プロが教えるわが家の防犯対策術!

1945年の8月15日、日本は無条件降伏しました。結果において、当時の戦争指導者は愚かでした。しかし、当時のアメリカ大陸で、先住民に対して行われていた事を考えれば、日本が果敢に白人国家と戦った事は、必ずしも間違いではなかったと思うのは私だけですか?
________________

遺体は“1000人以上” 暴行、レイプ…先住民の子どもを大規模虐待~カナダ寄宿学校の闇〜

質問者からの補足コメント

  • しかし、私がアメリカの先住民なら、日本がアメリカに宣戦布告したと聞いて「そうか、我々と同じ肌の色をした日本人が、我々の仇を取ってくれるのか」と、涙を流して喜んだと思いますよ。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/08/15 12:06
  • ジョージ・ワシントン 初代アメリカ大統領。

    1779年、ワシントンはこう命じている。

    インディアンの村落すべてを破壊し、根絶やしにするように。単に制圧するだけでなく、絶滅させるのだ。

    この年、ワシントンはインディアンを狼と比較して、嫌悪も露わにこう発言している。“Indian’s and wolves are both beasts of prey, tho’ they differ in shape.” 「姿こそ違えど、インディアンは狼と同様の猛獣である。」

    ワシントンが軍を指揮していた間、インディアンを絶滅させる方針は一貫していて、ワシントンの軍隊はブーツトップやレギンスを作るためにイロコイ族の尻の皮を剥いだ。

    エリー湖畔からモホーク川にかけて、30を数えたセネカ族の集落のうち、ワシントンの直接命令によって、5年未満の間で28の町村が破壊し尽くされた。

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/08/15 12:43
  • ジョージ・ワシントン 初代アメリカ大統領。

    1779年、ワシントンはこう命じている。

    インディアンの村落すべてを破壊し、根絶やしにするように。単に制圧するだけでなく、絶滅させるのだ。

    この年、ワシントンはインディアンを狼と比較して、嫌悪も露わにこう発言している。“Indian’s and wolves are both beasts of prey, tho’ they differ in shape.” 「姿こそ違えど、インディアンは狼と同様の猛獣である。」

    ワシントンが軍を指揮していた間、インディアンを絶滅させる方針は一貫していて、ワシントンの軍隊はブーツトップやレギンスを作るためにイロコイ族の尻の皮を剥いだ。

    エリー湖畔からモホーク川にかけて、30を数えたセネカ族の集落のうち、ワシントンの直接命令によって、5年未満の間で28の町村が破壊し尽くされた。

      補足日時:2022/08/15 12:46
  • 米比戦争は、1899年2月から1902年7月にかけて、アメリカ合衆国とフィリピンの間で発生した戦争である。

    実質的なフィリピンの植民地総督となったのが、アーサー・マッカーサー・ジュニアである。(彼の三男がダグラス・マッカーサーである)

    アメリカ軍は1902年までの4年間で20万人を殺害した。

    戦闘を指揮した将軍30人のうち26人は、インディアン戦争においてジェノサイドに手を染めた者であった。

    フィリピン軍が山に逃げ込むとマッカーサーは、彼らとその協力者を逮捕拷問、殺害した。

    1901年9月28日、サマール島で米軍が待ち伏せされ、半数の38人が殺された。

    マッカーサーは報復にサマール島とレイテ島の島民の皆殺しを命じた。少なくとも10万人は殺されたと推定されている。

    マッカーサーはアギナルド軍兵士の出身者が多い地域の掃討を命じ、家も畑も家畜も焼き払い、餓死する者多数と報告された。

    「日本が果敢に白人国家と戦った事は、必ずし」の補足画像4
    No.7の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/08/15 16:42
  • 日本人とインドネシア独立戦争

    また、日本の敗戦後、インドネシア側の武装勢力に身を投じて独立戦争に参加した日本人がいた[注釈 11]。

    彼らが独立戦争に参加した動機はさまざまである。戦前・戦中、日本が大東亜共栄圏、東亜新秩序を打ち出していたことから、欧米からのインドネシア解放・独立の為にインドネシアの独立戦争に参加し、インドネシア人と「共に生き、共に死す」を誓いあった者

    独立戦争で命を落とした元日本兵は、ジャカルタのカリバタ英雄墓地をはじめ、各地の英雄墓地に葬られ、戦後生き残った元日本兵も、インドネシア国籍を与えられたインドネシア人として、これらの墓地に埋葬される予定である。

    1958年に訪日したスカルノ大統領は、日本へ感謝の意を表し、独立戦争で特に貢献した市来龍夫と吉住留五郎に対し感謝の言葉を送った。

    No.13の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/08/15 19:20
  • 「義を見てせざるは勇無き成り」ここは、一つ、日本を例え滅亡に追い込む事に成ろうとも、我が身を犠牲にして、世界人類の為に、例え、負けると分かっていても、戦わねばならぬと思ったのかもしれません。

    大抵の人間は勝てない喧嘩はするなと言い、それが正しいのでしょうが、自らの良心に従って自らの命を捨てる事も尊い事です。これが我々が靖国を参拝しなければ成らない理由です。「義を見てせざるは勇無き成り」ここは、一つ、日本を例え滅亡に追い込む事に成ろうとも、我が身を犠牲にして、世界人類の為に、例え、負けると分かっていても、戦わねばならぬと思ったのかもしれません。

    大抵の人間は勝てない喧嘩はするなと言い、それが正しいのでしょうが、自らの良心に従って自らの命を捨てる事も尊い事です。これが我々が靖国を参拝しなければ成らない理由です。

    No.16の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/08/16 13:40
  • 言い訳が必要なのは、日本に原爆を落としたアメリカの方でしょう。

    No.21の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/08/16 22:35
  • 日本人で正義感の有る者は私だけという事はないでしょう。

    No.23の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/08/17 08:56
教えて!goo グレード

A 回答 (26件中1~10件)

自分も貴方に賛同します。

中国を始め東南アジア諸国も白人国家の植民地支配から、開放されたんですからね!
    • good
    • 7

>言い訳が必要なのは、日本に原爆を落としたアメリカの方でしょう。


早くも、当初の質問点の方向変更ですか?。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答ではない回答は止めて下さい。

お礼日時:2022/08/17 10:09

続けて失礼します。

質問の主旨は先の対米戦の是非のようですので、あらためてその観点から解答します。開戦が間違いであったかどうか、という点だけから言えば、当時はまだ帝国主義の時代で、国際紛争の解決手段として戦争がまだ正式に容認されていた時代でしたから間違いであるとは断定できません。間違ったのは繰り返しになりますが、戦争の目的(これが達成できたら戦争をしするというポイント)を定めないまま、つまり戦争終結のシナリオを持たないまま海戦してしまったこと。長期戦になれば国力の差で必敗であることは日露戦争の経験からも分かってきたはずなのに。。。でも親父の感想から言えば「虐められて虐められて戦争に踏み切った」らしいですが、当時の指導層に先見の明がなかったのは確かでその点で国民は不幸だったとしかいえませんね。先に書いた通り、日露戦争での奇跡的勝利、確かに戦争というのはやってみなければ分からないところも沢山あるのは確かですが、まあ何とかなるだろうみたいな気持ちがあったかもしれないのは皮肉なことだと思います。そうは言っても、現場の指揮官はたとえば山本五十六の「そりやあ是非やれと言われれば、1年や2年は存分に暴れごらんにいれる。しかしその後は全く責任は持てません」と言うった言葉が有名ですが、結果はまさに彼の言う通りになりました。彼の指揮した真珠湾攻撃は、明らかに第二の日本海海戦(周辺の海域から敵艦船を一掃する)。目論んだものでした。それが実現できれば、米国内に厭戦気分が広がり、和平の道が早期に開けるのを期待したのでしょうが、日本外交の不手際で逆に騙し討ちの汚名を着せられる羽目になり開戦気分が沸騰しました。これもアメリカの策略にはまった(米国は真珠湾攻撃を事前に察知していた)という報告もありますが、米国にらとっては不都合な真実でしょうが、我が国がいろんな面でアメリカに敗北した事実にはかわりありません。なので結論として開戦の行為自体は合法だったが、その判断は間違っていた、というところでしょうか。但し質問者さんが補足されている通り、米国が我が国に原爆を投下したのは、決して日本国民としては許せないことだと思います。その意味で私は米国を憎み続けています。誤解しないでほしいのですが、国としてのアメリカの罪を忘れないでいるだけで、アメリカじんを憎んでいる訳ではありません。しかしアメリカが国内向けの言い訳でしょうが「原爆が太平洋戦争を終結させ(事実はその通りですが)多くのアメリカ国民を戦場に送らずにすませた」という自分勝手な言い訳を聞くと腸が煮え繰り返ります。それと同時に違和感を覚えるのが、毎年原爆投下された8月に追悼の場が設けられますが、どうもアメリカを憎むというより、戦争を始めた自分達の先祖を責めているような論調が目立つように思います。原爆投下はナチスのホロコーストに匹敵する戦争犯罪だと思います。確かに先に手を出した(出さされた)のは日本かもしれませんが、そんな事で相殺される罪ではないと思うのは私だけでしょうか。戦争では何をしても許されるのでしょうか?少し興奮していまい失礼しました。
    • good
    • 7

果敢に、ではなく



イヤイヤ行った人も多かったと。


殺生を禁じられているお寺の坊さんにも志願して戦地に向かった人もいたとも聞きますが。


戦争の目的は何と言っても殺人ですから。
沢山殺せば褒められるんですから。
殺人は相手の全否定ですからね。そこには仏も法もない。
    • good
    • 7

お前だけです

この回答への補足あり
    • good
    • 7
この回答へのお礼

日本人で正義感の有る者は私だけという事はないでしょう。

お礼日時:2022/08/17 08:56

まあ西洋の文化を柔軟に取り入れ(これはまんま坂本龍馬の行動原理ですが)て戦えたのアジアでは日本だけですからね。

良いものならば敵の懐でも進んで吸収する、という国民性は、頑なに自国の文化に閉じ籠り好き勝手に侵略された当時の中国などと比較すると、誇るに足ると思います。でも別に進んで白人と戦った訳じゃないけどね。西洋のやつらがアジアに侵略してきてたからぶつかっただけ。それでも日本を舐めきって南下してきたロシアと国家存亡をかけて、官民一体になって戦った日露戦争には本当に頭が下がります。後の日米戦争時より、この時の国力の格差は大きかったと言われています。但し後の日米戦とちがったのは、開戦当初から戦争終結へのシナリオをちゃんと考えていたこと。ここら辺が戦争目的もはっきりしないまま、ずるずる脚をとられていった日米戦と違うところ。司馬遼太郎も日露せんそで冷徹に戦争のシナリオ。、読み切った同じ国民とは思えないと日米戦争時の我が国を、嘆いています。まあ日露戦争に勝った(はっきり言って勝ち逃げですが)ことが日米戦開戦時の彼我の戦力差を軽視した遠因にらなっているのでしょうが。。。。
    • good
    • 7

戦った、それも人殺しの武器を使って・・・・・。


これ自体はどんな言い訳されても肯定しかねます。
今ウクライナ侵攻でも、そんなとらえ方をすればプーチンにも3分の利ありですよ。
この回答への補足あり
    • good
    • 7
この回答へのお礼

言い訳が必要なのは、日本に原爆を落としたアメリカの方でしょう。

お礼日時:2022/08/16 22:34

日本は、昔も、今も、戦略的に行動するのは苦手です。

アジアのためとか、果敢に白人に立ち向かうとか・・・そんな話もない。

だってね、明治維新はそもそも、長州のテロリスト吉田松陰にかぶれた連中が、最初は威勢よく尊王攘夷を叫んだ。尊王で幕府は倒すが、攘夷はイギリスにびびって国を売って、維新後の利権を渡す見返りに、資金や軍備の援助を受け幕府を倒した。これって、売国奴そのもの。北朝鮮のソ連による設立など、大国の援助を受けた後進専制国家の典型的なパターン。残念ながら、それが明治です。

傀儡として明治を作り、日清、日露で勝って天狗になり、暴走して大戦まで行って破綻した。その間周辺のアジア諸国に、大した戦略もなく、欧米もやってるから俺たちも・・・進出。結局は、アメリカの利害とぶつかり、物量、情報、すべて圧倒的に叩きのめされて敗戦です。どさくさに紛れて、ロシアにも取られた領土が、北方領土問題の発端です。

まあ、その過程で、日本人は管理するのは難しい、気概のある奴らだ・・・と、一定の国際社会での存在感をもったのは確かだと思います。しかし、敗戦国から独立を勝ち取る過程で、またもや国内に裏切り者がでるのです。

またもや維新残党の長州勢が、今度は敵国アメリカに魂を売った。日本の敗戦国処理やバカ国民の管理権を、犬となる対価に未来永劫独占的に授かったのが、自民党や保守勢力の起こりです。安倍や麻生はその残党ですね。彼らは、日本や保守を語る権利さえないと思います。結果、戦後100年近くたっても、いまだに日本は植民地でアメリカの犬、独立国としての戦略も戦術もないのが現実です。

唯一ラッキーだったのは、その大国の犬戦略で、軍事的力を持たないことが、大量の技術者リストラを生み、それが自動車などの新興産業に流れ、日本人の器用さと真面目さ、大量生産社会の流れにのり、高品質低コストの製品を弱い円で輸出し大儲けできた。これは、戦略ではなく、たんなる偶然です。

それでも、80年代半ば、一時は世界一の競争力をもったのです。アメリカからすれば予想外・・・あせったアメリカはそれい以降は、徹底的に日本を叩く。プラザ合意の円高誘導、スーパー301条など。これらに対抗できず日本経済はボロボロ。戦略通りに市場を変えされられて、今だに立ち直れていない。

今の政治家や大企業の裏ボスは、そのかつての成功体験にひたり、夢よ再びで、自民党と官公庁と結託して、既得権で税金を分け合っている・・・それが日本ですね。

そうしているうちに、市場はサービス化、製品は、多品種・小ロットの時代がきてメーカは現地化され、国内市場は海外に有利なように規制緩和を強要され、IT、保険、その他サービスすべてで欧米のものになってしまった。

日本は、国際競争力は30年で30位まで転落。先進国で給与があがらないのは日本だけ。なのに、自民党の対抗勢力がなく、国民も世界を見ない井の中の蛙。政権がカルトに支援されても下野せず、10年政教分離違反した連立政権が、アメリカに言われて軍備増強、憲法改正。首相が、選挙違反、公文書偽造、虚偽答弁、不当価格転売支持をして、証拠もあがっているのに、嫌疑不十分で逮捕も起訴もされない。法治国家でさえない、まさに、後進専制国家そのものです。

日本が150年を乗り越え、真の独立国になるか、このまま犬と成り下がって、単なる中共、ロシアの盾として、アメリカの使い捨てにされるか・・・今が分水嶺ですね。
    • good
    • 7

とにかく戦争は日本国内に核兵器を用いて防衛してでも



どんな手段を使ってでも阻止しないといけません。

もう自殺も出来なかった東条英機の大東亜戦争で終わりです。
    • good
    • 7

当時の地球上にまん延し始めていた、「アングロサクソン史上主義」に一石を投じた日本の果敢な戦いは間違いではなかったと思ってますが、東条英機だけは犯罪者でアリマス(^^♪


ついでに安倍晋三も.....。
「日本が果敢に白人国家と戦った事は、必ずし」の回答画像17
    • good
    • 7

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング