よろしくお願いします。

 「坂の上の雲」などにも書かれていますが、ロシア革命のきっかけとなった「血の日曜日事件」で、民衆を扇動した神父が、実は憲兵隊(…だったかな?)のエージェントで、かなりな金銭を受け取っていたという話なんですが。
 金を出した当局の意図がわかりません。
 金を出して神父を操っていたということは、当局としては民衆暴動が起こって欲しかったってことでしょうか?
 そんなことをして何の得になったんでしょう? 現にこの事件をきっかけにロシア民衆は反皇帝側に走ってしまったわけで、まさか当局が皇帝打倒を企てたわけでもないですよね?
 それとも、事件が革命につながったというのは後世の私たちから見て結果的に言えることで、当時の情勢からはまた別の意図があったってことでしょうか。

 皆様の知識をお貸しください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ロシア 事件」に関するQ&A: ロシアの事件

A 回答 (2件)

当局が労働運動や民権運動を先導して、当局が武力弾圧・鎮圧する、という効果を狙ったもので、歴史が前後しますが、中国の天安門事件のような効果を期待していたんでしょうね(趙紫陽・胡耀邦の失脚)。


 それが裏目に出てしまったのが、ロシア革命ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。裏目に出るも程があるという気もしますが、要するに当時の帝政側は民衆運動をナメてたわけですね。そんなマネをしてタダで済むはずがないのに。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/03 17:20

「労働運動を鎮圧しようとした皇帝の差し金」という仮説もあります。


結果的には逆効果になっちゃった訳ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 さっそくのご回答ありがとうございます。

 ということはつまり、「いちいち潰すのが面倒だからひとまとめにしたところをバシッと叩こう」と考えていたのに、民衆の人数が扇動する側の意図以上の規模になっちゃって、血の雨が降ったってことでしょうか。

お礼日時:2005/04/03 17:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「エクソシスト」で神父たちは聖書のどこを朗読

映画「エクソシスト」で神父たちは聖書のどこを朗読しているのでしょうか?

映画では1時間45分あたりでメリン神父がベッドの脇にひざまずいてるところです

CHAPTERII
RITE FOR EXORCISM

と書かれていますが日本語の聖書ではどの部分に当たるのでしょうか
それともこの映画用に作られた小道具なのでしょうか
教えてくださいお願いします

Aベストアンサー

こんにちは、台本を検索して調べました

Merrin leans down beside her and opens up The
Roman Ritual.
http://www.script-o-rama.com/movie_scripts/e/exorcist-script-transcript-blatty-friedkin.html
(試訳:メリン神父、彼女のわきにかがみ込みRoman Ritualを開く。)

台本によると開いたのはRoman Ritualです。

>RITE FOR EXORCISM

でしたら、Roman Ritual(ラテン語でRituale Romanum)というカトリックご用達の本の中にRITE FOR EXORCISMが載っています。

http://en.wikipedia.org/wiki/Roman_Ritual#Contents
(13番目)

また、台本によれば、始めのほうのセリフは、Hallowed be thy name. Thy kingdom come ~.で、これは、「主の祈り」として知られているものです。(新約聖書マタイ福音書6章9節~13節)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E3%81%AE%E7%A5%88%E3%82%8A

その後に、Roman RitualのRITE FOR EXORCISMの朗読が始められたようです。(その後のセリフを検索すると、Roman Ritualの一部としてヒットしますので、)

ご参考までに、

こんにちは、台本を検索して調べました

Merrin leans down beside her and opens up The
Roman Ritual.
http://www.script-o-rama.com/movie_scripts/e/exorcist-script-transcript-blatty-friedkin.html
(試訳:メリン神父、彼女のわきにかがみ込みRoman Ritualを開く。)

台本によると開いたのはRoman Ritualです。

>RITE FOR EXORCISM

でしたら、Roman Ritual(ラテン語でRituale Romanum)というカトリックご用達の本の中にRITE FOR EXORCISMが載っています。

http://en.wikipedia.org/wiki/Roman_Ri...続きを読む

Qフランス革命の時、ナポレオンが総裁政府を打倒したことによってフランスが平和になったため、フランス革命

フランス革命の時、ナポレオンが総裁政府を打倒したことによってフランスが平和になったため、フランス革命の終結となっていますが、なぜ、総裁政府を倒すと平和になるのですか?

Aベストアンサー

他国とに戦争状態であるにもかかわらず、過激な政策や権力争いで内政は混乱、
ナポレオンとシエイエスはクーデターでそれにとどめを刺して、以後、統領政府を経て第一帝政になりました(内政は安定しました)という意味です。

Q韓国映画恋する神父

韓国映画の恋する神父は、本当は惹かれていたけど、それを正直にいえない男女の話・・・ですか?
お互い惹かれていてもはっきりと口に出して好きだとはなかなか言えないものでしょうか
口と心は裏腹ってよくありますか?

Aベストアンサー

神父ということはカトリック教会でしょうか。

韓国のキリスト教といえば、信者を騙して性行為を迫る変質者の巣窟、という印象がありますが、そういう社会背景を踏まえた描写なのではないでしょうか。

Qイギリス商業革命商業革命のきっかけとなった道具はなんですか?

イギリス商業革命商業革命のきっかけとなった道具はなんですか?

Aベストアンサー

もう少し具体的に書いていただけると、何をお知りになりたいのか分かるんですが…
「道具」というと技術革新のことを指しているんですか?
英語版ウィキペディアの説明を使うと、造船技術の進歩とコンパスや測分儀の改良が挙げられます。
商業革命は海外貿易と密接な関係にあったため、造船や航海技術の進歩は必須ですね。造船はオランダで発達し、その覇権確立に貢献しましたし、コンパスなども大航海時代に大分発達しました。しかし、英国でのこれらの発展は、ニュートン以降の科学分野での進歩が影響しています。
つまり、ニュートン以降の科学分野の新たな発見が、航海用具に進歩をもたらした。そして、それらが他国よりもより正確で安全な航海をもたらし、海外貿易による利益が商業革命につながった。ということですね。

ちなみに産業革命でしたら、蒸気機関や織物機の発明などです。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Commercial_Revolution

Q韓国映画 恋する神父(神父授業)でラストでわからない所が※ネタバレ注意

公開中の韓国映画「恋する神父(神父授業)」を見ました。
たまたま見て個人的に結構気に入ったのですが、ラスト付近でキュシク(主人公 クォン・サンウ)の言った台詞の意味がわからない部分がありモヤモヤしております。
2回見てみたのですが、やはりその部分がよくわかりませんでした。

ラストシーン(本当に最後のシーン)で、キュシクと、ポンヒが街を見下ろす高台の所に二人で行った時に、キュシクがポンヒに「もう少し待てないか?」と言うシーンなのですが、これは何を待ってくれという意味なのでしょうか?

キュシク「もう少し待てないか」
ポンヒ「私?」
   「神様に言いたいことがあるの」
キュシク「僕もひとつ言いたいことが」

テロップ[どこでどんな姿でも、変わらず君を愛します][デオ グラシアス]
で終るんですが、、、

前後を見ても、何が「もう少し待てないか」なのかがぜんぜんわかりません。
結婚をということでしょうか?でもキュシクは神父にならなかったんですよね?(この解釈も自信がないです)なら何故 待てないか?なのでしょうか?
質問は
1、何を何故「もう少し待てないか?」なんでしょうか??
2、キュシクは神父にならなかったという解釈で合っているのか?
という2点です。

この映画を見た方でわかる方がいらっしゃいましたら宜しくお願い致します。
ご自分なりの解釈でも構いません^-^;今だにモヤモヤしています。

公開中の韓国映画「恋する神父(神父授業)」を見ました。
たまたま見て個人的に結構気に入ったのですが、ラスト付近でキュシク(主人公 クォン・サンウ)の言った台詞の意味がわからない部分がありモヤモヤしております。
2回見てみたのですが、やはりその部分がよくわかりませんでした。

ラストシーン(本当に最後のシーン)で、キュシクと、ポンヒが街を見下ろす高台の所に二人で行った時に、キュシクがポンヒに「もう少し待てないか?」と言うシーンなのですが、これは何を待ってくれという意味なのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

日本語の字幕では、後で来ればいいのに、みたいに書いてたように思います。
ポンヒに連れられて行った丘の上(ソウルタワー?)の、下界(俗世)を見下ろせるところで一人で神に誓いを立てたくて、もうちょっと待ってくれたらいいのに、という感じだったんじゃないでしょうか?でも、ポンヒも神様にいいたいことがあったから近寄って行ったのだと思いました。
私もキュシクは神父にならなかったと思います。

Q中国の文化大革命と、第一次天安門事件の写真や動画を探しています。

 中国で起きた第一次天安門事件(四五天安門事件)の時の写真と動画を探しています。
 第二次天安門事件(六四天安門事件)の写真とドキュメンタリー映像はインターネット上などで、簡単に見つかりますが
 第一次天安門事件の時の写真や動画は、どこを探しても見つかりません。
 第一次天安門事件の写真や動画は存在するのでしょうか?もしあれば、教えていただきたいのです。また、その前の文化大革命の時の
写真と動画も探しています。その時の写真等があるならば、教えていただきたいのです。どうか、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q=%E6%96%87%E5%8C%96%E5%A4%A7%E9%9D%A9%E5%91%BD&btnG=%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E6%A4%9C%E7%B4%A2&gbv=2
文化大革命についての画像検索結果ですが・・・・

Q映画 「息子」

一昔前の映画(邦画です。もしかしたらドラマだったかも?)の「息子」という映画の簡単な内容、あらすじをおしえてください!

Aベストアンサー

山田洋次監督の映画ですね。
好きな映画です。

参考URL:http://www6.ocn.ne.jp/~kaga/daijyesuto3/1991c.htm

Q市民革命と産業革命

いつもお世話になっています。

「☆市民革命→自由権・平等権の獲得」

「★産業革命→資本主義経済→貧豊の差が拡大→人間らしい生活を求める声→ワイマール憲法」

の2つなのですがいつも社会の先生がこのようにお書きになられるので良く分かりません。
2つについて解説教えてください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 No1の方の説明は、かなり不適切かと・・・

 市民革命については、かなりあっていると思いますが、産業革命については、共産主義革命と勘違いなさっているように思います。

 簡単に歴史の流れを言うと

 中世には、経済が農業主体で人々はあまり移動しませんでした。政治は領地の主である封建領主の連合体に支えられた国王が、領主=貴族の代表として国を統治していましたが、国王の力はそれほど強くありませんでした。

 時代と共に社会が生産力を増し、領地の範囲を超えた物資の流通が始まり、十字軍がその動きを加速しました。商業・手工業で富を蓄積するものが増加し、宗教改革(新教=富を蓄積した新興富裕層、旧教=封建領主が主体)で宗教戦争が勃発、封建領主の力が衰え、絶対王政が始まりました。

 絶対王政は、力を失いつつある封建領主の代表である王が、新興富裕層(経済的に豊か=国王への上納金・税金を負担)の支持も得て、新旧のバランスを取るかたちで成立しました。

 市民革命=絶対王政の崩壊
 実力をどんどんつけ続ける新興富裕層(新勢力=特権なし:どこでも自由・平等に商売が出来るのを歓迎)が、領主層(旧勢力=特権の保持:特権が力の元)の力を凌ぐようになり、富裕層だけの政権を目指すようになり、領主の代表である王を排除しました。

 市民革命の結果、民主政・立憲君主制による、社会が成立します。

 この頃、イギリスで産業革命が始まります。(市民革命の遅い国では、産業革命によって富裕となった人々が市民革命を起こします。)
 今まで物の生産は人力であったものが、水力(水車による機械生産)・蒸気機関(石炭という動力の利用)による機械生産に変わっていきます。これが産業革命です。(ですから、産業革命は政治の言葉ではなくて、経済用語です。)

 産業革命によって、富裕な人々はますます豊かになり、お金が社会を動かすようになります。これが資本主義社会です。

 資本主義社会では、お金が資本となり生産手段になりますから、お金のある人はますますお金持ちになります。お金持ちの人の作った工場で働く人は、貧乏なまま。

 マルクスという人は、「そこで、貧乏な人たちが怒って革命を起こし、資本家を追い出して工場を労働者のものにしてしまう。」と考え、その革命を共産主義革命と名づけました。

 ところが、資本家の方でも労働者の福祉政策を色々行い、革命が起こらないような方策を採りました。これが修正資本主義という考え方で、ワイマール憲法には、これらの福祉政策を受ける基本的な権利があると規定されました。

 結局、共産主義革命は、資本主義の発達が未熟なロシアや中国でしか起こらず、マルクスの想定した「資本主義の充実した生産設備」をほとんど持たないまま、政権が誕生しました。そして新たに成立した政府が、資本家に代わって労働者を搾取し生産設備を作る社会が出来上がりました。また、悪平等が労働者の生産意欲を失わせることとなりました。

 この結果、ソ連は崩壊・中国は資本主義化して現在に至っています。

 No1の方の説明は、かなり不適切かと・・・

 市民革命については、かなりあっていると思いますが、産業革命については、共産主義革命と勘違いなさっているように思います。

 簡単に歴史の流れを言うと

 中世には、経済が農業主体で人々はあまり移動しませんでした。政治は領地の主である封建領主の連合体に支えられた国王が、領主=貴族の代表として国を統治していましたが、国王の力はそれほど強くありませんでした。

 時代と共に社会が生産力を増し、領地の範囲を超えた物資の流通が始まり...続きを読む

Q神父が墓地で殺し屋に会う映画のタイトル

かなり前に午後のロードショーかなんかで見たんですがタイトルがさっぱりわかりません

墓地で殺し屋が誰かを銃で殺して、神父がその場面にたまたま出くわして
殺し屋は神父を一瞥したあと薬莢を拾って立ち去るんですが
後日その殺しを懺悔しにやってきます
懺悔=神父は他言できない=口止めってことで

タイトルを教えて下さい

Aベストアンサー

「死にゆく者への祈り」
http://movie.goo.ne.jp/movies/p11959/index.html

2002年に午後のロードショーで放送されました。

Qピューリタン革命と名誉革命

ピューリタン革命と名誉革命

来年度受験予定の高校2年生です。
世界史でどうしてもわからないところを質問させてください。

ピューリタン革命の前、ステュアート朝のジェームズ1世・チャールズ1世は「イギリス国教会」を強制し、旧教徒やピューリタンを弾圧したと習いました。

名誉革命の前の王政復古では、チャールズ2世・ジェームズ2世は「旧教」を強制したと習いました。

そこで質問なんですが、

1)ステュアート朝はスコットランドの王家のはずなのに、ジェームズ1世たちはどうして「イギリス国教会」を支持したのでしょうか?

2)逆にチャールズ2世たちは、先代が「イギリス国教会」を支持していたのに、どうして「旧教」に路線変更したのでしょうか。

このあたりの事情をご存知の方がいましたら、回答お願いします。

Aベストアンサー

イギリス国教会って何よ?
イギリスがローマ法王を含めた宗教の権威から独立する道具です。
旧教徒とは大陸のフランス王家なり神聖ローマ皇帝なりローマ教皇に心情的に近い。
イギリス王がイギリス国教会を強制するのはイギリス王家の完全な手下になれということ。
イギリス国教会の最高権力者はイングランド王です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E5%9B%BD%E6%95%99%E4%BC%9A

1)ジェームズ1は、イングランドでの権力確立のためにイギリス国教会のこのシステムを使った。

2)ジェームズ2はフランス育ち
当時の欧州政治はフランスのルイ14世につくか、対向するか?という選択であり、議会はフランスに敵対することを選択して、王はフランスとの協調を選んだ。


人気Q&Aランキング