長くすんでいた公務員の宿舎から離れ、中古のマンションを購入する事になりました。

築20年くらいなんです。
私は今23歳なんですが、これから一生住むつもりです。
しかし、80歳で死ぬとしてあと57年建て替えないで済むかどうか、微妙なところです。
50歳越えたら、残りの人生たかがしれてると思うので、立替えなんて面倒な事に賛成したくありません。

建て替えは住民の意見の一致で行われるんでしょうが、少数派になったら、私の意向は受け入れてくれるか微妙です。
築年数的に建て替えなくて済むでしょうか?それとも建て替えないで済む方法はあるでしょうか?。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

マンション管理組合総会で建て替えが決議された場合、立て替えないで済むという方法はありません。



民法においては共有資産は全員の同意がないと変更などできないことになっています。民法上では1人でも反対者がいるとできないことになっています。

しかし、マンションなど分譲共同住宅は全くの赤の他人が資産を共有することにより、全員の同意を求めることがほとんど不可能に近いので、区分所有法により、多数決で決めることになっています。立て替えについては区分所有法第62条で定められています。

区分所有法では、立て替え決議のは集会で4/5以上の賛成あれば、建て替えをすることに決定します。
このとき、賛成しなかった人に対しては、以下のように取り扱います。
1)2ヶ月の猶予期間の間に、決議された立て替えに参加するかどうかの返答をする(反対者でも決議に従って立て替えに参加することができる)
2)上記の回答により、参加しないことが決定した者に対しては、建て替え側が売り渡すように請求する(買ってもらうのではなく、売り渡さなければならない)

決議が可決された場合、建て替えを阻止することはできません。決議前に決議がされないように、立て替え反対者を増やしておく以外に、建て替えを阻止する方法はありません。

なお、地震などで倒壊した場合などは、適用される法律が変わりますが、取扱方はほぼ同じです。


次に、建て替え時期についてですが、鉄筋コンクリートの場合、60年程度が寿命といわれています。しかし、古くなると立て替え費用以上に補修費がかかることがありますので(当然費用は所有者が負担)、建物のライフサイクルコストを比較して、コストの低い方を選択すべきです。
    • good
    • 0

コンクリートは約30年でもっとも高い強度になると言われています。

とはいえそれ以降は徐々に劣化が進みます。またそれより以前に給排水の設備なども更新時期に達するでしょう。また先日も九州で地震ありましたが、対震対策の問題もあります。関東では70%の確率で大地震が発生すると政府は発表しています。たぶんあと10年くらいしたら管理組合などで、立て替えを~・・みたいな話題が出始めると思います。

マンションとは共同体ですので、あなたが反対するのもわかりますが、理由が面倒という事では、他の入居者の不信を買うだけだと思います。マンションの建て替え問題は、避けては通れません。建て替えは宿命だと思って総意に従うしかないと思います。
    • good
    • 0

>50歳越えたら、残りの人生たかがしれてると思うので、立替えなんて面倒な事に賛成したくありません。


>建て替えは住民の意見の一致で行われるんでしょうが、少数派になったら、私の意向は受け入れてくれるか微妙です。
反対することは出来ます。でもこれに関しては、区分所有者の4/5の賛成で建て替えになるので、建て替えのときに、区分所有権を管理組合に買ってもらえばいいです。
>築年数的に建て替えなくて済むでしょうか?
躯体の管理次第ですが、建て替えをする大きな理由は、設備の古さから来る生活の不便さになるので、例えば水道配管がだめになって、たて管の交換が容易に出来ない場合などは建て替えの話が出てくるでしょう。(光ケーブルだっておいそれと通せないのが分譲マンションですので)
>それとも建て替えないで済む方法はあるでしょうか?。
躯体がイカれたら建て替える以外ありません。
建て替え云々を気にされるのであるならば、安くても良いから新築のミニ戸建(連棟3階建て)でも買われる方が良いでしょう。どれだけ朽ちてもご自身で修繕の決定はできますから。逆に区分所有のマンションには不向きな考え方です。

参考URL:http://www.moc.npo-jp.net/topics/law/law0002.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q20年とか25年を人生の1つのサイクルとする学問

先日仕事の関係で、ある中小企業の社長さんと会食をする機会がありました。
そのときその社長さんは、経営の判断や仕事上の人との出会いに関して、占い師というか、なにか統計学か気学かわかりませんが、そのような筋の相談する人と契約というか、相談相手としてもっていて、よく新しく出会う人の名前や生年月日を告げて相談しているとのことでした。
占い師といいきれないところは、その社長さん以外にも、有名な某証券会社や金融機関も、ビジネスの折々にその人に相談しながら、プロジェクトを立ち上げているとのことでした。

まあ、その人の素性はどうでもいいのですが、社長さんがいうには、何にでもサイクルがあることを説明してくれて、私も関心があるのでいろいろきいていましたが、20年周期とか25年周期というものを説明してくれました。
ただ、それ(20年周期とか25年周期)が何から出た周期なのかまでは、接待の関係もあり聞くことはできませんでした。

10年1昔とか、干支の12年、というのはわかります。また、人の厄年なども由来はわかるのですが、20年とか25年というのは、どのようなサイクル(もしくは学問や統計)を由来にしているか、わかる方いますでしょうか。
私は初耳の周期でした。

先日仕事の関係で、ある中小企業の社長さんと会食をする機会がありました。
そのときその社長さんは、経営の判断や仕事上の人との出会いに関して、占い師というか、なにか統計学か気学かわかりませんが、そのような筋の相談する人と契約というか、相談相手としてもっていて、よく新しく出会う人の名前や生年月日を告げて相談しているとのことでした。
占い師といいきれないところは、その社長さん以外にも、有名な某証券会社や金融機関も、ビジネスの折々にその人に相談しながら、プロジェクトを立ち上げている...続きを読む

Aベストアンサー

四柱推命では大まかに20年だと思います。
木、火、土、金、水の5元素にそれぞれ陽と陰があり、一つが大運で10年なので、例えば木の陽の影響を受けるのが10年、木の陰の影響が10年で合計20年で木の年が終わり、次に火の陽の影響の10年、火の陰の10年と連なっていきます。
西洋占星術では木星が12年周期、土星が30年周期なので20年は無い気がしますので、たぶん中国系統の占いかと想像します。でも専門家ではないので、違ってたらすみません。

Q築50年以上の木造の 一部だけを建て替えたいのですが。

母屋は、築70年以上(と思われる)部分とその後増築された築50年程度の建物との2つからなっています。
そのうちの古い方を残して、後から増築された方を建て替えようと考えています。
なぜ古い方を残したいかというと、そこは二間続きの和室でその雰囲気を私はとても気に入っているからです。
鴨居があり長押があり、縁側と掘り炬燵があって、とても落ち着くのです。
一方、あとから増築した方は終戦後の物の無い時の物の為、たぶん品質的に難有りでしょう。
改築しても もちこたえるかどうか不安です。
従って 古い和室を残して増築部分を立て替えたいのです。
場所は都内で、準工業地域です。
このように住宅の一部だけを建て替えるのは可能でしょうか、
また可能だとして、工事はハウスメーカーでもやってくれるのでしょうか?
以上、よろしく御願いします。

Aベストアンサー

古い方を残すというのは正解です。昔の木はいい材を使っているし本格的な在来の建前をできる棟梁もいなくなりつつあり大変に貴重でもあります。また、木は水で腐ったり虫に食われたりしなければ数千年持つこともあります。

あと、地域の建築条件はわかりませんが部分増改築は十分可能だと思います。どこの家でもしていることです。

工事その他はハウスメーカーより地元で長く仕事をしている在来に詳しい工務店がいいですね。
ハウスメーカーは大工も他の職人も地元の業者に発注しているだけなので高く付くだけし自分の会社の工法以外は??の場合があります。

Q平成19年に取得して平成20年に居住した場合、確定申告は今年?それとも来年?

平成19年12月に住宅を購入し、平成20年1月に居住を開始した場合、平成20年3月に確定申告をするのか、それとも平成21年3月にするのか、わからなくて困っています。ちなみに住宅ローンの契約も平成20年1月でした。誰か教えて下さい。

Aベストアンサー

住宅借入金等特別控除は、新築等の住宅を取得した場合は、取得後6ヶ月以内に居住の用に供する事が必要です。
 つまり、居住することが条件ですので、取得しただけで居住しなければ控除は受けられないということです。確定申告時の必要書類の中の1つに「住民票の写し」があります。これは、いつ居住したかを確認するための資料です。
 ですので、貴殿の場合居住された20年度の確定申告(法定期限:平成21年3月15日)時に同特別控除の申告をすることになります。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1213.htm

Q築30年の建売住宅はリフォームか?建て替えか?

大手ハウスメーカーが建てた30年前の在来木造の建売住宅に住んでおりますが、いろいろな所にガタがきていて、リフォームで間に合うか、建替えすべきか悩んでいます。
一番大きな問題は、家が傾いている事です。当然見た目で分かるほどでは無いのですが、部屋の中でビー玉が転がります。
元々湿地であった様で、近くの家が建替えた時には、地盤改良をしていたので、地盤は悪いと思います。場所は千葉県です。
その上、浴室の床下には蟻(普通の黒い蟻)が発生しており、タイルの割れ目から浴室に出入りしています。一度工務店の方に見て頂きましたが、白アリはいない様でした。
また、15年前に1F部分を増築し、2Fをベランダにしたのですが、既存との継ぎ目から少しですが雨漏りしている様です。
元々の建物は、一部鉄骨の通し柱も入っていて頑丈には出来ていますので、できれば水周りのリフォームだけで済ませられればと思っております。
耐震改修なども少し調べましたが、そこまで必要なのか良く分かりません。
アドバイス宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは
 リフォームか建替えかは、コストとの兼ね合いだと思いますので複数の業者に見積もらせてみましょう。

 問題は、家が傾いていることだと思われます。 部屋の中でビー玉が転がる程度が些細なことなのか大問題なのかで方針が決まるのではないでしょうか。 少なくとも傾いた結果、タイルに割れ目が生じている目に見える不具合が生じているわけですから。
 傾きが現在も進行しているのか止まっているのかも工事の方針決定に影響するでしょう。
 また誤差内に収まっている傾いた状態と範囲外の状態では、構造上の強度に影響も出るはずです(どの程度までの傾きなら許容できるのか詳しい方のフォローをお願いします)。
 傾いていても地盤が固まっているなら基礎から作り直し(建替え)もあるし、家を持ち上げて補修(リフォーム)もあると思うのでコストとの兼ね合いで決められると思います。

 30年前の木造住宅なら耐震改修は必須だと思いますが、鉄骨が入っているなどの条件があるなら程度によっては、実行可否検討はあるかもですね。

 水回りの隙間をパテで埋めてペンキを塗り直す程度なら費用は少なくて済むと思いますが、足場を組んで屋根や外壁のペンキを塗り直したりすると面積にもよりますが、まとまった資金(100万円ぐらい?)が必要になる気がします。

こんにちは
 リフォームか建替えかは、コストとの兼ね合いだと思いますので複数の業者に見積もらせてみましょう。

 問題は、家が傾いていることだと思われます。 部屋の中でビー玉が転がる程度が些細なことなのか大問題なのかで方針が決まるのではないでしょうか。 少なくとも傾いた結果、タイルに割れ目が生じている目に見える不具合が生じているわけですから。
 傾きが現在も進行しているのか止まっているのかも工事の方針決定に影響するでしょう。
 また誤差内に収まっている傾いた状態と範囲外の...続きを読む

Q20年前に3000万だった家の価値について

はじめまして、こんにちは。
新規で家の購入を考えているのですが、新築だと高くて手が出ないので古い家の購入を考えています。
いろいろ見ていて20年前に3000万だった家が1000万円で売りに出されていました。(20年間ずっと居住されていたようです)
家の価値って20年たつとどれくらい減るのでしょうか?
20年前に3000万だった家を現在1000万円で買うのは妥当な買い物なのでしょうか?
当然、立地条件や使用の仕方で住宅の資産価値がどれくらい減少するか一概には言えないと思いますが、参考程度でいいので、家は20年たつと資産価値として○○%程度減少するってことを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大規模なリフォームがされていなければ、実勢価格としての建物評価はゼロですね。
(税務上の評価と連動するわけではありません)
1000万円は土地代と見ていいと思います。
また、個人が売主なら、通常、建物の瑕疵担保責任はなしというのが契約に入ると思うので、
契約前の物件確認を慎重に行うべきだと思います。

つくりがしっかりしている建物ならいいでしょうが、
それでも、内外装、設備機器など全般に傷んできていると思います。
専門家に依頼して、基礎や水平・垂直などの構造、雨漏れ、早期に補修が必要な箇所などを見てもらって、
その補修費用等も合わせて納得できる物件かどうかで
判断されたらよいと思います。

Q築30年リフォーム済の耐震補強

築30年のリフォーム済物件があるのですが、新しくなってる壁紙やフローリングなど無駄にせず耐震補強ってできるのでしょうか?

あと基本的な事が分からないのですが、更にリフォームして納得した家・金額になるなら購入したいのですがその場合どうしたらいいのですか?見積もりなどは家を見に来ますよね。先に家を買わなければいけないのでしょうか?分かる方どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

耐震補強をするのが誰かということです。
貴方がするなら買ってからが原則で、その前に見積もりたくても内外ちょっとみたくらいでは耐震診断はできません。
売主が耐震診断だけでもしてくれる場合、
補強までして適合証明が出る場合などもあります。

耐震補強をする費用の平均は150~200万くらいといわれています。
たいてい床や天井、壁を剥がさなければ出来ない工事も発生します。
無駄にせずにと言う事は診断しなければなんともいえませんがまず無理です。外から補強を行うことは出来ますが、見栄えや、工法に限りがあります。

ありがたいことに私の関わった耐震診断し改修まで行った物件は評価の低いところが局部でしたので費用はそこまではかかっていません。ただし、評価を1.0にする最低限の工事でしたが。

30年前くらいだと筋交は入っていても釘止めのみで3つ割という細い材料、真壁ばかりなので内部には筋交いはなし、外側もシングルということがほとんどです。基礎にも鉄筋はないし、ベースもない棒基礎のことも多いです。

阪神大震災のときS56年以前の建物の50%が全半壊。S46年以前は75%だったそうです。

決して脅かすわけではありません、これが現状であることを踏まえてよい方法をご選択下さい。

耐震補強をするのが誰かということです。
貴方がするなら買ってからが原則で、その前に見積もりたくても内外ちょっとみたくらいでは耐震診断はできません。
売主が耐震診断だけでもしてくれる場合、
補強までして適合証明が出る場合などもあります。

耐震補強をする費用の平均は150~200万くらいといわれています。
たいてい床や天井、壁を剥がさなければ出来ない工事も発生します。
無駄にせずにと言う事は診断しなければなんともいえませんがまず無理です。外から補強を行うことは出来ますが、見栄えや...続きを読む

Q20年と20周年の違いは?

昨日の2009年11月12日は、天皇陛下御在位20年ということで、誠におめでたいことでした。

さて、メディアでは、冒頭のように「20年」と表現しているケースが多く、「20周年」という表現を用いているものはほとんどありません。こういう場合「20周年」とは言わないのでしょうか?

Aベストアンサー

(#2)

> 2009年1月7日で、御即位から「20年目が満了」したわけで、この日が「満20年」=「20周年」、そして2009年全体が「満20年の年」=「20周年の年」でもよいと思うんですけどね。「10年」のときも同様でした。きっと宮内庁は前例踏襲で、メディアも公式発表を踏襲しているだけなんでしょうね。

おっしゃるような理由によるものなのでしょうね^^
「周年=○回目の年」が理由としてふさわしくない以上、以下の考えを採用しない理由が他に思い浮かびません。

> 社会福祉法人こどもの国協会は「御【在位】【20周年】慶祝『記念植樹』」を実施しました。「在位」で「周年」とは少し違和感がありますね。「誕生して○周年」なら分かりますが、「年齢○周年」といっているようなものですから。

「○周年」とはその「満了の時」をピンポイントで指す、というお考えですね。
辞書によっては「“年数”」と書いてあるため、「勤続年数20年」のように「期間」も考えてしまいがちですが、

|「○周年」は物事が始まってからその年が過ぎたことを表す『記者ハンドブック』

|【経る】[時が]過ぎて行く。通りこす。『三省堂国語辞典』

「年(満20年の時点)を通りこす」と解釈すべきということですね。鋭いご洞察と感じます。
したがって、「在位」=「位に在ること」=「期間」ということになるので、「周年」は使うべきではないとなりますね。

【在位】=「位に在ること20年(間)」
【即位】=「位について(から)20年満了(経過)」

後者については、満了時の「点」をあらわすもの(「周年」)がよりふさわしいとなりそうですね。
しかしある程度幅も感じさせますので、「位について20年(間)」という表現も可能ということでしょうか。

メディアなどの表現については前例に倣っているだけの可能性が高いと思われ、上記のように「御“在位”20周年」という表現も見られることから、少し恣意的なところもあるように見受けられますね。

しかし普段の私なら、今回の表現を見ても確実に見逃していたと思います^^;
質問者様のご慧眼に感服いたしますと同時に、
今回の質疑をご提示くださったことに感謝いたします。
大変勉強になりました。ありがとうございました。

(#2)

> 2009年1月7日で、御即位から「20年目が満了」したわけで、この日が「満20年」=「20周年」、そして2009年全体が「満20年の年」=「20周年の年」でもよいと思うんですけどね。「10年」のときも同様でした。きっと宮内庁は前例踏襲で、メディアも公式発表を踏襲しているだけなんでしょうね。

おっしゃるような理由によるものなのでしょうね^^
「周年=○回目の年」が理由としてふさわしくない以上、以下の考えを採用しない理由が他に思い浮かびません。

> 社会福祉法人こどもの国協会は「御【...続きを読む

Q60年住むとして一番安く済む家

30代単世帯です。
これから注文住宅を建てようと考えています。
積雪1m~1.5m地域です。
各メーカーがいろいろなことを言っていてわからなくなってきましたが
これから60年~80年住むと仮定して、建坪35坪~40坪程度の家で考え、子供の援助を当てにしない場合、
建物価格、メンテナンスを含め、生涯にわたって住宅にかける金額がトータルで一番安くなるであろう素材、工法、または設備は
どの組み合わせが一番だとお考えでしょうか。

外壁塗り直しや、シロアリ対策、屋根の修理等々
例えば 軽量鉄骨+外壁タイル。
初期に高い買い物をしたら老後は住宅の心配をしなくていいってホントでしょうか・・・

あるいはローコスト木造住宅×2回

デザインはとりあえず考えずに、値段だけを考えた場合、皆様どうお考えでしょうか。

Aベストアンサー

建築素人です。今東京住、昔札幌に住んでいました。経験からいいます。

結露(寒冷地は壁内結露ができやすい)は建物の大敵です。北海道の木造は結露(腐朽菌で腐る)で5年で住めなくなるということもありました。木造で長持ちするのは昔の風がスースー通る軸組工法の家です。このような家の暖房器は煙突付きの輻射型が最適です。家の中心におけば家じゅうが温かいでしょう。ストーブ中心の設計も面白い?。
鉄骨は結露の心配が大でしょう。熱のショートカットも。
高気密高断熱の家の耐用実績は不明です。24時間換気は必須です。

夫婦だけなら20坪の広さで十分でしょう。広いとメンテナンスにお金がかかり、税金も高い。掃除も大変。家が狭いと無駄な買い物がなくなりお金がかかりません。

雪下ろしをしない屋根は北海道では一般的です。家の熱で雪を解かすので24時間暖房するのが条件です。空き家になると雪は積もったままです。昔は急こう配の屋根で雪の重さで落下というのが一般的でしたが落雪は人命にかかわる危険です。夜中に落雪するとものすごい音と振動がありとび起きます。

メンテナンスは築10年以降徐々に必要です。築30年で1000万円は覚悟です。メンテナンス無しでは長持ちしないでしょう。外壁タイルは水がしみ込んだらおしまいです。20年で寿命。

シロアリは土地が乾燥し木材が地中に埋まっていなければ問題が少ないでしょう。さらにベタ基礎で周囲をコンクリートで覆えばほとんど問題なしです。

軒先の出は60センチ欲しいですね。雨が外壁にあまり当たらないので痛みが少ないですね。積雪の多い地域には難しいかもしれません。軒先のほとんどない場合は高級な外壁塗装の回数を頻繁にするしかないでしょう。外壁塗装は高価です。

どんな高級な家でも30年経てば大規模修理は必要でしょう。安普請でも現在の建築基準で手抜きなしなら60年は持つのではないでしょうか。建築現場には最低でも毎週現場に行き手抜きされないようにします。

屋根は瓦でなくガリバリウム鋼板でいいと思います。20~30年屋根塗装すれば長く持つと思います。痛めば重ねて屋根を葺けばいいです。我が家は地震で瓦が落ちたので断熱材付きのガリバリウム鋼板に葺き替えました。断熱は瓦よりよくなりました。耐震性もアップしたはずです。

我が家は30坪築29年木造軸組み工法です。水回りの更新、外壁塗装、外構、断熱性向上、地震の被害修理を含めこれまで1200万円の修繕費を使っています。早めに修繕しているので外見は新築に見えます。適切なメンテナンスで後30年以上は問題なく持つと確信しています。

1年、2年くらいは建築の勉強をされるのがよいと思います。後悔のない家をお作りください。

建築素人です。今東京住、昔札幌に住んでいました。経験からいいます。

結露(寒冷地は壁内結露ができやすい)は建物の大敵です。北海道の木造は結露(腐朽菌で腐る)で5年で住めなくなるということもありました。木造で長持ちするのは昔の風がスースー通る軸組工法の家です。このような家の暖房器は煙突付きの輻射型が最適です。家の中心におけば家じゅうが温かいでしょう。ストーブ中心の設計も面白い?。
鉄骨は結露の心配が大でしょう。熱のショートカットも。
高気密高断熱の家の耐用実績は不明です。...続きを読む

Q自動車20年乗るのはだめですか?

20年前のでも良い感じの車もあるとおもいますけど。

日本では、整備して自動車20年以上乗るのは乗りすぎなのでしょうか?

Aベストアンサー

新車で購入して23年乗っていました、今は手放しましたが。
テンロクMTで軽いので燃費もよく気に入って乗っておりましたが、当時時の車体安全性における心配と消耗パーツ欠品の不安から手放すことにしました。
ヤフオクで売りに出したらそこそこの値段が付きドナ・ドナされてゆきました。

乗りすぎということはないと思います、思い入れが強ければいつまでも乗っていて良いと思います。
長いこと乗り続けるには消耗パーツの手配と、信頼の置ける整備工場との付き合いだと思います。
マメに整備して消耗部品は壊れる前にスッパリと取り替える、それが長く乗れる秘訣だと思います。

今乗っている車はドイツ車で消耗パーツはしっかりと手に入ります。
世界中で需要があるためでしょう、30年前の部品でも手に入ります。
知り合いに譲られた車ですが17年ものです、今も調子よく走っています。
国産車で新車に興味はないですね、今のところは。

Q築16年の中古住宅の購入を検討しています。2階の部屋の床が中央が膨らむ

築16年の中古住宅の購入を検討しています。2階の部屋の床が中央が膨らむようにゆがんでいます。1階のリビングの床だけはリフォームされています。1階出窓の板も、座って使っていたのかな?と思うようなへこんだカーブになっています。2階の部屋の壁の角が、隙間が5ミリ以下ほど開いています。不動産の担当者は「築16年なら普通です」と言います。土地は泥炭地ですが、近所の築17年の中古住宅を見学しても床のゆがみはみられませんでした。構造は、木造亜鉛メッキ鋼板茸2階建てと書いてあります。正直よくわかりません。場所が気に入ったので購入する気持ちですが、床のゆがみは今後の住まいとして色々不安です。以上の3点をリフォームするならどの位の金額がかかるでしょうか?本当は不動産会社に直してもらうか、値引きをしてもらいたいのですが、私たちの年齢が若く素人でもあり、軽くあしらわれている印象です・・

Aベストアンサー

不動産屋の言葉は営業用です。
欠陥住宅です。土地が柔らかいなら、それに耐える施工が通常行われます。ソレがないのは、いい加減な作りであると承知しましょう。
お買い上げは、貴方がお決めになる事ですから、気の済むように相談されたら如何ですか?現物を見ていませんからアドバイスなんてコレくらいです。
クレームについては紛争処理センターがありますからhttp://house.goo.ne.jp/useful/column/C00130.html
事前に相談に乗ってくれるかも知れません。聞くだけ聞いてみたら如何ですか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報