34歳♂の会社員です。結婚して11年3児です。今年、2世帯住宅(総2階の完全分離型で私の両親と)を建築予定です。
土地は借地で、田舎ですので坪1.5千円/年で120坪くらいの土地を借ります。貯金は1300万円です。私の親は身体が不自由のため金銭的に余裕がないのですが、妻の両親は会社を経営しているため、3000万円くらいは貸してもらえそうです。ただ、借入金はなるべく少なくしたいので建物に総額で3500~4000万円程度を考えています。
 そこで、質問があります。私の会社では持ち家融資制度があり、銀行金利よりかなり低く(1%程度)借りられる制度があるのですが会社からある程度借りたほうが、所得税の住宅ローン控除の適用があり得な面もあるのではと考えています。親(妻の)から借りる場合も金銭消費賃貸契約を結び一定の利率を決めるようですので、仮に金銭消費賃貸契約の利率が同じだとしたらトータル的にどうなんでしょうか?もちろん、会社の場合はリストラされない限り60歳まで努めるつもりですが、会社自体がどうなるかは考えても分らないです。一抹の不安もあり親(妻の)からの方が良いとも考えています。そんなことで、将来を心配し始めると前に進まないので私としては税金面で得なほうを選びたいと思っています。ご教授願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

もし、奥様のご両親からはいつでも借りる事ができるという安心があるのであれば、とりあえず会社からお金を借りて、住宅取得控除を受けて、住宅取得控除の期限が終わったときにご両親からお金を借りて、会社に一括返済するというのはどうでしょうか?



それに、逆にいえば会社としては住宅資金としてお金を貸している以上リストラをしにくくなるという強みもうまれます。

さらに、奥様のご両親は自営業でかなり成功されているようですが、やはり自営業である以上なにがおこるかわからない部分はあります。
今は3,000万円ほどの余裕があっても将来的にはどうなるかわかりませんし、返してあげたくても返せない状況になるということも考えられます。

やはり今のところは1%程度で会社から借入ができるという恵まれた環境を生かして会社から借入をして住宅借入金等特別税額控除の適用を受けて、実質の利息を0に近くして、控除期間が終わったときに再度状況を見て考えるというのが一番いいのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。なるほど、10年後に一括返済という方法は良いですね。非常に参考になりました。会社から借りることにしようと思います。妻の両親には説明し、10年後くらいに再度検討することにします。

お礼日時:2005/04/08 22:17

勤め先の会社から借りる分には住宅借入金等の特別控除の対象になりうるのですが、奥さんの実家関係からお金を借りても住宅借入金等の特別控除は適用にはなりません。

 この点だけを考えても大きく違いがあります。
(借入金ならばどこでもよいわけではありませんので)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q店舗併用住宅の借入金の利息

青色個人事業者です。
よろしくお願いします
去年店舗併用住宅を建て替えましたが、借入金の利息処理が
よく分かりません。

土地は以前からの自家所有です。
建築費の総額が4,500円程、自己資金(亡父からの相続財産)が2000万、銀行からの借り入れが2500万です。
使用割合は一、二階が仕事用で、三、四階が自家使用なので、
50%、50%の使用割合になります。

建物の償却、光熱費などは50%の按分計算にしますが
借入金の利息の処理が良く分かりません。
(1)2500万に対して掛かる利息を仕事50%、
店主分50%の按分計算にするのでしょうか?

それとも建築費のうち、半分の2250万が仕事用と考えて
(2)借り入れ金2500万のうち、2250万分の利息を経費計上、
残り250万分を店主貸しにするのでしょうか?

Aベストアンサー

>(1)2500万に対して掛かる利息を仕事50%…

それで良いです。

>それとも建築費のうち、半分の2250万が仕事用と考えて…

それでは住宅部分はほとんど手持ち資金、店舗部分はほとんどローンで払ったという考え方になってしまいます。
別棟が渡り廊下でつながっている建物で、住宅部分と店舗部分を別の業者に建てさせたのならそれでもよいですが、御質問はそのような建て方ではありませんね。

Q60年位前から父が土地を100坪借りてました。

60年位前から父が土地を100坪借りてました。

地主さんにはずっと地代、更新料は払っていて、
先日、地主さんから連絡があり、
どうも100坪のうち60坪を譲るという内容のようでした。
(正確には100坪わたすので40坪分は買い取って
欲しいとの内容だと思います)

そこで、100坪を売って地主さんに支払おうと考えて
いるのですが、いくつかわからないことがあり、
お教え願います。

調べたら、土地売却の譲渡税は、
売却額-(購入価格+取得費+仲介手数料などの譲渡費用)=譲渡益
所有期間が5年超なら売却益に対してかかる税率は、所得税が15%、住民税が5%
となっていました。

借地として借りていた土地なのですが、地代、更新料は
購入価格に含めて、差し引いた残りの2割が税としていいのでしょうか?
また、所有期間5年以上としてしまっていいのでしょうか?

知識がまったくなく、的外れの質問をしているかもしれませんが、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これって借地権と底地の交換と違いますか?
まあ、譲渡には変わりないけれど。

ところで
>借地として借りていた土地なのですが、地代、更新料は購入価格に含めて、差し引いた残りの2割が税としていいのでしょうか?

地代はダメですね。借地のレンタル料金ですから。
更新料は一部OKですが、口で言うのはややこしい計算があります。
下記参照して下さい。

http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/zaimu/rensai/point.cfm?i=20051215int76z1

>所有期間5年以上としてしまっていいのでしょうか?
借地という物を持っていたことになります。
 60年は5年超ですね。

Q精算人報酬と役員借入金、どちらの支払いが優先か

健康上の問題で、来年2月末で株式会社を解散する予定です。

金融機関等からの借り入れ金 0 
税金等の滞納 0 
仕入先への支払い 少額のため問題なし

ただ役員(株主でもある)からの借入金の返済が間に合わず残ります。
売掛金の未回収もあるため、清算期間に回収業務を行いますが、役員借入金への返済には足りません。

そこで質問ですが、精算人報酬と役員借入金の返済と、どちらが優先されますか。
精算人の候補はいますが、無報酬では引き受けてくれない可能性があります。

その役員は会社への貸付金の一部を放棄してくれる意思はあるようなんですが、放棄してもらった分を精算人報酬に充てることは出来ますか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

現在役員でない者からの借入金については、清算に関する経営責任がその者にどの程度まであるのか次第だ。

俺も書き忘れていて申し訳なかったのだが、役員借入を清算人報酬に劣後させる理由は経営責任だ。後継者を探すなどして経営者が交替すれば株式会社は存続できるところ、それをせずに清算するのだから、役員には一定の経営責任があるといえる。法律上は原則として両者は同順位なので、貸主の役員(元役員)としての経営責任をほとんど問えない、経営責任の有無に関わらずある程度まとまった額を返済したいなどであれば、債務額に応じて按分するなどしてもよい。

俺なら、清算人報酬をなるべく安くしてもらって全額支払い、借入については元役員も含めてその分だけ泣いてもらうところだ。

なお、清算に係る費用は、借入の返済や清算人報酬に対して法律上優先されることとなっている。お分かりのことと思うが、これも念のためコメントすると、清算に係る現金流出額の検討に際しては、ある程度の清算費用がかかることも予め見込んでおくのがいい。

Q40年前に土地150坪150万円で買いました

40年前に土地150坪150万円で買いました
今回息子の家にお世話になるので 坪20万円で売却した場合 税金はいくら払うのでしょうか?
若しくは息子のいえにお世話にならない様 息子の近くの2000万円の中古物件を買うと 
差額の1000万円に税金がかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

譲渡所得の話ですね。土地だけで家がなくて居住用財産で無い場合は、更地の売却なので取得費用と売却にかかる費用を引き算した金額が課税対象になりますね。
国税15%、地方税5%の合計20%と言うところです。ざっとでいえば540万円前後でしょうか。
マイホームの買換え特例ではないですし、土地売却代金と中古住宅購入代金の差し引きはできないことになります。

住んでいた家の場合は3000万円までの特別控除で救われることになります。

Q元金均等返済の計算式について

借入金を元金均等返済する場合の毎月の返済額を計算する計算式ですが、ある人から教えて貰った下記の計算式で計算しています。

N回目の返済額=借入金額×((1-(N-1)×月利)÷返済回数+月利))

毎月の返済額は計算出来るのですが、計算式の意味がわからないまま計算していますが計算の結果数値は正確です。しかし計算式の中の ((1-(N-1) この部分の意味が理解出来ないまま暗記的にやっています。私は数学的な知識がありませんので ((1-(N-1) この意味を例示的にわかりやすく教えて下さい。
この計算式以外にわかりやすい計算式があればご教示下さい。

Aベストアンサー

 理論的に筋道を立てていきますと、御指摘の計算式になります。
 まず、元金均等法式の計算は総借り入れ額を返済回数で割った金額が元金部分として計算できます。
 それは 元金部分=借入金額÷返済回数 です。
残りは利息の計算です。利息の元本部分は毎月の返済で返済月数に応じて比例的に少なくなります。N回目の返済時の元本部分は先月返済したときの残高が相当します。
 その金額は 先月末残高=借入金額×((返済回数-(N-1))÷返済回数)
 ここのところがややこしいですが、第1回目支払いまでは残回数は減っていませんのでNから1を減じる必要があります。
 利息は前月末残高に月利を掛けた金額です。
 つまり
  N回目利息部分=借入金額×((返済回数-(N-1))÷返済回数)×月利
 これを並べ替えますと
N回目利息部分=借入金額×(1-(N-1)÷返済回数)×月利
 これを元本と加えますと
N回目の返済額=借入金額÷返済回数+借入金額×(1-(N-1)÷返済回数)×月利
  =借入金額×(1÷返済回数+(1-(N-1)÷返済回数)×月利 
 =借入金額×(1÷返済回数+1×月利-(N-1)÷返済回数)×月利 
 =質問のもとの計算式
 注意:必ず、中のカッコから計算してください。
 

 理論的に筋道を立てていきますと、御指摘の計算式になります。
 まず、元金均等法式の計算は総借り入れ額を返済回数で割った金額が元金部分として計算できます。
 それは 元金部分=借入金額÷返済回数 です。
残りは利息の計算です。利息の元本部分は毎月の返済で返済月数に応じて比例的に少なくなります。N回目の返済時の元本部分は先月返済したときの残高が相当します。
 その金額は 先月末残高=借入金額×((返済回数-(N-1))÷返済回数)
 ここのところがややこしいですが、第1回目支払...続きを読む

Q50万円の金銭貸借。貼る収入印紙はいくら?

50万円を他人に貸すことになりました。
契約書というか、領収書というか、
その書面に貼付するべき収入印紙は幾ら分でしょうか?

あわせまして、金銭貸借契約書の書き方などご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示頂ければ幸いです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

400円のようですね。
http://encyclopedia.aceplanning.com/15.htm
(ここのその他の課税文書のところを参照)

作成に関してはこちらなど
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/kekinsen.html

Q住宅借入金等特別控除額について

住宅借入金等特別控除額について質問です。

申告書上段の計算式に当てはめてたところ、申告書右下の印字された住宅借入金等特別控除額より金額が多くなる場合、(14)欄にはどちらを書くべきなのでしょうか。

この場合、右下の金額を超えてはいけないと思っていたのですが、上司から「計算式で出た金額の方が多くても、それを書けばいい。最初の申告時に税務署が間違っているんだから」と言われ悩んでいます。

ご教示お願いいたします。

参考までに・・・
入居1年~10年の控除率1%・年間控除額最大50万円、少しアバウトになりますが、借り入れ約3200万円、右下の金額が約30万円、計算式に当てはめるとそれより少し多く約32万円となります。

Aベストアンサー

それは有り得ません。
控除最高額が記載された金額となります。

以下を確認して下さい。
(1)共有者はいませんか?

(2)住宅借入金に連帯債務者がいませんか?

(3)住宅の一部が事業所や車庫といった設備で、居住用から除外された部分はありませんか?

(4)土地・建物の取得価格が住宅借入金の残高より低くありませんか?

(5)初年度の申告に不備がありませんか(税務署が適正な金額に訂正する場合が多く可能性は低い)

Q年末調整 夫より収入が少ない妻が、3人の内1人子供を妻の扶養に入れられる?その場合、妻は夫の扶養に入れない?

会社の事務をしています。
社員の年末調整の質問です。

夫は収入が国民年金の全額免除を受けられるくらいの収入(自営業)、妻はパート収入が110万です。
子供は高校生1人と小学生2人です。

妻は夫の特別配偶者控除にして、子供3人も夫の扶養親族にすれば
ややこしくないのですが…

このままだと妻に市民税がかかってきます。
そこで、3人の子供(1人は18歳)のうち、1人を扶養に入れたら市民税が発生しないと思うのですが…

収入差があっても扶養のつけかえはしてもいいのでしょうか?

子供を妻の扶養に入れたら、夫は妻と子供1人の扶養がはずれて
子供2人しか扶養に入れらなくなりますか?
そうした方がかえって損ですか?

Aベストアンサー

>収入差があっても扶養のつけかえはしてもいいのでしょうか?

それは可能ですね。

>このままだと妻に市民税がかかってきます。
そこで、3人の子供(1人は18歳)のうち、1人を扶養に入れたら市民税が発生しないと思うのですが…

住民税だけでなく所得税もだと思いますが。

>子供を妻の扶養に入れたら、夫は妻と子供1人の扶養がはずれて
子供2人しか扶養に入れらなくなりますか?

そうではなく妻は子供ひとりを扶養控除。
夫は妻を配偶者特別控除、子供二人を扶養控除となります。

>そうした方がかえって損ですか?

損か得かは判りません。
一番良いのは子供3人共に夫の控除にすること、妻の所得税や住民税の減額より夫の控除に依る減額のほうが大きいですから。
ただその控除が引ききれずに余るようであれば、妻のほうに廻せば得になるということはあるかもしれません。
ですがその控除が引ききれるのか引ききれないのかは夫の所得の金額によります。
ですが

>夫は収入が国民年金の全額免除を受けられるくらいの収入(自営業)

これでは162万以下であるということが判るだけで、あまりにも幅が広すぎます。
もう少し具体的な金額を書かなければ無理でしょう。

>収入差があっても扶養のつけかえはしてもいいのでしょうか?

それは可能ですね。

>このままだと妻に市民税がかかってきます。
そこで、3人の子供(1人は18歳)のうち、1人を扶養に入れたら市民税が発生しないと思うのですが…

住民税だけでなく所得税もだと思いますが。

>子供を妻の扶養に入れたら、夫は妻と子供1人の扶養がはずれて
子供2人しか扶養に入れらなくなりますか?

そうではなく妻は子供ひとりを扶養控除。
夫は妻を配偶者特別控除、子供二人を扶養控除となります。

>そうし...続きを読む

Q計算式

教えてください。例えば1,000万円の借入金を実質年利3.0%で借り入れ毎月の返済金を元利均等払い
で10,000円の場合何回払いになるのか計算式を教えてください。

Aベストアンサー

月額返済10,000円で1000万3%で借りる
ことはできません。

1000万を年利3%で借りると、月25,000円
の利息がつくため、1万の返済では、利息
さえ返済できないのです。

返済額10万なら116ヶ月返済できます。
約10年です。

返済期間の簡易な求め方は、
①年利率の半分が利息 3%×1/2=1.5%
 1000万×1.5%=15万/年
②月10万の返済で年120万の返済

③②120万で1000万+(①15万×Y年)
 をいつ返済できるか?
 120万×Y年=1000万+(15万×Y年)
 120Y=1000+15Y
 105Y=1000
 Y≒9.5年
となるのです。

EXCELではNPERという関数で正確に
返済期間を求められます。

もっと原始的な方法として、
残高-残高×利息-返済額を繰返し、
これが何回で残高が0以下になるか
で求められます。

例)
1000万(借入残高)
-1000万×3%÷12ヶ月(利息)
10万(返済額)
=1000万-2.5万-10万
=9,925,000円

9,925,000(借入残高)
-9,925,000×3%÷12ヶ月(利息)
10万(返済額)
=9,925,000-24,813-10万
=9,849,813円
の繰り返しとなります。

日数 残高   利息  返済額 利率
0 ¥10,000,000 ¥25,000 ¥100,000 3.00%
1 ¥9,925,000 ¥24,813 ¥100,000 3.00%
2 ¥9,849,813 ¥24,625 ¥100,000 3.00%
3 ¥9,774,437 ¥24,436 ¥100,000 3.00%
4 ¥9,698,873 ¥24,247 ¥100,000 3.00%
5 ¥9,623,120 ¥24,058 ¥100,000 3.00%
6 ¥9,547,178 ¥23,868 ¥100,000 3.00%
7 ¥9,471,046 ¥23,678 ¥100,000 3.00%
8 ¥9,394,724 ¥23,487 ¥100,000 3.00%
9 ¥9,318,210 ¥23,296 ¥100,000 3.00%
10 ¥9,241,506 ¥23,104 ¥100,000 3.00%
11 ¥9,164,610 ¥22,912 ¥100,000 3.00%
12 ¥9,087,521 ¥22,719 ¥100,000 3.00%
        略
104 ¥1,104,719 ¥2,762 ¥100,000 3.00%
105 ¥1,007,481 ¥2,519 ¥100,000 3.00%
106 ¥910,000 ¥2,275 ¥100,000 3.00%
107 ¥812,275 ¥2,031 ¥100,000 3.00%
108 ¥714,306 ¥1,786 ¥100,000 3.00%
109 ¥616,091 ¥1,540 ¥100,000 3.00%
110 ¥517,632 ¥1,294 ¥100,000 3.00%
111 ¥418,926 ¥1,047 ¥100,000 3.00%
112 ¥319,973 ¥800 ¥100,000 3.00%
113 ¥220,773 ¥552 ¥100,000 3.00%
114 ¥121,325 ¥303 ¥100,000 3.00%
115 ¥21,628 ¥54

いかがでしょう?

月額返済10,000円で1000万3%で借りる
ことはできません。

1000万を年利3%で借りると、月25,000円
の利息がつくため、1万の返済では、利息
さえ返済できないのです。

返済額10万なら116ヶ月返済できます。
約10年です。

返済期間の簡易な求め方は、
①年利率の半分が利息 3%×1/2=1.5%
 1000万×1.5%=15万/年
②月10万の返済で年120万の返済

③②120万で1000万+(①15万×Y年)
 をいつ返済できるか?
 120万×Y年=1000万+(15万×Y年)
 120Y=1000+15Y
 105Y=1000
 Y≒9.5年
となるのです。

EXCELではNPERという関数...続きを読む

Q銀行から借りるか、親から借りるか?

中古住宅を購入し、建て替えを予定しています。
私の親が、資金の不足分を「年利1%なら貸してもよい」と言っています。その場合、住宅ローン控除が受けられなくなりますが、金利は銀行よりも安くなります。
銀行から借りるのが得か、親から借りるのが得か、どちらでしょうか?
○費用は、土地価格が2500万円、新居の建築費用が3000万円で、合計5500万円。
○両親は2500万円までなら貸してもよいとのこと。
○竣工は、来春を予定。
○返済期間は10年。
○親から借りたとしても、私に何かあった場合のため、生命保険には別途加入予定。

Aベストアンサー

土地の購入資金を親からの借り入れにして、建設資金は住宅ローンにすることできると思いますけど。中古住宅の取り壊し費用と土地代金の一部にして、返済期間10年だと年間返済金は250万他に住宅ローン返済あるのでしょう。一度税理士の相談してバランスを見てもらうことも方法ですが。私は一度に贈与とみなされないように毎年、贈与限度額を少し超えた額を愚息に贈与として預金して申告しておきました。もちろん少し税金も12歳から年に3000円程度支払いましたが、住居購入時には原資は、長い間の贈与の預金からということで問題なく認められました。親から借りたとしても、「私に何かあった場合のため、生命保険には別途加入予定」より公正証書を作るか、親名義のまま地代の賃貸とか方法はまだ他にあると思いますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報