私は現在外語大に在学しています。すぐに就職の方向性を決めなければならないという訳ではないのですが、今年度の履修を選択する際にある程度の指針が見えればと思っています。そこで、その指針の一つとして公務員に関心を持っています。ただ、私が公務員に関心がある理由というのはお粗末なもので、仕事として安定しているからなどといった一般的なイメージによるものなのです。ですから、どなたか私に公務員とは何ぞや?という手ほどきをお願いします。

・単に公務員といっても、職種としてどういったものがあるのか?また、外国語を活かせる職種はあるのか?あるとすればどういったものがあるのか?
・他の民間とは違い、公務員としてのいい面は?悪い面は?
・公務員を目指すとしたら、新二年生になる私はこれから何を心がけて生活していけばよいか?

以上のようなことを主にご回答をお願いします。また、上記の点以外でも何かしらのアドバイスがございましたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#3です。

回答補足欄にご質問がありましたのでコメントします。

>>こういった部署や部局はやっぱり入りたいから入れるというものじゃないんですよね…?
>>やっぱり語学力といった実力がある人や上司に気に入れられた人が優先的に入れるんですか?

語学力がある人は優先的に配属される(というよりも、大抵の場合、人事部門から「この部は英語力が必要とされているので、君、どうかね?」という照会・内示があり、それに応じることにより配属される)ことは間違い無いです。
「上司に気に入られた」か否か、という問題はまずありません。配属前では、面接場の人物評価しか判らず、上司に気に入られる入られない、ということ自体が無いからです。

また、英語が活かせる部署・部局に配属されても、上司から「仕事ができない奴だなぁ」「英語が上手くてもそれが仕事に活かされていないなぁ」と判断されたら、時期を待たずその部署から異動を余儀なくされます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二度もの回答に感謝します。公務員の詳しい実態を知ることができ、非常に参考になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/10 23:37

公務員の職種については警察官から市役所職員等さまざまです(大雑把でごめんなさい)。


私も外大出身(イスパニア語専攻)で安定してそうってイメージだけで公務員目指してました。外国語をいかせる職種としては国際化が進み外国人による犯罪の急増から、警察官があります(英語以外の特殊言語について特別の採用枠のある県もあります)。
民間企業と違って、良い点、悪い点一概には言えませんが一般的に安定してる、休みがきっちり取れる、残業がないなんていわれてますよね。ただ、一般企業で働く人たちから言わせると、目標意識がないとか、自分を表現できない。なんていわれますね。後は最近公務員の不祥事がおおく、世間は冷ややかな見方をしがちです。
一般企業では、休み、給与等自分の思い通りにはいかないかもしれませんが、いろんな人に接することができ、ボーナスや給与も会社の業績で変化するので、公務員と比べるとガッツがあるように思います。私自身も一般企業で働き、約1年がたつのですが、やりたいことをやらせてもらって、のびのびと仕事してる方だと思います。
mo-rimoriサンは何語専攻かわかりませんが、就職活動をする上で、外国語を使う仕事に限定するとすごく職種が絞られてしまいます。まだ2年生ということなので、外国語を使う仕事だけでなく、いろんな業界に目を向けて視野を広げておくことも大切です。新卒の採用枠が少しずつ拡大してるみたいですので頑張ってください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

公務員と一般企業の違いについての実態が分かり、参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/10 23:32

>>公務員とは何ぞや?


というご質問に対しては、僕もお粗末ながら「国民ゃ住民に奉仕する者、ということしか申し上げられません。今は私腹を肥やしているものが目立ちます。元々、民主主義国家の本質として、政治家が議会や国会で決めた政策を忠実に実行する者が公務員ですが、今では公務員(特に国家公務員)が制作を創り、政治家を操っているように思えてなりません。

>>外国語を活かせる職種
外交官(I種・II種)、税関職員、入管などがありますが、例えば財務省、農水省、経済産業省、総務省などでも、部署によっては外国との交渉が頻繁であり、外国語を要求される部局もありますし、外国人が多く居住している都庁・府庁・県庁や都の区役所・市役所(横浜・名古屋・福岡・新潟)なども英語が求められる部局があります。

>>民間とは違い、公務員としてのいい面は?悪い面は
安定しているということが挙げられますが、政策次第では公共企業/独立行政法人→民間企業(郵便局やNTT、JR)のような運命を辿ります。それは兎も角、殆どの部署では「信用」「権力」が付いてまわりますね。住宅ローンを組むにもクレジットカードを作成するにも審査は難なく通ります。国や自治体の財政が悪くとも、給料はなかなか下がらないですし、その「信用」「権力」に色んな連中が群がってきます
 悪い点は、セクショナリズムが強い、軍隊のように硬直的な組織でなかなか改善しない、学閥がモノをいう、違法行為をしても決定的な証拠が無い限り謝罪しない、大阪府のように色んな隠し手当ても貰える一方ばれたら袋叩きにあう、「収賄罪」が適用されるなどですかね。

>>公務員を目指すとしたら・・・これから何を心がけて
まずは自分がなりたい公務員の職種を定めて、それに適合する試験科目を勉強することです。但し、偏狭な試験バカにはならず、大局的な見地から国民・住民に奉仕して欲しいものですね。

この回答への補足

外国語を活かせる職種を挙げていただきましたが、組織の中の部局や部署といった言葉がありました。こういった部署や部局はやっぱり入りたいから入れるというものじゃないんですよね…?やっぱり語学力といった実力がある人や上司に気に入れられた人が優先的に入れるんですか?もしお分かりでしたらお教えください。

補足日時:2005/04/05 01:51
    • good
    • 0

公務員には行政職と技術職があります。


行政職は書く部署において事務的な手続きなどを中心に業務を行います。技術職は専門的な資格を持って仕事に当たる人を指します。

外国語を専門的に活かしたいのならやはり国家公務員受験をお勧めします。外務省もいいのでしょうが、他省庁でも使えると思います。それから英語の教員なども外国語にかかわる仕事だと思います。地方公務員などでも活かせないわけではないのですが、基本的に、NO.1さんが書いていらっしゃるとおり、公務員のほとんどは自分の専門だけをする仕事ではないのでことを心得ておきましょう。

あくまで「公務」ですから国民、県民、市町村民のために書く部署の必要性にあわせて業務をこなすので、その専門だけを活かすだけではまったく仕事になりません。

時には専門外、事務だけではなく、イベント企画をしたり、土日に借り出されて選挙の手伝いをしたり、地域の清掃にさんかしたり、建物の管理をしたりホントに奉仕する気持ちがないと役に立たないデクノボウになりかねません。おそらくそのようにデクノボウ化した人が住民からバッシング対象となっているのだと思いますが・・・。
民間と違うのは、そういう人でも首にならないということでしょうか。

ご存知でしょうが、国家公務員、地方公務員などでは全然状況が違います。
仕事の量や内容も国家公務員は残業が山ほどあるのですが、地方公務員はさほど無いです。それに地方公務員ですと規模が小さくなるほど業務の管理体制が緩くてのんびり仕事が出来ているようです。

給料は民間大手に比べれば非常に少ないです。年に一度必ず昇給がありましたが、今後どうなるかは不透明です。賞与も30歳の地方公務員・大卒ですと現在で夏に40万行くかどうかです。が、それも自治体によって金額に格差があるので一概に言えません。
給与が安い代わりに共済の保険などが安い掛け金で保障してくれます。

以上かなりかいつまんでまとめてみましたが、ご不明な点があれば補足いたします(知ってる限りですが)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

かなり詳しく書いていただいて感謝してます。

お礼日時:2005/04/05 01:49

・私の勤務している六大都市の一つにについて地方公共団体を例として地方公務員の話をします。


外国語を話せるのを前提とした職種はありません。従って事務職としての試験になります。
入ったあとは、外国語を必要とする部署に配属される可能性はあります。でもそんな仕事は少ないです。一時的に配属されても、その後他の区役所とか他の事務職の仕事に就くことが多いでしょう。
・首になりません。残業はありません。有給休暇はしっかり取れます。給料はそれなりです。
・入るには、就職試験がありますから一般常識とかよく本屋で売っている試験の本をしっかりやればいいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

公務員の実態がよくわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 01:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボーナス支給日 (公務員&民間大手)

民間企業大手と公務員のボーナス支給日がいつになるのか、慣行をお教えください。
民間大手企業のボーナスは、夏は7月の第一金曜日、冬は12月の第一金曜日が普通ではないかと思います。それぞれ「10日」としている大企業もあるみたいです。公務員は上記より少し早く支給されると記憶しています。

Aベストアンサー

国家公務員は、人事院規則で6月30日、12月10日と規定されています。
土日の場合は繰り上がります。

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8a%fa%96%96%8e%e8%93%96&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S38F04509040&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1

Q高卒の公務員として就職するメリットデメリットを教えてください。(公務員志望で就職か大学進学かを検討中

高卒の公務員として就職するメリットデメリットを教えてください。(公務員志望で就職か大学進学かを検討中です)高1です。

Aベストアンサー

メリット
早くから社会人となれ、金銭面で豊かになれる
金銭面で豊かになれるので、社会的な自由がより早く手に入る(車を買う、家を買う、結婚など)

デメリット
給料が大卒者より生涯低いままの可能性がある
もちろん大卒者より出世して給料が多くなることもある
高卒と自分が意識すればの話だが、意識すれば劣等感を感じることもある

就職するメリットとデメリットはこんなとこですが
本来大学は、就職のために行くところではなく、専攻した学問を深めるところです
その目的がなければ、私は大卒者ですが行く必要はありません
巷に大卒者でも就職先がないというのは、親に勧められてわけもわからず大学に行く学生が多いからだと思います

Q退職日 が ボーナス支給日の場合

一般的な解釈では、
(1) 退職辞令の日が、ボーナス支給日の場合、支給は受けれるのでしょうか?
(2) 退職日以降に、ボーナス支給日があった場合、ボーナス支給対象期間は在職していたことから、100%の受け取りは可能でしょうか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちゃんとした組織体系と就業規則がある場合。
賞与支給は○月○日(受給資格確定日)に在籍していた者を対象とする、という規程があるはずです。そしてそれは支給日の前月末などになっているのではないでしょうか(事務手続きの時間が必要なため)。
ですから重要なのは支給日ではなく、受給資格確定日です。

賞与は報償的性格ですが、それは今後も同等の貢献をすることの期待を含みます。ですから対象期間に在籍していたからといって退職する者に必ずしも賞与を与える義務はない、というのが会社の言い分です。
実際は面倒なので退職者個別のケースごとに賞与をやるやらんなどといちいち判断しません。資格確定日に在籍しているかどうかで機械的に線を引きます。

仮に支給日=資格確定日だった場合。
(1) 当日付で在籍しなくなるのですから、支給されないと解釈される? ちょっと判断できません。
(2) 受給資格がなくなっていますから支給されません。

むろん会社や退職状況によっては支給されることもあるとは思いますが、それは運がいいケースでしょうね。

Q公務員 低賃金の職種

派遣切りされた人達の救済措置として役所が臨時の職員を募集したところ短期間で低賃金だった為、さっぱり人が来なかったそうですが、低賃金でも長期雇用してくれる公務員の仕事は何かあるのでしょうか。
教えて下さい。

Aベストアンサー

いわゆる現業職が該当します。たとえば公共交通機関でいえばバス運転手、交通整理員、車両整備員などがあります。期間採用でも契約期間の更新が可能です(そのかわり、あらかじめ免許等が必要になる場合もあります)。ただし派遣切りと同じ目に遭う可能性は排除できません。
それから、事務でもパート採用があります。こちらも制約があったりしますし、長期間雇用されるという保証はありませんが、比較的長く勤務される方もいらっしゃいます。パートというと40代・50代のおばちゃんというイメージですが、老若男女いらっしゃいます。

Q冬のボーナス支給日は何時?

知人に質問され軽く回答可能かと安易に引受も難問なので皆さんのヘルプを!

民間大手(世間の目から。東証1・2部、その他上場とは無関連)で、『具体的な企業名とその2002年冬のボーナス支給日は何時?』

P.S.タイムリミットは明日朝まで、お世話のなった方なので敢えて理由は聞いてません!
どなたか教えて!(ボーナス回答では無く支給日の情報です)明日以降なら「自力調査」も可能と思うが…

Aベストアンサー

民間大手企業の冬のボーナス支給日は、原則として「12月の第一金曜日」
(今年の場合は6日)が一般的です。

Q公務員から公務員への転職について

 私はとある県の職員をしております。もともとは国家公務員になりたかったのですが、地元で転勤もあまりない県の職員になるようにと親に勧められ大学卒業後県の職員として就職しました。しかし、まだ就職をしてから2年目ですがやはり国家公務員への夢が捨てきれません。民間の企業から公務員への転職は聞いたことがありますが、公務員から公務員への転職は問題はないのでしょうか・・・?

Aベストアンサー

私の知っている方で、国家公務員試験に合格して国家公務員になったけど、地方公務員試験に受験・合格して地方公務員になった方がいました。(逆のパターンですね)

国家公務員試験の受験資格(年齢制限等)を満たしていて、合格すれば問題ないと思います。

退職金についてはよくわかりませんが(おそらく支払われるのでは?)、地方公務員の経験年数は考慮される(給料等)と思います。

Qボーナス支給日が知りたい。

新日本物流株式会社の夏季ボーナス支給日は7月何日かご存知の方ご教授願います。

当方昨年の12月15日に冬季ボーナスをいただいたので遅くても15日と想像してますが、
金欠病のため
早く正確な情報が知りたくて質問させて頂きました。

Aベストアンサー

 
19日です
 

Q今後の公務員(地方公務員)ついて

私は25歳で今年、大阪府内の土木職の公務員で働きます。

今度、地方公務員はどうなっていきますか?
年功序列制度はなくなりますか?
年金は何歳から受け取れますか?

今後、どうなっていきますか?
公務員でいることでメリットとデメリットを教えて欲しいです。

Aベストアンサー

年功序列は公務員の世界では残るでしょうね。
数年に1度 人事異動が行われ 昇進していくでしょう
(市町村ではほとんどの方が 公務員試験を受けてませんから)

年金は 国会で議論されて居り どんどん 年齢は上げられていくでしょうね。
これは 公務員も会社員も個人事業主も 同じ年齢になるでしょうね。
公務員は 3階建て(共済年金)なので 一般人よりは多くもらえるでしょう。

今のご時世 会社員は いつ解雇になってもおかしくないですが
公務員は 犯罪を犯さない限り 解雇はないので 安心ですよ。

Q今日はボーナス支給日・・・あれ、入ってない!

今日はボーナス支給日なので、9時頃確認しにコンビニへ行きました。
ところが、入っていませんでした!!
昨日確かに15日に振り込まれますと言われたのに・・・・

給料日は普通9時から入っているのですが、ボーナスはお昼から入っているのでしょうか?
今日は休みなので、朝に代引きを頼んでしまっていて、午後13時には病院に予約をとっているので困っています。
よろしくお願いします。

ちなみに銀行はJAバンクです。

Aベストアンサー

手続きの遅れ(会社側)のことが多いです。
額の算出を間違ったので訂正したとか、
算出に手間取ったとか。
前営業日までに出来ていれば朝1、
手続き遅れで当日なら当日中(15時頃まで?)に処理されると思います。

これは会社に聞いた方がいいです。

Q【公務員試験】地方公務員上級と国家II種について

26歳、男性です。
4ヶ月ほど前に勤めていた会社が倒産し、無職の身となってしまいました。
保障や保険なども受け取りつつ再就職を目指していた時、公務員試験の情報がふと目に付きました。
色々調べて見る内に、恐らく自分が受けれるのは(学力の意味ではなく年齢的にです)地方上級か、国家II種であると言う事が解りました。

その後、本やサイト等で二つの試験を比較検討してみたのですが、いまいち難易度の差が見えにくく、「この様な差がある・差はない」等、皆様のアドバイスを参考にさせて頂ければと思っております。勿論、試験の難易度だけでなく突破の難易度もお聞かせ願えれば幸いです。
地方上級の場合であれば実家のある小さな町役場で働いてみたいとも思うのですが、約20科目を全て受ける地方上級に比べ、国家II種は科目をある程度絞れる、と言う様な事も書いてありました(これについてもお答え頂ければ幸いです)。

4年生大学(文型)を卒業しておりますが、高校の頃の科目選択で物理・世界史等は全く、少しも触れておりません。
また大学を出て以来、教養知識などは全く目にしていない現状を考えれば、生半可な学習では通用しないと言うのも覚悟しております。
最低でも1年間勉学に専念し、来年の試験に備えたいと思っております。その点でも何かアドバイス頂ければ幸いです。

どうか宜しくお願いします。

26歳、男性です。
4ヶ月ほど前に勤めていた会社が倒産し、無職の身となってしまいました。
保障や保険なども受け取りつつ再就職を目指していた時、公務員試験の情報がふと目に付きました。
色々調べて見る内に、恐らく自分が受けれるのは(学力の意味ではなく年齢的にです)地方上級か、国家II種であると言う事が解りました。

その後、本やサイト等で二つの試験を比較検討してみたのですが、いまいち難易度の差が見えにくく、「この様な差がある・差はない」等、皆様のアドバイスを参考にさせて頂ければと思っ...続きを読む

Aベストアンサー

国家II種、地方上級ともに過去問や参考書は溢れていますので、だいたいの難易度を掴むとよいでしょう。それでどちらも同じ程度だと感じられたのであれば、そういうことです。実際、それほど大きな差異があるわけではありません。

また小規模な自治体の場合は採用活動を行わない年次もあるので、地方上級を目指すのであれば、情報収集を怠らないとともに、周辺市町や都道府県の受験も可能性として頭の片隅にいれたほうがいいかもしれません。

採用については地方上級のほうが若干難しいという意見があります。その理由として、都庁や政令市は転勤があまりなく待遇も良いため人気が高いこと、逆に地方都市や郡部では採用枠が小さく熾烈な競争になりやすいことが挙げられます。

とはいえ。国家II種か地方上級かは公務員受験者にとって永遠のテーマでもあり、難易度等いろいろ情報が飛び交っていますが、実際にそこまで大きな差があるわけではないので、そのことはあまり気にせずに働く環境・業務内容・待遇を第一に判断すればよいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング