社会人&学生におすすめする色彩検定の勉強術

中国・ロシア・北朝鮮・シリア・チェチェン等は「罰が当たる」と言う考えがあるのでしょうか?

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

日本の歴史も厳しい懲罰の時代が長く続いたように思いますが、一般的に(旧)社会主義国家の場合のほうが、利己的な考えを含む不正行為に対する罰は厳しく、今でも広い範囲で日本人よりも罰が当たる的な考えは強いので、従順にならざるをえない部分もあるかと思われます。



宗教的な罰が当たると言う考えがあるかどうかは知りませんが、日本の場合は古くから天変地異の天災が多い事で、天罰を含めて、罰が当たると言う国土故、特定の宗教に属さずとも宗教観が根付きやすい条件があるのではと考えます。

そういう意味では、地震こそは少なくとも、争いや飢餓などの多い歴史を持つ大陸の各国でも、そう言った「罰が当たる」的な宗教観はあるのではないでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとう御座いました。これで、1割くらい行いを律してます(笑)

お礼日時:2022/08/12 14:47

この世には、神も仏もありません。



ただ、罰の定義が、制裁ということであれば、今まさに制裁を受けていますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとう御座いました。

お礼日時:2022/08/08 14:59

世界的には、罰が当たるなんて考えを持っている国の方が少ないです。



国際社会においては、自分の利益になるような主張をして、貰えるものは貰っておく。奪えるものは奪っておく。これが国際社会の原則です。ずうずうしさや、ふてぶてしさが無いと生き抜いていけません。

だから日本人は国際社会で立場が弱いのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとう御座いました。

お礼日時:2022/08/08 14:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング