラリネットの購入を考えてる初心者です。いろいろ教えて下さい。

私はクラリネットをはじめ、リードを使う楽器は初めてです。
わかるところだけでいいので、教えて下さい♪

1.激安のクラリネットが二つのメーカーから出ています。
信頼性はどうでしょう?
思うように演奏ができるでしょうか?

Kaerntner(ケルントナー)クラリネット KCL23
MAXTONE CL-40A クラリネット

どちらがいいと思われますか?
安価で他におすすめクラリネットがあったら、教えて下さい。

2.某、プロのクラリネット奏者のサイトで、リードを1箱買っても、1箱全部、使えないことがあると書かれていましたが、これは本当ですか?
自分の思うような音が出せるリードが無いということでしょうか?
クラリネットのリードは、自分で加工して、音質を変えたりするのでしょうか?
また、そのようなことは可能ですか?

3.クラリネットは、非常に小さい音を出せるとのことですが、それは、どの音域でもそうですか?

4.マウスピースによって、音質は、そんなに違うのでしょうか?

以上、よろしくお願いします。m(u.u)m

私はクラリネットをはじめ、リードを使う楽器は初めてです。
わかるところだけでいいので、教えて下さい♪

1.激安のクラリネットが二つのメーカーから出ています。
信頼性はどうでしょう?
思うように演奏ができるでしょうか?

Kaerntner(ケルントナー)クラリネット KCL23
MAXTONE CL-40A クラリネット

どちらがいいと思われますか?
安価で他におすすめクラリネットがあったら、教えて下さい。

2.某、プロのクラリネット奏者のサイトで、リードを1箱買っても、1箱全部、使えないことが...続きを読む

Aベストアンサー

これでも私はプロなんで、プロの目で回答させていただきます。
1.信頼性は、最初の2週間くらいだけだと思います。

 安い楽器は、いっぱい空いた穴(トーンホール)を
 押さえるパッドがとんでもなく安いのです。たぶん
 2,3回吹いたくらいで調子が狂うでしょう。
 安くて信頼できる楽器でしたら、ヤマハ、ビュッフェ
 クランポンなどのメーカーで、信頼できそうな楽器屋
 に探してもらうとよいでしょう。
2.本当です。
 ただ、これも微妙な問題で、自分の求めている音が出 せないと言う意味で、とりあえず練習できます。
 でもそういうこだわりは2,3年練習して自分の吹き 方や音の感覚がつかめてからのものなので、今は心配
 しなくても大丈夫です。
3.はい、そうです。
 でもこれも人によってですが、初心者の方でも低い音 域なら小さい音がだせます。しかし、小さい音ばかり
 で練習するとあんまり楽しくないです…。
4.まったく違います!
 同じメーカーの同じ型番でも、まるで個性の違う音や
 吹き心地です。ばらつきが少ないと自己宣伝している
 メーカー(僕はこのメーカーですが)でも、吹き比べ るとやっぱり違っています。
 初心者だということですので、最初は標準的なもので
 バンドーレンの、5RVライヤー
 ESM(クランポン)のJP5M
 などで、プロの選定品を購入するのがよいでしょう。

なんにせよ、楽器を始めるには、信頼できる楽器屋さん
を探して、そこに相談されるのが一番です。楽器の調子が悪くなれば、そこで買った楽器なら無料調整などしてくれますし、指導の先生を紹介してくれたりもします。
自分ひとりではたぶんすぐにどうしようも無くなってしまいます。そうなると楽器もつまらなくなるし、ひいてはせっかく買った楽器が押入れ行き、なんてことになるかも…。それはなんとも悲しいので。
いろいろ長々と書きましたが、頑張ってください。

P.S.楽器の修理工の人と以前話したところ、そういった激安楽器はリペアが効かないとのこと。それなりに良い楽器を購入されたほうが、長く使えるし、結局は安上がりだと思います。

これでも私はプロなんで、プロの目で回答させていただきます。
1.信頼性は、最初の2週間くらいだけだと思います。

 安い楽器は、いっぱい空いた穴(トーンホール)を
 押さえるパッドがとんでもなく安いのです。たぶん
 2,3回吹いたくらいで調子が狂うでしょう。
 安くて信頼できる楽器でしたら、ヤマハ、ビュッフェ
 クランポンなどのメーカーで、信頼できそうな楽器屋
 に探してもらうとよいでしょう。
2.本当です。
 ただ、これも微妙な問題で、自分の求めている音が出 せないと言う...続きを読む

Qクラリネットで音色が良く大きい音

クラリネットで音色が良くて、かつ大きく(ffくらい)吹くにはどうすればいいでしょうか。

今の私だと
音色を重視しようとするとつい音が小さくなってしまい、
音が小さいと言われ大きくすると音色が汚いと言われてしまいます。


現在クランポンで、3半のリードを使っています。

回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは
#1の補足です

>●私が今回出したいffの音量=サックスくらい

 無理です(--;
 σ(^_^;は来週ソプラノサックスとクラリネットを持ち替えて演奏しますがClaは逆立ちしたってサックスにはなりません(゜o。)☆\ばきっ
 残念だけど楽器の構造や原理が全く違うのであきらめて下さい。
 クラってオーボエの次ぐらい息が入りにくい楽器だと思います。
 クラ吹いていてサックスに持ち替えてクラのつもりで息を入れると入りすぎてクラの3倍ぐらいの大きな音が出ちゃいます。
 サックスってこんなに簡単に大きな音が出るんだぁというのがσ(^_^;の感想です。

>●マウスピースはバンドレン5RV$(選定は講師の方が直にやってくれました)
 全く問題ないですね。
 リードの振動する部分(レイ)が長いので息がたっぷり入ってクラとしては大きな音が出しやすいタイプだと思います。

>●経験歴は高校に入ってからです。現在高2です。
 もしかしてppが吹けないくらいきつい3半を選んでいませんか?
 そんな仕掛けだと口元がガチガチに堅くなって息を入れることよりもマウスピースをくわえる方に力が入ってしまいます。 息を入れる方に8割、加えて力を込めるのは2割以下と考えて仕掛けを作って下さい。
 口元は楽に息はタップリ入れば十分クラとして豊かな音量が得られるはずですぅ(^^)

>美しい音楽作りたいです(TT)!
 楽に吹けない仕掛けでは美しい音楽は無理だよ..(^^;ヾ

こんにちは
#1の補足です

>●私が今回出したいffの音量=サックスくらい

 無理です(--;
 σ(^_^;は来週ソプラノサックスとクラリネットを持ち替えて演奏しますがClaは逆立ちしたってサックスにはなりません(゜o。)☆\ばきっ
 残念だけど楽器の構造や原理が全く違うのであきらめて下さい。
 クラってオーボエの次ぐらい息が入りにくい楽器だと思います。
 クラ吹いていてサックスに持ち替えてクラのつもりで息を入れると入りすぎてクラの3倍ぐらいの大きな音が出ちゃいます。
 サックスってこんなに簡単に...続きを読む

Qどういう意味ですか?

僕は吹奏楽をしているのですが、今回吹く楽譜に、こんな記述がありました。
(senza rit.)
これは、五線の上(下だったかも…)に書かれていたのですが、どういう意味なのでしょうか。

お願いします。

Aベストアンサー

senzaが「なしで」という意味でrit.が「ritardando(だんだん早く)」との
ことです。で、両方をあわせた「senza rit.」だと
「ritardandoしないで(だんだん早くしないで)」となるそうです。

ではでは。

参考URL:http://home3.highway.ne.jp/jester/yps/terms-a.html

Qどこのクラリネットがいいですか?

ずっとアルトサックスを吹いてきましたが、
クラリネットも吹きたくて、どうしても欲しくなりました(^^;
クラリネットについては全くの無知なので教えてほしいのですが、
どこの楽器がいいのでしょうか?
クランボンがいいとは良く聞くのですがお金も全然ないので・・
無理なことだと思いますが、安くて吹きやすいクラリネットがあれば
教えてください!

Aベストアンサー

No.4です。

>本当にやりたかった楽器なので・・
>クラも一生吹いていくつもりです!

そうしたことであれば、ぜひとも「良いもの」を選んで頂きたいものです。

この調子であれば、いずれはクラをお求めになられるでしょうから、私がクラを吹き始めた頃に面食らったこと(?)を紹介したいと思います。

1.アンブシャーがピンポイント。

サックスは、けっこういい加減なアンブシャーであっても、それなりに鳴ってくれていましたが、クラらしい音が出てくれるアンブシャーの範囲はとても狭いです。
ホント、ピンポイントの様に感じます。
逆に、クラを吹く様になってから、サックスの音が見違えるほど安定したものになりました。(それまでの吹き方は何だったのだろう。。。^^;)

2.「ナマ穴」を「ナマ指」でふさぐ。

クラに開いている穴のうち、7つの穴は、リコーダーのように「ナマ指」でふさがなければならない「ナマ穴」なんです。
パッと見はリングが付いていたりして、ちゃんとふさげそうに見えますが、アレは連動して他の穴をふさぐための仕掛けでして、ちゃんと「ナマ穴」を「ナマ指」でふさがないといけないのです。
ちゃんとふさがってないと、音がひっくり返ったりします。
特に泣かされたのは「薬指(左右共)」です。

3.クロス(A→HとかB♭→H:クラの音で)に泣く。

サックスではC#→Dの様な運指になるのですが、全部タンポでふさいでくれるサックスとは異なり、ちゃんと「ナマ穴」を「ナマ指」でふさげないと、上に上がる音が出てくれないです。
これは、事前の音(A、B♭)では、左手人差し指が「キーの操作中」の状態で、次の音では、今度は違うキーの操作をしなければならないので、その切り替え(乗り換え?)が起こる分、遅れてしまうのです。
(サックスでは、右手小指で低音のD#→Cと切り替えることに加えて、他の指も動かす感じになるでしょうかね。)

4.レジスターキーに泣く。

#6さんの回答にもあります様に、レジスターキーを押しますと、基音の3倍に当たる12度+完全5度上の倍音が出ます。
感覚的には、レジスターキーを押しての運指はB♭管のソプラノサックス、レジスターキーを離しての運指はE♭管のアルトサックスの音が出ている感じで、慣れるまでは混乱します。
クラを始めた頃は、レジスターキーを押さない運指が出て来ると固まってしまっていましたので、その音域の少ないファーストクラに混ぜてもらってました。

5.D#(E♭)の音が絡む運指の予定を立てる。

これこそサックスにはない感覚でしょう。
H、C、C#の運指は、左右どちらの小指でも操作出来るのですが、D#は右手小指しか操作するキーがないのです。(高級機種には左手替え指キーが付いていたりしますが)
楽譜でD#を見つけたら、その音符からさかのぼって、H、C、C#音の絡みをチェックし、もし絡んでいればこれらの音を、左右どちらのキーで操作するかを事前に決めておかなければならないのです。
私はH、C、C#の音符の上に「右」とか「左」とか書いて対応していました。

6.音量が出ない。

サックスは息の抜けが良いので、簡単に音量を出せますが、クラは抵抗が強いのと楽器の構造上、音量が出ないのです。
サックスの感覚では、フラストレーションが溜まるかも知れません。

7.「キャー!」と鳴る。

これはクラの宿命なのでしょうか!?
予期せぬ時に「キャー!」と鳴ります。
近年では「リードミス」という言葉が使われたりしますが、事実をあらわしてはいないですね。
運指の切り替えの時に、ちょっとした隙間が開いてしまった時に鳴ることが多かったです。


クラリネットには、こうした「乗り越えなければならない課題」が多々あります。
それだけ難しい楽器だけに、社会人になってもクラを吹き続けている人は、そう多くはないのが実情で、「人材難なパート」となっているバンドも多い様です。
そうした事情もあるので、つまらない人間関係のトラブルから退団されてしまう様な愚行をする人も少ないですし、また、互いにどれだけの苦労をして来なければ、それだけの腕前になれないのかも知っていますので、人数的には大所帯でありながらも、パート内の人間関係が良好なバンドが多いと感じています。

クラリネットの習得には大変苦労しますけど、それだけに得られる喜びもまた大きな楽器でもありますよ。
頑張って下さいね!!

No.4です。

>本当にやりたかった楽器なので・・
>クラも一生吹いていくつもりです!

そうしたことであれば、ぜひとも「良いもの」を選んで頂きたいものです。

この調子であれば、いずれはクラをお求めになられるでしょうから、私がクラを吹き始めた頃に面食らったこと(?)を紹介したいと思います。

1.アンブシャーがピンポイント。

サックスは、けっこういい加減なアンブシャーであっても、それなりに鳴ってくれていましたが、クラらしい音が出てくれるアンブシャーの範囲はとても狭い...続きを読む

Qクラリネットの樹脂製ってそんなにいけませんか?合板木でも気休めですか?

クラリネットの樹脂製ってそんなにいけませんか?合板木でも気休めですか?
メンテが楽で安価なため気になっておりますが、、、
フラウトトラベルソやリコーダーなどの音色はABS樹脂でもそこそこの評判ですが、クラリネットはひどいもんなんですか?
ケルントナーの27番を買われている方はそうとういらっしゃるようですが安いので我慢されているだけなんですか?
今、子供が欲しがっていて学校で吹いた経験があるのですが古くて合っていなかったので裏返ったり口の中が痛かったりしてました。
シリコン製のリッププロテクトなどは効果があるのでしょうか?

おもちゃとしては考えておりませんが、すごい人は人参でもくり貫いて楽器にしてしまいます。
高価な楽器イコール芸術とは考えておりません。
すぐれたギタリストは安いギターでもその楽器かと思うくらいの演奏をするそうです。

こちらはそこまで偉そうではないですけどねwww

詳しい方お願いします、、

Aベストアンサー

>> エボニーという木の粉をABS樹脂に混ぜて作る //

エボニーとは、ふつう黒檀のことを指しますが、黒檀にも縞黒檀と本黒檀があるそうで、製作する物によって使い分けるようです。

クラリネットに通常使用される木材は、グラナディラというマメ科の植物で、黒檀(カキノキ科)とは異なります。グラナディラは非常に生長の遅い木で、楽器に使えるサイズまで育つのに何10年もかかるため、生産が需要に追いついていないようです。

そこで、特に厳しい基準で選別される高級機種用の材木が不足しているために、クランポンなどはグラナディラを粉末化し、グラスファイバーや接着剤などと混ぜて成型する方法で管体を作っているモデルもあります。

>> エボナイト製のもあるらしいです //

エボナイトというのは、生ゴムを硫化させて固くしたもので、黒檀のような質感になることから「ebony化する=ebonite」と呼ぶそうですが、昔はマウスピースの素材として多用されていました。現在は、ABSやその他のプラスチックが主流です。

しかし、エボナイトは多量の硫黄を含むので(硫黄は多量に摂取してもお腹が痛くなるだけで病気にはならないものの)、キーなどの銀メッキを変色させる原因になります。ふつう、クラリネットの上位機種のキーは銀メッキなので、あまり管体の材料として使われることはありません。

先述の通り、管体が樹脂製(あるいはその他の素材)だからダメだ、ということはありません。それでも立派にクラリネットの音にはなります。メタルクラといって、真鍮製のクラリネットもあり、ジャズなどで好んで使う人もいます。

木材の中でも、昔はツゲを使っていた時代があり、最近ではローズウッド製にも人気があります。黒檀を使ったクラリネットも実際に作られています(といっても受注生産の高級機種)。

問題は、そういう「管体の素材による音色の違い」にこだわるかどうか、です。また、No.3の回答者が指摘されている通り、普及モデルほどコストダウンのために設計が簡易化されている、という点もあります(が、ヤマハやクランポンのプラ管は、割と違和感のない吹き心地になるようには作られています)。

>> やはり木製でないと音が狂ったり裏返ったりして音が出しにくいものなのでしょうか? //

「木製かどうか」という視点だけで見れば、いいえ。

「プラ管=普及モデル=あまり良い設計ではない」という視点で見れば、はい。

たとえば、YCL-250は、それなりにクラリネットらしい音がしますし、合奏の中に混じってしまえば、まずプラ管だとはバレません。しかし、吹き心地は、たとえばCSクラスと比べると全然別物です。一般論として、プラ管の方が抵抗感が強く、小音量での演奏がしにくく、音量を上げようと思ってもすぐに限界が来る印象です。その意味で、「吹きにくい」とはいえます。もっとも、だからといって、音程が狂うとか、音が裏返るとかいう問題がある訳ではありません。中国ブランドのプラ管は、それはそれは酷いものですが。

吹きやすさでいえば、基本的に高価なモデルほど吹きやすいとはいえます。奏者の要求にどこまででも応えてくれる印象です。ただ、価格的には中間に位置する各メーカーの主力モデルでも、独特の音色があって、高級機種だったら何でも良い、とはいえません。

>> 余談でヌーボのクラリネオというのはご存知ですか? //

初めて聞きましたが、少なくともクラリネットの代用にはならないでしょう。イロモノとして使う分には良いかもしれませんが...

>> エボニーという木の粉をABS樹脂に混ぜて作る //

エボニーとは、ふつう黒檀のことを指しますが、黒檀にも縞黒檀と本黒檀があるそうで、製作する物によって使い分けるようです。

クラリネットに通常使用される木材は、グラナディラというマメ科の植物で、黒檀(カキノキ科)とは異なります。グラナディラは非常に生長の遅い木で、楽器に使えるサイズまで育つのに何10年もかかるため、生産が需要に追いついていないようです。

そこで、特に厳しい基準で選別される高級機種用の材木が不足しているために、クラン...続きを読む

Qクラリネットの事教えてください。

中1の娘が部活で吹奏楽に入部しました。クラリネットを吹く事になり学校より購入を勧められました。娘いわく学校で購入すると10万円以上はするとの事ですが、果たしていきなりそんな高額の物を使わせなきゃいけない物なのか、それが妥当な金額なのか楽器に疎い私にはわかりません。どなたか良いアドバイスを御願いします。初心者向けにはどのような物が良いのかも教えてください。御願いします。

Aベストアンサー

No.3 です。他愛もないことですが、少しだけ追加で。

初心者用として10万円という価格は妥当、という結論を申し上げましたが、お子さんが将来的にもずっとクラリネットを吹き続けるということであれば、もちろん、最初から上位のモデルを選択するという方法もないわけではありません。良いトレーナー(と呼べるプロは、残念ながらそう多くはないのですが...)に付けば、下手な音大生より小中学生の方が良い音を出すこともありますから、そういう場合には高い楽器でもまったく無駄にはならないでしょう。

ただ、学校の方針として、最低限の編成が整えられるだけの備品を持っておらず、個人持ちの楽器が買えないならほかの楽器をというのは、少なからず問題があります。クラブ活動はいやしくも学校教育活動の一環なのですから、授業料とクラブ費以外に(消耗品は別にしても)負担を強いるのは、適当とは言えません。学校ごとの事情はありますが、生徒の個人負担に頼って編成を保つのが原則ではないということだけは確かです。
(まれに個人楽器を原則とするようなクラブもありますが、上記の理由から適切ではありません。また、音色の統一と称して、全員にまったく同様のマウスピースやリガチャーなどを購入するよう求める顧問もいるようですが、そもそも口の形や歯並びが一人ひとり異なるのに、形式ばかり統一しようとしていて不適切な指導といえます。しかも、そういう人が幅を利かせていたりするので、日本の吹奏楽はタチが悪いと言われるのですが...)

楽器のメーカーですが、メジャー系では3社、小規模な工房や日本ではあまり知られていないメーカーも含めると、世界的には数10社が存在します。個々の特徴があり、プレーヤーの好みによって選択すれば良いのですが、初心者の場合は音程や鳴りの均一性に重点を置く必要があります。
メジャーメーカーとしては、Buffet Crampon(ビュッフェ・クラムポン:仏)、H. Selmer(セルマー(セルメル):仏)、Yamaha(ヤマハ:日)があります。

B. Crampon はクラリネット界の雄で、明るく柔らかな音色に定評があります。ただし、音程や鳴りの均一性はあまり良くなく、プレーヤーの方でかなり修正してやる必要がありますから、初心者には(プロでも)優しいとは言えません。個人的にはこのメーカーの音が身体に染みついていますが、不満たらたらです(苦笑)。

H. Selmer も世界に名の知れた木管楽器メーカーですが、サクソフォンはともかく、近年のクラリネットの評価は残念ながら高くありません。音抜けが悪く、プレーヤーへの負担が大きいという意見が多いようです。吹きこなすだけの力量があるなら少しダークで甘い音が面白いのですが、個人的にもかなり疲れる楽器だと思います。昔の楽器は良かったのですが、ラインの変更や熟練工のリストラなどで質が落ちたというのが専らの噂です(実際、クラリネットのラインナップは縮小傾向にあります)。

Yamaha は、近年特に注目される楽器の総合メーカーで、クラリネットを含めた管楽器全般に世界的に高い評価を受けています。クラリネットも、他のメーカーでは音程が悪かったり音が抜けなかったりする音でもかなり楽に演奏することができ、初心者から一流のプロまでに対応できます。安い楽器でもそれなりに演奏でき、コストパフォーマンスは非常に高いといえます。

一昔前(当方が中高生だった時分)は「クラリネットといえばクラムポン」だったのですが、今はヤマハの方が定評があるように思います。

ちなみに、クラリネットの管体の材質ですが、極端なことを言えば、内部の管の形や穴の位置・形が一定に保てるなら、木だろうが金属だろうがプラスチックだろうがセラミックスだろうが、何でも「クラリネット」の音がします。また、プラスチック管のクラリネットというのは、マーチングや応援など野外で演奏する際に使用することが当初の目的であって、別に廉価版を作ろうとか玩具を作ろうとかいう話ではありません。

だらだらと長くなりますが、No.4 の回答者の方がお書きのとおり、楽器をレンタルで借り、借りているその楽器が欲しくなったときは、既払いの月々のレンタル料を購入費に割り当てられるようなシステムもありますから、楽器屋さんにお尋ねになるのも宜しいかと思います。

No.3 です。他愛もないことですが、少しだけ追加で。

初心者用として10万円という価格は妥当、という結論を申し上げましたが、お子さんが将来的にもずっとクラリネットを吹き続けるということであれば、もちろん、最初から上位のモデルを選択するという方法もないわけではありません。良いトレーナー(と呼べるプロは、残念ながらそう多くはないのですが...)に付けば、下手な音大生より小中学生の方が良い音を出すこともありますから、そういう場合には高い楽器でもまったく無駄にはならないでしょう。

た...続きを読む

Q中学の吹奏楽部所属、クラリネット選び迷っています。

娘が、中学校で吹奏楽部に入部し、念願のクラリネットを
担当できることになりました。

そこで楽器選びなのですが、先日、楽器店で試奏会があり、
ヤマハとクランポンのものを何種類か吹かせてもらったところ、
娘が、音や吹きやすさでヤマハのものより、クランポンのものにしたいと言いました。
お店の人は、E13なら、高校生になっても、吹奏楽に力を入れていて
大会に出るような学校でなければ、充分使えるモデルというのですが、
初心者で、この先どうなるか分からないのに(本人は続けたいと言っています。)中学生にそんな高額な物を買い与えてしまってよいのか
迷っています。
私はE12くらいのもので充分なような気がするのですが、もしも本人が
高校生になっても続けたいといった時に、さらにまた30万円近く出して
買い換えるのはもったいない、それなら最初からE13を買った方がいいかなという気もしています。

中学校で初心者でクラリネットを始められた方、クラリネットに
くわしい方、ご助言をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
 音楽って色んな意味で金食い虫なんですよね(^^;

 クラリネットは、独圏のエーラー式システムとフランス圏のベーム式があります。
 部活で使われるものは、圧倒的にベーム式なのでメーカーとしては、ヤマハ(日)、ビュッフェ・クランポン(仏)、セルマー(仏)、ルブラン(仏)などが代表的です。
 どのメーカーも甲乙は付けがたい特徴がありますし、多くのプロでも使われています。
 試奏されてビュッフェ・クランポンの楽器が候補になっているようですね。
 メーカーの意図する位置づけは、専門家向けをのぞき以下のようになっています。
モデル名 材質  用途
C-13 木製  音大など専門課程の学生用(R-13の廉価版)
E-13 木製  一般の音楽愛好家向け
E-12 木製  高校生用(E-11より体力が充実した生徒を想定し設計)
E-11 木製  中学生用(部活を想定して企画された)
B-12 樹脂製 屋外演奏用(B-10より見栄えをよくした)
B-10 樹脂製 屋外演奏用 小学生向け

 ヤマハやビュッフェ・クランポンの学生用モデル(E-11、12)は、各部分が小さい手で扱いやすいようにやや小さめに作られています。
 なお、E-13、C-13は、フランス製ですがB-10~E-12はドイツ製で、シュライバーというファゴットで有名な工房が製作を担当しています。 そのため、E-13、C-13のブランド名の下にある「MADE IN FRANCE」の刻印はありません。
 E-11、12は、持った感じでE-13と違うことがすぐに判ります。 独製らしい重さを感じます。

 私の体験ですが、中学生のころ部活で先生に「楽器が汚いぞ(臭うぞ)!きちんと練習後の掃除をするように」といわれたクラの女子が練習後にバケツの中にジャブジャブクラリネットを突っ込んで水洗いをした事件を覚えています。
 こんなことをしたら、もう楽器としては修理をしないと使えません。ですが、無邪気な中学生は、自分の生きてきた経験の中で「綺麗にする」とは「水洗いする」と思いこんでこんなことをするのです。

 きちんとクラリネットを教えてくれる方が学校にいますか?
 本当にお子さんがクラリネットを学びたいと思うなら音楽教室で基礎をしっかり学ばせて(おおよそピアノのお稽古と同じだが多少安い)部活をさせた方が長い目で見ればお子さんのためになります。

 E-13は、大人でも十分に使えるよい楽器ですが、お子さんが本気でないならもっと安いものでよいと思います。 「うちはお金持ちじゃないのだから、これで我慢してね。そして、大人になってお金を稼げるようになったら満足できるものを買いなさい。」とか言い聞かせて。
 楽器の価値ですが、管楽器は消耗品扱いなので、最も高いものを買って後で売るか(よくて半額程度)、もっとも安いものを買って捨てるかどちらかです。

こんにちは
 音楽って色んな意味で金食い虫なんですよね(^^;

 クラリネットは、独圏のエーラー式システムとフランス圏のベーム式があります。
 部活で使われるものは、圧倒的にベーム式なのでメーカーとしては、ヤマハ(日)、ビュッフェ・クランポン(仏)、セルマー(仏)、ルブラン(仏)などが代表的です。
 どのメーカーも甲乙は付けがたい特徴がありますし、多くのプロでも使われています。
 試奏されてビュッフェ・クランポンの楽器が候補になっているようですね。
 メーカーの意図する位置...続きを読む

Qクラリネットのマウスピース

今年から中学に入った子供が、吹奏楽部に入部し、クラリネットを吹くことになりました。早速、2割引で20万円もするヤマハのクラリネットを買わされ、日々、練習に励んでいましたが、講師の先生から、「ヤマハのマウスピースは、全然、ダメだから、バンドーレンを買うように」と、言われたそうです。更に、「高校でもクラやるなら、クランポンにしないと、ダメ」 とも。
ヤマハのマウスピース(クラリネット)は、そんなにダメなのでしょうか? なぜ、そんなものを、売っているのでしょうか? どこが違うのでしょうか?
素人の親には、とうてい理解できません。
音楽講師の言うことの是非をお聞かせください。

Aベストアンサー

昔楽器店に勤めていたものです。
個人的には10数年クラリネットを吹いています。

まず、題記されているマウスピースについて回答します。
個人的にはヤマハのマウスピース(たぶん4Cだと思いますが)、全然ダメということはありませんが、どちらかというと安定志向、息を使わずにそこそこの音が出せるが、表現の幅が狭くなりがち、といった印象があります。

また、ヤマハはクラリネットは十数種類のラインナップをそろえているのに対して、実はB♭管クラリネット用のマウスピースは4種しかありません。中でも楽器に付属のものは他の3つに対しランクの劣る製品です。対してヴァンドレン社では数十種類(!)のマウスピースを用意しています。また、ヴァンドレン社はメジャーな(ほぼ寡占的な)リードメーカでもあります。リードとマウスピースの相性というものは非常にシビアなものなので、同社でそろえると(実際の相性はともかく)安心できるといったメリットもあるでしょう。

楽器の購入レベル、講師の存在等からそれなりに力を入れている吹奏楽部と見受けられます。ヤマハのマウスピース(特に楽器の付属品)では、道具が足を引っ張る可能性も考えられます。

もうご存知かもしれませんが、クラリネットのマウスピース、リードは消耗品です。付属のものは「買ってすぐに吹ける」ためだけのものと割り切ったほうが良いかもしれません。

楽器についてですが、ヤマハの管楽器のなかでもクラリネットは特に成功した部類で、海外の有名オケ奏者にも使用されている方が多くいらっしゃいます。ご購入の楽器も丁寧に扱えばしっかり社会人まで使ってゆける楽器です。お大事になさってください。

補足としてクランポンのR-13、RC等を薦められると思います。これらの製品は世界スタンダードともいえますが、10数年前に楽器を購入した身からすると、通貨レートの変動により非常に高価に感じます。同価格帯のヤマハの楽器の方がグレードは上となりますので、どうしてもクランポンの音色をという場合(長年吹くとそういう好みも出ます)以外は、ヤマハのほうが価格性能比が高いと思います。

なお、これまで私が会った事のあるクラリネット吹き(プロアマ含め二、三百人くらい?)ほぼ全員がヴァンドレンのマウスピースでした。楽器はクランポンが6割、ヤマハ4割、セルマー若干でしょうか。私はヤマハの音色が好きでヤマハを吹いています。

昔楽器店に勤めていたものです。
個人的には10数年クラリネットを吹いています。

まず、題記されているマウスピースについて回答します。
個人的にはヤマハのマウスピース(たぶん4Cだと思いますが)、全然ダメということはありませんが、どちらかというと安定志向、息を使わずにそこそこの音が出せるが、表現の幅が狭くなりがち、といった印象があります。

また、ヤマハはクラリネットは十数種類のラインナップをそろえているのに対して、実はB♭管クラリネット用のマウスピースは4種しかありません。中でも...続きを読む

Qクラリネットリードの育て方

大学のサークルでB♭クラリネットを毎日吹いています。
以前、先輩のリードを吹かしてもらったときにとても鳴りやすかったので、先輩にリードについて聞いてみたところ、「リードを育てている。」とききました。そこで自分も先輩に聞いたやり方でやってみたところなかなかうまくいきません。むしろ、リードが変に振動しているような気がしたり、きつい音のするリードになってしまいました。

先輩に教わった育て方
リードを開けてから最初の1週間は毎日1回、最低音から1オクターブ、ロングトーンをする。その後は、徐々にふきならしていく。そのうち吹きやすく、よく鳴るリードになる。

これは、みなさんから見ると賛同できるやり方ですか。
また他におすすめの育て方があれば教えてください。
自分の失敗した原因なども予想できれば教えてください。

Aベストアンサー

クラリネットを吹いて十数年になるものです。
私も質問者さんの先輩やNo.1さんのようにリードの吹き始めには気を使っています。

開封したてのリードは、保存のためにしっかりと乾燥してあるため、そのままでは演奏に向きません。そのままで演奏しやすいリードもありますが、水分を含む毎に性質が変わるため、演奏の安定が得られません。ですので、まずはしっかりと水分を含ませて戻した状態でリードの良し悪しを判定する必要があります。

このときに急激に水分を含ませたり、リードが硬い状態で長時間演奏でのストレスを与えると、平らな面が反ってしまったり繊維が傷んだりということになります。このため、ゆっくりと水分を与え、だんだんと吹き慣らしていく、という段階が必要になります。

個人的な手法としては、まずは開封したリードを清浄な水で濡らした後すぐにしっかりふき取る、これを毎日1回1週間ほど。それから音出しを一日1回5分以内程度でこれも1週間程度、ただしシャリュモー音域(レジスターを押さない)のみ。その後は全音域吹きますが、これも2,30分程度で1週間。これくらいの工程で育ててます。もちろん全てのリードは使えません。吹き始めで3割ほど、時には半分ほど、そののちも調子を見つつ取捨選択し、最後まで残るのはいつも2割程度でしょうか。ここ一番(コンクールやオーディション)の際は4箱くらいいっぺんに開けて2~3枚を準備してましたが。(^^;

削るのは始めは失敗することの方が多いので、使えないリードが使えたらラッキー、くらいで始めるのが良いと思います。先端2,3mmは微妙ですので、目視で明らかに厚さが異なる場合以外は触らないほうが無難です。陽にすかしての中央部のカーブの芯が中央に来るようにしたり左右の厚みの調整がとっつき易いと思います。私は耐水ペーパーの800番を用いています。No.1さんもおっしゃられている裏面の調整ですが、私はケント紙を用いてます。平らな面(私は専用にガラス板を用意しています)にケント紙を当て、その上でリードを10~20回程度こすります。削るというよりは目止めしている感覚です。

オーボエほどではないと思いますが、リードの管理は演奏者の力量の一部となってきますので、今のうちにいろいろ試行錯誤して自分なりの方法を確立しておくと先々の苦労が減ります。^^

クラリネットを吹いて十数年になるものです。
私も質問者さんの先輩やNo.1さんのようにリードの吹き始めには気を使っています。

開封したてのリードは、保存のためにしっかりと乾燥してあるため、そのままでは演奏に向きません。そのままで演奏しやすいリードもありますが、水分を含む毎に性質が変わるため、演奏の安定が得られません。ですので、まずはしっかりと水分を含ませて戻した状態でリードの良し悪しを判定する必要があります。

このときに急激に水分を含ませたり、リードが硬い状態で長時間演奏...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報