「教えて!ピックアップ」リリース!

乃木坂OGの白石麻衣さんや生田絵梨花さんはどうして卒業タイミングのことで嘘をついたんでしょうか?
白石麻衣さんは2020年の1月に卒業発表をしましたが発表の1ヶ月前(2019年12月)のブログでは、「来年も現状維持」みたいなことを投稿されていました。しかし、卒業発表後に、数年前から卒業について考え始め、会社と話し合いをしていたことを明かしています。ブログで書いてあることと辻褄があっていないと思いました。

生田絵梨花さんも、インタビューの記事では「まだ卒業は考えてない。」という趣旨のコメントをしていたものを見ましたが、卒業発表の後の発言では、時系列でみると結果的にインタビュー取材を受けていた頃にはもう「卒業を決めてた(考えてた)」ことになっていました。

この2人の前例があるので、キャプテンの秋元真夏さんも「まだ卒業は考えていない。」とラジオや雑誌のインタビューでは明言していますが、本当に卒業を考えていないのかと疑問が残ります。日産スタジアムで行われたライブを見たファンの中には、秋元さんが卒業が近いのではないと推測する人もいます。
秋元さんも既に卒業が確定していて、しかし、白石さんや生田さんのように嘘をついている可能性も否定できないと思います。

また、ドラえもんの声で有名な大山のぶ代さんも嘘に近い発言をしています。
大山さんがまだドラえもんの現役をしていた頃の2003年に受けた取材では、「最低でも5年は頑張る」、「杖をつくようになっても頑張る。10年後も頑張りたい。」というコメントを残していましたが、実際には2001年に大山さんが病気で長期入院、手術をしたことがきっかけで、2001年の秋に大山さんサイドから「自分に何か起きてしまったら子供たちとドラえもんを傷付けてしまうから、その前に元気なうちにドラえもんの声を降りたい。」と、ドラえもん役からの降板の申し入れがされたことと、2001年頃から長期的に降板についてテレビ朝日や藤子プロ、製作会社と極秘で協議が数年にも渡り行われていたことが後に明かされています。
そして、このインタビューから2年後の2005年にドラえもん役を降板をしました。

大山のぶ代さん(当時66歳)がドラえもん役の降板決定から2年前の2003年3月のインタビューを引用します。

===========================
では、25周年を迎えるにあたっての抱負をお願いします。

そうですね。あと5年はがんばれるかもしれないけど、10年というと、みんなが70代になっちゃうし、そうなったときに果たして……と思うときはあります。いつかは、ドラえもんを素晴らしく、もっと楽しくできる方たちに全員で譲らなくちゃという時もくると思うんですね。今はがんばりますけど、いつかはって思ってる。ドラえもんをきちんと理解して、そしてドラえもんのやさしさを出してくれるような、そんな人にやって欲しいなと……。
でも、不思議に声って変わらないで出てるんですね。だからみんなで「杖をついてしまうようになってしまってもがんばろうね」って言ってます。25年やったんだから、30年も35年もがんばりますよ!(笑)

大山のぶ代 インタビュー(2003)・『ドラえもん』(2)
https://ayamekareihikagami.hateblo.jp/entry/2019 …
===========================

白石さんは「来年で乃木坂を卒業します」とブログで宣言しなかった理由、生田絵梨花さんが「もう卒業することを決めています。私、乃木坂を卒業します。」と取材の時に明言しなかった理由、大山のぶ代さんがインタビュー時に、「今、ドラえもん役を降板する申し入れをしていて話し合いをしています。私はドラえもん役を引退しようと思っています。」と語らなかった理由は何でしょうか?


事務所の圧力とかそういうのが強いんでしょうか?
それとも他に何か理由や利権が絡んでいるんでしょうか?

A 回答 (1件)

それは、普通のことです。


私は乃木坂をずっと見てきてますが、その2人に限らず殆どの乃木坂メンバーが「今のところは…」みたいに言ってたでしょうし、おそらく他のアイドルグループもそうでしょう。

大前提として卒業は、具体的なことも決まってないのに「卒業を考えている」だけで公表は出来ません。具体的に決まったとしても、発表のタイミングは事務所との念入りな打ち合わせで決められます。
アイドルは結局ビジネスなので、ファンの投資への影響を考えなくてはなりません。ファンはまだまだ続くと考えて「推し」に投資するわけですが、もう辞めるとわかってしまうと投資欲が大きく冷めてしまうことはあると思います。早く公表するとそのメンバーの乃木坂へのモチベーションも実際下がったりしますし、二重のデメリットです。
また、乃木坂は卒業渋滞で卒業したくても多くのメンバーがなかなか出来ない時期が続いていました。特に人気メンバーは卒業の花道を準備万端に整える必要があります(卒業経済効果をくまなく得る意味でも)が、他メンバーの卒業のタイミングと被ったりするとインパクトが薄れる恐れもあります。順番が非常に重要なのです。なので自分の一存だけで好きに卒業について語れないです。自分に不利のみならず、他のメンバーにも迷惑をかける恐れがあります。
こういったことからも、近年の卒業発表は、深川の頃よりもギリギリ間近になってる傾向がありますね。

圧力ではなく、一芸能人として、そしてファンを踏まえて、ベストな手段を事務所と決めると、必然的に「言わない」というやり方になってしまうのだと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング