英語の文を読んでいたらよくでてきたり、HPのタイトルにもよくなっているstop and smell the rosesの語源をしりたいのです。意味はわかるのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

前回の回答は混乱していました。

旧約聖書ではないようですね。しかし、ネイティブもこの質問には混乱しています。結局彼らも正解を見出せないようです。

たしかに、"stop and smell the tulips"という表現も結構あるようですが、・・・。

ネイティブの掲示板から(続き)

--------------

Sorry to say, "stop and smell the roses" is NOT from the Bible. Although a "Rose of Sharon" is mentioned in Song of Solomon it does not seem to have any relation to the phrase.

I found a website that claims "stop and smell the roses" is of Danish origin. The two most famous Danes I can think of are Soren Kierkegaard and Hans Christian Andersen. It doesn't really seem like either of those two would have coined it. Hamlet was a fictitious Dane. Ringo Starr wasn't secretly from Denmark, was he?

Maybe it was originally an anti-Netherlands statement used in Denmark. Perhaps they got tired of all the Dutch saying "stop and smell the tulips". (Please do not accept that as the origin, I made that last part up.)

----------

And it doesn't sound like either. In fact, it doesn't sound Danish at all. "Speech is silver, but silence is golden" is typically danish, and it's often used. But "Stop and smell the roses" is not. In fact, I can't even translate it into something that sounds like a danish proverb.

----------

Another website quoted the source as Russian, but did not provide any more details.

Take time to smell the roses.
Source: (Russian)

---------

In fact, I've found several websites claiming the source to be Russian. It's apparently a Russian proverb, but the best thing to do would be to email World of Quotes yourself to verify its origin.

---------

This is becoming more and more obscure… What is the origin of this mysterious text?.

Today I have check and old and forgotten bible and in the Solomon chants doesn’t appear the phrase… I’m intrigued.

-----------------

It's probably one of those phrases so widely used, borrowed, altered that the origins were lost along the way.

For example, Stop to smell the roses is apparently Danish(?), while Take the time to smell the roses is Russian(?), add to the fact that it has also become a famous quote by a golfer named Ben Hogan, found in countless poems, A search with "time" and "roses" brings a Portugese and a Persian proverb into the picture........ well

-----------------
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびありがとうございます。デンマーク語をはじめ、ヨーロッパの複数の言語に類似のフレーズがあるとは、ますますそのおおもとの起源を知りたくなりました。でも、無理かもしれませんね。

お礼日時:2005/04/06 00:31

関心を持って私もインターネットを検索したのですが、"old saying"(古いことわざ)として紹介されている場合しかみつけることができませんでした。

(もしかしたら、作者不詳ではないかと私は考えました。)

「ソロモンの雅歌」という回答があるのですが、引用されている詩のうち、雅歌からの引用は最後の4行(2章の1節と2節)だけだと思います。また、雅歌のこの箇所からは、問題になっているフレーズ「立ち止まって...」、というニュアンスはないように私は思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ調べていただいてありがとうございます。旧約聖書のソロモンの雅歌を調べましたが、見当りませんでした。リンゴスターの歌のタイトルになっているように、英米人が好んで使うフレーズなのに出典がわからないのは不思議です。

お礼日時:2005/04/04 23:49

旧約聖書だと思います。



http://64.176.11.226/church/cup09.html

Why is it that no matter how much some people have, it's never enough? They never are happy with whatever amount they've got? Sometimes it takes some catastrophe to make us appreciate what we have... something this key, for me, is speaking of rather than as many see it as 'wishing for something'. Kinda like that old saying--

"Stop and smell the roses!"

The wisdom of Solomon is the stuff of legend as well as his physical presence known as historical fact. In the biblical Solomon, we gain real incite into something important, Solomon asking of God for wisdom so he can rule his people well, over whom he is now a king, and receives this wisdom... but in so doing, having set aside the extremes of greed and absolute corruption, we know, usually goes with absolute power... Solomon then indeed not only gains the wisdom he asked for but also the wealth, renown, even historical place that were unasked for.

--------------
雅歌
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%85%E6%AD%8C

雅歌(がか、英:the Song of Songsあるいは、the Song of Solomon)は旧約聖書の中の一編。男女の恋の歌であり、ユダヤ教では「諸書」のうちに入る。キリスト教では伝統的に預言書の前に置かれる。1:1に「ソロモンの雅歌」として、ソロモン王の作であるとされるが、実際にそうではなく、著者名は形式的なものに過ぎない。

恋愛と男女の賛美を歌い上げる詩であるため、扱いをめぐって古来から議論が耐えなかったが、さまざまな経緯を経て正典におさめられた。キリスト教においては伝統的に比喩的に解釈して「キリストと教会の関係」を歌う歌であるという解釈がされてきた。ある意味、異色の作品である。

内容は花嫁と花婿の詩、娘たちの合唱などが組み合わされている。

---------------
■次は、ネイティブの掲示板での同じ質問に対する回答。

Thts it!!!!!, The chants of the king Solomon, from the bible... so the "author" is the King Solomon of Isrrael... Tomorrow I will handle a Bible and check it.


Stop and smell the roses, so delicate and sweet.
Breathe in the scent of God, and let your senses meet.
His hand is on creation, The Master's work of art,
Filling all your soul, with the beauty of His heart.

Exquisite are the petals, so tender, yet so strong.
He calls you to Himself, as His Spirit ever longs...
Come my sweet beloved, I draw you close to Me.
The essence of My love, I have given forth to thee.

Arise my love, my fair one, come close and feel My touch,
I have given you the flowers, for I love you very much.
The red speaks of My love, My blood poured forth for thee.
Offering My very life, to make you one with Me.

The white speaks of salvation, a gown as white as snow,
My bride without spot or wrinkle, as My Glory only shows.
The peach speaks of My flesh, as My presence touched the earth.
To walk with My beloved, and lead you to rebirth.

The yellow speaks of brightness, for I am the Light.
To shine in the midst of darkness, forever glowing bright.
Each and every flower, I have given you My Bride,
To invite you to My presence, and call you by My side.

Come to Me beloved, I am your Rose of Sharon.
Close your eyes and smell, the essence of My caring,
Yes, come My sweet beloved, I draw you close to Me,
Stop and smell the Rose, that I have given forth to thee.

I Am the Rose of Sharon, and the
Lily of the valleys. As the Lily
among thorns, so is My Love for
the daughters.
Song of Solomon 2:1,2

----------
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございます。早速聖書を調べてみます。

お礼日時:2005/04/04 18:00

Don't forget to Stop and Smell the Roses.



で、「どんなに忙しくとも、たとえつらいときでも、そこにバラの花が咲いていれば、立ち止まってその花の匂いをかぐ心を忘れるな」という意味の英語のことわざです。

なかなか素敵なことばだと思います。

参考URL:http://blog.livedoor.jp/pollock324/archives/1639 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。私も現代社会に生きる者にとってとても味わい深い言葉だと思います。だからこそこの言葉の出典、だれが最初に言ったのか知りたいと思っています。

お礼日時:2005/04/03 20:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「goin' out the stops」の「the stops」とは

「goin' out the stops」の「the stops」とは何でしょうか?

なかなか人気の出ない5人組のアイドルグループが、事務所の社長やらマネージャーの前で
新しい曲を歌って踊ります。
パフォーマンスしたあとに、「もっとそれぞれ、はっちゃけて」みたいなことを
言われます。別の人が「goin' out the stops」と言います。

文法はまるっきり分からないのですが、これも「もっと、はっちゃけなさい」というような
意味であってますでしょうか?
「the stops」を調べたところ、「バス停」などがありましたが、
話に合わないので悩んでいます。

どなたか分かる方、お知恵を貸してください。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 まず「はっちゃけて」ですが思いっきり羽目をはずすことですよね。

 stop にはいろいろ意味がありますが、もとの意味はズバリ「とめる」こと、名詞では「とめるもの」停止しんごうなどの他に「栓」という、意味があります。それを抜いて、制限をすべて取っ払うことは、下記のように pull out the stops といいます。

 http://eow.alc.co.jp/pull+out+the+stops/UTF-8/

 ご質問の the stops はこれでしょう。栓を抜く、は他動詞ですが、「はっちゃける」は自動詞、goin' も自動詞、ぴったりって感じですね。

Q英語です。適当なものを選べ。 The flower smells (A). I can smell

英語です。適当なものを選べ。
The flower smells (A).
I can smell it (B). ①good ②well

答えはA① B② なんですが、なぜそうなるのかわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

Aは、The flower smells good,
で、The flowerが主語、smellsが動詞、goodが補語で、「その花はよい香りがする」の意味です。

それに対して下は、Iが主語、can smellが動詞、itが目的語、wellは副詞です。「私は、それの匂いをよく嗅ぐことができる」の意味になります。

QAs witness the hands of the Parties the day and year first before written

英文で書かれた契約書をみていると最後の署名の前に以下のような文章がありました。
As witness the hands of the Parties the day and year first before written
Googleで調べると、どうも契約書の最後にでてくる定型文のようです。これは日本語で何と訳せばよろしいですか。

Aベストアンサー

「ここに上記の当事者は、上記の年月において、この契約書を署名する。」

でどうでしょうか。


在日米海軍司令官との間に締結された賃貸住宅提携プログラム同意書のサンプルのサイト。↓

http://64.233.167.104/search?q=cache:6zkt0V_rIrIJ:housing.cnfj.navy.mil/Japanese/RPP%2520Agreement.pdf+%22the+day+and+year%22&hl=ja&lr=lang_ja


IN WITNESS WHEREOF, the Installation and the Landlord have executed this Agreement as of the day and year first above written.

ここに在日米海軍、又は、家主は、上記の年日において、この同意書を履行する。

Q分詞構文(andの意味)とand文の使い分け

ある問題集で、次の英文とその訳文が記載されています。

<英文>
(1)The popular Borthwest Mall Shopping Center is farther north on Iron Road and is also accessible from the North Capitol exit off Highway 112.
(2)Opened in 1959, it is one of the largest shopping centers in this region, covering an area of forty-two acres with over 100 dapartment stores, shops and restaurents.

<訳文>
(1)人気のあるノースウエスト・モール・ショッピングセンターはアイアンパイクロードのずっと北方にあり、高速112号線のノースキャピタル出口も利用できます。
(2)1959年にオープンして以来、この地域では最大のショッピングセンターであり、42エーカーの敷地に100以上のデパートや店やレストランがあります。


<質問>
文章(2)の「, covering」で始まる分詞構文について質問があります。

訳文によると、「...であり、42エーカーの...」と「であり」と訳されているので、この「, covering」で始まる分詞構文の接続詞的な意味は「and」の意味だと思っています。

そうしますと、「, covering」という分詞構文にしなくても、単純にandを使い、「, covering」の部分を「and covers」としたほうが意味が理解しやすいと思うのです。

なぜ、わざわざ、「, covering」という分詞構文にしているのでしょうか?

もともと、「, covering」(分詞構文)と「and covers」(接続詞andで表現する場合)で、ニュアンスの違いがあるのでしょうか?

どういう場合に、分詞構文にし、どういう場合に接続詞andで表現しなくてはいけないのか、使い分けはあるのでしょうか?

文章(1)で、andを使用しているので、文章(2)はandの二重となるので、分詞構文にしているのでしょうか?

ある問題集で、次の英文とその訳文が記載されています。

<英文>
(1)The popular Borthwest Mall Shopping Center is farther north on Iron Road and is also accessible from the North Capitol exit off Highway 112.
(2)Opened in 1959, it is one of the largest shopping centers in this region, covering an area of forty-two acres with over 100 dapartment stores, shops and restaurents.

<訳文>
(1)人気のあるノースウエスト・モール・ショッピングセンターはアイアンパイクロードのず...続きを読む

Aベストアンサー

and を使って書くこともできるので、使い分けというより、文を簡潔にしたいから分詞構文にしたのでしょう。and でつなぐと二つの文は対等な関係となり、「~、それから~」というような感じになりますが、分詞構文にすると付加的な情報になり主文の方が「主」になります。
(2)の文は始めの Opened も分詞構文で、学校文法では過去分詞の分詞構文は受け身で being, having been の省略となっていますが、ここではむしろ Having opened の意味で捉える方がいいでしょう。これは自動詞(受け身にならない)の場合に時々見られ、Arrived at the port(港に着いて)などが見られます。

Qthe hair of the dog の語源、エピソード

二日酔いのことをthe hair of the dogと言うらしいですが(先日テレビで見かけました。大昔に教室で習ったような気もする)、なぜこういう言い方をするのかご存知の方がいらしゃったら、教えていただけないでしょうか。
やはり元になる逸話などがあるんじゃないかと思うのです。

自分で調べようとhair of dogで検索してみましたら、犬の愛護団体やバンドの名前、店やカクテル(?)の名前ぐらいしか見つけられませんでした。

また、犬以外でこういう言い回しをするものを併せてご紹介いただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

二日酔いではなくて迎え酒では

参考URLより引用

迎え酒
英語の俗語では the hair of the dog that bit you 「噛みついた犬の毛」と言います。

昔の人は、病気をもたらしたものが最良の薬になる、つまり「毒には毒を持って制す」と考えていたようです。
犬に噛まれた場合、噛んだ犬の毛で傷を縛ったり、犬の毛を焼いたものを傷につけると傷が治ると考えていました。
迎え酒も犬に噛まれた傷を治すのと同じ考えだと言うことで、こう言う表現ができたようです。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Bookend/4373/vol_070_02.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報