多島斗志之著 症例Aより
「分裂病は伝染病ではない。患者から医師にうつることはない。(中略)もともと自分の精神に何か異常な気配を感じて不安に思っている者が、その真相を解明しようとして精神科医を志す例が多いからだろうか。(中略)そんな医師たちの中にひそんでいた分裂病気質が、患者との接触によって、しだいに表へ引きずり出されてくるのだろうか。」

私は、しょっちゅうの情緒不安定・軽い自傷など、人より少し精神が弱い気がします。心理学や哲学にとても興味はあるのですが、学んだ先で自分がどうなってしまうのか、すごく怖いです。
同じような気持ちで現在心理学を学んでらっしゃる方、学ばれた方居られましたら、お話を聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

心理学を大学で学んでいます。


わたしも同じく人よりも精神的に不安定な部分があり、
高校生のころから数年間カウンセリングをうけていたこともありました。
ですが、心理学を学んでいておかしくなってしまったことはありません。

講義などで得る心理学の知識は、
人の行動や心理を学問するのに必要不可欠な
土台でありますが、
所詮は理論でしかないと感じています。

実際にわたしは、精神的に病んでいたとき、
さまざまな理論に自分を当てはめて自分を理解しようと試みましたが、
どれもがあたっているようでもあり、
その一方、どれも完全に的を当てているとはいえず、

その理論で自分を説明することはできませんでした。
曖昧な感じでした。

私の経験論でしかないのですが、
心理学の理論はぴったり自分にあてはまるわけでもないので、
そこまで心配する必要はないと思います。

以下は、私の偏見かもしれませんので以下については
専門家の方の意見を重視してほしいのですが(^^;、
私が現在危惧していることは、
このさき、進学・就職(なかなかないですが^^;するなどして
臨床現場で実際にクライエントさんと接することです。
理論だけで完全に人を理解することはできない。
さらに、患者さんの思いは、
生々しい感情を伴った複雑なものだと思います。
そこに巻き込まれてしまわないか…
未経験ですので、なんともいえませんが、
なかなか難しいことではないかと感じています…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます☆
考えてみます。

お礼日時:2005/04/10 18:14

まず今ではもう分裂病などとは言いません。

統合失調症と名称が変わりました。「それがどうした」とお思いでしょうが、名称が変わるまでには患者さんと家族と、彼らの支援者の方々の長く苦しい戦いがあったのです。
私は精神保健関係の勉強をしているものですが、確かに自らが精神疾患を抱えている場合、患者さんに対して客観的になれず、判断をあやまってしまうこともあるそうです。しかし、患者さんに対して、共感や人間的尊敬を抱いていない援助者は、客観性を欠いてしまう援助者よりもタチが悪いのではないでしょうか。

もし貴方が心理学や哲学を学んで、精神的にどうかなってしまうのでしたら、それは学問のせいではなく、貴方がどうもしがたいところで、そうなる運命だったのではないかと、少し投げやりですがそう申すしかありません。精神疾患は複雑な要因の重なりで発症するものなのですから。
しかし、貴方がたとえ、「体質的に患いやすい」としても、やはりそういった学問の現場には、経験と知識を兼ね備えた素晴らしい先達が沢山いるのです。彼らは貴方を客観的に見つめ、愛情を持って導いてくれるでしょう。
そんな先人を見つけ出せたら、きっとあなたは自分でも信じられないほどいい方向に変われるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/04 21:08

あなたが引用なさっているのは


心理学の本ではなく精神医学的フィクションですね。

心理学と精神医学を混同しないでください。
この2つの学問は隣接した分野ではありますが,その目的も出自も方法論も異なるものです。

自己の精神的問題の解決の手がかりを求めて心理学を独学なさる方は少なくありませんが,
心理学に対する先入観に引きずられて非常に偏った理解に陥りがちであるように見えます。
できれば放送大学の講義を視聴するなどして
多様な理論的立場と研究の方法を学んで視野を広げることをお勧めします。

心理学を学ぶことが
「精神を鍛える」とか「心の病を治す」とかいうことに直接役立つとは期待しないほうがいいですし,
逆に「精神的にどうにかなってしまう」可能性も低いと思います。
けれども「思い込みを正しく疑う姿勢を学ぶ」という点では役立つ学問だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結局自分の気持ち次第ということですか(^_^)
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/04 21:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング