新規会員登録における電話番号登録必須化のお知らせ

高学歴の女性は飲酒率が高いという仮説は本当だと思いますか?
個人的には偏差値が高い大学を卒業した女性、または在学中の女子大生は飲酒という機会は少ない印象があります。どちらかと言うと、学歴が低い女性の方がお酒に走りやすいという印象がありますが、どうだと思いますか?

先週放送された「ホンマでっか!?TV」で、高学歴の女性は飲酒率が高くなりやすくなる傾向になると専門家の方が解説していました。
実際に、イギリスの実験でもその仮説が証明されたようです。

イギリスで9000人以上を調べた報告では、高学歴の女性(高卒以上の学歴)は、そうでない女性(高卒)と比較した場合、毎日飲酒する割合が1.71倍以上だったそうです。
また、5歳~10歳の時の学力が中程度以上の女性は、学力が低い女性と比較した場合、毎日飲酒する割合が2.1倍だったそうです。


この仮説が正しいとすると、早慶上智(早稲田・慶應義塾・上智)やGMARCH(明治・青山学院・立教・中央・法政)、成成明学(成城・成蹊・明治学院)を卒業した高学歴女性や、在学中の女子大生は飲酒率が高いということになると思いますが、どうも信じられないです。

早慶上智やGMARCH在学中の女子大生と、高卒や専門学校卒の女性を比較するとどうしても後者の方がお酒を飲む回数が多い気がします。

確かに、お酒の強さはただ単純に両親から受け継いだ遺伝子情報で左右するので、お酒を飲める(酒に強い体質)女性は、早慶上智やGMARCH卒や在学中の女性でも、高卒や専門学校卒の女性でも割合は変わらないと思います。

実際、アルコール分解酵素とアセトアルデヒド分解酵素を正常な量を持つのか、少ない量しか持たないのか、全く持たないのかという親からの遺伝的な要素であって、性差はないことは証明されています。
日本人のお酒の強さの分布は、以下の3パターンのどれかだそうです。

①56%が酒に強く飲んでも赤くならない人(アルデヒド脱水素酵素とアルコール分解酵素が両者とも活性NN型)
②40%が酒に弱くすぐに真っ赤になってしまう人(アルデヒド脱水素酵素が活性型でアルコール分解酵素が不活性ND型)
③4%が下戸で全く酒を受け付けない人(アルデヒド脱水素酵素とアルコール分解酵素が両者とも失活DD型)

この①②③の3つのタイプにおおまかに分布されるという科学的なデータが既に示されています。
この3つのタイプは、完全に遺伝的要素で決定されるそうです。また、56:40:4という比率に男女差はないそうです。

しかし、飲む機会が多い人はやはり高卒や専門学校卒の女性の方が多く、高学歴な女性は仕事が忙しいキャリアウーマンだったり、偏差値が高い大学に通う女子大生は単位を取るのが大変だと思うので、そこまで飲んだくれる暇があるとも思えません。


改めて質問です。
高学歴の女性は飲酒率が高いという仮説は本当だと思いますか?





以下、記事の引用です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1970年のある週にイギリスで生まれた現在39歳の男女全員を対象としたロンドン・スクール・オブ・エコノミクスによる調査で、女性は高学歴であるほど毎日のように飲酒する傾向があり、飲酒習慣に問題がある割合も高いことが明らかになりました。論文はSocial Science & Medicine誌に掲載されています。
(中略)

調査結果によると、学歴(certificateやdiploma、日本でいう短大や専門学校レベルの学位)を持つ女性はそうでない女性と比べ毎日飲酒する割合が1.71倍、学士号以上の学位(degree)を持つ女性では1.86倍だったほか、これらの高学歴の女性はアンケート調査で「飲酒問題を持つ」と判断される回答をする割合も1.7倍だったそうです。

また、最終学歴だけでなく5歳~10歳の時の学力テストのスコアからでも女性の将来の飲酒習慣が予想できるとのことで、子どものときに「中程度」または「高い」学力を持つとされた女性は大人になって毎日飲酒する確率が、学力が低かった女性と比べ2.1倍も高いそうです。

高学歴な女性ほど酒飲みである
https://gigazine.net/news/20100405_educated_wome …
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





2021年当時、GMARCH(学習院・明治・青山学院・立教・中央・法政)に通う女子大生の総数は55144人です。従って、2021年当時、GMARCHに通う女子大生の総数が55144人で、この中の56%がお酒に強い体質になるので、55144×0.56=30880.64となり、30881人がお酒が強い体質の女子大生ということになります。
そして、驚くことに55144人の中の30881人が統計的にお酒が強い体質(量を多く飲んでも顔が赤くならず、二日酔いにもなりずらいタイプ)だということになるそうです。

<2021年のGMARCH在籍女子大生の人数>
大学名 女子大生の総数(お酒が強い体質の女子大生の人数)
学習院大 4,769人(2671人)
明治大 10,503人(5882人)
青山学院大 9,319人(5219人)
立教大 10,491人(5875人)
中央大 9,553人(5350人)
法政大 10,509人(5885人)

合計 55,144人(お酒が強い体質の総数の総数は、全体の55,144人の中の56%に当たる30,881人。)

質問者からの補足コメント

教えて!goo グレード

A 回答 (6件)

イギリスやアメリカでは女性は高学歴ほど飲酒する率が高いとでていますね。

そもそも白人は「酒に弱い人」はいません。女性も含めて100%、酒に強い遺伝子型です。

ところが、日本の場合は、婚姻状況では離別者に、また就業状況別には失業中の者に多量飲酒者が有意に多かったのですが、学歴や年収とは有意な差を認められないという研究結果がでています。

ですので欧米とは傾向がちがうようですね。なぜこのように違うのかまでは分析されていません。

全国代表標本による日本人の飲酒実態とアルコール関連問題(奈良女子大学)
http://www.nara-wu.ac.jp/life/family/shimizu/hou …
    • good
    • 0

スーパーフリーになるわけですね。

その他、もみ消される数々の、、、

イベントサークルも多いですが。飲酒だけでは捕まりませんし。
    • good
    • 0

印象と数値というのは違うことも多々あります。


飲酒率と飲酒量は関係がありません。
毎日缶ビール一本でも「毎日飲酒」
一方で一日おきに日本酒一升でも「二日に1度の飲酒」です。
印象としては飲み会で最初から最後までずっとお酒を飲み続けている人と乾杯だけであとはソフトドリンクでは違いますが、統計上ではお酒を飲んでいることになります。

さらにいえば、
凄く飲む人、ほどほど飲む人、ちょっとだけ飲む人、まったく飲まない人
と分けた場合に、
飲酒率となれば凄く飲む人もちょっとだけ飲む人も同じ1人になります。

だからといって、高学歴のほうが飲酒率が高いということには繋がりませんが、質問者さんの印象が必ずしも統計と合っているとは限らないということには繋がるかもしれません。
    • good
    • 0

追記ですが、『ホンマでっか!?TV』で示されたと言うのはあくまでも相関関係であって因果関係ではありません。

なので「学歴と飲酒率との仮説」なるものはやはり「仮説とさえ言えないクソ主張」と言わざるを得ません。
    • good
    • 0

因果関係の根拠が全く不明。

仮説とさえ言えないクソ主張。
    • good
    • 1

仮に仮説が正しいとしたら、考えられるのはOLの仕事上のストレス解放の手段として飲むということと、ホワイトカラーという環境において内外との付き合いを通して、必然的に飲酒機会が多くなるということでしょう。


低学歴が酒に走るとしたら、付き合っている野郎の特性(ブルーカラー)
に左右されるのでは?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング