音楽に関して、全く知らないので基本から教えてください。

3拍子とか4拍子とかありますが、この○拍子というのはどのように決まっているのでしょうか?辞書で調べると一小節内の拍数と書いてありますが、一小節の長さというのは固定ではないですよね?また、一拍の長さも固定ではないですよね?
一小節の長さと一拍の長さが決まらないと、3拍子だ4拍子だとか言っても意味がないように思えるのに、なぜそのように分けるのでしょうか?
また、3/4拍子とか言いますが、これはただ3拍子と言うのと何が違うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんばんは。

補足します。

>♪=120で表す場合は、X/4拍子なら四分音符、X/8拍子なら♪を使って表すのでしょうか。

そうです。「~分の3」などの「~」の部分が「○=120」などの「○」の部分にあたります。

また、速さについてですが、adagioなら「4分音符=54~58」ぐらい、moderatoなら「4分音符=92~100」ぐらい、と大体の目安はありますが、曲や演奏者、指揮者などによって違いが出てきます。
同じ曲でも、指揮者が違うだけでまったく速さが変わったりしますので、あくまでも「目安」ぐらいです。

>メロディーを鳴らす楽器でも強弱はつけるものなんでしょうか
打楽器ほどはっきりでなくても、つけますよ。
「心持ち」ぐらいのこともありますが、全くつけないとどこでフレーズが切れているのか分からない「間延びした」曲になってしまいます。

>6/8拍子のときに、八分音符3つを一拍と数えるのはどうしてでしょうか?
6/8拍子の場合、「1,2,3,4,5,6,」と数える中で、最も強く打つのが「1」、次に強く打つのが「4」です。
文字では表現しにくいのですが、「“いち”にい、さん、‘し’ご、ろく」と言う感じになります(分かりますでしょうか・・・?表現が下手ですみません・・・)
したがって、リズムとしては「1」と「4」の2つを「頭打ち」のように感じるので、「8分音符3つ×2」のようなリズムになるのです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

全ての疑問に答えていただきありがとうございました。

お礼日時:2001/09/07 12:57

なぜ三拍子だ、四拍子だと分けるかというと、


アクセントをつける場所が3拍子と4拍子とでは違うからです。
たしかに、小節なんて作らずに1小節の中に1曲分全ての音符を入れても
問題ないとは思いますが、明らかに見にくいですよね。
そしてどこにアクセントをつけて良いのかもわからない。
小節があれば、その小節の頭にアクセントをつければいいということが
一目でわかります。
(3拍子の代表であるワルツを思い出せばわかりやすいのではないでしょうか?)

1小節の長さは固定でない、1拍の長さは固定でない、という考え方が
私にはイマイチわからないので、このことに対する回答はお許し下さい。

そして、3/4拍子というのは、
「1小節の中に4分音符が3個ある拍子」ということになります。
6/8拍子(1小説の中に8分音符が6個ある拍子)は、
一聞きすると「3/4拍子の2小節分」という風に聞こえますが、
やっぱり、アクセントだとか、曲の速さだとかを考慮すると
どうしても6/8拍子が適するので、作曲者がそのように決めています。

ご自分でワルツをイメージして曲を作ってみたり、
4拍子(正しくは4/4拍子)で曲を作ってみたりしてみれば
その違いが何となくわかるのではないかなぁと思いますが、どうでしょうか?
作ると言っても適当に鼻歌かなんかで歌ってみればいいと思いますよ♪

追伸:検索サイトで「楽典」「拍子」「リズム」などの言葉で
   検索してみたらいかがでしょうか??
   ちなみに「楽典」とは音楽のルールみたいなものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

実はこの質問をしたのは、ワルツってどういう曲のこと?という疑問が最初にあって、辞書で調べると「3拍子の~」と書いてあったのがよく分からなかったためでした。
皆さんのおかげで、だんだんと分かってきました。

お礼日時:2001/09/06 19:24

>辞書で調べると一小節内の拍数と書いてありますが、一小節の長さと


>いうのは固定ではないですよね?

楽譜では固定されています。その一小節の中にどれだけの音符が書かれる
というのは、一番最初の項目として記述されています。"3/4"とか"4/4"とか。
それに合わせて1小節の長さが決まります。

>また、一拍の長さも固定ではないですよね?

拍子の長さは固定ではありませんが、曲毎にスピードは決められています。
"♪=200" とか書いてあるのがスピードです。4分音符の方が一般的ですが。

>また、3/4拍子とか言いますが、これはただ3拍子と言うのと
>何が違うのでしょうか?

どちらも3拍子ですが、3/4とした時は音楽的な厳密な事になって、
"4分音符で3つ"ということになります。
6/8というのもありますが、これは数学的にいえば、3/4になるハズですが
8分音符3つを1拍と数えるので2/4と同じく2拍子になります。

>一小節の長さと一拍の長さが決まらないと、3拍子だ4拍子だとか言っても
>意味がないように思えるのに、なぜそのように分けるのでしょうか?

以上のように、厳密に一小節の長さ、一拍の長さは決められています。

拍子は通常は最初の音を大きくすることで、拍が決まります。
ドン・トン・トン・トン....
というように。(例は4拍子)
このあたりは曲を聞いて強弱がわからないと、今聞いてる曲は何拍子?
ってのは難しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。
6/8拍子のときに、八分音符3つを一拍と数えるのはどうしてでしょうか?

たしかに、拍子は、音の強弱で考えると分かりやすいですね。
でも、必ず強弱をつけなければならないのでしょうか。
主に強弱がつくのはドラムなどのリズムの楽器ですよね?
メロディーを鳴らす楽器でも強弱はつけるものなんでしょうか。

お礼日時:2001/09/06 19:18

っしゃるように「○拍子」は「一小節内の拍数」です。



>一拍の長さも固定ではないですよね?
一拍の長さは、曲によって違います。
adagio , moderato などの用語で示されるテンポで決まったり、あるいは[♪=120]といった表記で表されたりします。
[♪=120]の場合、一分間に8分音符を120個数えること、となります。
ですから、例えば「4分音符=60」となっていたら、時計の秒針と同じ速度で手を叩けば、その一叩き分が4分音符の長さ、ということになります。
「4分音符=120」の場合は上記の倍の速さ、つまり一秒間に2回手を叩く速さ、ということです。

>一小節の長さというのは固定ではないですよね
小節の長さは、上記の「○/○拍子」によって決まります。
たとえば、3/4拍子は「4分音符が一小節内に3つ」あることです。
4分音符が3つ分のところで小節が切れている、ということです。
ですから、速度が「4分音符=60」で、3/4拍子であれば、一小節の長さは3秒分、ということになります。

>一小節の長さと一拍の長さが決まらないと、3拍子だ4拍子だとか言っても
>意味がないように思えるのに、なぜそのように分けるのでしょうか?
一小節の長さと一拍の長さは上記のように、曲ごとに大体決まっています。
ですから、例えば3拍子の場合考え方として、「一小節を3つに分ける」ではなく、「3回拍子を取ったところで小節が切れる」と考えた方が分かりやすいのかな・・・?

>3/4拍子とか言いますが、これはただ3拍子と言うのと何が違うのでしょうか
3/4拍子も3拍子ですが、これは「1拍の基準が4分音符の3拍子」ということです。
2/3拍子(1拍の基準が2分音符)や3/8拍子(1拍の基準が8分音符)も3拍子に含まれます。
要するに、フレーズごとに3回手を叩いてリズムを取るものが3拍子、といった感じです。

以上、分かりにくいかもしれませんが、何かご質問があれば補足ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一拍の長さはテンポで決められるのですね。
♪=120で表す場合は、X/4拍子なら四分音符、X/8拍子なら♪を使って表すのでしょうか。
関係ないですが、JISの漢字コードには八分音符しかないんですね。せめて四分音符ぐらいあればいいのに。
adagioなどで表す場合は、厳密なテンポは決まっていないのでしょうか。

お礼日時:2001/09/06 19:13

専門家ではないので正確ではないかもしれませんが。



Y/X拍子というのは一小節にX分音符をY個格納します。

例)
4/4拍子 一小節に四分音符を4つ
3/4拍子 一小節に四分音符を3つ
6/8拍子 一小節に八分音符を6つ(拍子の取り方としてはタタタ タタタで二拍子に近い)
9/8拍子 一小節に八分音符を9つ(拍子の取り方としてはタタタ タタタ タタタで三拍子に近い)

こんなところでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「Y/X拍子」という表現で、一小節の長さと一拍の長さが決められるのですね。
ありがとうございます。
ここで新たな疑問がわいてきました。一小節というのは何の意味があるのでしょう?例えば3/4拍子と6/4拍子(というのがあるのか分かりませんが)というのがあったとして違いはあるのでしょうか?

お礼日時:2001/09/06 18:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4分の3拍子の時四分音符は何拍分の長さがありますか?

こんにちは。
音楽の問題なのですが、
1、4分の3拍子の時四分音符は何拍分の長さがありますか。
2、8分の6拍子の時付点四分音符は何拍分の長さがありますか。
3、2分の2拍子の時4分休符は何拍分の長さがありますか。
この3つの問題考えてもまったくわからなかったので
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちわ、azuki1010さん。
私の解釈の仕方ですが・・・、参考までに。
拍子記号「○分の△」は、分母に当たる○を一拍としたとき、一小節中に△拍ある曲を表しています。
つまり、
1、4分の3拍子の時、四分音符を1拍としますので、四分音符は1拍分の長さと考えます。
2、8分の6拍子の時、八分音符を1拍としますので、付点四分音符は3拍分の長と考えます。
3、2分の2拍子の時、二分音符を1拍としますので、四分休符は1/2拍分の休符と考えます。
拍子によって音価の捉え方が変わってきます。

Q拍子はなぜ4拍子、3拍子、2拍子が多く使われるのですか?

拍子はなぜ4拍子、3拍子、2拍子が多く使われるのですか?
もちろん一番人間にとって心地よいからなのでしょうけれどやはり人間の鼓動とかに関係しているのでしょうか?詳しく教えていただきたいです!

Aベストアンサー

22拍子は人間の心拍から来ているらしいです。

3拍子はヨーロッパのキリスト教(カトリック)が盛んなころに、賛美歌(聖歌)が多く作られたのですが、「三身一体」という概念から初期の曲は3拍子(1つのものを3つに分割する)が多かったそうです。

4拍子は元々は2+2拍子で混合拍子とされていましたが、使用度が増えたためメジャーになったんです。

Q拍子の見方と一拍の数え方

2分の2拍子とは2分音符が一小節に2こ
4分の2拍子とは4分音符が一小節に2こ入るという考え方であってますか?分母にある音符が分子の数だけ一小節にはいるということですよね?

また、一拍の数え方ですが、8分の○拍子なら、八分音符を一拍とかぞえ、4分の○拍子なら4分音符を一拍、2分の○拍子なら2分音符を一拍と数えたらよいのですよね?
それにあわせてほかの音符の長さもかわってきますよね?八分音符は四分音符の半分の長さだけれど必ずしも半拍とは限らない。4分の○拍子のときのみ。とうことですよね?
確認したいので教えてください。

Aベストアンサー

はい、あなたが書いていることはすべて合っていますよ。

QFinale2003でOSはXPです。4分の3拍子のときの小節内の8分

Finale2003でOSはXPです。4分の3拍子のときの小節内の8分音符を6つなげたいのですが、
どうすれば良いでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは
 Finale2002ユーザで、未だに初期設定を変更する技が使えない初級者です(^^;
 一応、さっき2/2拍子で16分音符を入力したら16分音符が2分音符ごとの連桁になって見にくいので「連桁を指定拍数で変更」しました。
 方法は、
(1)メニュー「ブロック移動」を選択して変更したいカーソルでブロックを囲みます(音部記号をクリックすると全ての小節が囲めます)。
(2)ブロック移動のメニューから「連桁の再連結」の「指定する拍子に従って再連結」を選び、オプションを決定して実行します。
 例として先の2/2拍子で16分音符が2分音符になってしまうのを4分音符にしたいときはオプションで拍子を4/4拍子の4分音符単位に変えると16分音符の連桁が4分音符単位になりました。

 Finaleはバージョンが変わると操作性が大幅に変わってしまうので2003にも使えるのかチョット心配ですがFinaleの質問って少ないので回答してみました。 お役に立てればよいのですが。

Q音楽の勉強をすれば、曲の調とかテンポとか拍子とかって楽譜を見なくてもわかるようになりますか?

慣れれば曲を聴いただけでわかるようになるのでしょうか?
それとも、慣れた方でも楽譜が必須なのでしょうか?
何故このような質問をするかと言えば、昔のマイナーなゲーム音楽に興味があるのですが、楽譜が入手できない可能性が高いのです。
そういう場合、どうやって曲の調とかテンポとか拍子とかについて調べれば良いのか疑問に思い、質問させて頂く次第です。
音楽の知識については初心者です。

Aベストアンサー

うちの子は、ピアノを小中のとき習っていました。 楽譜はあまり読めるようには
なりませんでしたが、ドビュッシーのアラベスクをミミコピしていました。 
楽譜はあまり読めないので、弾ける曲を楽譜に書くことはできません。
絶対音感もできたため、聞いた音がピアノのどのキーであるかは即座にわかりますが、
楽譜上のどの音かといわれると、一生懸命ドレミって数えていました。

まあ、音楽を譜に起こせるかという知識と、音感やリズム感というような能力は
別物だと思います。 双方とも、ある程度学習することはできると思いますが、
音感やリズム感は、人や年齢によっては限界があるかもしれません。 
そのような場合、聞いた音楽を譜に起こせるとは思いません。 
音感やリズム感がしっかりしていれば、譜に起こすのはトレーニングで
できるようになるとは思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報