最近は、468*60より大きめのバナーを目にすることが多くなりましたが、468*60の大きさの標準タイプ以外には
どんなバナー広告がはやっているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

以下のURLにて、バナー広告のことが書かれています。


全4回なんですが、バナー広告のデザインのことからマーケティングのことまで書いてあったので、私は参考にしました。

バナー広告に対するアンケートなども載っています。

参考URL:http://allabout.co.jp/career/webproduce/
    • good
    • 0

はやってないかも知れませんが、縦長バナーをどこかの大手のHPで見かけました。


(確かリンク先がIBMだったような)あれは、かなり斬新だと思います。

あと、朝日.comでTV並の動画バナーがあります。

自分で考えたバナーですが、

<Script Language="JavaScript" src="http://homepage.com/banner1.js"> </Script>

と貼って、banner1.jsにJavaScriptでHTMLを表示させるようにすると、面白いバナーができます。フォームとかできるので、結構利用は大きいと思います。

話がかなりそれてすいません。
    • good
    • 0

AD Standardsにて、標準的な広告のサイズが提唱されています。

こちらが参考になるかと思います。

参考URL:http://www.iab.net/iab_banner_standards/bannerso …
    • good
    • 0

バナーのクリックレートが下がってきて、


いかにクリックレートをあげるか、
つまり、いかに目立っていてクリックしてもらえる
バナー広告ができるのか、ネット広告会社は様々
工夫をこらしているようです。

大きさだけでいえば、
スカイスクレイパー型という、画面の左右に縦長の
バナー?を張り込むものが増えてきました。


あるブロードバンドコンテンツ専用検索サイトでは
見る人の多数がブロードバンド対応だということで
「ビッグボックス広告」と名付けて、画面の右3分の1を
動画を含めた広告スペースにあてています。

今や提携のバナーというよりは、
フラッシュを貼り込んだり、
ポップアップで別画面を表示させ動画広告を展開したり、
日本のサイトではまだ見たことはありませんが、
「アウトオブバナー」と呼ばれる、サイトを表示する前に
画面全体に網掛けのように広告表現があったりと、
本当に多様になってきました(^^

あんまり答えになってませんね、すみません(汗)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバナー広告

バナー広告の費用対効果ってどれぐらいですか?

Aベストアンサー

掲載する場所や条件にもよりますが、クリック率が1%、
更に、そこから購買活動に繋がる可能性は3%くらいで試算されるのが良いと思われます。

Qメルマガ独占広告は、未承諾広告※ ?

配信しているメールマガジンで、独占広告(いわゆる号外)を配信したところ、多数のユーザー様よりお叱りを受けてしまいました。

その中で、

号外は未承諾広告※になるのでは?そのような配信を承諾した覚えはない

とのご指摘がありました。

たしかに、まぐまぐから配信していてユーザーは気軽に登録されるので、通常の内容と異なる号外(商品のご紹介)は未承諾広告※と映るのも仕方ないかもしれません。

ですが、これは勝手に送付されてくるよくある未承諾広告※とは若干違うようにも思います。

同等の扱いだと、法的な根拠があった上で、みなされても仕方のないことなのでしょうか?

法律に詳しい方がいらっしゃいましたらご指導をお願いいたします。


実際には、メルマガ発行者が号外配信を受け付けるようにメニューを設置していたりします。

厳密に言えば、メルマガ登録の際には、そのようなメールが送られてくることを承諾してはいないので、配信者がメルマガの一部等で、「広告として、号外が配信されることがある、、、」という一文を掲載していない場合は、号外も未承諾広告※ とタイトルを入れて配信する必要がある???のでしょうか。

配信しているメールマガジンで、独占広告(いわゆる号外)を配信したところ、多数のユーザー様よりお叱りを受けてしまいました。

その中で、

号外は未承諾広告※になるのでは?そのような配信を承諾した覚えはない

とのご指摘がありました。

たしかに、まぐまぐから配信していてユーザーは気軽に登録されるので、通常の内容と異なる号外(商品のご紹介)は未承諾広告※と映るのも仕方ないかもしれません。

ですが、これは勝手に送付されてくるよくある未承諾広告※とは若干違うようにも思います。

...続きを読む

Aベストアンサー

法的な問題と言うよりも、
不快な人が多いと言うことは広告として最低と言うことでしょう。
広告をする意味がありません。

Q広告の「ブランド認知度」と「広告想起率」、それぞれの意味は?

広告に関する資料の中に「広告のブランド認知度」と「広告想起率」という単語が出てきます。
それぞれどういう意味か教えていただけないでしょうか?

広告を見た人のうち、ブランド名を覚えている人の割合がブランド認知度??
ブランド名を聞いて、広告を思い出す人の割合が広告想起率?

ちなみに元の記事は英語で、それぞれ「brand awareness」「ad recall 」と書かれています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>広告のブランド認知度

すごく大雑把だけど、例えば「“コカコーラ”を知っていますか?」という質問に、ハイと解答した人が100人中99人だとしたら、コカコーラというブランドの認知率は99%になります
実際は、認知の度合いを「どんなブランドかも含めてよく知っている」「どんなブランドかは知らないが、ブランド名は知っている」「今までにブランド名を聞いたことがあるような気がする」「そんなブランド名は聞いたことがない」など何パターンかに割って計測するので、ここまでざっくりにはなりませんが

>広告想起率

例えばグループインタヴューで「ad recall」というセッションがある場合、まず被験者に広告を1回見てもらってから、その広告の訴求内容で被験者が覚えていることを調べることで、広告の印象度を測ることを言います
普通はたった1回(場合によっては少し時間をおいて2回)見ただけでは、どの被験者も内容まではっきり覚えていないものですが

いずれも和文ですと、前後の文脈で示している内容が変わることも多いので、参考程度に

Q実は日本だけで はやっている メジャーになってる 高級な扱い 人 物 ブランド

実は日本だけで はやっている メジャーになってる 高級な扱い 会社 人 物 ブランド
ってなにがありますか?
私が知ってる限りでは ベンチャーズ、ZZトップ、ヒューゴボスも本国では安物と聞いたことがあります。アニエスbとポールスミスmヨーロッパじゃ無名そうですし、
チャリブランドのルイガノも完全日本企画ぽいですし、
あとなにありますかね。

Aベストアンサー

人、というか本?というか指導方法というか…。
「バイエル」というピアノの基礎練習教本があり
日本では近年まで、ピアノといえば、これをやらなければ話にならない
ピアノの進度の目安はバイエルの何番か、という感じでしたが
実際は海外ではほとんど使われておらず、とうの本国でも廃れ無名。

情報のなかった時代の日本のピアノ界にもちこまれ
師弟の中で受け継がれたようですね。
その謎をたどった「バイエルの謎」という本があります

もちろん間違ったことを書いてあるわけではないし
基礎は詰まっているので、使って効果がないわけではないのですが
書かれた時代が古いのでそののちのスタイルが網羅できないとか
子供が楽しい工夫や音楽性に乏しいので、退屈してしまうなど欠点もあり
わざわざ使うまでもないというものですね。

あとは「人」ということで
北海道の銅像で有名な「クラーク博士」も無名ですね。
まあ日本にとっては外国から来ていろいろ指導をもたらしたところに価値があるので
その人そのものが有名というわけではないでしょうけど…。

最近はすっかり、現地では無名だったことが有名になった「フランダースの犬」

あと、稀代の女優で、それなりの評価はあるとはいえ
日本での持ちあげ方ほどじゃない「オードリー・ヘップバーン」ですかね。
国内でほどの人気はないようです。
あの華奢さ、清楚さ、日本では受けたけど
欧米では華奢すぎるのと、少女っぽさも、あちらではもっと大人の魅力のほうが好まれるようです。
逆にあちらで人気の女優さんはわたしからみると野趣あふれるというか。

もちろん、デザインや人などは好みが別れるのでね。嗜好性が国に寄って違うのは仕方ないと思います
海外で人気だー高級だー日本上陸だーに踊らされてるものは悲しいですけどね。

人、というか本?というか指導方法というか…。
「バイエル」というピアノの基礎練習教本があり
日本では近年まで、ピアノといえば、これをやらなければ話にならない
ピアノの進度の目安はバイエルの何番か、という感じでしたが
実際は海外ではほとんど使われておらず、とうの本国でも廃れ無名。

情報のなかった時代の日本のピアノ界にもちこまれ
師弟の中で受け継がれたようですね。
その謎をたどった「バイエルの謎」という本があります

もちろん間違ったことを書いてあるわけではないし
基礎は詰まっているの...続きを読む

Qダイレクトメールの標準的な有効率は?

1円創業で小さな起業をめざしています。

零細資本なので、できるだけ安く効率的な広告を考えています。

とりあえず、自分の考えの範囲でeメールダイレクトメールを
予定していますが、なにぶん初めてなので戸惑います。

昔ながらの郵便ダイレクトメールでも、eメールのダイレクト
メールでもどちらでも結構です。
だいたいの有効率(問い合わせ率、成約率など)はどれぐらい
なものでしょうか?
商品内容や業種によってもまちまちでしょうが、大体の世間一
般論としてのお答えで結構ですので、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

すごい大雑把な数ですが、郵便DMの場合、
問い合わせ1%、商談成立0.1%というのが
ひとつの基準で、
これを下回ると名簿や手法や商品自身に問題有り
これを上回るともっと効果的な広告方法有り
ということになるようです。

上回ると、というのがわかりにくいかも知れませんが、
DMのような個別撃ちではなく、
TV、ラジオ、新聞などのマス媒体や
雑誌を利用した特定層狙い打ちの方が
効果が高くなると言うことです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報