最近、キャノンのFTbというカメラをもらったのですが、なんと私よりも年上のカメラで、かつマニュアル一眼レフのカメラは初めてで非常に戸惑っております。
説明書も何も無いので、まずは絞りとシャッタースピードと・・・と基本から勉強しているところですが、このカメラについて知識のある方で、何かアドバイスがあれば頂ければ・・・と思います。
よく理解できないのが自動露出システム(?)というものと、ちょっと長さの長い交換レンズの扱い方(望遠?フィルム入れたまま交換して良いのか・・・???)等です。
やはりお店に行った方がいいのかな・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

もう30年も以前のカメラですね。

カタログ的な話なら下のURLに掲載されています。

露出は自動ではなくファインダーの中を覗き込みながら絞りとシャッターを変化させて針の位置を合わせる方式だと思います。今の全自動と違って、露出は自分で決める、ピントは自分で合わせる方式ですから、写真を撮る楽しみのあるカメラです。まだキャノンのA1とかAE1の出る以前のもので、最近の若い人にもこういうカメラで撮りたいという人が増えつつあるそうです。

フォーカルプレーンシャッターですから、フィルムを入れたままでレンズ交換は可能です。この点は今の一眼レフと同じです。望遠レンズも、広角レンズも使えます。FD(ニューFDではない)レンズはまだまだ中古カメラやで売っていますから買い足せば結構楽しいと思います。

私はこのカメラは持っていませんが、45年前のキャノンを持っています。もちろん父親からもらったのですが。いわゆるライカ型という部類に属しますが、いまでもちゃんと写ります。このカメラが大変すばらしいので、わたしはキャノン党になりました。

詳細な使い方は知りませんが、基本的な機能しかないと思うので、そんなに難しくないはずです。DPEを頼んでいるカメラ屋さんでたずねるのがよいのかも知れません。

参考URL:http://www.canon.co.jp/Camera-muse/camera/index. …

この回答への補足

さっそくありがとうございます。
確かに基本的な機能しかないようです。ただ、針とシャッターで合わせるという、露出の機械のメカニズムが分からないというか・・・どうも電池が無いような感じですね。こりゃ。これがないと上手く撮れないのかな?
そんな高級な感じのカメラじゃないんですけど、なんとなく愛着が湧きますね、このカメラは。

補足日時:2001/09/07 14:53
    • good
    • 0

今日の夕方、行きつけのカメラ屋のショウウィンドウにFTbが陳列されていました。

かなりの良品で傷はほとんどありません。50ミリ、F1.4付きで1万8千円でした。手にとって見たわけではありませんが、当時の流行のスタイルで、ペンタックスSPにも似た感じです。

何だか凄く欲しいと思うようになりました。

発売された頃の値段は7万円以上ですね。当時の大学卒の初任給が3万5千円程度ですから、初任給の2ヶ月分以上ですね。いまなら50万円くらいの価値でしょうか。そんなカメラを買った人がいたのですね。もっとも昨年ニコンがS3というカメラを復刻して、それが50万円で売られているそうで、趣味の世界では価格もサラリーマンの常識を越えているように思います。

ところで内蔵の露出計がうまく作動しないとのコメントが有りましたが、心配は要りません。単体の露出計を買えば良いのです。高級品は5万円以上しますけど、セコニックというメーカーから1万円程度で簡易露出計が販売されています、私も45年前のキャノンを使用する時には使っています。セレン式の自己発電方式と電池を使う方式があります。くらいところまで使いたかったら電池式をお勧めします。

いずれにしても昔のマニュアルカメラを使いこなすのは楽しいものです。現在のフルオートカメラと違って、写真を撮る過程を楽しむことが出来ます。撮るのは写真で終わるのではなく、夢を撮るという感じがします。

楽しい写真ライフを送って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん、お礼が遅くなりまして申し訳ございませんです。その後、カメラ屋さんで見てもらったところ、ども
絞りが壊れているようでした。絞り固定で撮っても面白いよ、とのアドバイスを貰いましたが・・・やっぱりマニュアルを操作するのは面白いなあ~と思っています。しかし現行の機種を新たにマニュアルで買うというのもなかなか・・・
点数つけにくかったですが、私の必要な情報に沿うもの、という基準でつけさせていただきます。

お礼日時:2002/01/07 01:06

再びnimaibaです。


ANo.#2の補足です。

先ほど「動く被写体を写すときも望遠レンズの方が有利です」と書いたのですが、これはカメラに向かって来る(または遠ざかる)被写体の事であって、横に移動している場合は50ミリも200ミリも条件はいっしょです。
念のため・・・・。
    • good
    • 0

Canon FTbご入手、おめでとうございます。



このカメラはCanonのプロ用最高級機種F-1のサブとして人気を博していたカメラですよね。
1971年の発売(でしたよね)ということは、私もまだ小学生(低学年)でした。
あるHPによると、このカメラはどれも非常に使い込まれていて、中古市場でも程度の良いものを探すのは困難なそうな・・・・。
gabonさん、大切に末永く愛用してあげてくださいね。

さて、これだけ前置きを書いておきながら、実は私はFTbは所有したことはもちろん、触ったこともありません。
まぁ、だいたいカメラなんて細かい特徴はそれぞれ持っていても基本はいっしょなので(絞りとシャッタースピードとピント)、家に帰って調べてみればたいていの事は判明します(実は今職場)。
しかしそれは所有していらっしゃる方のご回答を期待して、ここではご質問の後のほう、長い交換レンズの扱い方について極々簡単にアドバイス(なんて偉そうな物ではありませんが)させていただきます。

まず、一眼レフのシャッター幕はフィルムの直前にありますので、レンズをマウントからはずしてもフィルムは感光しません、ご心配なく。

それと望遠レンズの特徴として、メーンの被写体と、それに前後する他の被写体(背景とか)の距離感が、肉眼で見るときより圧縮されて見えます。
それと見た目上、被写界深度(お勉強されました?)がより浅くなり、ピントの会っている場所に対し、その他の部分が広角や標準レンズに比べてボケやすくなります。
この効果を活かして、ポートレートなどは80~100ミリ前後の望遠(中望遠)レンズが多く使われます(ほとんど絞り開放で)。
これはメーンである人物に対して周囲が大きくボケるので、より人物が引き立って見えるからです(この辺もすでにお勉強済みですか?)。

あと、動く被写体を写すときも望遠レンズの方が有利です。
仮にシャッターが開いている間に1メートル動く被写体を写すとします。
それを50ミリレンズでカメラから10メートルのところでシャッターをきった場合、その間に1メートルということは被写体までの距離の1/10に相当します。これが200ミリだと40メートル(10×(200÷50)=40)向こうでの1メートルなので、被写体までの距離の1/40と小さくなります。もっとも動感を表現したい場合もあるでしょうし、作画意図にもよりますので、どちらが良いと言うわけではありませんが・・・・。

最後に基本中の基本ですが、望遠レンズを使うときは、脇を閉めてカメラが動いたりレンズが揺れたりしないようにしっかりと構えましょう(何かに寄りかかったりカメラを置くなどの工夫もしてみましょう)。
望遠になればなるほどブレに対して敏感になります(200ミリレンズは50ミリレンズの4倍)。
まぁ、これは望遠に限らずどんな場合でもブレに対する配慮は重要です。

以上、gabonさんをまったくの初心者として説明させていただきました。
すでにご存知のことばかりだったら失礼をお許しください。

最後に、私もつい先日、Canon FTbほど凄いカメラではありませんが、1960年発売の機種を入手しました。この週末に初めてフィルムを入れて撮影するのですが、今から物凄く楽しみで仕方がありません(いい年して・・・・(^_^;)。
なんだか、60年代、70年代のカメラの魅力に取り付かれそうでちょっと怖い今日この頃です。
お互い、古いカメラを大切に使いつづけましょう!

参考URL:http://www.kitamura.co.jp/museum/01_one/can_ftb. …

この回答への補足

人物を撮るときは絞りを開放にする・・・とか、屋外と屋内で絞りとシャッタースピードを調整する・・・とかは本で読みました。ただ、本屋のマニュアル本もオートフォーカスを前提に書かれたものばかりでなかなか・・・とりあえズ1本とって見ます。どれ位ピンぼけしてるか恐い。
個人的には登山をしているので山岳写真を撮ってみたいと思ったのですが、ちょっと重いし壊したら、と考えるとなかなか。

補足日時:2001/09/07 14:48
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一眼レフカメラの露出補正・絞りなど。

写真は好きですが、正直に言えば「なんちゃって写真好き」というレベルです。
基本的には旅行の写真が主なので、その時はコンパクトカメラ(全然コンパクトじゃない重さですが(^_^;))を持って行きます。そういう場合、構図以外は大して気にしていないのですが、年に2回ほど、気が向いて「写真を撮りに行く」ことがあります。
しかし年二回では、なかなか一眼レフが扱えるようになりません。

構図と、使用レンズについてはなんとなく頭に入ってるかなあ、という感じもするのですが(成功するかどうかは別問題)、露出補正と絞りに関しては実にあやふやです。
やはりこれは、メモなどをして地道に覚えていくしかないのでしょうね?よく「何段階か並べてみると違いがわかる」といわれますが、みなさんもやはりそのようにして覚えました?
ただでさえカメラが重いので、撮っているうちに体力を消耗し、メモを取ることが面倒になってしまいます。覚えるコツなどあれば嬉しいのですが、やはり「覚えるまでひたすら撮りまくる」しか方法がないのでしょうか。「この天気でこれを撮って、この補正をしたらこの写真になった」……これを覚えるまでにはものすごく経験が必要な気がするのですが……。

みなさんどうやって覚えました?
まとはずれな質問かもしれませんが、経験談を教えて下さい。

写真は好きですが、正直に言えば「なんちゃって写真好き」というレベルです。
基本的には旅行の写真が主なので、その時はコンパクトカメラ(全然コンパクトじゃない重さですが(^_^;))を持って行きます。そういう場合、構図以外は大して気にしていないのですが、年に2回ほど、気が向いて「写真を撮りに行く」ことがあります。
しかし年二回では、なかなか一眼レフが扱えるようになりません。

構図と、使用レンズについてはなんとなく頭に入ってるかなあ、という感じもするのですが(成功するかどうかは別問...続きを読む

Aベストアンサー

>露出補正と絞りに関しては実にあやふやです
>「覚えるまでひたすら撮りまくる」しか方法がないのでしょうか。「この天気でこれを撮って、この補正をしたらこの写真になった」……これを覚えるまでにはものすごく経験が必要な気がするのですが……。
ほんと大変ですね。
>みなさんどうやって覚えました?
人生、写真のことだけではないですが、勘や経験だけで覚えようとすると、それなりに進歩はするでしょうが、とても長い時が必要で、おそらく一生かかってもあやふやな感じは残ってしまうのではないでしょうか。
私の場合は、経験と平行してできるだけ専門書を探して勉強しました。最近は、ハウツー物が多くてなかなかまとまったものが見当たらないので、ご紹介できないのが残念ですが探してご覧になることをお勧めします。
ここは一つ、ほかの事と同じに理論や法則があるものならば、それを勉強したら、ずっと楽になるのではないでしょうか。

ご質問の範囲での勉強する点を簡単にまとめます。
露出補正と絞りとは切り離して別に考えた方が良いと思います。
まず絞りですが、シャッタースピードが自由になるなら、絞りは、ピントが合う範囲とぼかす範囲を決めるためにだけ使用します。つまり被写界深度のことです。
全体にピントを出すか。人物に合わせて背景をぼかすか。女性のまつげだけアップにするかなどです。

露出補正は、露出計(単独でも内蔵でも)を使用した上で適正露出にするために使います。
なにが適正露出かは、あなたが写そうとしているもので決まります。カメラや露出計は、機械なのであなたの興味を持ったものが何か知らないからです。
カメラの測光は、どの範囲を測っているかを理解します。スポット測光か、平均測光か中央部重点平均測光かを目的にあわせます。
風景でしたら、空に合わせるのか、地上のどの部分にあわせるか。空は白にするか青か。
逆光の女性でしたら、顔を写すのかシルエットなのか。
夕景でしたら、明るくするのか暗くするのかなど。

要は、基本と応用ですから、考えながらということになりますか。やはり経験は重要です。

>露出補正と絞りに関しては実にあやふやです
>「覚えるまでひたすら撮りまくる」しか方法がないのでしょうか。「この天気でこれを撮って、この補正をしたらこの写真になった」……これを覚えるまでにはものすごく経験が必要な気がするのですが……。
ほんと大変ですね。
>みなさんどうやって覚えました?
人生、写真のことだけではないですが、勘や経験だけで覚えようとすると、それなりに進歩はするでしょうが、とても長い時が必要で、おそらく一生かかってもあやふやな感じは残ってしまうのではないでしょう...続きを読む

Q絞り値、シャッタースピード、露出値などについて

絞り値、シャッタースピード、露出値などについて
カメラ初心者でして基本的な質問ですいません。
それぞれの意味は調べはしたのですが、いまいちわかるようでわかりません。
どういった時にどのような設定にすればよいのでしょうか。
とりあえずこの3点が重要ですか?
難しい説明ですと混乱してしまうので、ざっくりと覚えやすいようにどなたか簡単に教えていただけないでしょうか。
今はGX200ですが、ゆくゆくは一眼レフが使いこなせるようになりたいです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

お使いのGX200は
M(マニュアル)/A(絞り優先AE)/P(プログラムAE)のモードがあるようですね。

Mはシャッター速度と絞り値を任意に決めて撮影。
Aは絞り値を任意に決めてシャッター速度は自動。
Pは絞り値とシャッター速度両方が自動。

絞りの基本
f1.4 - 2 - 2.8 - 4 - 5.6 - 8 - 11 - 16 - 22 - 32
←絞りを開く(開放)          絞る→
←明るくなる           暗くなる→
←ピントの合う範囲があさい(被写界深度)
       ピントの合う範囲が広い(深い)→

シャッター速度基本
1/2000 - 1/1000 - 1/500 - 1/250 - 1/125 - 1/60 - 1/30 - 1/15 - 1/8 - 1/4 - 1/2 - 1/1秒
←速い(動きの速い物を止める)         (動きが流れる)遅い→
←暗くなる               明るくなる→

絞りを絞って暗くなったら、その分シャッター速度を遅くして光を補います。
逆に絞りを開けたらシャッターを早くする。

1/250でf8 が適正露出の場合
1/500でf5.6
1/125でf11
いずれも同じ露出です。

ISO100の時1/250でf8の場合
ISO200の時1/500でf8 や 1/250でf11
ISO400の時1/1000でf8 や 1/250でf16
これも同じ露出となります。

実際の絞り値やシャッター速度には1/2または1/3ステップの値がありますが、
上記基本の間に細かいステップがあると考えてください。


絞りを絞ってピントの合う範囲を広くするか狭くする、
それに伴いシャッター速度を合わせてあげる。

速い物を静止させる場合シャッター速度を速くし、
絞りを開けてあげる。

像をぶらして流れている雰囲気を出すため、
シャッター速度を遅くし、絞りを絞る。

対象物だけにピントを合わせるため、絞りを開けて、
その分シャッター速度を速くする。

明るい場所であれば、シャッター速度を速くし絞りを絞る必要が出てきますし、
暗い場所であれば、シャッター速度を遅くし絞りを開けてあげる必要があります。

その様な組み合わせで、シャッターと絞りを変化させていきます。

お使いのGX200は
M(マニュアル)/A(絞り優先AE)/P(プログラムAE)のモードがあるようですね。

Mはシャッター速度と絞り値を任意に決めて撮影。
Aは絞り値を任意に決めてシャッター速度は自動。
Pは絞り値とシャッター速度両方が自動。

絞りの基本
f1.4 - 2 - 2.8 - 4 - 5.6 - 8 - 11 - 16 - 22 - 32
←絞りを開く(開放)          絞る→
←明るくなる           暗くなる→
←ピントの合う範囲があさい(被写界深度)
       ピントの合う範囲が広い(深い)→

シャッター速度基本
1/2000 -...続きを読む

Qデジタル一眼レフ 露出とシャッタースピード

カメラの扱いはまだまだド素人の私ですが、いつも悩ましい撮影環境に苦しめられております。ドッグショーや屋内スポーツなど、体育館やビッグサイトなど水銀灯の下で撮影をしています。やはり明かりが足らないせいか暗かったり、画が流れてしまったり。特に動いているものはまったくダメですね。
みなさんはこーいう環境下で、どんな数値設定をしているのでしょうか?ぜひ教えていただきたいと思います。
最近自分なりにですが、F10-1/15、ISO800 を基準にチョコチョコいじりながらなんとか撮影しています。

Aベストアンサー

私は、普段から絞り優先で写しています。
半屋外のサーカスを写していますが、近距離で動きが激しいので1/250でも苦しいことが良くあります。もちろん手振れではなく被写体の動きのためです。
で、絞り優先の場合、開放にすれば最も早いシャッター速度になります。被写界深度の都合、あるいは十分明るいなど、条件によって何段か絞ります。
また、F2.8などの望遠は有用ですね。非常に重いのですが・・・。一度、F4-5.6しか持って行けなかったとき、この2段の差がものすごく大きかったです。

さて、暗い場合の写し方ですが、まず常用のISOで写す範囲の明るさを見ます。一番くらいところでシャッター速度がどれだけになるか? そしてそれが必要と思う速さになるように絞りを調整し、足りなければISOを上げます。スポーツなら最低1/250、場合によっては1/1000以上欲しいこともありますね。
そして・・・場合によってはどこかで妥協します。ISOが高すぎると思えばノイズ対策で押さえますが、その場合シャッター速度が低いので、動きの少ない瞬間を選んでシャッターを切ることになります。またはノイズを覚悟でISOをあげるか、ですね。

水銀灯照明、大体は暗いので絞り開放で、シャッター速度が1/250確保できるISOに設定、というのが私の写し方になるかな、と思います。

私は、普段から絞り優先で写しています。
半屋外のサーカスを写していますが、近距離で動きが激しいので1/250でも苦しいことが良くあります。もちろん手振れではなく被写体の動きのためです。
で、絞り優先の場合、開放にすれば最も早いシャッター速度になります。被写界深度の都合、あるいは十分明るいなど、条件によって何段か絞ります。
また、F2.8などの望遠は有用ですね。非常に重いのですが・・・。一度、F4-5.6しか持って行けなかったとき、この2段の差がものすごく大きかったです。

さて、暗い場合...続きを読む

Qカメラ(大判)の露出は?

こんにとは。初心者ですが,大判カメラでの露出の事で教えて頂きたいと思います。
撮影前の露出の決定方法ですが,人から35ミリの内蔵露出計は精巧だから,最初に35ミリAFカメラで計って参考にすればいいと言われた事があります。露出計も持ってはいますが,この場合,仮にAFの露出が125分の1,F8だったとしますと,これを大判のカメラでどうやって参考にし,絞りとシャッター速度を決定したらいいのでしょうか。通常大判の場合,出来れば絞り込みしたいと思っていますし,シャッターも2秒くらいですよね。
お教え頂けますでしょうか。お願い致します。

Aベストアンサー

Fは、絞りの直径に比例します。
絞りの開口部の面積が光を通しますので、明るさは、Fの2乗に逆比例することになり、シャッター一段に対して、絞り一段になるように作られています。
domdomさんの例では、下表のようになります。
なんと2秒では、F125になります。

シャッター 1/125,1/60,1/30, 1/15, 1/8, 1/4, 1/2, 1, 2
絞り     F8 , F11, F16, F22, F32, F45, F63, F90, F125
画面では、表がずれますので、,の位置を合わせて見てください。

なお絞り込むとパンフォーカスには、なりますが、回析現象が出て解像力が落ちますので、ほどほどが良いでしょう。

Qカメラの絞りについて

絞りのF値は
F1.4→F2.0→F2.8→F4.0→F5.6→F8.0→F11→F16→F22
となっているのが論理的には√2倍だからというのはわかるのですが、もっと直感的にこの並びが覚えられる方法はないでしょうか?
(語呂合わせなどでも良いです)

Aベストアンサー

毎日カメラをいじっていれば、F値は自然に覚えてしまうと思いますよ。

ちなみに、F1.4の下はF1.0(素通しの状態)
F22の上にはF32があります。

F1、F2、F4、F8、F16、F32 と2倍になっています。
その間に
F1.4、F2.8、F5.6、F11、F22 と約2倍の値があると考えれば、
すぐに覚えてしまうと思いますが・・・

シャッター速度を1段遅くしたら、絞りは1絞り絞れる。
ISO感度を100→400にしたら、シャッター速度を2段速くできる、
または2絞り絞る事が可能。

最近のカメラは、シャッター速度や絞り値が1/2ステップか1/3ステップで設定が出来ますが、
絞りの基本は
F1.0・F1.4・F2・F2.8・F4・F5.6・F8・F11・F16・F22・F32
シャッタ速度は
1/8000・1/4000・1/2000・1/1000・1/500・1/250・1/125・1/60・1/30・1/15・1/8・1/4・1/2・1/1
以上を基本に、中間絞り(1/2ステップ)や1/3ステップがあると覚えれば間違えることは無いと思います。

毎日カメラをいじっていれば、F値は自然に覚えてしまうと思いますよ。

ちなみに、F1.4の下はF1.0(素通しの状態)
F22の上にはF32があります。

F1、F2、F4、F8、F16、F32 と2倍になっています。
その間に
F1.4、F2.8、F5.6、F11、F22 と約2倍の値があると考えれば、
すぐに覚えてしまうと思いますが・・・

シャッター速度を1段遅くしたら、絞りは1絞り絞れる。
ISO感度を100→400にしたら、シャッター速度を2段速くできる、
または2絞り絞る事が可能。

最近のカメラは、シャッター速度...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報