こんにちは。
私は最近転職しました。
正社員5人他3人ほどの診療所です。
試用期間もそろそろ終わるころです。
最近知ったのですが、会社が厚生年金に加入しておらず、他の職員は自分で国民年金を払っているそうです。
健康保険と雇用保険は入れるようです。
面接のとき保険は入れます。と言っていたのですっかり4大保険のつもりでした。
確かに厚生年金は入れますか?
と訊いたわけではないですが、なんだかだまされた気分です。
以前アルバイトのときですら、厚生年金は、
「社員なみに働くとどうしてもはいらなきゃいけないだよ」といわれ、加入していたので、まさか、加入できないとはおもいませんでした。
これは違法ではないのですか?
医療法人社団です。
個人経営では当たり前のことでしょうか?
匿名で労働基準監督署に相談し、加入するようにしてもらうことなどはできますか?(すぐ私だってバレそうですが)
いやなら辞めるしかないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 フルタイムでお働きなら、年金加入義務があります。

しかも社団法人に雇用ならば無条件です。個人経営でも、法人格があれば加入義務があります。

 普通は社会保険(健康保険と厚生年金)はワンセットで加入するので健保組合などをのぞいて片方だけの加入はできないのですが、診療所だから「医師国保」を使われているのでしょうか。(下記URL)どうもその辺はご質問だけでははっきりしません。個人でも5人以上の従業員を使う場合は政府管掌健康保険と厚生年金強制加入なんですけどね。

>これは違法ではないのですか?
質問内容からすると違法の可能性が高いです。

>個人経営では当たり前のことでしょうか?
残念ながら、今の日本では良くあることです。

>匿名で労働基準監督署に相談し、加入するようにしてもらうことなどはできますか?(すぐ私だってバレそうですが)いやなら辞めるしかないのでしょうか?

対策は3つあります。
1、今行動を起こす。

 まず、経営者に「厚生年金に入ることを求める」 
 それでダメなら、確認と言う制度があります、これは社会保険事務所にいって、「私は厚生年金に入れてもらわないといけない人ですよね」と確認を求める制度です。確認されたら、お役所の指導が入ります。

(厚生年金法)
第18条 被保険者の資格の取得及び喪失は、社会保険庁長官の確認によつて、その効力を生ずる(後略)

第31条 被保険者又は被保険者であつた者は、いつでも、第18条第1項の規定による確認を請求することができる。(後略)

 監督署に行くのは間違いなくムダ足ですからやめてください。社会保険事務所です。依然は結構未加入事業所の指導はいい加減でしたが、最近改善されつつあります。

2.辞めた後に行動を起こす。
 辞めたときに上の確認請求をして、厚生年金は2年で保険料が時効になりますから、2年分は遡って適用してもらう。
さらに、「事業所は本来加入しなければならなかった被保険者を加入させなかったことになります」から場合によっては損害賠償請求が可能です。(かなり話が大がかりになり、大変なんで普通はしませんが)

3.あきらめる
 もうこれは、説明する必要がないですね。

 ただ3のあきらめるでも1つだけ心がけてください。
 自分が重い障害状態になった場合には、厚生年金から「障害年金が支給」されます。加入義務があるのに加入していない場合には、上の確認請求で障害年金を貰うとか、別途少なくない損害賠償の問題が必ず発生しますから、そういう事故がおきたときは絶対あきらめないようにしたほうがいいと思います。一生の問題ですから。

 いずれにしろ、従業員が5人程度の診療所ですから、非常に判断は微妙(今動くか、将来動くか、動かないか)ですよね。 
 慎重にお考えの上行動してください。
 

参考URL:http://www.saga.med.or.jp/saga_med/home/medical/ …

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
はい、医師国保です。(なんとか医師国保でがんばっていますというようなことをいっていたのですが、組合健保にならなければいけないということなのかそのへんも疑問)(以前のところは医師国保+厚生年金でした)
まだ新しい診療所で最近医療法人になったばかりです。
もし、厚生年金に加入してください、とお願いしても、きっとその分給与からそのまま差し引かれるだけなのでしょうね。
他の職員は若い人もいて国民年金はもらえるかわからないのではらっていないそうです。
職員で団結して、ともいかなそうです。
(給与減らされてまで不安定な年金払いたくないと思うでしょう)
傷害年金というのは厚生年金にしかないのですか?
確かに賞与はありますが、厚生年金がないんじゃ正社員の意味がないように思います。
どうりで、給与が平均より2万くらい高いと思ったら…。
社団法人なら、無条件で加入、といのは職員が1人でも、ということですか?
雇用保険と医師国保の手続きは催促されていてちょっと困っています。

補足日時:2005/04/04 13:42
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q44年の特例で定年後満額の厚生年金はもらえるのですが、再雇用しようと思

44年の特例で定年後満額の厚生年金はもらえるのですが、再雇用しようと思っています。
再雇用すると月160,000円でボーナス年間600,000円で、年間2,520,000となります。

再就職すると失業保険から月20,000円ぐらいもらえると聞きました。
厚生年金は年間2,088,000円の見込額です。月174,000です。
再就職すると厚生年金がひかれると聞きます。
年間給与所得2,520,000円月210,000のとき。
再雇用した場合、厚生年金額はだいたいどのくらい支給されるのでしようか?
再雇用した場合のおよその収入を知りたいのでよろしくお願いします。
再雇用を1年でやめた場合44年の特例はそのまま継続されるのでしようか。
再雇用の参考にしたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

フルタイムやそれに近い勤務形態の非常勤で再雇用された場合、
厚生年金に加入する義務があります。
なお、厚生年金に加入している間は、44年の特例は受けられません。
厚生年金は普通の人と同じ、報酬比例部分だけの支給になります。
あとでさかのぼって特例分の差額が支給されることもありません。
在職老齢年金で年金月額と直近1年間に受けた賞与の1ヶ月分と給与の
総合計が28万円を超えれば支給がカットされたりします。

厚生年金に入らなくて済む程度の勤務時間や勤務日数で働かないと
44年の特例は受けられないことにご注意ください。

Q厚生年金適用事業所が厚生年金未加入だった場合

厚生年金適用事業所が厚生年金未加入だった場合
厚生年金が適用される会社に5年前まで4年ほど契約社員として働いていたのですが、
最近その会社に勤めていた時の年金が未納になってる事に気が付きました。
どうしたものかといろいろ調べると控除をされていない場合2年の時効を過ぎると
その期間はどうやっても納付扱いにならないみたいです。
もうこの場合は会社相手に損害賠償請求しかないでしょうか?
もちろん揉め事は避けたいので年金未納期間が埋まればそれでいいのですが・・・。
そして裁判をしたところで勝てるでしょうか?
言葉足らずだったらすいません。

Aベストアンサー

本来は適用事業所であるべきなのに、事業所が未適だったということですね。だから、社会保険料も控除されておらず、従業員は国保と国民年金であった。

ここで考えられる損失は何か。
第三者委員会においては、保険料控除されていたが記録されていないという点を救済します。第三者委員会においては、保険料が控除されていなければ、(また標準報酬が低く設定されているとき、その低くされた標準報酬相当の保険料を超えた額が控除されていなければ)、損失はないものとします。ただし、損失はないとしても、実際とは異なる点から、事業主が追納する場合において、実際の標準報酬へ回復させるあっせんを行うことがあります。

年金事務所においては、お調べの通り、2年間の時効により保険料の取立てができません。無論、その前段階である適用についても。
未適事業所の存在については、国の年金事業一番のネックです。政府もうかつにこの問題に触れるのを避けています。当然法律により強制的に適用できますが、必ず滞納事業所になります。そうなれば法律通り強制執行ということになりますが、そうなると会社がなくなる可能性が高い。適用になったのはいいけれど、会社がなくなったとは。こうなるのもそもそも、起業する条件として適用事業所である必要がないなど会社設立時に関する問題があります。法的不備です。そういうことで年金事務所は腰が重い。
あとは労働組合による団体交渉ですが、今からは厳しい。調停やあっせんは参加の見込みが少ない。
訴訟は記憶になく、いまだ争われたことがない事件でしょう。訴訟は法律通りの判定となると考えられるので、やはり2年の時効規定により、訴訟利益なしと却下されるのではと思いますが。

本来は適用事業所であるべきなのに、事業所が未適だったということですね。だから、社会保険料も控除されておらず、従業員は国保と国民年金であった。

ここで考えられる損失は何か。
第三者委員会においては、保険料控除されていたが記録されていないという点を救済します。第三者委員会においては、保険料が控除されていなければ、(また標準報酬が低く設定されているとき、その低くされた標準報酬相当の保険料を超えた額が控除されていなければ)、損失はないものとします。ただし、損失はないとしても、実際と...続きを読む

Q厚生年金に、60歳までに、44年加入した場合に限り、60歳から、満額の

厚生年金に、60歳までに、44年加入した場合に限り、60歳から、満額の年金がもらえるのですか。

Aベストアンサー

御質問の件は厚生年金長期加入の特例というものですが、60歳までに44年加入した場合に限るという訳ではありません。60歳以降に44年に達した場合も含まれます。但し「退職をしていること」という条件がつきます。ですから60歳までに44年加入しても在職していれば定額部分は支給されません。(S.24.4.2以降生まれの男子は定額部分の支給はありません。65歳から老齢基礎年金として支給されます。)つまり44年加入していても退職しない限り、質問者さんのおっしゃる「満額の年金」はもらえません。もし44年加入して退職されたなら定額部分¥792413と一定の条件を満たせば配偶者加給年金額¥396000が加算されることになります。

Q健康保険と厚生年金の加入について

会社で総務・人事などを担当されている方、
または社会保険について知見のある方、よろしくお願いします。

会社に勤めている人で
 健康保険は未加入
 厚生年金は被保険者
またはその逆で
 厚生年金は未加入
 健康保険は被保険者
というケースはあり得るのでしょうか?

一般的には、
どちらか一方が未加入ということはないとの認識ですが、
たとえば、従業員が海外に赴任したときなどは
どうなるのでしょうか。
出国先と締結している社会保険協定の内容により、
加入・未加入の状態が異なることもあるのでしょうか。

できれば法的根拠なども含めて
ご教示いただけると大変ありがたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

社会保険協定締結国ならその内容に従います。

それ以外の国に赴任した場合は厚生年金も健康保険も国内勤務と同じ扱いです。

駐在国で病院にかかると、医療費はとりあえず全額支払い、領収書と領収書を翻訳したものを添付するとその支給決定がなされた日の為替レートで日本円に換算され、事業主経由で療養費として個人負担部分を除いて支給されます。

余談ですが
当方は2カ国駐在(住民票は日本にない)しましたが、社会保険協定締結国でなかったので国内勤務と同じ感覚でした。
(必要な税金、保険料等のみ国内給与として受取し、残額を現地給与として受取る。)
また私は健康保険組合でしたが、他社の方(健保)も同じだと言ってましたね。

これとは別に会社負担で海外旅行障害保険をかけてくれていたのでこちらを利用して病院にいってました。
(小さな病院等で海外旅行障害保険が使えないところは組合健保を使う)

Q厚生年金1年以上 60歳から満額もらえる部分

厚生年金には基礎部分と報酬によって変わる部分があり、厚生年金に1年以上加入していた人は、報酬によって変わる部分を60歳から満額でもらえるとニュースでやっていました。
60歳からもらうと減額される制度と混同して、申請しない人が多いとか。

この報酬によって変わる部分だけを60歳から満額もらうという制度を利用する場合、なんの申請にきたと伝えれば良いのでしょうか?
こちらの伝え方が悪くて、窓口の人が減額して60歳から支給する方を手続きしてしまったら困りますよね。

Aベストアンサー

特別支給の老齢厚生年金のことでしょうか?
第7節 特別支給の老齢厚生年金(法附則 8)
http://www.sia.go.jp/infom/text/kounen07.pdf
特別支給の老齢厚生年金
http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/nenkin/tokubetu_rourei.html

受給要件
・60歳以上65歳未満である者
・ 厚生年金保険の被保険者期間が1年以上あること
・ 原則として、国民年金の保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間が、25年以上あること
  (平たくいうと、厚生年金、共済年金、国民年金の合算期間が25年以上あること)

ですが、支給停止になることもあります。
社会保険庁:2.老齢の年金を受けている方の届出・年金額について
http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/todokede_ans02.htm

支給を受けるためには裁定請求をする必要があります。
社会保険庁:裁定請求
http://www.sia.go.jp/sinsei/nenkin/saitei/index.htm

特別支給の老齢厚生年金のことでしょうか?
第7節 特別支給の老齢厚生年金(法附則 8)
http://www.sia.go.jp/infom/text/kounen07.pdf
特別支給の老齢厚生年金
http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/nenkin/tokubetu_rourei.html

受給要件
・60歳以上65歳未満である者
・ 厚生年金保険の被保険者期間が1年以上あること
・ 原則として、国民年金の保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間が、25年以上あること
  (平たくいうと、厚生年金、共済年金、国民年金の合算期間が25年以上あること)

ですが、支...続きを読む

Q会社が厚生年金や雇用保険に加入してくれません

社員数名の小さな有限会社に勤めています。

私の会社では厚生年金、社会保険、雇用保険などに加入していません。
国民年金と国民健康保険に自分で加入している状態です。

会社にはどうにか加入してほしいと思っているのですが、どうしても加入してくれません。

社長に言っても「まあ、そのうち。」「売り上げ悪くてね。」
みたいな感じでいつもはぐらかされてしまいます。
「加入は会社としての義務じゃないんですか?」と言ってみると、
「いや、税理士に確認してあってね、加入してなくても大丈夫なんだよ。」
と言われてしまいます。

私がそんなことを言うので、最近少し社長にも煙たがられている感じがあります。
それを理由にってことは無いでしょうが、何かのきっかけで解雇になったりしたら雇用保険に入っていないのでそれこそ大変なことになります。
今の感じだと退職金も出ないでしょうし。
他の社員(といっても数名ですが)はおとなしい人達で、相談してもあまりこのことには触れたくない様子です。

かなり特殊な業種で仕事自体は大好きなので、できればこの職場を辞めたくはありません。
同じ業種で別の会社に転職するのはかなり難しいです。

将来や万が一の時がとても不安です。
どうしたら会社が加入する方向に持っていけるでしょうか。
アドバイスお願いします。

社員数名の小さな有限会社に勤めています。

私の会社では厚生年金、社会保険、雇用保険などに加入していません。
国民年金と国民健康保険に自分で加入している状態です。

会社にはどうにか加入してほしいと思っているのですが、どうしても加入してくれません。

社長に言っても「まあ、そのうち。」「売り上げ悪くてね。」
みたいな感じでいつもはぐらかされてしまいます。
「加入は会社としての義務じゃないんですか?」と言ってみると、
「いや、税理士に確認してあってね、加入してなくても大丈夫...続きを読む

Aベストアンサー

雇用保険に加入していないと失業保険も貰えないし、離職票も貰えないので、失業時や次にちゃんとした所へ就職する際にメチャクチャ不利です。
社会保険に加入していないので、アルバイト扱いではないでしょうか?
所得税や住民税は差し引かれていますか?
所得税が10%だったらアルバイト扱いだと思います。
特殊な業種で仕事が大好きとの事ですが、ご自分で会社を立ち上げて、そこから仕事を請負う契約にしたら良いのでは?
もしかしたら、特殊な業種なので別のお客様から仕事が入って来る可能性もあります。
そうすればご自分で社会保険に入れます。(経営者は雇用保険に入れませんが)

Q父は今年65歳になります、国民年金で満額支払い済みで、今月から職場で社保に加入です。厚生年金を始めて

父は今年65歳になります、国民年金で満額支払い済みで、今月から職場で社保に加入です。厚生年金を始めて払う事になりますが、掛けた分は貰えるのでしょうか?

Aベストアンサー

>掛けた分は貰えるのでしょうか?
もらえます。
保険料からすると、あまり効率はよくないですが、
老齢厚生年金の部分が退職後、または70歳以上
となったら、加算されます。

年金を既に受給中だと思われるので、
在職者年金制度により年金の支給に
制限が受けるケースがあります。
http://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2015/20150513-01.html

質問文面からだと大丈夫そうに思えますが、
いかがでしょうか?

Q株式会社で社会保険と厚生年金に未加入→違法?

義父が4年ほど前に株式会社を立ち上げました。
いま従業員は義母と義姉の2人です。
厳密に言うと、義母は登記上取締役(役員)です。

つい最近知った話なのですが、この会社、
社会保険にも厚生年金にも加入していない
とのことでした。
私が少し調べたところによると、
「株式会社」は従業員数によらず社保も厚生年金も
加入の義務があるとのこと。

この会社は違法状態なのでしょうか。
また、罰則の有無、罰則の対象(過去にさか
のぼって未払い分を支払うのか)などあるのでしょうか。

詳細お分かりになる方ご回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

罰則はあるようですが、よほど悪質でない限り罰則の適用や
遡及加入はないようです。
それぐらいの小規模の事務所なら今のところは何かしら目をつけられない限りは
大丈夫とは思います。

ただ、従業員や役員全員が加入しないといけないかというとそうでもなく、
規定労働時間の3/4以下のパートや非常勤役員は加入の義務がありません。
ので、義母と義姉は非加入で済む場合もあります。

代表取締役は役員報酬があると加入義務があります。
ただ、国民健康保険入るよりも社会保険入って家族を扶養に入れたほうが
多分得です

Q厚生年金の満額支払額を増額する方法

って何かありますか?
たしか国民年金だと500円増しで支払うとできる制度があったような気がします。
厚生年金では無いのでしょうか?

Aベストアンサー

有りませんよ、支払額、勤務先に間違いないか年金の確かめが来ましたよね、厚生年金は毎年減額、支払う若者は毎年増額ですよ、それに対して公務員の共済年金は支払った額は少ないのに、厚生年金は二階建てに対して3階建てで多くもらいます、さらに、驚くのは、厚生年金は妻しか遺族年金はもらえないのに対して、公務員の共済年金は妻がいなければ子供、子供がいなければ両親、両親がもういなければ祖父母がもらえるんですよ、国民をばかにしていると思いませんか、こんな事を平気ですねのが官僚ですよ、早くやめるようにするか、厚生年金も、子供や親がもらえるようにしてほしいですね。

Q正社員なのに健康保険、厚生年金未加入にされ、過度な労働にともない、サー

正社員なのに健康保険、厚生年金未加入にされ、過度な労働にともない、サービス残業三昧の会社でした。

結論から言うと、このようなずさんな体制の会社には、いられないと思い、会社は辞めました。
これで、最後の転職と考えていたのに職歴に傷をつけてしまい、このまま引き下がるのは、悔しいんです。
働いた分のサービス残業を請求したいと思っています。
みなし残業というのがあるので、人によるとそれをOKしたのであれば、もらえないといっていますが、その反面、みなし残業分も請求できるという人もいました。どちらにしろみなし残業分を明らかに超える分の残業は、請求できると思っているんですが、無理なのでしょうか。
タイムカードの証拠もあります。
労働基準監督署にもいきましたが、残業代は請求できるとはいわれましたが、いまいち確信的な説明もなく、この紙で請求してくださいと請求する時に使う紙を渡されました。その紙自体にたいして効力がある感じではないし。


《これまでの経緯》
転職し、入社して、半年くらいたち、年金の未納の通知が届き、厚生年金に入っていないことに気付きました。
健康保険も以前の会社の任意継続もいつの間にか切れていて、数ヶ月間収めていない状態で、いざ病院にいこうとしたら、保険証が切れてることに気付いたんです。

仕事がかなり忙しい上に、そのような知識がほとんどなかったので、『えっ、なにが起きているの?私なにもはいってないことになってる』とかなり焦りましたが、年金は国民年金で自分で支払い、健康保険は、今更払わなくても、病院にかかった月から払えばいいと、その会社の社労士にいわれたので、その通りにしました。

その後、その件をネットで調べたり、詳しい友達に聞いたりしましたが、
会社の違法やずさんな体制に腹が立ち、というか、残業代もろくに払えない企業、危機管理能力等の欠如など他にもたくさんありましたが、色々不安になり、こんな会社にはいられないと辞めました。

そもそも、健康保険、厚生年金にはいるかはやはり会社の方から手続きするからというのが段取りだと思うんですが、どうなんでしょう。
自分で入っていないから、入れてくださいといわないといけないんでしょうか。
そんなことはないですよね。

応募する際にみた[募集要項]にも各種社会保険完備というふうに記載もありましたし。



とにかく、残業代は、できればしっかり取りたいと思っています。
こちらから請求しても相手が無視したら、意味がなくなってしまうので、
無視できない状態にしたいのです。
裁判でという話にすれば、こちら側が勝つと思うのですがそれを起こす費用もないですし、時間も無駄です。
なので、本当であれば、会社側から能動的に払うべき社会保険等も払われていなかった分もあるのでそれを引き合いにだせば、残業代等を払ってもらうことはできるのかなとおもったのですが。
もっと強制的に残業代をはらってもらうには、どうすればいいのでしょうか。
なにか得策は、ありますか。

支離滅裂でわかりずらくてすみません。

どうか、おわかりになる方がいらっしゃれば教えていただければと思います。
よろしくお願い致します。

正社員なのに健康保険、厚生年金未加入にされ、過度な労働にともない、サービス残業三昧の会社でした。

結論から言うと、このようなずさんな体制の会社には、いられないと思い、会社は辞めました。
これで、最後の転職と考えていたのに職歴に傷をつけてしまい、このまま引き下がるのは、悔しいんです。
働いた分のサービス残業を請求したいと思っています。
みなし残業というのがあるので、人によるとそれをOKしたのであれば、もらえないといっていますが、その反面、みなし残業分も請求できるという人もいまし...続きを読む

Aベストアンサー

> 働いた分のサービス残業を請求したいと思っています。

不払い賃金に関する事項は2年間です。
それ以前の分があるのなら、残念ながら諦めるしかないです。


> この紙で請求してくださいと請求する時に使う紙を渡されました。その紙自体にたいして効力がある感じではないし。

通常効力が出るのは、
・勤務時間の記録を取得。
・勤務時間の記録を根拠に、内容証明郵便で不払い賃金の支払いを請求。
・指定した期日までに、指定した方法(口座番号)で、指定した賃金が支払いされない事が確認できる通帳のコピーを取得。
なんかを揃えてです。

賃金の支払いを忘れた、遅れたは、直ちに労働基準法に違反する事にはならないです。
まずは、請求を行い、賃金の支払いが行われないって実績を作らないと、労基署は労使間の紛争に積極的に介入を行うのは困難です。


通常であれば、そういう状況での相談先としては、まずは職場の労働組合へ。
組合が無い、機能していない状況でしたら、社外の労働者支援団体へ相談する事をお勧めします。

Yahoo!トップ>ビジネスと経済>労働>労働組合
http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Labor/Unions/

の、
全国労働組合総連合(全労連)
全国労働組合連絡協議会(全労協)
など。


> もっと強制的に残業代をはらってもらうには、どうすればいいのでしょうか。

在職中であれば、労働組合を立ち上げして団体交渉、必要ならばスト権の行使とかって戦略がありましたが…。

> 働いた分のサービス残業を請求したいと思っています。

不払い賃金に関する事項は2年間です。
それ以前の分があるのなら、残念ながら諦めるしかないです。


> この紙で請求してくださいと請求する時に使う紙を渡されました。その紙自体にたいして効力がある感じではないし。

通常効力が出るのは、
・勤務時間の記録を取得。
・勤務時間の記録を根拠に、内容証明郵便で不払い賃金の支払いを請求。
・指定した期日までに、指定した方法(口座番号)で、指定した賃金が支払いされない事が確認できる通帳のコピーを...続きを読む


人気Q&Aランキング