[OCN光]Twitterキャンペーン開催中!

徴兵制について少し検索していました。どうなっているのか興味があったので。
そこで、疑問がわいてきました。
徴兵制が正当化されるのは、主権が脅かされる状況が想定される場合だとおもいます。
ただ、これはあくまでも想定であり、単に独裁的政権を維持したいための治安対策がメインという軍隊もあります。付随的に災害対応もあるでしょう。
徴兵制は、国民国家やナショナリズムと相性がいい制度だとおもいます。
一方、国民にとっては、重い義務でもあり、あまり人気のある制度ではなく、徐々にその歴史的使命を終えつつあるようにおもっていました。
特にアメリカと中国は、実質志願制です。
赤紙一枚で容易の兵たいをあつめることは、無謀な作戦を帰結しやすいようにもおもいます。
戦争がプロ化することは、テクノロジーの観点からも必然かなともおもいます。
わからないのは、これから先のはなしです。
徴兵制は復活するのか、廃れるのか?
さらに、プロ化するのか?
そして、その結果は平和に寄与するのか?逆なのか?

教えて!goo グレード

A 回答 (10件)

>徴兵制は復活するのか、廃れるのか?



傾向としては、民主化に伴い廃れています。民主化は帝国主義と相性が悪く、国民の生命の価値が高く保たれます。要は命の値段が安い奴等と戦うために、より値段が高い自分達を命を危険に晒すのは割りに合わないということです。

しかしながら、周辺に帝国主義的傾向の国や疑心暗鬼な独裁国家があると、安い命を使った武力行使がありえます。日本の周囲もそういう状況です。そうなると、それが消耗戦に至る程なのかどうかが次の論点です。

日本は幸いにして海に囲まれていますので、兵力を陸揚げするための兵站が課題です。中朝韓露の海上兵站能力はそれを満たしていないので、日本国内陸上での衝突は無いでしょう。戦闘は海空、精々海岸線となります。ここに寄せ集め兵が役に立つことはありません。あるとすれば武器弾薬の輸送ですが、民間協力の範疇です。

故に日本では徴兵制復活の理由はありません。強いて言えば定員割れが著しい状況になったとき。

>さらに、プロ化するのか?

歩兵以外ではプロの技能を要求されるものばかりです。あえて民間と近いところを探しても、輸送、土木、医療、調理ぐらいじゃないかと思います。

>そして、その結果は平和に寄与するのか?逆なのか?

安い命を大量に消費する理由は、戦争そのものです。なので、職業軍人のみで軍が構成される状況は「平和である」ということです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
最後の言葉の職業軍人のみで軍が構成される状況は、「平和である」というのは、すごい言葉ですね。
平和をそんな風に定義する人が、おられるんですね。
びっくりしましたし、そうなのかともおもいました。
日本で徴兵制がありえないのことを、軍事的観点から合理性がないと指摘されたのも、驚きました。

平和を担保するためにも、多様な観点からの見方が必要だとおもいましたね。
戦争反対、軍備縮小、核廃絶をとなえることが無益とはおもいませんが、平和を自己満足ではなく本当に実現するには、もっと具体的な洞察なり、制度設計なりが必要とおもいました。

お礼日時:2022/08/13 13:24

フランスは2001年まで徴兵制を敷いていました。

現在でも徴兵制に類する制度を設けていたと思います。興味深いのは、左派勢力が特に徴兵制廃止に反対していたという点です。
彼らの言い分としては国家を守るのは貧富も身分も関係なく国民に平等に課せられるべき義務なんだそうです。徴兵制は自由主義とも相性がいいのかもしれませんね。

個人的には徴兵制は復活しうると思います。ただし、第二次大戦の頃のように、徴兵が即前線に送らることはないんじゃないでしょうか。それこそ一般人の私達が短期間の訓練で使いこなせるほど、現代の兵器は簡素じゃないでしょうから。
ただ、志願兵が前線に出た後の後方を徴兵が埋めるということはありうるかもしれませんね。
また、徴兵が即ち軍事訓練というわけじゃなく、民間防衛の教育課程として復活するのはありうるかもしれません。それこそスイスのように。

いずれにせよ、日本人にとっての平和は、日本の存立がいかなる外国からも支配されないという観点で論じるなら、もちろん平和に寄与するでしょう。
無謀な作戦を行う云々は徴兵制とは別次元の問題かと思います。

こんな意見を書くと、ジジイが無責任な意見を書いている、徴兵されるのは若者だって反論がなさる事がありますが、もし日本で徴兵制を復活させるのなら是非とも私を含む中高年層から始めてもらいたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
徴兵制の復活もあるという意見ですね。
限定的なかたちではあるのでしょうが。
相当おもい義務を課せられるわけですから、抵抗もおおきく、よほどのことがないかぎりないのかなとおもいました。

お礼日時:2022/08/14 00:17

民主制が発達した国では、兵士の


命は重くなります。

だから。

これから先の戦争は、無人兵器が
中心になってくると思います。

朝スーツで出勤し、無人兵器を操作して
敵を殺し、
夕方帰宅して、家族団らん。

自国民の被害が少なくなるので
気軽に戦争出来るようになるでしょう。


こういう時代になったら、徴兵制は
古代の遺物です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
無人化ですね。
偶発的に戦争が起きそうですよね。
理由なんか必要なさそうてす。
演習と実戦の区別が曖昧ですね。

お礼日時:2022/08/13 22:01

#7



ここだけ。

>徴兵制は、ナショナリズムに火をつけ、

逆ですよ。徴兵制に疑問を抱かせないようにするため、ナショナリズムに火をつけるんです。

そもそも、日露戦争、第二次世界大戦で過剰にナショナリズムに火をつけたのは、マスゴミでしたけどね。もちろんそれだけではないのですけど、人事のように言うマスゴミは何様なんだよという気しかしません。

今はその反動だかで、何が何でも非戦という方向に煽ってます。日本は悪いという観念に凝り固まっているので、反日国家を利するための売国勢力と一体なんだか利用されてんだか、利用してんだか訳が分からない状態です。

ずっとマスゴミは死んだままです。報道は不正確で、世論を喚起するためのアジテーションに終始する。「角度をつけた報道」とか「報道しない自由」とか明言してますしね。印象操作にもご熱心で、過去にどれだけ市井の人がマスゴミの犠牲になったことやら。

>泥沼化し、

徴兵制と直接の関係はないです。論説委員とかデスクのチェックが入っているので、「つい、うっかり」ではないですよ。わざと角度を付けるんです。

>練度の低い兵は、汚い戦争しかできないと今朝の新聞記事のかいてありました。

ハーグ陸戦条約を教えない軍ですから、錬度の問題じゃなく、その軍の問題です。教えられていてもハーグ陸戦条約を守るための錬度が要るという主張であれば、合理性の欠片もありません。これもわざと角度をつけた例ですね。こんな印象操作厨どもが、マスゴミという公器を使って私刑を実施するのですから、呆れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々の回答ありがとうございます。
ナショナリズムに火がついて、徴兵制ですね。確かに、今のウクライナなんかいきなり、男は全員徴兵可能にしましたよね。驚きました。
徴兵制により、ほぼ無制限の兵力投入が可能になり、戦争が長期化するというのは、ありそうですよね。政治が決めた以上は戦争は続く。

お礼日時:2022/08/13 16:24

#5



>平和を担保するためにも、多様な観点からの見方が必要だとおもいましたね。

軍事は他の分野と違って「リアル」なんですよ。妄想や願望が入る余地はない。更に実の戦争になると、「今」というリアルになります。

機会があれば、アサルトライフルや無反動砲、迫撃砲、対空砲ぐらいは実射してみると良いでしょう。リアルなものをリアルと認識する機会となります。

また、実際の戦争を観にいくのも良いかもしれません。しかしながらこれは戦闘に参加するとか、ぶらっとシリアに密入国すという意味ではありません。その辺の手法が判るようになった頃には、リアルの意味もよく分かっていることでしょうけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
徴兵制は、ナショナリズムに火をつけ、泥沼化し、練度の低い兵は、汚い戦争しかできないと今朝の新聞記事のかいてありました。
また、第二次世界大戦では戦闘でなくなられた方より、病気や餓死した方の方が多いとききました。
リアルな戦争の質が、こうした兵や物資のロジスティクスによってきまるのかなとおもいましたね。

お礼日時:2022/08/13 14:16

補足



ロシアでは選択的徴兵制が行われています
完全に撤廃されたわけではありません

ウクライナ侵攻に伴いロシア軍事に関する解説で有名になりました
小泉先生が五年ほど前に記事を書いて居られます
https://wedge.ismedia.jp/articles/-/11008
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足ありがとうございます。
プーチンが徴兵をなくす方向も考えていたんですね。
戦争ではなく、軍事作戦とこだわる理由がわかる気がしました。

お礼日時:2022/08/13 13:28

今は核抑止力時代だと思うんですよ。


これは最終的に地球を粉々に吹っ飛ばす核又は兵器に近いものを誰かが完成させることで終わります。その時期はそれなりに近いとみています。

これで全世界が核や大量破壊兵器の類を放棄せざる得ないんですね。どうせ使えなくなるわけです。それを使って戦争をすることは地球破滅を意味します。

そうすると戦争はネットで陰口言ったり、水道に毒流して変な噂を広めたり、病気をまいたりと陰湿化するので、プロしかできなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

核を越える兵器があれば、核兵器は単なるおもちゃになりそうですね。
その究極兵器をだれがいつ作ってしまうのでしょう。
戦争の主戦場がサイバー空間になりそうですね。

お礼日時:2022/08/13 12:26

現在ロシアでもウクライナでも徴兵制はありません、現場で戦闘しているのは職業軍人です。


徴兵制が執行されるのは「国家総動員令」が発令された時です、職業軍人だけでは足りない場合に適切な年齢層の者から順次徴兵されます、この時は反対できません、徴兵に応じなければ重罪になります。

素人ですから、もちろん戦闘に加わるまでは訓練があります。

日本は現在のところ防衛のみしかできませんが、いずれは反撃もできるようになるでしょう、領土及び国民の生命と財産を奪わるのを防衛だけで防げないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
徴兵制復活の可能性もあり得る。

お礼日時:2022/08/13 12:21

今後は全ての兵力はドローン化に向かいますので徴兵もeスポーツ的なスキルを持つ人が重宝されるのかと。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

無人化ですよね。さらに、仮想空間での勝負にもなるとますますプロ化する。
国際的なプレイヤーが出現して、野球みたいにヘッドハンティングとかも起こりそうです。

お礼日時:2022/08/13 12:19

ドローンやAIを導入した自動化車両などが研究され実用化されたモノもあれば、やがて実用化されそうなモノもありますね



今の社会的な流れに沿うなら人的な被害は出来るだけ避けたいと考えるのは
例え独裁的な国家でも同じでしょう

プロ化するのは必然だろうけど
その結果、戦いや生き死にが第三者的なモノになり
自分は安全地帯という事で言説が現実離れした過激化しかねないってリスクは増すかもね
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
プロ化するのは、必然でしょうね。それが、暴走する危険とも背中合わせなんでしょう。

お礼日時:2022/08/13 12:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング