社会人&学生におすすめする色彩検定の勉強術

副社長、専務、常務、これらの役職の違いは何ですか?
副社長→専務→常務ってのは分かりますが、具体的な職務?の違いは何ですか?
それともあまり違いはなく慣習的につけてるって感じですか?

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    副社長が代表取締役で、専務は取締役の違いでしょうか?

      補足日時:2022/08/07 20:56
  • どう思う?

    専務や常務は分かりましたが副社長ってあまり必要がないポストなんですかね?
    社長の補佐や内政は専務がやってるなら副社長がいる意味なくないですか?

      補足日時:2022/08/07 21:28
教えて!goo グレード

A 回答 (5件)

経営に関わった、重要な人用のポストとして利用しているのでしょうね。


組織としては、命令系統が複雑になったり、派閥ができたりして機能し難いデメリットもあるんですけどね。
    • good
    • 0

ごく一般的な話をすると…



まず社長は会社の顔として、おもに対外的なお仕事をします。
お役所・関係官庁・業界・顧客・関係団体などと打合せしたり、情報交換したり、場合によっては接待・陳情・交渉・調整・謝罪・発表など、様々な対外コミュニケーションをするわけです。もちろん会社の重要事項は社長が決済し、重要書面には社長が会社の代表として署名捺印します。

副社長は社長がいないときの代行であったり社長業務の補佐に回ります。

これに対して専務(専務取締役)は、対外活動に忙しい社長に成り代わって社内全般を見る責任者なんです。つまり対内的なお仕事(社内全般の統括)をするわけで、専務の目は社内のほうを向いています。

専務は社内全般を掌握し統括する最高責任者であるのに対して、常務は社内の特定部門を専門的に見る責任者です。たとえば営業を統括するとか、研究を見るとか、製造部門を統率するとか、です。

取締役という肩書に代表がついて代表取締役になっていると、会社を代表することができます。社長はもちろんですが、副社長でも、会社によっては専務でも代表取締役になっているケースがあります。そのときは会社の代表として書面などに署名捺印することができます。
    • good
    • 0

会社によって様々ですよね



常務から上が代表権があるところもあれは、取締役部長から代表権がある場合も、あります。
わたしが働いてた商社は常務が普段の経営に関する事を決めて、専務がまとめる

副社長はいません。
社長が会社の大きなビジョンを立てる(細かいところはわからないんで実際の舵切りは専務がやっている)て感じでした
    • good
    • 0

副社長と専務は序列の違いが多いです


社長に何かがあった時は、自動的に副社長が社長の権限を付託され、両方に何かがあった時は専務が付託されます
常務はその他の取締役の中で権限が一段上の役職である場合が多い
いずれの場合も会社定款による規定です
法的には誰も同じ「取締役」
    • good
    • 0

一応、階級の序列ですが、会社によって夫々の役割というか分担が決められているようです。


ですから、具体的な職務は、各会社によって違うでしょうね。

副社長とか専務は、社長と同じように代表権がある場合が多いようです。
常務の代表権はあまり聞いたことがありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング