証券取引所でよく指で「2,3」とかの合図で株を売買していますが私の感覚では株を買って時期がくれば売るといった感じなんですがあの人達はそういうふうに株を売買してるわけではないんですよね?
ではあの人達は具体的に何をしてるんですか?
また指の合図だけでは「○△会社の株を売る」という合図はできないと思うんですがどうなんでしょう?

おわかりの通り素人ですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

いわゆる「場立ち」のことですね。

東京証券取引所もかつてはそういう人たちが取り仕切っていましたが、いまではコンピューター取引になって、実際にそのようにしている姿はなくなりました。

場立ちの役目は各証券会社に集められた売買の情報に基づいて、その銘柄を売買する「使い走り(ごめんなさい)」にあります。

何がしかの株を買いたい、あるいは売りたいと思った人は、まず証券会社の窓口あるいは電話でその注文を出しますね。すると証券会社はその注文を東京証券取引所にある自分の会社のブースに電話などで取り次ぎます。証券会社のブースは取引所の周りにあって、実際に株を売買する場所から離れています。

株を売買する場所は各銘柄によって定まっていて、証券会社はそこに係員つまり場立ちを派遣しています。場立ちとの連絡は(互いに離れているので)手振りで行います。昔は携帯電話もなかったので、遠くから意思を伝えるには手振りがもっとも早かったのです。

誤解していけないのは、あの人たちは自分の株を売買しているのではありません。あくまでもメッセンジャーとしてお客からの注文を売買所へ取り次いでいるだけです。注文は次から次へとくるので、結構忙しいのです。

手振りの仕方は私も詳しくありませんが、基本的に手のひらを相手に向けて数値を示す場合が「売り」、逆に自分の側に向けて数を示すときは「買い」を意味しています。

銘柄は暗号のようなもので、手で目をつぶす動作で「目潰し」からこじつけて「三菱電機」のように決めてあったそうです。
    • good
    • 0

銘柄、数量、価格などの手サインです。


ただ最近は全面コンピュータ化で、見れなくなりました。

参考URL:http://www.ipc-tokai.or.jp/~fukuryu/zatugaku/han …
    • good
    • 0

たしか、銘柄(社名)や値段を表していたと思います。


売り・買いも指で表現できたと思います。(ず~っと前に証券マンの友達に、私も
harano77さんと同じ質問をした事があって・・・)
 普通私たちが指で表す数字とは、少し違うそうです。1・2・4・5は同じで3と6からが
違っていたように記憶してます。
いろんな会社の表し方も教えてもらいました。文字ごとに手振りが決まっているようです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGPIFによる株式直接売買が見送りになったのに、なぜ株が上がってるんですか?公的年金の半分を投入

GPIFによる株式直接売買が見送りになったのに、なぜ株が上がってるんですか?

公的年金の半分を投入していた数兆円を引き上げるんですよね?

どう考えても株価は下がると思いました。

どういうことですか?

Aベストアンサー

本日、日経平均が上昇したのは、日経平均への寄与度の高いソフトバンクが大幅高となった影響が大きく、それを除くと、実質小幅安というところです。
では、なぜソフトバンクが大幅高になったかというと、前日に5000億円の自社株買いを発表したからです。

Q未公開株の売買について

 中小企業に勤めている者です。今回役員になったので、自社の未公開株を株主さんから譲っていただこうと思っているのですが。どれくらいの金額を提示すればよいのでしょうか。
 当社は借金も無く貯蓄がかなりある為、評価が高いらしいのです。株主さんは適当な金額で譲ります。と言われているのですが、適当な金額がどれくらいのものかまったくわからず、額面の2倍とか3倍とかでいいものか、もしくは5倍、10倍でないといけないのかよくわかりません。どなたか教えていただけないものでしょうか。また、個人売買の方法を教えてください。

Aベストアンサー

中小企業ということで、どのくらいの規模の会社か分かりませんが、役員になられたなら定款と株式取扱規定(もしあれば)を一度眺めてみてください。
・未公開の中小企業なら、通常、株式には譲渡制限が付いています。株式の売買には会社(取締役会または総会で指定された者)の承認が必要です。
・値段ですが、最近(2-3ヶ月以内程度)に増資や新株予約権の発行を行っている場合には、その取引価格がもっとも合理的です。相対で決めるのはいいのですが、他の株主や役員から万一、不公平な取引を行ったといわれないためには、そのような注意は必要です。直近時に取引価格がなければ専門家に株価算定してもらうのもありでしょう。
・株券を発行しているなら裏書をしておいたほうがいいです。株式が散逸すると大変ですから。また不注意な株主は株式を勝手に質入とかしていることがあるので、そうしたことがないことを確認する意味もあります。
・定款で株券不発行になっているなら、株券不所持の申出書と株式保有証明書を会社に出してもらいます。これがないと現物株券が無いために「自分は何株もっていたっけ?」という事態がありうるからです。

中小企業ということで、どのくらいの規模の会社か分かりませんが、役員になられたなら定款と株式取扱規定(もしあれば)を一度眺めてみてください。
・未公開の中小企業なら、通常、株式には譲渡制限が付いています。株式の売買には会社(取締役会または総会で指定された者)の承認が必要です。
・値段ですが、最近(2-3ヶ月以内程度)に増資や新株予約権の発行を行っている場合には、その取引価格がもっとも合理的です。相対で決めるのはいいのですが、他の株主や役員から万一、不公平な取引を行ったといわ...続きを読む

Q自社株売買益を売り上げに計上してはならないのは何故?

ライブドアの粉飾決算容疑のところで

売り上げ計上が認められていない自社株の売却収入約37億6700万円を売上高に含めた

というものがありますが、何故自社株の売却益を売上高に計上してはいけないのですか?

当方経済や法律については初心者なため簡単な例をだして解説していただけると嬉しいです。
 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 他社の株式の売買利益を計上するのは、原則として認められています。
 自社株の場合、他の一般投資家に対して自社の株式売買で利益を上げるのは、外部の人にない情報を所有している自社にとって極めて簡単で、常にインサイダー取引をしていることになります。
 
 自社株で利益を上げられるということになれば、一般投資家は常に損をする側に回ることになり、健全な投資がされなくなり、株式市場自体が縮小します。

 そこで、株式市場の健全性を確保するために、自社株の売買は商法・証券取引法等で厳しく規制されています。(以前は、自社株の所有そのものも禁止され、日本企業は自社株を買うことさえできませんでした。)

Qマクロな視点では株取引と経営ではどちらが得ですか?

平均的な資産を持った100万人が、株取引で資産運用する場合と
経営を行って資産運用する場合とでは、どちらが10年後に資産を
増やしていると思いますか?

Aベストアンサー

固定客に固定商品のようにいつも決まった商売の確立が出来てれば、黙ってても入ってくるので
経営。
株でも元手が多くあり高配当を受けられるならば、多少の価格変動は余り気にせず良い。

決定的に違うのは、家賃とか賃借代金の発生、人件費とか毎月確実に金が出ていく。
それは商売が上手く行っていようがダメに無関係で出ていく。

おそらく株や投資が有利ではないでしょうか。
ケータイやPCがあれば、信用取引で大きく賭けさえしないで現物のみの取引であれば、
出資した分以上の損出は避けられるし、寝ていようと相場は勝手に動いてくれるから

Q株の売買額

例えば銘柄の所に売買額1,000,000万円って書いてたら
売買額のトータルが100万円っていうことですか?
それとも100億円ってことですか?

Aベストアンサー

100億円です。100万円と書いたら1,000,000円ですよね。それと同じ数え方です。

その日、その時間までに取引された売買の合計額が100億円ということです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報