プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

母が大事に育てていたサンゴバナ
10年以上鉢植えで水やりしかしていないサンゴバナ
この冬葉が黄色くなって元気がなかったので初めて室内に入れました
暖かくなったので外に出したのですが
何となく元気なく
結局花も咲かず
そして今枯れていこうとしている???
どうしたらよいのかわかりません。。。

やらなければよかったのか
この10年植え替えしていないのに
鉢を大きくして植え返してみたのが悪かったのでしょうか?

母の形見なので
枯らすわけにはいかない!!

どう対応したらよいか教えてください!!

A 回答 (2件)

お母様の形見のお花なら心配ですよね


私も亡き母が残していった観葉植物を枯らすまいと必死ですから^_^;

この夏場の直射日光を受けると焼けやすいですし、水切れにも注意です
どちらかというと、半日陰を好む植物ですから

植え替えは4月上旬~10月中旬ですが酷暑期は避けたほうが避けた方が良かったですね^_^;

耐寒性はありますが冬場は室内が良かったかもですね 
もう長いので株も弱ってきてるのかもしれません

またサンゴバナは持続的に湿り気のある土壌を好み、乾燥にそこまで強くありません
水やりの仕方や肥料の与え方以下を参照して下さい
https://beginners.garden/2021/02/20/%e3%82%b5%e3 …
復活する事を祈ってます
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
母が育てていた時から水やり程度しかしていなかったので
同じようにしていたんですけど。。。
確かにもう長いので。。ってことはあるのかもしれないですね

あ、植え替えは
春にしたんです
それから外に出しました
土が悪かったのかな?とかも考えています

参考にして頑張ってみます
ありがとうございました

お礼日時:2022/08/07 17:50

最初から厳しい事を言うようで申訳ないのですが、悪気があっての


事ではないので、最初に謝罪しておきます。

まずあなたは鬼ですか。10年間も水遣りだけで生きろと言うのは
酷ですよ。あなたが僅かな栄養と水だけで10年間も生きられます
か。お母さんの形見なら尚更大事に育て無ければならないのではあ
りませんか。あなたがしている事は、サンゴバナに勝手に生きろと
言っていると同じです。少し反省をしませんか。

サンゴバナはキツネノマゴ科のキツネノマゴ属の非耐寒性常緑小低
木です。別名をフラミンゴプランツと言い、草花ではなく樹木とし
て扱われています。原産地は南米ブラジルです。
非耐寒性ですから、寒さに弱いと言う事です。

植付けと植替えは4~5月に行います。地植えも出来ますが冬場に
室内に取り込む必要があるため、鉢植えで管理をします。
土は赤玉土7:腐葉土(必ず完熟腐葉土を選ぶ)3の割合で混ぜて
使用します。古い土は極端に落とす事はしないで下さい。1/3位
を落とす感じにします。

置き場所は年間を通して日当たりの良い場所に置きます。春から秋
までは室内より屋外が好ましいです。冬場は必ず室内に取り込みま
す。夏場は日差しが強過ぎるので、半日陰(午前中に光線が当たり
午後から日陰になる場所を言う)になる場所に置きます。

生きている限りは養分が必要です。人間と同じで水だけでは生きら
れません。4~10月の間に、月に1回で緩効性化成肥料(マグア
ンプK)を少量与えます。それ以外の時期は与えません。

水遣りは土が湿っている時は与えません。土の表面が乾いて来たら
十分に与えます。

開花するのは体力が必要です。開花には想像以上の体力を消耗しま
すから、開花しないのは水しか与えていないためです。

とりあえずココに書いた事を実行しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

厳しいご意見ありがとうございました
母が育てているときから
特に何もしていなかったので
それを引き継いできました
頑張ってみます
ありがとうございました

お礼日時:2022/08/07 17:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング