ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

英語の文を読んでいたらよくでてきたり、HPのタイトルにもよくなっているstop and smell the rosesの語源をしりたいのです。意味はわかるのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

前回の回答は混乱していました。

旧約聖書ではないようですね。しかし、ネイティブもこの質問には混乱しています。結局彼らも正解を見出せないようです。

たしかに、"stop and smell the tulips"という表現も結構あるようですが、・・・。

ネイティブの掲示板から(続き)

--------------

Sorry to say, "stop and smell the roses" is NOT from the Bible. Although a "Rose of Sharon" is mentioned in Song of Solomon it does not seem to have any relation to the phrase.

I found a website that claims "stop and smell the roses" is of Danish origin. The two most famous Danes I can think of are Soren Kierkegaard and Hans Christian Andersen. It doesn't really seem like either of those two would have coined it. Hamlet was a fictitious Dane. Ringo Starr wasn't secretly from Denmark, was he?

Maybe it was originally an anti-Netherlands statement used in Denmark. Perhaps they got tired of all the Dutch saying "stop and smell the tulips". (Please do not accept that as the origin, I made that last part up.)

----------

And it doesn't sound like either. In fact, it doesn't sound Danish at all. "Speech is silver, but silence is golden" is typically danish, and it's often used. But "Stop and smell the roses" is not. In fact, I can't even translate it into something that sounds like a danish proverb.

----------

Another website quoted the source as Russian, but did not provide any more details.

Take time to smell the roses.
Source: (Russian)

---------

In fact, I've found several websites claiming the source to be Russian. It's apparently a Russian proverb, but the best thing to do would be to email World of Quotes yourself to verify its origin.

---------

This is becoming more and more obscure… What is the origin of this mysterious text?.

Today I have check and old and forgotten bible and in the Solomon chants doesn’t appear the phrase… I’m intrigued.

-----------------

It's probably one of those phrases so widely used, borrowed, altered that the origins were lost along the way.

For example, Stop to smell the roses is apparently Danish(?), while Take the time to smell the roses is Russian(?), add to the fact that it has also become a famous quote by a golfer named Ben Hogan, found in countless poems, A search with "time" and "roses" brings a Portugese and a Persian proverb into the picture........ well

-----------------
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびありがとうございます。デンマーク語をはじめ、ヨーロッパの複数の言語に類似のフレーズがあるとは、ますますそのおおもとの起源を知りたくなりました。でも、無理かもしれませんね。

お礼日時:2005/04/06 00:31

関心を持って私もインターネットを検索したのですが、"old saying"(古いことわざ)として紹介されている場合しかみつけることができませんでした。

(もしかしたら、作者不詳ではないかと私は考えました。)

「ソロモンの雅歌」という回答があるのですが、引用されている詩のうち、雅歌からの引用は最後の4行(2章の1節と2節)だけだと思います。また、雅歌のこの箇所からは、問題になっているフレーズ「立ち止まって...」、というニュアンスはないように私は思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ調べていただいてありがとうございます。旧約聖書のソロモンの雅歌を調べましたが、見当りませんでした。リンゴスターの歌のタイトルになっているように、英米人が好んで使うフレーズなのに出典がわからないのは不思議です。

お礼日時:2005/04/04 23:49

旧約聖書だと思います。



http://64.176.11.226/church/cup09.html

Why is it that no matter how much some people have, it's never enough? They never are happy with whatever amount they've got? Sometimes it takes some catastrophe to make us appreciate what we have... something this key, for me, is speaking of rather than as many see it as 'wishing for something'. Kinda like that old saying--

"Stop and smell the roses!"

The wisdom of Solomon is the stuff of legend as well as his physical presence known as historical fact. In the biblical Solomon, we gain real incite into something important, Solomon asking of God for wisdom so he can rule his people well, over whom he is now a king, and receives this wisdom... but in so doing, having set aside the extremes of greed and absolute corruption, we know, usually goes with absolute power... Solomon then indeed not only gains the wisdom he asked for but also the wealth, renown, even historical place that were unasked for.

--------------
雅歌
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%85%E6%AD%8C

雅歌(がか、英:the Song of Songsあるいは、the Song of Solomon)は旧約聖書の中の一編。男女の恋の歌であり、ユダヤ教では「諸書」のうちに入る。キリスト教では伝統的に預言書の前に置かれる。1:1に「ソロモンの雅歌」として、ソロモン王の作であるとされるが、実際にそうではなく、著者名は形式的なものに過ぎない。

恋愛と男女の賛美を歌い上げる詩であるため、扱いをめぐって古来から議論が耐えなかったが、さまざまな経緯を経て正典におさめられた。キリスト教においては伝統的に比喩的に解釈して「キリストと教会の関係」を歌う歌であるという解釈がされてきた。ある意味、異色の作品である。

内容は花嫁と花婿の詩、娘たちの合唱などが組み合わされている。

---------------
■次は、ネイティブの掲示板での同じ質問に対する回答。

Thts it!!!!!, The chants of the king Solomon, from the bible... so the "author" is the King Solomon of Isrrael... Tomorrow I will handle a Bible and check it.


Stop and smell the roses, so delicate and sweet.
Breathe in the scent of God, and let your senses meet.
His hand is on creation, The Master's work of art,
Filling all your soul, with the beauty of His heart.

Exquisite are the petals, so tender, yet so strong.
He calls you to Himself, as His Spirit ever longs...
Come my sweet beloved, I draw you close to Me.
The essence of My love, I have given forth to thee.

Arise my love, my fair one, come close and feel My touch,
I have given you the flowers, for I love you very much.
The red speaks of My love, My blood poured forth for thee.
Offering My very life, to make you one with Me.

The white speaks of salvation, a gown as white as snow,
My bride without spot or wrinkle, as My Glory only shows.
The peach speaks of My flesh, as My presence touched the earth.
To walk with My beloved, and lead you to rebirth.

The yellow speaks of brightness, for I am the Light.
To shine in the midst of darkness, forever glowing bright.
Each and every flower, I have given you My Bride,
To invite you to My presence, and call you by My side.

Come to Me beloved, I am your Rose of Sharon.
Close your eyes and smell, the essence of My caring,
Yes, come My sweet beloved, I draw you close to Me,
Stop and smell the Rose, that I have given forth to thee.

I Am the Rose of Sharon, and the
Lily of the valleys. As the Lily
among thorns, so is My Love for
the daughters.
Song of Solomon 2:1,2

----------
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございます。早速聖書を調べてみます。

お礼日時:2005/04/04 18:00

Don't forget to Stop and Smell the Roses.



で、「どんなに忙しくとも、たとえつらいときでも、そこにバラの花が咲いていれば、立ち止まってその花の匂いをかぐ心を忘れるな」という意味の英語のことわざです。

なかなか素敵なことばだと思います。

参考URL:http://blog.livedoor.jp/pollock324/archives/1639 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。私も現代社会に生きる者にとってとても味わい深い言葉だと思います。だからこそこの言葉の出典、だれが最初に言ったのか知りたいと思っています。

お礼日時:2005/04/03 20:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「produced and shown to me marked」の訳し方は?

契約書などで添付書類を表す文章に次のような表現がありますがどのように訳せばよいのでしょうか?

〔例1〕There is now produced and shown to me marked "ABC" a copy of the Petition. (簡単に、『上申書一部「ABC」を添付します』でも良いのでしょうか?)

〔例2〕There is now produced and shown to me marked ABC a copy of a journal called 'Contacts' dated 02 April 2003.

〔例3〕There is now produced and shown to me marked "XYZ" a bundle of copy advertisements which appeared in the publication.

できましたら、構文「…produced and shown to me marked…」の解説もおねがいします。

よろしくお願いいたします。

契約書などで添付書類を表す文章に次のような表現がありますがどのように訳せばよいのでしょうか?

〔例1〕There is now produced and shown to me marked "ABC" a copy of the Petition. (簡単に、『上申書一部「ABC」を添付します』でも良いのでしょうか?)

〔例2〕There is now produced and shown to me marked ABC a copy of a journal called 'Contacts' dated 02 April 2003.

〔例3〕There is now produced and shown to me marked "XYZ" a bundle of copy advertisements which appeared...続きを読む

Aベストアンサー

「契約書などで添付書類をあらわす・・・」という意味合いがわかりませんが、このような文言は、宣誓供述書のようなものに出てくる決まり文句的なものでしょう。

人が「以下を宣誓供述します」とあって、その内容が列挙され、その最初くらいによく出てくる表現でしょう。

1. There is now produced .... と。

be produced で、 (何々が)その場(例、法廷など)に開示(提供)される。 be showm to me で、(何々が)私に示される、です。その何々は何かというと、例1.だと、「Petition(上申書、請願書など)のコピー一部」。 

つまり、その人間が宣誓する際に、証拠・参考・関係書類のようなものがその人間に提示された、ということです。2.以降で、その提示された
ものに関連してのの供述がなされるのです。

なぜ、is produced, is shown のように現在形で書かれているかは、その場で現実に起こっていること(now)を記述しているからでしょう。 つまり、 「WAS produced and shown on 過去の日」ではない。

「ABCとマークされたPetition のコピー一部が開示され私に提示された」といった感じです。このような文書での日本語は、「される(現在形)」でなく、「された」とした方が自然でしょう。

A copy of the Petition, which is marked ABC, is now produced (by 誰々/組織) and shown to me. ということで、There is now produced .. は、法律文らしくもったいぶった(?)表現にしているだけです(昔から使用されている決まり文句)。

There is now produced ... の文は、 There seems to be ... などと同じ使い方です。

なお、例2.は「CONTACTSという雑誌一部」で、例3.は「その出版物(これが何を指しているかはこの文だけでは不明ですが、この文章の前に既に言及されている出版物)に掲載された広告文一式(たくさんの広告文あたりが束ねられて提示されたのでしょう。

なお、marked は、その提示された書類の左上などに書かれる整理目的の略語・数字など。 It is marked ABC(「それはABCというマークがしてある」)と同じ使い方です。

変換ミス、乱文了解下さい。

「契約書などで添付書類をあらわす・・・」という意味合いがわかりませんが、このような文言は、宣誓供述書のようなものに出てくる決まり文句的なものでしょう。

人が「以下を宣誓供述します」とあって、その内容が列挙され、その最初くらいによく出てくる表現でしょう。

1. There is now produced .... と。

be produced で、 (何々が)その場(例、法廷など)に開示(提供)される。 be showm to me で、(何々が)私に示される、です。その何々は何かというと、例1.だと、「Petition(上申書、...続きを読む

Qstop to do と stop doing

英語を初歩から学び直している社会人です。幼稚な質問かもしれませんが教えてください。
動詞には
(1)動名詞をとるが不定詞はとらない動詞
(2)不定詞はとるが動名詞はとらない動詞
(3)動名詞、不定詞両方とる動詞
があり、stopは(1)だと学習しました。しかし、使っているテキストによれば、タイトルのように
「~すために止まる」の意の場合は不定詞(副詞用法)を用い[~stop to do~] とする、との
こと。
これは stop だけの特殊な例ですか?他の動詞でも同様のケースはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 おそろく,この点はおわかりだと思うのですが,ここで,「動名詞をとる」「不定詞をとる」というのは,「目的語としてとる」という意味です。

 そして,目的語は名詞を用いますので,不定詞の場合は名詞用法になり,動名詞と同様,「~すること」と訳すことになります。

 stop to do の場合は,stop は自動詞で,「止まる」とか「手を休める」という意味になり,不定詞は副詞用法で,「~するために」となります。

 動名詞のみを目的語にとる動詞,たとえば finish は自動詞で,「(今していることを)やり終わる」のような意味でも用いられます。

 Close that window when you finished to come back here. 「用事が済んで,ここに戻ってくるためには,ウィンドーを閉じなさい」
 ウェブサイトで用いられる表現です。

 このように,動名詞のみを目的語にとる動詞で,自動詞としてもよく用いられる語であれば,その後に副詞用法で不定詞を続けることが可能になると思います。しかし,stop ほどよく用いられる例はないでしょう。

 おそろく,この点はおわかりだと思うのですが,ここで,「動名詞をとる」「不定詞をとる」というのは,「目的語としてとる」という意味です。

 そして,目的語は名詞を用いますので,不定詞の場合は名詞用法になり,動名詞と同様,「~すること」と訳すことになります。

 stop to do の場合は,stop は自動詞で,「止まる」とか「手を休める」という意味になり,不定詞は副詞用法で,「~するために」となります。

 動名詞のみを目的語にとる動詞,たとえば finish は自動詞で,「(今していること...続きを読む

Qfield-made bends and offsets....って何

field-made bends and offsets....って何でしょうか???
こんにちは。今、電気工事の仕様書の翻訳をしているのですが、「異種間接続管」の事を言っている部分で、「全てのfield-made bends and offsetsを承認された装置又は管を曲げる機械で作ること」とあります。
「地形に沿っての曲がり角やオフセット角」でしょうか???
だとしても、全く意味が解りません。
どなたか教えていただけないでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

 電気の専門家ではありませんので憶測ですが

 field-made とは、材料の加工を、いろんな計測装置や精密検査機械のある場所でやらないで、「現地で作る」あるいは「現場で作る」場合ではないでしょうか。

 「現場で(パイプを)曲げたり、オフセット角にしたり」する際には承認された装置または管を曲げる機械で作ること、という意味ではないでしょうか、

 然るべき機械を使わないと、所要の電線が通らなくなったり潰れたりするため、曲がり角でも同じ内部スペースを確保出来るようにするためではないかと思います。合ってますかね。

Q英語の詩を読んでいたのですが、よく分からない文があります。

タイトルのとおりです。
どなたか、ご教授願います。

Richard Eberhartの[The Groundhog]という詩の一部です。

-----------------------------------------------------
Inspecting close his maggots' might

And seething cauldron of his being

Half with loathing,half with a strange love,

Until I had bent down on my knees

Praying for joy in the sight of decay.

----------------------------------------------------

以上の部分が一応自分自身で訳してみたのですが、
文型も何もごちゃごちゃになってしまい、訳せません。

英語の詩は変わった文型(語順)をとるのでしょうか・・・?
日本の体言止めや倒置、などのような。

どなたか、訳していただけたら幸いです。
お願いいたします。

タイトルのとおりです。
どなたか、ご教授願います。

Richard Eberhartの[The Groundhog]という詩の一部です。

-----------------------------------------------------
Inspecting close his maggots' might

And seething cauldron of his being

Half with loathing,half with a strange love,

Until I had bent down on my knees

Praying for joy in the sight of decay.

----------------------------------------------------

以上の部分が一応自分自身で訳してみたのですが、
...続きを読む

Aベストアンサー

これはウジ虫がわいた groundhog の屍骸をみつけた作者のリアクションを描写しているものです。

Inspecting close:勿論これを行っているのは作者です
his maggots' might
And seething cauldron of his being:inspect の目的語になります
Half with loathing,half with a strange love:inspect を説明するフレーズです

詩は訳してしまうとオリジナルの言語の持つ語感が失われるので、できるだけ原語で理解した方が納得いく解釈が得られると思います。Cauldron という単語にしても、マクベスに登場する魔女達がかきまわしているような「大釜」を意味する他に、a state of distress and unrest という意味もあります。この詩においては、この二つの意味のどちらかを選ぶのではなく、両方とも groundhog の屍骸の描写に当てはまります。この動物の存在の器であり、生から死に移り変わる distress and unrest の状態でもあるからです。
詩は metaphors, similes が多く、文面に出て来る言葉を訳すだけでは作者の本意は伝わりません。インターネットではシェークスピアから現代の詩人までの作品が読め、解説が紹介されています。その解説、解釈を丸写しするのは「剽窃」となりみつかると厳しく罰せられますが、いくつかそのような記事を読んで参考にされる分には問題ないと思います。

これはウジ虫がわいた groundhog の屍骸をみつけた作者のリアクションを描写しているものです。

Inspecting close:勿論これを行っているのは作者です
his maggots' might
And seething cauldron of his being:inspect の目的語になります
Half with loathing,half with a strange love:inspect を説明するフレーズです

詩は訳してしまうとオリジナルの言語の持つ語感が失われるので、できるだけ原語で理解した方が納得いく解釈が得られると思います。Cauldron という単語にしても、マクベスに登場す...続きを読む

QBut it is not their ability that swing back and

But it is not their ability that swings back and forth between hot and cold. It is whether they care.

この文章の訳を教えてください。

Aベストアンサー

「hot hand はスポーツにおいて選手が自信をつけることによって確かに起こることかもしてない。だけれどその実験者たちの波は技術面の自信からくるものではなくそのときたまたま集中していたかどうかだ。」
出先でぱっと読んでスマホで書いてるので訳をしっかりなおす余裕がないですが個人的にはそう解釈しました。

文脈あると和訳はできなくても意味はわかっちゃうのでつまらないんです!なので文脈なしでどれくらい意味が外れるのか知りたくて勝手に縛りプレーしてました( 笑 )
もう一つぐらい文脈見ないで訳に挑戦してみれば良かったです( 笑 )

Q「goin' out the stops」の「the stops」とは

「goin' out the stops」の「the stops」とは何でしょうか?

なかなか人気の出ない5人組のアイドルグループが、事務所の社長やらマネージャーの前で
新しい曲を歌って踊ります。
パフォーマンスしたあとに、「もっとそれぞれ、はっちゃけて」みたいなことを
言われます。別の人が「goin' out the stops」と言います。

文法はまるっきり分からないのですが、これも「もっと、はっちゃけなさい」というような
意味であってますでしょうか?
「the stops」を調べたところ、「バス停」などがありましたが、
話に合わないので悩んでいます。

どなたか分かる方、お知恵を貸してください。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 まず「はっちゃけて」ですが思いっきり羽目をはずすことですよね。

 stop にはいろいろ意味がありますが、もとの意味はズバリ「とめる」こと、名詞では「とめるもの」停止しんごうなどの他に「栓」という、意味があります。それを抜いて、制限をすべて取っ払うことは、下記のように pull out the stops といいます。

 http://eow.alc.co.jp/pull+out+the+stops/UTF-8/

 ご質問の the stops はこれでしょう。栓を抜く、は他動詞ですが、「はっちゃける」は自動詞、goin' も自動詞、ぴったりって感じですね。

QBetween A and B and C ?

和文の「A及びBとCとの間に・・・」をうまく英訳できずに困っています。

a) between A and B and C
b) between A and B, and C
c) between both A and B and C

などが考えられ、今のところb)が良い気がするのですが、ネイティブであればどのような表現を使うでしょうか?

Aベストアンサー

「A或いはB」と「C」の間....これではまずいですか?
「between A or B and C」ならば、「A/B and C」ですか?
もっと具体的にしたいのであれば、「Between A and C, also between B and C」 ですか?

私が言っているのは日本語が曖昧ですから英文に成らない。

ABCの全てを個々に比較したいのか? 日本語に成っていないですよね?????

もしも、全てを比較するなら、「ABCのいずれか個々に」なると思います。
なので、「Between」を使用できないと思います。「individually」ではありませんか?

従って、貴方の日本語の意味が解りません。

Q和訳を教えてください。 スポーツクラブ会員の定着についての文の一部です。 an expert in

和訳を教えてください。
スポーツクラブ会員の定着についての文の一部です。

an expert in promoting member engagement and retention

会員定着支援を専門とする

Aベストアンサー

「メンバー同士の関係の深まりとクラブへの定着を推し進めるエキスパート」ではダメですか?
エキスパートを無理して日本語訳する必要はないのではと思うのですが・・ どうしても日本語にするのであれば「広い専門知識を持った人」とか「第一人者」ですかね。スペシャリストとは違うのでただ「専門知識を持った人」では不満足と考えます。

QHTTPステータス 404 - There is no Action mapped for namespace / and action name login.

TOMCAT、MYSQL、STRUTS2、eclipsを使用して開発しております。
いままで正常に動いていたのに、
突然以下のエラーが出るようになりました。

HTTPステータス 404 - There is no Action mapped for namespace / and action name login.

eclipsの設定等が変わってしまったのでしょうか?
ご存知の方ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

ZeroConfigで作成されているのでしたらわかりませんが、そうでないのなら「struts.xml」の packageタグの「namespace」をEclipseのヒストリーなどで確認してみてください。

Q完全文と不完全文がよくわからない

(   ) the situation was quite serious was clear to all of them.
にはいるのが、
what / whenever/therefore/that
で、こたえはthatだそうなのですが、
いったいどこでどう区切って読めばいいのかわからないので、
なにがなにやら・・・
高校では、whichやwhatの後は不完全文で、thatの後は完全文とならいましたが、カッコのあとが長すぎて分けわかりません。どういう風に完全文不完全文とみればいいのでしょうか?
混乱してるのでどいういう切り口でもいいんで助けてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 この英文は通常,形式主語 it を用いて
It was clear to all of them that the situation was quite serious. のように言います。
 そして,この場合,口語では that を省略することがあります。

 しかし,That the situation was quite serious was clear to all of them. の場合には省略しないと覚えておいてください。


おすすめ情報