いつもありがとうございます。高校数学の勉強をしています。数学Bの「確率分布」の章です。

教科書では次のように言っています。

「二つの確率変数XとYが互いに独立であるとき、分散Vについて V(X+Y)=V(X)+V(Y)が成り立つ。」これは証明があり理解できました。

続いて、「3つ以上の確率変数の独立性についても2つの場合と同様に定義される」と言います。

その後、次のような説明があります。

「確率変数X,Y,Zが任意の値a,b,cについてP(X=a,Y=b,Z=c)=P(X=a)P(Y=b)P(Z=c)を満たすとき、X,Y,Zは独立であるという。

このとき、X+YとZは互いに独立となり、 V(X+Y)=V(X)+V(Y)を繰り返し用いると、次のことが成り立つ。

確率変数X,Y,Zが独立ならば、
V(X+Y+Z)=V(X)+V(Y)+V(Z)」

上の「このとき、X+YとZは互いに独立となり」という部分がどうしても証明できません。

(1) あまりに自明なことなのに私がドつぼにはまってしまい苦しんでいるのか、
(2) もう少しレベルの高い勉強をしないと理解できないことなのか、

どちらかと思うのですが、なぜX+YとZは互いに独立となるのか教えてください。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Xがとり得る値を e_1, e_2, …, e_n とします。

これは、Xがこれらの値をとる確率をすべて合計すると、1になることを意味します。

  Σ[k=1 to n] P(X = e_k) = 1 (ア)

つぎに、任意の値dについて、X+Y が d になる確率を求めます。このとき、X は e_1, e_2, …, e_n のどれかなので、Yは d - e_1, d - e_2, …, d - e_n になります。そこで、X+Yがdになる確率は、次のように表わせます。

  P(X+Y=d) = Σ[k=1 to n] P(X = e_k, Y = d - e_k)  (イ)

XとYは独立なので、(イ)は次のように書き換えられます。

  P(X+Y=d) = Σ[k=1 to n] P(X = e_k) P(Y = d - e_k)  (ウ)


つぎに、X+Y が d で、 Z が 任意の値 c になる確率を求めます。

  P(X+Y=d, Z=c) = Σ[k=1 to n] P(X = e_k, Y = d - e_k, Z=c) (エ)

X,Y,Zは独立なので、(エ)は次の式に書き換えられます。

  P(X+Y=d, Z=c) = Σ[k=1 to n] P(X = e_k) P(Y = d - e_k) P(Z=c) (オ)

P(Z=c)は定数(kに無関係)なので、Σの外に出せます。

  P(X+Y=d, Z=c) = {Σ[k=1 to n] P(X = e_k) P(Y = d - e_k)} P(Z=c) (カ)

(カ)に(ウ)を代入すると、

  P(X+Y=d, Z=c) = P(X+Y=d) P(Z=c) (キ)

したがって、X+Y と Z は独立です。(証明終)

この回答への補足

長いこと、ご返事できなくてすみませんでした。もう少しお待ちください。よろしくお願いいたします。

補足日時:2005/04/13 07:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shkwta(#1)さん、さっそくにていねいな証明をどうもありがとうございました。(イ)と(ウ)が大切な式ですね。

最初(イ)がどうしてもわかりませんでした。Σ[k=1 to n]のnは∃N≦n を満たすあるNの方がいいのではないかと思ってしまいました。というのは、あるk’に対してd-e_k'に対応するYの値が存在しない場合、どうしたらいいのだろうかという自ら起こしてしまった疑問に答えることができなかったのです。

しかし、よくよく考えてみるとそのようなYの値に対する確率は0だから無視できる、だからΣ[k=1 to n]という表現は正しいのだということにやっと気がつきました。

それにしても、確率の勉強は奥が深く感じます。今回の質問でますます先のことを勉強したくなりました。。

shkwtaさんとgrothendieck(#2)さんの証明はいずれもよくわかりましたが、高校生にも理解できる、回答がいちばん早かったということでshkwtaさんに良回答20Pを差し上げました。

たいへん助かりました。重ねてお礼申し上げます。

お礼日時:2005/04/13 08:49

> X+YとZは互いに独立となり


ここは直感で理解すれば十分ではないでしょうか。
部品A(長さの確率変数X)、B(同じくY)、C(同じくZ)があって
これを組み立ててX+Y+Zの長さを持つ製品を作るとします。
X,Y,Zが独立とするとA+Bを組み立てたものとCとの間には因果関係は
全く有りませんからX+YとZはやっぱり独立になりますね。

ピントはずれだったらご免なさいね。

この回答への補足

長い間ご返事を致さず申し訳ありませんでした。すみませんがもう少しお待ちください。

よろしくお願いいたします。

補足日時:2005/04/13 07:14
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ymmasayan さん、たしかに因果関係をチェックするとそういうことが言えますね。簡潔でわかりやすい例でよくわかりました。

どうもありがとうございました。お礼がたいへん遅れて申し訳ありませんでした。

今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2005/04/13 08:58

これは難しい問題です。

集合の記号を使ってXがaという値を取る事象をA(X=a)と書き、P(X=a,Y=b)の替わりにP(A(X=a)∩A(Y=b))と表わすことにします。Xがa1…an の範囲の値をとるとすると、X+Yがdとなる事象は
 A(X+Y=d)
= (A(X=a1)∩A(Y=d-a1))∪…∪(A(X=an)∩A(Y=d-an))
となります。すると集合論より
 A(X+Y=d)∩A(Z=c)
= ((A(X=a1)∩A(Y=d-a1))∪…∪(A(X=an)∩A(Y=d-an)))∩A(Z=c)
= (A(X=a1)∩A(Y=d-a1)∩A(Z=c))∪…∪(A(X=an)∩A(Y=d-an)∩A(Z=c))
と書けることとコルモゴロフの確率の公理
 「A1,A2,…An が同時には起らないとき
  P(A1∪A2∪…∪An)=P(A1)+P(A2)+…+P(An) 」
を使うと
 P(A(X+Y=d)∩A(Z=c))
= P(A(X=a1)∩A(Y=d-a1)∩A(Z=c))+…+P(A(X=an)∩A(Y=d-an)∩A(Z=c))
ここでX,Y,Zが独立であることより
 P(A(X=a1)∩A(Y=d-a1)∩A(Z=c))+…+P(A(X=an)∩A(Y=d-an)∩A(Z=c))
= P(A(X=a1))P(A(Y=d-a1))P(A(Z=c))+…+P(A(X=an))P(A(Y=d-an))P(A(Z=c))
= (P(A(X=a1))P(A(Y=d-a1))+…+P(A(X=an))P(A(Y=d-an)))P(A(Z=c))
= P(A(X+Y=d))P(A(Z=c))
となることから、X+YとZは独立になります。

この回答への補足

長い間ご返事できなくて失礼いたしました。すみませんがもう少しお待ちください。よろしくお願いいたします。

補足日時:2005/04/13 07:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

grothendieck(#2)さん、
素早い、ていねいな証明をどうもありがとうございました。「あるk’に対してd-e_k'に対応するYの値が存在しない場合」について#1の場合と同じ疑問を起こしましたが、解決できました。

詳しい式の展開、感謝申し上げます。

お礼日時:2005/04/13 08:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版 Windows XP Proffesional x64 Edition からの日本語入力の問題

イギリスの大学の研究室で使用しているコンピュータから日本語入力、また日本語で書かれたPDFの閲覧ができないので大変不便で困っています。このコンピュータのOSは Windows XP Proffesional x64 Editionで、もちろん海外使用です。 また、Microsoft Office 2007 がインストールされています。
Office XP Tool: Japanese Language Pack と Office XP Tool: Global IME (Japanese)というのをインストールしようと思ったのですが、これはWindows XP Proffesional x64 Editionに対応していないようです。
どなたかこのようなことにお詳しい方がいらっしゃれば是非解決方法を教えてください。

ちなみにこの文章は自分のノートパソコンから入力したものです。

Aベストアンサー

Win XP Pro 64 英語版 日本語 入出力 site:microsoft.com
としてサーチすると
Multilingual User Interface Pack: MUI があり、これを追加する形の方が良いのではと思われます。

個人向けではなく、Volume license形式で会社対応とされていますが、個人でも3-5license単位から買えるようです。

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc835604.aspx
Windows XP Professional の多言語機能

http://www.geocities.jp/hpt_user99/vl.html
ボリュームライセンス

英国でも入手可能なはずですから、64bit版に対応しているか等確認のうえ購入されるのが良いと思います。
値段もそんなに高くないはずです。

 

Qx+y+z=0,2x^2+2y^2-z^2=0のとき,x=yであることを証明せよ。

クリックありがとうございます(∩´∀`)∩

 ★x+y+z=0,2x^2+2y^2-z^2=0のとき,x=yであることを証明せよ。

この問題について説明をお願いします。

Aベストアンサー

おおざっぱな説明になりますが、左の式を
z=-x-y
として、それを右の式のzに代入します。
それを展開してまとめると
x^2-2xy+y^2=0
という式になります。
あとはこれを因数分解すれば
(x-y)^2=0
となるので、x=yという答えがでます。
与えられた条件がほかになければこれでいいはずです。

QJapanese-made camera

日本製のカメラをJapanese-made cameraと言いますよね。ふと思ったんですが、Japan-made cameraとは言わないのでしょうか?

複合語 "X-made" のXのところには、例えばslightly-made man(体つきのほっそりした男性)のように副詞がくる場合は理解できます。でも、形容詞がくるというのがピンときません。むしろJapan-made cameraのようにXに名詞が来るというのならわかる気がするのですが。

どなたか説明していただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

補足がありましたので思いついたことを追加します。

私はGoogleでいろんなパターンを確認していましたが、Japan-made productというのは試していませんでしたね。

結局のところ好みの問題だと思うのですが、UK、USAは政治的境界と地理的境界が、UK-British、USA-Americanでずれがあるのでそういった使い分けもあるでしょう。

形容詞-made(準動詞) 名詞のパターンが多いのは、誤解を避けるという意味合いもあるのかもしれません。

名詞-準動詞-名詞の並びだと、たとえばこんな文で
Do you know(any)Japan made camera like this?
Do you know(any)"Japan made camera" like this?
ではなく、anyがないと特に
Do you know that Japan made (a) camera like this?
のようにJapan made cameraの部分が主語-述語-目的語に感じられたり、そうでなくてもJapan(名詞)の部分で文章の要素が出そろってしまい、made以下がJapanの修飾語(Japan which is made・・・)のように思えることもあるでしょう。

そういった意味では、Japanese made cameraなら、前に主語述語があって無意識に目的語を探しているときにJapaneseで引っかかることなく形容詞→形容詞→目的語
と到達できそうです。
もちろんこれしきの複合形容詞で引っかかることはないでしょうし、話し言葉では明らかに文の切れ目が違うので、ややこじつけがある説明だと思います。

Japanese-made cameraは、japanese cameraに補足的に、単なる日本製品ではなく「日本で製造された」という意味を出すために、madeを補っていると考えれば、形容詞-made cameraでも不自然ではないと思います。Japanese (製造は:made)camera
foreign-owned businessesも、foreign (資本的には:owned)businessesということではないでしょうか?

こじつけてきな文法的説明は可能ですが、特にこの手のハイフンで結んで長い形容詞を作るものに明確なルールはないと思います(ハイフンすら省略可能ですので)ので、好みの部分が大きいのではないかと思います。

余談:
私もfwkk8769さんと同じくJapaneseは「日本人」を表わす名詞ではなく形容詞だと思います。
Turkish-made craft とは言いますが、Turk-made craftというのは???です。
(Turkey:トルコ(国名)、Turkish:トルコの(形容詞)、Turk:トルコ人)

補足がありましたので思いついたことを追加します。

私はGoogleでいろんなパターンを確認していましたが、Japan-made productというのは試していませんでしたね。

結局のところ好みの問題だと思うのですが、UK、USAは政治的境界と地理的境界が、UK-British、USA-Americanでずれがあるのでそういった使い分けもあるでしょう。

形容詞-made(準動詞) 名詞のパターンが多いのは、誤解を避けるという意味合いもあるのかもしれません。

名詞-準動詞-名詞の並びだと、たとえばこんな文で
Do you know(...続きを読む

Q≪問題≫実数x,y,zは関係式,x+y=2…(1),x^3+y^3+z^3

≪問題≫実数x,y,zは関係式,x+y=2…(1),x^3+y^3+z^3=8…(2)を満たす。
(1)x^2+y^2+z^2をzを用いて表せ。

(x+y+z)(x^2+y^2+z^2-xy-yz-zx)-3xyz=x^3^+y^3+z^3
の関係式を使ってみようかな。。。
って思ったんですが…できません^^;

どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

x^2+y^2+z^2をzで表すのだからx^2+y^2の部分が問題です。
x^2+y^2はx+yとxyで表せますね。
だから目標はxyをzで表すことです。

(1)が使えるように(2)を変形してみる。
(x+y)^3-3xy(x+y)+z^3=8
(1)を代入してみる。
2^3-3xy*2+z^3=8
xy=z^3/6
となった。

QNever feed your hamster raw potatoes. (Similarly/A

Never feed your hamster raw potatoes. (Similarly/As well), never feed it rhubarb leaves.
正解はSimilarlyですがどちらも同様にのような意味なのですが、As wellは副詞句なので文頭、文中、文末にも置けそうですし。なぜSimilarlyが正解か教えてください。

Aベストアンサー

as well というのは、
A as well as B で「B と同様に A も」がもとにあって、
as B が自明で(とか前にあるので)省略された形です。

だから、A as well で「A も同様に」という表現です。
つまり、「~も」という同様となる「~」が as well の前に来ないといけません。

Qx1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底,{y1,y2,y3}がその双対基底でx=(0,1,0)の時,y1(x),y

[問] ベクトルx1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底とする。
{y1,y2,y3}がその双対基底でx=(0,1,0)の時、
y1(x),y2(x),y3(x)を求めよ。

という問題の解き方をお教え下さい。

双対基底とは
{f;fはF線形空間VからFへの線形写像}
という集合(これをV*と置く)において、
V(dimV=nとする)の一組基底を{v1,v2,…,vn}とすると
fi(vj)=δij(:クロネッカーのデルタ)で定めるV*の部分集合
{f1,f2,…,fn}はV*の基底となる。これを{v1,v2,…,vn}の双対基底と呼ぶ。

まず、
C^3の次元は6(C^3の基底は(1,0,0),(0,1,0),(0,0,1),(i,0,0),(0,i,0),(0,0,i))
だと思うので上記のx1,x2,x3は基底として不足してると思うのです(もう3ベクトル必要?)。

うーん、どのようにしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>C^3の次元は6(

これが間違え.
「x1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底」
といってるんだから,係数体はRではなく,C.

あとは定義にしたがって,
dualな基底を書き下せばいいだけ.
y1(x1)=1,y1(x2)=y1(x3)=0であって
v=ax1+bx2+cx2と表わせるわけだし,
v=(v1,v2,v3)とすれば,a,b,cはv1,v2,v3で表現できる
#単なる基底変換の問題.

Q非表示にしたい,Adobe Reader X

無償ソフトの Adobe Reader X (10.1.17)-Japanese を使っています。

表示されている以下を非表示にする方法をお教えください。

1. 中央の「最近使用したファイルを開く・アドビオンラインサービス」
2. 右端の「PDFファイルを書き出し」

私には両方不要な表示で,特に2.はファイルの表示領域を狭める厄介ものです。

Aベストアンサー

こんにちは

(1)はAdobe Reader X(10)からデフォルト表示されるように
なっていて非表示にできないと思われます。

(2)は、ツール/署名/注釈(XIの場合)のプルダウンメニュー
なので、再度そのコマンド(恐らくはツール)を指定すれば
メニューが閉じると思います。

Adobe Readerにこぢわらないのであれば他のPDFビューワー
を使うというのもあるかもしれません。

Qx*y=log(e^x+e^y)と定義すると、(x*y)+z=(x+z)*(y+z)

x、y∈Rに対して
x*y=log(e^x+e^y)
と定義すると、
(x*y)+z=(x+z)*(y+z)
が成り立ちます。
分配法則の*と+を逆にしたような感じですが、この*から何かしらの代数的な事実が従うのでしょうか?
この*の意味は何なのでしょうか?

x*x=aのとき、x=√aと定めと、
√(a*b)≧(a+b)/2
といった相加相乗平均の関係の類似は成り立つようですが。

Aベストアンサー

e^x=X, e^y=Y, e^z=Z と置いて考えましょう。
e^(x*y)=e^x+e^y → Z=X+Y
e^(x+y)=e^x*e^y → Z=X*Y
つまり、正の数の加算と乗算になります。

>分配法則の*と+を逆にしたような感じですが

まさにその通りです。入れ替えて見てください。

>√(a*b)≧(a+b)/2

通常の相加相乗平均とは逆ですね。

QX-Window上で英語キーボードと認識されてしまう(VMware環境)

VMware Server上でx86 Solaris 10 11/06 をインストールしていますが、
X-Window上からのキーボード入力が英語キーボードと認識されてしまい、困っています。
使用しているのは日本語キーボードなのですが、例えばShift+2と押すと@が入力されます。

telnetでログインした場合は日本語キーボード通りの入力が出来るのですが
VMware Server Consoleを使ってCDEから入力した場合は
英語キーボードと認識されているようです。

kdmconfigでは キーボードは Japanese-106/type7 を選択しています。
CDEから呼び出したコンソール画面でdumpkeysを打つと、明らかに日本語キーボードの
キーバインド結果が表示されます。
また、/boot/solaris/bootenv.rcには
setprop kbd-type 'Japanese-106/type7' と記述しています。
しかしそれでもX上では英語キーボードの入力になってしまいます。

何がいけないのでしょうか?
わかる方、よろしくお願いします。

VMware Server上でx86 Solaris 10 11/06 をインストールしていますが、
X-Window上からのキーボード入力が英語キーボードと認識されてしまい、困っています。
使用しているのは日本語キーボードなのですが、例えばShift+2と押すと@が入力されます。

telnetでログインした場合は日本語キーボード通りの入力が出来るのですが
VMware Server Consoleを使ってCDEから入力した場合は
英語キーボードと認識されているようです。

kdmconfigでは キーボードは Japanese-106/type7 を選択しています。
CDEか...続きを読む

Aベストアンサー

VMwareは使ったことがないので、確実かはわかりませんが

# eeprom kbd-type=Japanese\(106\)

を試してみて下さい。

Q線形です (1)を x+3y-2z=0 x-2y+4z=0 x^2+y^2+z^2=1をもちいて 答

線形です
(1)を
x+3y-2z=0
x-2y+4z=0
x^2+y^2+z^2=1をもちいて
答えが+-の答えになりました
(2)では外せきが8,-6,-5となり
おおきさの5ルート5で割ると
+-の答えにはなりませんでした
どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

外積からでてきた単位べクトルは、外積の定義から、ベクトルa、bに垂直ですよね。
だからそれと正反対のベクトルも、ベクトルa、bに垂直な単位ベクトルだから、これも答えに入れれば
よいのです。つまり外積から出した単位ベクトルの各成分に(-1)をかけた成分のベクトルも答えに
なります。そしてこうして出した2つのベクトルは、先に内積で出した2つのベクトルと一致します。


人気Q&Aランキング