社会人&学生におすすめする色彩検定の勉強術

毛母細胞が弱る事で薄毛、AGAにもなるかと思いますが、ストレスによって毛母細胞が弱まり、捻れた髪や短い縮れ髪が抜けてしまう場合、AGA治療しなければ戻りませんか?
他に食生活が悪い事によっても引き起こされるかと思いますが、食事は和食中心バランスがいいと思います。
ただ、過度なストレスを受けてしまってから、短い縮れ髪が抜け始め、何年も治りません。頭皮も痒く、色が肌色に変化してしまいました。
AGAは遺伝だけでなく、ストレスによるホルモンバランスが崩れる事でも起こると認識しています。

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

そう言うのはAGAとは言いません。


AGAは、テストステロン(男性ホルモン)が頭皮内の還元酵素の作用で、毛細血管収縮物質に変化する事で、毛母細胞が育たなくなって起きる抜毛の事です。

ストレスや食生活の乱れによる抜毛にAGA治療しても全く意味が有りません。

AGA治療は還元酵素をブロックするとか、毛細血管収縮物質の作用をブロックする薬物療法です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング