今日100均一店で新品のクラシックのCDが店に沢山並んでいました。偉大なる作曲家シリーズのタイトルでいろんな作曲家のCDがありました。安いので5枚位買いましたるチャイコフスキーにメンデルスゾーン、ラフマニノフ、グリーグ、ショパン。音質は24ビットマスタリングでDDDデジタル編集採用とあり臨場感のある音質とありました。なるほど聞いてみるとかなり音質もよくて満足していますが普通の高いCDクラシックとどう違うのでしょうか?高くても音質は悪いのが多いし。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

クラシックは他の音楽と違録いライブ音のみです。


普通の高いCDクラシックは、有名なライブ録音が多いのです。まだ、解説が詳しく載っています。
その分、値段が高くなっているのです。

100円のクラシックCDは、普通のライブ録音なので、初めて聞く人にはもってこいです。
内容は普通だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくありがとうございます。高いCDより音質はいいので満足しています。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/03 22:09

100円CDでご満足されているようでしたら、書店でクラシック曲解説の本を買ってみると良いでしょう。



100円CDではわからない作曲者の解説、曲に込めた作曲者の心境などがわかります。
    • good
    • 0

多くは著作権切れのレーベルです、



音質はまあまあですが、解説書が有りません

知らない曲や知らない演奏者は、

ネットで調べましょう。
    • good
    • 0

私も100円で10枚ほどクラシック買いました。



そんなに音質は悪くないと思います。

ただ高いCDは、オーケストラが有名とか楽団が有名で、録音状態も最高の状態でしているだけです。

でも100円でも楽団も結構有名な楽団ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。100円の中でも24ビットマスタリング及びDDDデジタル編集採用と書いてるCDはすごい音質がいいです。このシリーズを集めたいと思います。

お礼日時:2005/04/03 22:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワールドベースボールクラシックのクラッシックの意味

ワールドベースボールクラシックのクラッシックの意味

Aベストアンサー

MLBでは夏のオールスターゲームを別名Mid Summer Classic、同様に秋のワールドシリーズをFall Classicとも呼び、World Baseball Classicという名称には、これらの重要な公式行事と同格であるというMLB機構の大会に賭ける意気込みが窺える。
ウィキペディアより

Q【結婚行進曲のメンデルスゾーンの】メンデルスゾーンってなんですか? メンデルスってどういう意味です

【結婚行進曲のメンデルスゾーンの】メンデルスゾーンってなんですか?

メンデルスってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

もうすでに答えが出ていますが、「メンデルスゾーン」は、その曲の作曲家の人名です。

 ドイツ語的には、「メンデルさんちの息子」というような意味です。ご先祖にメンデルさんがいて、そこの子供の家系ということで苗字になったのでしょうね。
 ちなみに、作曲者メンデルスゾーンの家は、19世紀のドイツのユダヤ系銀行家で裕福なお宅でした。
 でも、メンデルスゾーンは体が弱かったのでしょうか、38歳で亡くなっています。
http://www.mendelssohn.jp/03/index.html

 「結婚行進曲」は、シェークスピア原作の「真夏の夜の夢」の劇のための付随音楽として作られた曲の中のひとつです。(ちなみに、この「真夏」は夏至のことです)

メンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E3%81%AE%E5%A4%9C%E3%81%AE%E5%A4%A2_(%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%B3)

シェークスピアの「真夏の夜の夢」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E3%81%AE%E5%A4%9C%E3%81%AE%E5%A4%A2

もうすでに答えが出ていますが、「メンデルスゾーン」は、その曲の作曲家の人名です。

 ドイツ語的には、「メンデルさんちの息子」というような意味です。ご先祖にメンデルさんがいて、そこの子供の家系ということで苗字になったのでしょうね。
 ちなみに、作曲者メンデルスゾーンの家は、19世紀のドイツのユダヤ系銀行家で裕福なお宅でした。
 でも、メンデルスゾーンは体が弱かったのでしょうか、38歳で亡くなっています。
http://www.mendelssohn.jp/03/index.html

 「結婚行進曲」は、シェークスピア原...続きを読む

Q100曲モーツァルトor 100曲クラッシック

クラシック初心者です。最近ストレスを感じることが多いので、ヒーリング効果のあるクラシックを聴いてみようと思っております。エイベックスから出ている「100曲モーツァルト」と「100曲クラッシック」ならどちらがおすすめしょうか?また他におすすめがございましたらお願いいたします!

Aベストアンサー

「癒し効果」 モーツァルト100
の方がいいかも。10枚組でボリュームあります。
クラシック(当方はEMI盤を購入しましたんですが)ボーカルものが入ってて ヒーリング効果にはなりませんでした(エイベックス盤はどうかわかりませんが 似たようなものでしょう)あと 今人気のクラシックギター「村治佳織」お勧めです。

Qチャイコフスキー作曲、作品66

チャイコフスキー作曲、作品66
眠りの森の美女と眠れる森の美女は同じ作品ですが
なぜ日本語の作品名が違うのですか?辞書で調べても
どちらも出てきます。なぜ統一しないのか分かれば
教えて下さい。

Aベストアンサー

私も、♯1の方の回答で良いと思います。
クラシックの場合、たいていは作品番号があって、作品名が違っても他の曲と混同しにくいという事情もあるかもしれません。厳密に統一する必要性があまり無いのではないでしょうか。 

私は、オーケストラ音楽は疎いのでよく分かりませんが、ピアノ曲でもそういうことがたくさんあります。ピアノ曲の場合は、特に、「楽譜が出版された時代」や「楽譜の出版社」が違うと、このようなことが良くおこります。
例えば、ドビュッシーの「映像」という曲集では、
Cloches à travers les feuilles → 葉ずえを渡る鐘/葉蔭を漏れる鐘の音
・Et la lune descend sur le temple qui fut → そして月は廃寺に落ちる/荒れた寺にかかる月
etc....
リストの作品でも
Bagatelle sans tonalité → 無調のバガテル/調のないバガテル/調性のないバガテル(←これは誤訳なので、最近はあまり使われない)

Q東洋的、イギリス風クラッシックについて

東洋的な雰囲気を持つクラシック、イギリス風のメロディを奏でるようなクラシック・・・例をあげてみると、ホルストの「木星」や、「吹奏楽のための組曲」ヴーォーン・ウィリアムスの「イギリス民謡組曲」などなど・・・。日本人がなんとなく好みそうなもの、それでいて、一曲の中に、雄大なメロディ、速い部分で、スピード感があったり・・・。そんなクラシックが大好きなので、マニアックなものでも良いし、勿論有名なものでも良いし、何かお判りの方がいらっしゃれば、作曲者でも曲目でも教えて頂きたいのですが・・。よろしくお願いいたします!!

Aベストアンサー

といえばこれだ!
ディーリアスのチェロ協奏曲。
イギリスの作曲家ディーリアス(1900年頃生きてた)の曲で、イギリスのチェリスト、ジャクリーヌ・デュ・ピュレがいい曲だということで、紹介した曲。デュ・プレですよ。あの伝説とも言えるチェリストの。
 私の主観によりますが、オリエンタルな雰囲気が感じられる印象派の曲です。同じ印象派のドビュッシーと比べると、ドビュッシーの方が暗く、こちらの曲のほうが明るいです。
お薦めCDは何と言っても、

ジャクリーヌ・デュ・プレ(チェロ)
サー・ジョン・バルビローリ指揮
エルガー   チェロ協奏曲
ディーリアス チェロ協奏曲
レーベル(メーカー)EMI
国内盤で1700円くらいでしょう。

です。
エルガーのチェロコンといえば、もうデュ・プレです。エルガーはイギリスの作曲家です。
ディーリアスのチェロコンもデュ・プレなら満足できるでしょう。
クライマックスは凄く優しいです。
雄大ではないかもしれませんね。ただ、めくるめく素早さですよ。クライマックスの優しさは。
とにかく、これです。
イギリスの作曲家ディーリアス。イギリスのチェリスト、デュ・プレ。イギリスの指揮者バルビローリ。
カップリング曲もデュ・プレの代表的録音のエルガー。

といえばこれだ!
ディーリアスのチェロ協奏曲。
イギリスの作曲家ディーリアス(1900年頃生きてた)の曲で、イギリスのチェリスト、ジャクリーヌ・デュ・ピュレがいい曲だということで、紹介した曲。デュ・プレですよ。あの伝説とも言えるチェリストの。
 私の主観によりますが、オリエンタルな雰囲気が感じられる印象派の曲です。同じ印象派のドビュッシーと比べると、ドビュッシーの方が暗く、こちらの曲のほうが明るいです。
お薦めCDは何と言っても、

ジャクリーヌ・デュ・プレ(チェロ)
サ...続きを読む

Qバッハ作曲、ショパン編曲という曲は?

かつてテレビである数学者がピアノを弾いている場面を見ました。その数学者は「難しい曲でないと弾く気がしない。」と言ってバッハ作曲ショパン編曲という曲を弾いていました。右手と左手でバッハの別の曲を弾く、という曲のようでした。もしかすると私の勘違いかもしれませんが、そうゆう(バッハの別の曲を左右で弾くというピアノ曲)があれば教えてください。あるいは「それはこれこれの曲の勘違いでは?」(たとえば「バッハでなければこんな曲があるよ」とか)という回答でもよいので何らかの情報を教えてください。

Aベストアンサー

私が知っている人では、Dr.ヒロシというピアニストがいます。このピアニストは、おもしろい演奏が好きで、右手でショパンを弾きながら、左手ではアンパンマンのテーマを弾いたりして、楽しませてくれるピアニストです。ネットで検索したら、以下のようなプロフィールがありました。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~johannes/l010210.html
(下の方に、右手・左手、同時に別の曲を演奏する話が書いてあります)

http://www.dokobo.co.jp/owari/event/event026.htm

バッハ作曲ショパン編曲というのは、言い回しが少し違っているような気がします。ショパンの時代に、右・左、同時に別の曲を演奏する行為は考えられません。また、ショパンがそのような曲を書くというのもありえない話です。

そのため、そのような曲や楽譜はなく、それはあるピアニストが「遊び」として、コンサートや催しの中で、おこなったものではないでしょうか。そのピアニスト自身は自分で作った楽譜を持っていても、それはそのピアニストだけのもので、公には出版されてないと思います。

ピアニスト独自でおこなう「遊び」としての行為なら、そのような、別の曲を同時に演奏する、というのはDr.ヒロシのように、気紛れなピアニストならよくやりそうなことなので、たしかに、そういう行為はあります。

でも、ショパンやシューマン、リストがそのような編曲をおこなって、楽譜を出版することは絶対にないです。

芸術的行為としてはあまり意味がないので、聴衆を楽しませるための遊びなのでしょうね。

同時に別の曲を演奏するということには、あまり詳しいことは知らないので、もし間違ってたこと書いていたらごめんなさい。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~johannes/l010210.html

私が知っている人では、Dr.ヒロシというピアニストがいます。このピアニストは、おもしろい演奏が好きで、右手でショパンを弾きながら、左手ではアンパンマンのテーマを弾いたりして、楽しませてくれるピアニストです。ネットで検索したら、以下のようなプロフィールがありました。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~johannes/l010210.html
(下の方に、右手・左手、同時に別の曲を演奏する話が書いてあります)

http://www.dokobo.co.jp/owari/event/event026.htm

バッハ作曲ショパン編曲というのは、言い回...続きを読む

Qクラッシックに向いたアンプを教えて下さい

クラシック(特に弦楽器)を良く表現するアンプの購入を検討しています。予算は10万円位です。どんなアンプがよいのかご教示願います。
なお、CDプレイヤはDENON CD-1650AZ、スピーカーはかなり古いものでVICTOR SX7(2)(最大100W)です。
クラシックにうるさい方、是非教えて下さい。

Aベストアンサー

クラシックに向くアンプ…というより、お使いのスピーカーの性能をフルドライブできるアンプを考えてみたいと思います。ちなみにクラシック向きのスピーカーということだと、やはりイギリスのタンノイ、モニター的な聴き方をしたい場合はB&Wというところですね。僕もこだわったオーディオでクラシックを聴いています。
さて予算が10万円位ということであれば、必然的に「プリメインアンプ」ということですね。お薦めは、デンオンの「PMA2000(3)-N」です。定価が10万円で、実際はもう少し安く購入できるはずです。お使いのCDがデンオンですので、相性もぴったりと言えます。このクラスでは抜群のハイ・CPで、電源部が異例的に充実しており、ハイエンド的な音の厚みや深さを感じることができると思います。

それから、マランツの「PM17SA」(11万円)という手もあります。筐体の真ん中にサーマル・メーターがついていて、アンプのアイドリング状態を確認できるので便利です。巷で話題のスーパーオーディオ対応となっています。

それから、中古を探すという手もあります。が、オーディオマニアの方以外は、あまり手をつけない方がいいかもしれません。買う場合は信用出来るお店で購入することをお勧めします。

クラシックに向くアンプ…というより、お使いのスピーカーの性能をフルドライブできるアンプを考えてみたいと思います。ちなみにクラシック向きのスピーカーということだと、やはりイギリスのタンノイ、モニター的な聴き方をしたい場合はB&Wというところですね。僕もこだわったオーディオでクラシックを聴いています。
さて予算が10万円位ということであれば、必然的に「プリメインアンプ」ということですね。お薦めは、デンオンの「PMA2000(3)-N」です。定価が10万円で、実際はもう少し安く購入できるはず...続きを読む

Qチャイコフスキーのピアノ協奏曲のCDを買いたいのですが、

チャイコフスキーのピアノ協奏曲のCDを買いたいのですが、
おすすめのピアニストはいますか?

因みに私の好みを申し上げておきます。
私はべーム派で、ベートーヴェンの交響曲は
第1から第9まで、べームのセットを持っております。
(但し第7はカルロス・クライバーを聴いております)

ショパンのピアノ曲はルービンシュタイン、
ベートーヴェンのピアノソナタと
ラフマニノフのピアノ協奏曲はアシュケナージュ、
リストはシフラを聴いています。
(アシュケナージュのショパンは気に入りませんでした)

以前、このサイトでチャイコフスキーのバイオリン協奏曲の
アドバイスを頂いた時、バイオリニストが気に入らず、
CDを3回も買いなおした苦い思い出があります。
その時は、若手演奏家はあきらめて、
大御所(パールマン)に落ち着きました。

なお、私の傾向として、どうも女性演奏家アレルギーがあるようです。
こんな、わがままで勝手な嗜好の持ち主ですが、
おすすめのピアニスト、紹介して下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ギレリス(P)メータ指揮ニューヨーク・フィル(1979年)は音楽評論家の故志鳥栄八郎氏が「実にコクのある演奏」とコメントして推薦盤にあげていた名演です。
併録のオイストラフ(Vn)オーマンディ指揮フィラデルフィア管(1959年)のヴァイオリン協奏曲も名演です。
http://tower.jp/item/152385/Tchaikovsky:-Piano-&-Violin-Concertos---Gilels,-Oistrakh

Qクラッシック的な曲をつくりたいのですけど

ピアノを10年くらいやっています。黒鍵や幻想即興曲が下手ながらも弾けるレベルですが、最近、作曲に興味があります。そこで、クラッシック感ある曲をつくりたいのですけど、とりあえず、コード進行や理論の本で勉強しています。勉強しながら、クラシック的な音楽を作ろうと思うのですけど、コード理論自体、ちょっとジャズよりなので、どうしてもクラッシック感がでず、ポップスのようなノリの曲になってしまいます。とりあえず、バッハのフーガト短調やショパンの幻想即興曲みたいな曲を作ろうと思ったのですけど、まったくダメでした。

弾くのも難しいですが、曲を作るのもこんなにセンスのいることだとは、これまで気付きませんでした。クラシックの楽譜を見ると、部分的に調から外れていますが、これらは、理論があるのでしょうか?  やはり曲調や理論ではなく、センスだけが頼りなのでしょうか? なにか参考になるような作曲方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

>クラシックの楽譜を見ると、部分的に調から外れていますが、これらは、理論があるのでしょうか?
転調のことでしょうか。
バロックや古典派などであれば基本的な和声進行のパターンはいろいろあります。
(ロマン派以降になるとわりと自由な感じな転調も多いですが)

転調の簡単な例を出しますと、元の曲調に対し平行調、同主調、4度調、5度調に移調するものがメジャーですね。
このあたりに関してはクラシックに限らずJ-POPなどのポピュラー音楽のコードでも使われたりしますので、
どういう移調かは上記のキーワードで調べてみると良いでしょう。

>やはり曲調や理論ではなく、センスだけが頼りなのでしょうか?
センスも確かに必要ですが、しっかりした曲を作曲したいのであれば基本的な理論を知っておく必要があります。
理論を知ってなくても作曲することは可能ですが、不自然な和声進行になったりと曲が不安定な感じになったりします。
(意図的に不自然な和声にして、不安定な表現にしているとかであれば別ですが)
他にも和声感のつかみにくい曲になると演奏する際に曲の感じがつかみにくい曲になったり、
演奏しにくい曲というものになったりもします。
そのため、作曲をするのであれば個人的には基本的な理論は知っておいたほうが良いと思います。

もし作曲に興味があり、クラシック調の曲を作曲してみたいというのであれば、
和声などの基本的な理論を勉強したのち、有名な曲の楽曲分析をしてみると良いでしょう。
有名な作曲家の曲がどのような和声進行をしているのか、どのような旋律で動いているか、
旋律に対して副旋律や伴奏はどのようになっているか、
この作曲家はどういう和声進行や旋律の特徴があるかを知ることで、
作曲する際に旋律に対してどういう曲の流れにするかを考えるのに役立ちます。

参考にならなかったらすみません。

>クラシックの楽譜を見ると、部分的に調から外れていますが、これらは、理論があるのでしょうか?
転調のことでしょうか。
バロックや古典派などであれば基本的な和声進行のパターンはいろいろあります。
(ロマン派以降になるとわりと自由な感じな転調も多いですが)

転調の簡単な例を出しますと、元の曲調に対し平行調、同主調、4度調、5度調に移調するものがメジャーですね。
このあたりに関してはクラシックに限らずJ-POPなどのポピュラー音楽のコードでも使われたりしますので、
どういう移調かは上記のキーワ...続きを読む

Q一番最初に作曲されたクラシックの曲は何年の誰のなんと言う曲でしょうか?

一番最初に作曲されたクラシックの曲は何年の誰のなんと言う曲でしょうか?

Aベストアンサー

クラシック音楽の起源…これは定義するのが難しいと思います。
突然,クラシック音楽というスタイルをだれかが始めたというものではなく,
時代とともに様々なものが複合したり変化したり,後の時代の人が更に進化させ
発展させてきたのが今日のクラシック音楽だと思います。

何かひとつの特徴をとらえ,それがいつ頃から始まったのか…ということであれば,
その観点から創始者らしき人や作品名が出てくるかもしれません。
最初のオペラは? 最初の弦楽四重奏は? 最初の標題音楽は?というように。



元をたどれば,どこまでいくのかわかりませんが,私が実際に聴いたことがあるのは,
グレゴリオ聖歌です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%AA%E8%81%96%E6%AD%8C
でも,もっと古くをたどれば,
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E8%A5%BF%E6%B4%8B%E9%9F%B3%E6%A5%BD
そして,さらに古くは,
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E3%81%AE%E9%9F%B3%E6%A5%BD
ここで,「音楽の始まり」
>音楽の起源は有史以前にさかのぼり、それがどういうふうなものだったかはわからない。
と,なっています。
古くからある音楽からクラシックの流れ(発展)はつながっていますので,
「一番最初に作曲されたクラシックの曲は何年の誰のなんと言う曲」は,だれにも答えられないです。

クラシック音楽の起源…これは定義するのが難しいと思います。
突然,クラシック音楽というスタイルをだれかが始めたというものではなく,
時代とともに様々なものが複合したり変化したり,後の時代の人が更に進化させ
発展させてきたのが今日のクラシック音楽だと思います。

何かひとつの特徴をとらえ,それがいつ頃から始まったのか…ということであれば,
その観点から創始者らしき人や作品名が出てくるかもしれません。
最初のオペラは? 最初の弦楽四重奏は? 最初の標題音楽は?というように。


...続きを読む


人気Q&Aランキング