長年(っていうかある程度の期間)コンビを組んで一緒にバリバリ仕事をしてきた2人(できれば男女ペア)だったのに、自分がある日突然他部署異動(しかも仕事内容も雑用みたいなもの)を命じられ、自分が居たそのポストに全く別の人物が介入され、自分はみじめな思いを・・・。同じ社内だからその新ペアをよく目にするし、その度に辛い思いをする。今の仕事を頑張っていつかまたそのポストに復帰するぞ!という意気込みをもって仕事をしてはいるけれど、やはりそこが懐かしくて羨ましくて、自分がいるはづなのに・・・何故全然関係ないあいつが悠々といるの・・・。と悲しい。

自分が今似たような状況だからかな?そんな物語を探しています。小説でも映画でも何でもいいです。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

少し希望されている内容とずれるかもしれませんが、大沢在昌の


「天使の牙」や「新宿鮫シリーズ」はいかがですか?
「天使の牙」はコンビ物で、話の途中で別々の行動を取り、一人が取り残された(捨て鉢になった?)ような状態になります。
「新宿鮫」はキャリア組だったのに、とある事件のせいで一刑事としての活動の場しか与えられない主人公の話です。このシリーズの中では「無間人間」が一番好きです。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報