先月末、うちの職場を専門に回っている保険の外交員のおばさんに急に呼びとめられ
「財形がかなりたまっているけど、そのうちの50万円をもっと利率のいい貯金にしてくれないか」と言われました。
「しませんか」ではなく「してくれ」みたいな言い方で、
それもすぐにしてほしいということでした。

 給料天引きの積立が500万ほどあり、確かに運用を考えた方がいいと思いましたので
翌日提案書を持ってきてもらうことになりましたが、その日はすっぽかされ
きのうはすぐでないとだめと言ったのにとますます不信の念が。
2日後に持ってきたものを見ると、貯金ではなく一時払い養老保険ではありませんか。
正直言ってだまされたとの思いが強いのですが、
50万円が10年満期で55万7000円は確定で、
それに配当金が上乗せされるので、利率のいい貯金と同じよ、
配当金だって、これから景気がよくなると絶対つくからと説明され、
確かにおいしい話だと思い、了承しました。

 しかし、あまりに態度に不審な点があるので
郵便局の窓口に行って、郵便局の商品と比較してもらいました。
簡易保険は100万円からということで100万円で計算してもらいましたが
「郵便局ではこんなに利息が付けられない。割がよすぎるね。
満期の際に分割払いになるという保険もあるから確認してみたら」とアドバイスされたので
確認してみたのですが、そんなことはないようです。

 結局問題は見つからず、税金控除の対象になるし、いいことずくめなので
財形貯蓄の中から52万5000円引きだして加入する契約をしました。
しかし、いまだに何か落とし穴があるのでは?という不安がぬぐえません。
私の選択はこれでよかったのでしょうか。
説明を受ける限りでは、もう少し額を増やしてもいいかとも思えます。
あのあやしい態度は、月末でノルマが足りなかったせいなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

かって(それこそバブルの頃)の専門家ですが(笑)


1番の回答の方のおっしゃるとおりです ただし最近成立するんじゃないかと
言われているのが「保証されているはずの約定部分利回りについても
その保険会社の運営状況によっては守んなくてもいい」という法律が
制定されるかも、ということです  銀行の破綻と考え方は同じです
預金なら1社につき1000万まで保証ってのがありましたよね?
生保についても同様の方向が取りざたされています 
たとえばその会社が破綻、他社に吸収された場合当初の保険金(満期でも
死亡でも)が減額されるとか約定利率が下げられるとか
この法案はしばしば話題になっていますが、ありがたい事にまだ成立は
していません  ただし、10年満期の一時払いの場合1番の回答にあるように
8~9年はおかないとメリットがありません  あなたの選んだ会社が
それほどの安定性があれば良いのですが 今の世の中わかりませんもんね
 
生保のCMで最近参入してきた会社は必ずと言っていいほど「AAA(トリプルA)」
と言っていますね これはその会社の安定性の格付けみたいなものですが、
日本国内の会社については若干表記の仕方が甘い部分があります
(その点、外資の会社の「AAA」評価は現時点では安心できますね)
預金をどこに預けるのかと同じように、資産を増やすつもりなら生保会社も
十分吟味してくださいね  予定利率だけで判断しないようにしたほうが
後悔しないはず  いずれにしよすでに契約は成立してるんですよね
(申込書・支払い・告知書もしくは健康審査の3点が提出されてはじめて
契約成立です。どれかひとつ欠けてもその時点では成立・つまり契約には
なっていません) いまさら解約しても元本と同額は戻りませんので
よほどその会社の運営状況が悪くない限り今回はそのまま置いておくしか
ないでしょう  よほど高金利のものが何か出た際には、元本割れをしても
他に乗り換えるべし 
ついでに月末のノルマ、確かにありますが貯蓄性の高い保険ってあんまり
成績として評価にならないんです  もちろん困ってる時はどんな「成績」
でもありがたいですが(笑) 「長く掛け捨ての部分を払ってくれる保険」が
一番成績になります つまり「定期付き終身保険」ね  普通の定期だと
通常は期間が短い「長く払ってくれる保証がないので」ほとんど評価
してもらえません  って裏話ですが・・・
    • good
    • 10

>それに配当金が上乗せされるので



こいつが 曲者です。

マイナス配当が上乗せされる可能性があります。
(消費者センターで-もありとのことをいわれました)

保険会社(にちどO火災)では

養老保険でわありませんでしたが 

満期返戻金調整額なるもので 約束の満額を受け取れませんでした。

>利率のいい貯金と同じよ

これが実現しない時は詐欺になりますが 録音や 1筆いただいてますか?
証拠がなければ 泣き寝入りですよ。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

 一時払い養老保険なんて常識的な保険のことを何も知らない無知な私に
ご親切にお教えいただきありがとうございました。
8年は据え置かないとメリットがないという御回答をいただき、
(やっぱりやられたか・・・)という気持ちになりました。
その昔、一時払い養老保険がもてはやされたことと最近はメリットが減ったことまでは知っていたのですが
不幸中の幸いは、財形の解約はしたもののまだ保険への入金はすませていないことです。
こういうメリットとデメリットがあるけれど、メリットの方が大きいからいかがですか、
そういう勧誘の仕方をしてもらいたいものですね。

 と思い、直接保険会社の電話サービスセンターに問い合わせたところ、
「そういう事実はありません」と回答されてしまい、
知識の乏しい私ではそれ以上聞き返すことさえできませんでした。
そこで、もう一度皆様のお力におすがりしたいと思い、
新しい質問をすることにしました。
自分でもいろいろ調べてみたのですが、よくわかりませんでした。
もしよろしければ、もう一度お教えいただけないでしょうか。
   http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=131548

 失礼ながら一括してのお礼とさせていただきます。
4人の方すべてにポイントをさしあげたいのですがそうもいかず
感謝の気持ちに変わりはありません。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/07 17:33

 下記のホームページに、郵便局の設計書が見積もりできます。


 「特約なし」の120ヶ月で入力でしょうか。

参考URL:http://www.kampo.yusei.go.jp/hoken/sekkei/futuuy …
    • good
    • 5

 一時払い養老保険は、バブル期はかなりの利回りがあり大変売れた商品です。


 その当時は払った保険料の2倍以上の満期金が約束されていたからです。

 契約当時の予定利率は約束されていますので、確実に提示された満期金は受け取れます。ただし、途中解約などすると元本割れする場合があります。今の予定利率でいくと10年の養老なら8年ぐらい(9年の会社もあるみたいですので確認してください)までは元本割れします。

 問題なのは配当金です。
配当金は約束されているものではありませんから、提示された金額はあくまでも予想の金額です。景気が良くなれば当然、配当も付く事でしょう。でも、必ず景気が良くなるのかは誰にも分かりません。おいしい話になるのかは誰にも予測できないのです。

 参考までにS社で30歳男性で見積もって見ました。
 配当付き養老保険  10年  100万円の場合   914275円

 郵便局の方が言っていたのは、配当金のことと思われます。
 日本社の多くは参考のため(本当に参考になるのかは分からないけど)提案書に予定の配当金が書いてあります。
 ここは、注意すべき点ですね。
 
 利回りの良い商品をお探しなら各生保色々な商品がありますので、探してみてはいかがでしょうか? 
    • good
    • 17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学資保険か養老保険

学資保険に入ろうと思っていて調べています。
1番候補はソニーでそれに決まりかけていたのですが、養老保険もいいとネットに書いてあり、どちらも似たような内容らしく迷っています。
ただ、この養老保険がいまいちよく分からず学資保険との違いは何なのでしょうか?
いろんな保険会社には大体養老保険があるのでどれもさして違いがなければソニーはやめて近所の郵便局の養老保険で学資保険として入ろうかなと思っています。でもそれだったら普通にゆうちょの学資保険にしますよね・・・?
18歳満期で100万~150万くらいに考えています。
ゆうちょの養老保険は契約者の主人に万が一のことがあったら支払いが免除になるんですよね?
また、養老保険と共済を組み合わせるとネットで見たのですがその理由がわかる方いらっしゃいますか?なぜ組み合わせるのでしょうか。
郵便局に直接聞けばいいのでしょうがメリットしか教えてくれなさそうなのでここで勉強してから行きたいと思っています。
ゆうちょで教育資金を貯めるなら学資保険と養老保険どちらがいいのでしょうか。
いろいろありすぎて分からなくなってきました。
学資保険に入るならソニーで、養老保険ならゆうちょにしようと思っています。
養老保険単体で入るか何かほかの保険と組み合わせたらいいかアドバイスいただけたらありがたいです。
ソニーの学資保険だけに入るかゆうちょの養老保険にするか養老保険+他の保険にするかおすすめの方法を教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

学資保険に入ろうと思っていて調べています。
1番候補はソニーでそれに決まりかけていたのですが、養老保険もいいとネットに書いてあり、どちらも似たような内容らしく迷っています。
ただ、この養老保険がいまいちよく分からず学資保険との違いは何なのでしょうか?
いろんな保険会社には大体養老保険があるのでどれもさして違いがなければソニーはやめて近所の郵便局の養老保険で学資保険として入ろうかなと思っています。でもそれだったら普通にゆうちょの学資保険にしますよね・・・?
18歳満期で10...続きを読む

Aベストアンサー

学資保険の基本形態は
・保険契約者は、基本的に親 <-保険料支払いも
・保険の対象は、子供
・保険対象の子供が怪我や病気で入院手術などすると医療給付金が支払われる
・保険契約者が死亡したような場合には、以後の保険料は免除されて満期時に満額保険金が支払われる

養老保険の場合
・契約者も保険対象も親 <-対象の違い
・特約がない状態では、入院や手術は関係無い 
・保険対象者が死亡すると、保険金が支払われる <-満期時ではなく死亡時

大まかに言うとこんな感じ

子供の医療費に関しては自治体による補助が手厚くなっているので、敢えて学資保険の保障を準備する必要性は高くない
なので、学資保険と養老保険とが比較される事が多くなっている
子供の医療保障が不要な分、利回りで考えると養老の方が有利になっている

養老に医療保障の特約をつけると、利回り的には学資保険と良い勝負

保険だけではなくて保険と貯蓄とを比較する必要はないのだろうか?
保険だと経済状況の変動で保険料の支払いが滞ると、保険失効で損失が出るので余裕を持った設定にしておくべきだと思う
その点貯蓄であれば、経済状況に応じて柔軟に対応可能

ウチでは、上の子は半分を学資で残り半分を貯蓄で、下の子は養老と貯蓄の組合せで準備している

学資保険の基本形態は
・保険契約者は、基本的に親 <-保険料支払いも
・保険の対象は、子供
・保険対象の子供が怪我や病気で入院手術などすると医療給付金が支払われる
・保険契約者が死亡したような場合には、以後の保険料は免除されて満期時に満額保険金が支払われる

養老保険の場合
・契約者も保険対象も親 <-対象の違い
・特約がない状態では、入院や手術は関係無い 
・保険対象者が死亡すると、保険金が支払われる <-満期時ではなく死亡時

大まかに言うとこんな感じ

子供の医療費...続きを読む

Q満期保険金50万円の養老保険はありますか?

法人契約で従業員全員に福利厚生目的で養老保険に加入しようと思います。
満期保険金額が100万円や200万円からのものがほとんどですが、50万円のものを
発売している保険会社はありますでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

結論からするとないでしょう。

死亡保障として50万円というのは「何の為?」という事もありますし、福利厚生と考えても加入目的がよく分かりません。

法人向けの全損(近々税制改正されるようです)かつ死亡保障の少ないものとしては、「がん保険」があります。これは全員加入の必要もありませんし、解約返戻率としては「養老保険」よりも高く設定されていると思います。

Q養老保険という言葉

養老保険というものがありますよね。

サイトで調べると、
「養老保険とは、被保険者が死亡したとき又は保険期間が満了したときに死亡保険金又は満期保険金が支払われる生命保険をいいます。」
などという説明がされています。

しかし、「養老」という言葉は
「老人をいたわる」や「老後を安らかにおくる」という意味です。
養老保険の説明とは、ずれがあります。
本人が死亡してしまったら「老後を安らかにおくる」も何もないし、
満期の時に老人だとは限らないのではないでしょうか。

なぜ「死亡または期間満了時に保険金が支払われる生命保険」のことを「養老保険」と言うのか、お教えください。

ひょっとして、養老保険とは、最初は
「老人になると満期になる」
という保険だったのでしょうか。

Aベストアンサー

定義の問題です。意味は定義から作り出され、貯蓄性と死亡時の両方を兼ね備えた保険のことです。

どんな名前にするか、縁起のいい、聞いて良さそうな言葉をこの保険の名前として採用したものです。

あえて意味を付ければ、人生の計画を保証するために、万が一の時には遺族に困らないように財産を残すし、満期まで生きれれば、老後の資金として利用できる老人になる満期時まで保証される定期保険の意味でしょう。

これに対し、終身保険や、いろんな特徴をもったものもあります。終身も、長生きしたときのためのものであり、若くして死ぬことを前提としていない意味では養老のイメージかも知れませんが、ものによっては死ぬまで払い込まなくてはいけなかったり、高額な金額を先払いで払うので、生命保険会社が潰れたりしたら大変です。払ったものを諦める可能性もあるのです。

逆に養老保険は保険機構により、90%は保証されますので、財産形成と万が一に死亡したときに、残された高齢の家族や小さな子供のために役立つので、養老の意味は満更的から外れているとは思えません。

保険の名前と仕組みは参考を見て下さい。

参考URL:http://www.hoken123.com/syurui/yourou.htm

定義の問題です。意味は定義から作り出され、貯蓄性と死亡時の両方を兼ね備えた保険のことです。

どんな名前にするか、縁起のいい、聞いて良さそうな言葉をこの保険の名前として採用したものです。

あえて意味を付ければ、人生の計画を保証するために、万が一の時には遺族に困らないように財産を残すし、満期まで生きれれば、老後の資金として利用できる老人になる満期時まで保証される定期保険の意味でしょう。

これに対し、終身保険や、いろんな特徴をもったものもあります。終身も、長生きしたときの...続きを読む

Q平成7年頃契約した養老保険の満期金(利率)

あることで、下記の条件の
郵便局の養老保険(簡易生命保険)について、
満期金(10年後の満期金額)がいくらになるか調べています。

平成7年当時は金利が8%ぐらいの時代だったと記憶しています。10年だと利息で2倍ぐらいの200万円でしょうか?大体の金額でもいいので教えて下さい。

(記)

契約年が平成7年2月、10年満期、保険金額100万円、特約(災害特約100万円、疾病障害入院特約100万円)付き、保険料が1ヶ月7650円だが10年分を一括払い済み。

Aベストアンサー

養老保険の満期時の受け取りは100万円ですよ?
配当金があれば若干手取りは増えるかも知れませんけど。

養老保険は定期預金とは違います。保険証券に書いてある保険金額が死亡時と満期時に受け取れる金額です。
>平成7年当時は金利が8%ぐらいの時代だったと
そうでしたっけ?その金利って何の金利でしょう?貯蓄性のある保険に一番関係するのは「予定利率」です。当時8%ではないです。
予定利率は預金の利率ではありません。簡単に言ってしまえば「これくらいの利率で運用できるから払い込み金額を割引する」といったことです。利息じゃありません。masukalさんも(特約保険料を除いた)主契約に払った金額は100万円ではなく(10年分を一括で払った割引の他に)割引されている筈です。
その100万円より少ない金額で、10年の間にもし被保険者が死亡していたら100万円を払う保障と、満期時に被保険者が生存していたら100万円を払う保障を買うのが「養老保険」です。

なお、一番利率的に良かった平成元年の10年満期の一時払い養老保険(特約なし)でも、満期きんは払い込み金額の約1.7倍でした。
平成7年の契約で、しかも特約が付いていてはご期待の金額にはならないです。

養老保険の満期時の受け取りは100万円ですよ?
配当金があれば若干手取りは増えるかも知れませんけど。

養老保険は定期預金とは違います。保険証券に書いてある保険金額が死亡時と満期時に受け取れる金額です。
>平成7年当時は金利が8%ぐらいの時代だったと
そうでしたっけ?その金利って何の金利でしょう?貯蓄性のある保険に一番関係するのは「予定利率」です。当時8%ではないです。
予定利率は預金の利率ではありません。簡単に言ってしまえば「これくらいの利率で運用できるから払い込み金額を...続きを読む

Q簡保の養老保険と終身保険について

私の母親が郵便局員に勧められて入った養老保険と終身保険について教えてください。

(1)普通養老保険
  H15.11契約
  65歳満期、保険期間10年
  保険金額    350万  月30,905円
  災害特約    350万  月105円
  疾病障害入院特約350万  月2,275円

(2)2倍型終身保険
  H17.9契約
  70歳払込済(払込期間13年)、保険期間終身
  保険金額    230万  月6,831円
  災害特約    230万  月782円
  疾病障害入院特約230万  月10,143円

母が言うには、去年養老保険のときとは別の郵便局員がきて、養老保険はあまりよくないので終身保険を勧められたということです。
そのときに養老保険はH18.10まで払ってから据え置きにしたらいいとアドバイスをもらったようです。
私としては、簡保の特約は金額の割にたいしたことがないので、それなら共済にでも入ったほうがいいのではないかなと思っています。
終身保険は死亡したときに葬式代とかになるかなと思うのですが、養老保険はあまり意味がないような気がしています。

どうするのが一番よいか教えてください。
お願いします。

私の母親が郵便局員に勧められて入った養老保険と終身保険について教えてください。

(1)普通養老保険
  H15.11契約
  65歳満期、保険期間10年
  保険金額    350万  月30,905円
  災害特約    350万  月105円
  疾病障害入院特約350万  月2,275円

(2)2倍型終身保険
  H17.9契約
  70歳払込済(払込期間13年)、保険期間終身
  保険金額    230万  月6,831円
  災害特約    230万  月7...続きを読む

Aベストアンサー

まず養老保険について。
満期金350万円に対し、総払い込み保険料は月33285円(30905+105+2275)×12(ヶ月)×10(年)=399万4200円
差し引き49万4200円の損。
医療保障が満期と同時に消滅することもあり、健康状態に問題がないならこの養老保険は整理しても良いと思います。
(郵便局員が、終身保険に加入してから丸1年経過するまで養老保険の据置:払済のことと思われます:を待つように言ったのは、単にそれより早く払済や解約をされると局員自身にペナルティがくるからだと思います)

2倍型終身保険http://kampo.japanpost.jp/hoken/shokai/shusin_4.htmlは、死亡保障の額はともかく、医療保障が少なすぎませんか。
特約保険金額230万ということは、契約から2年して満額支給されるようになっても入院給付金は日額3450円(入院4日目から)、手術は最高でも13万8000円。
またこれも簡保独特の仕組みですが、ケガと病気をあわせて入院給付金と手術給付金合計230万円に達したら医療保障はなくなります。このように手術給付金も含めて制限するのは簡保独特で、他社は普通は入院通算1095日(※日額3450円なら377万7750円分)+手術給付金は無制限なのです。

共済は、こくみん共済を例に取ると
60~70歳の病気入院が5日目から1500円にhttp://www.zenrosai.or.jp/kyousai/kokumin/type_senior_sougou.php、
70歳以降はゼロにhttp://www.zenrosai.or.jp/kyousai/kokumin/type_senior_sougou_ikou.php、というふうに、
共済というものは安い掛け金であろうとするために、支払いリスクの高いゾーンになると、保障内容の方を制限して掛け金を抑えてしまいます。

某社の保険を例に出しますが、
シンプルに終身保険+終身の医療保障、としても現在の掛け金くらいでプランは立てられるかと思います。
http://www.nissay.co.jp/kojin/syouhin/seiho/teisyu/rei/syusin.html
50歳を超えておられるなら医療保険http://www.nissay.co.jp/kojin/syouhin/seiho/iryo/index.html
+一時払い終身保険http://www.nissay.co.jp/kojin/syouhin/seiho/ichiji/mystage.html、
でもよいと思います。

ご参考まで。

まず養老保険について。
満期金350万円に対し、総払い込み保険料は月33285円(30905+105+2275)×12(ヶ月)×10(年)=399万4200円
差し引き49万4200円の損。
医療保障が満期と同時に消滅することもあり、健康状態に問題がないならこの養老保険は整理しても良いと思います。
(郵便局員が、終身保険に加入してから丸1年経過するまで養老保険の据置:払済のことと思われます:を待つように言ったのは、単にそれより早く払済や解約をされると局員自身にペナルティがくるからだと...続きを読む

Q高い予定利率の一時払養老保険の満期保険金はどこへ?

高い予定利率の一時払養老保険の満期保険金が山ほど満期になるという話を聞いたことがあります。
100兆円くらいでしたっけ。

これって結局どこへ行ったのでしょうか。
銀行の投信や変額年金、個人向け国債??
生保はこれらの受け皿として有効な商品出しましたっけ?

大騒ぎした割にはねずみ一匹という印象なんですが、
いかがでしょう。

Aベストアンサー

はじめに一言。
「予定利率」は、最近登場した利率変動型でないかぎり、契約時に決定された率が契約終了まで固定されます。
「配当」とあわせて誤解されやすい点なのでURLを貼っておきます。
http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/insurance/dividend_important.html
http://www.jili.or.jp/knows_learns/q_a/life_insurance/life_insurance_q16.html
予定利率、とはあくまで「保険料の割引率」です。


ご質問の件ですが、満期の大量到来のピークはすでに過ぎています。
平成2年がバブルのピークでしたから、10年満期なら平成12年、15年満期なら平成17年です。20年満期だったら平成22年ですが、「財テク保険」として利用されたのは多くはより短い満期期間のものでした。
バブル崩壊した平成6年からみても平成16年で10年ものは満期到来済。15年ものがどれだけあるかわかりませんが、もうあまりないでしょう。

平成12年前後から、さまざまな一時払保険や変額年金、利率変動型金、個人年金保険などが満期後継商品として各社に登場し利用されています。
年金保険の加入件数・金額がここ数年急上昇していたり、会社によっては収入保険料が増加していることが一面、後継契約の影響があったことをうかがわせます。
個人向け国債なり日本株投信・外債投信なり、他にもさまざまな金融商品が残高を伸ばしています。どこまでが満期到来の影響かはわかりませんが、今はコレといった商品に全員がいっせいに殺到するよりは、自分にあったものを探す傾向にあるでしょうから、満期到来資金もあちらこちらに行ったと思います。

また、窓販開始したからもういいような気がしますがどうやら、一時払商品は募集広告をするとクレームがくるという噂です。コレといって目立ったように感じられなかったのはたぶんそのせいでしょう。

はじめに一言。
「予定利率」は、最近登場した利率変動型でないかぎり、契約時に決定された率が契約終了まで固定されます。
「配当」とあわせて誤解されやすい点なのでURLを貼っておきます。
http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/insurance/dividend_important.html
http://www.jili.or.jp/knows_learns/q_a/life_insurance/life_insurance_q16.html
予定利率、とはあくまで「保険料の割引率」です。


ご質問の件ですが、満期の大量到来のピークはすでに過ぎています。
平成2年がバブルのピー...続きを読む

Q農協養老保険に関して教えて下さい。

主人の農協養老保険に関しまして、
結婚前主人の両親が農協の養老保険に契約し、30年満期の為、
8年後には満期を迎えます。

主人は結婚後糖尿病で入院し薬治療で14年以上入院 合併症の症状は出ておりません。
今契約しております養老保険は保障がしっかりしている為、
このまま8年後も継続出来ないか思っておりますが、
何か方法はありますでしょうか?

やはり養老保険は満期日が契約は解除されますか?
 
近年持病があっても入れる保険が増えましたが、保障がしっかりした方が、
安心の為質問致しました。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

養老保険は、満期時に満期金を受け取り契約消滅します。
もちろん更新などできません。


それから先は、無保険で行くか、
緩和型(持病があっても入れる保険)にするか、
どちらかの選択肢しかないでしょう。


できれば今のうちから、少しでも多くのキャッシュを確保しておくとよいでしょう。
満期金も、リスクファイナンシングで置いておく必要がありますね。

Q郵便局の簡易保険で、3ヶ月だけ月2840円で入っていますが、この場合い

郵便局の簡易保険で、3ヶ月だけ月2840円で入っていますが、この場合いくら貸付が可能でしょうか。

3ヶ月なので3000円くらいでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

貸付出来ないのでは??
貸付するには 手続が必要です。
まだ 1万満たないのに 手続するなら 解約を薦められると思いますよ。

借りられたとしても、貸付は利息が掛ります。
3,000円借りるなら 解約して 翌月から保険料払わなくても同じじゃないでしょうか?

再来月 再加入した所で 保険料アップするかは 年令次第ですし、変わったとしても数百円ですよね。

Q養老保険の解約

銀行金利が低いため少しでも高い金利の貯蓄ということで郵便局に相談したところ養老保険をすすめられました。月支払いが数万円という条件で郵便局にすべて任せたところ、1000万円の普通養老保険と550万円の特別養老保険を設定してくれ契約しました。普通養老保険には500万円を先に振り込みました。10年もので昨年3月に契約、証書が送られてきました。郵便局ということでまったく信頼し調べもしなかったのですが、どうも少しおかしいと気づき、払い込み金額をチェックしたところ、普通養老保険は10,824,000円、特別養老保険は6,469,080円の払い込みで大幅な元本割れで、しかも子供たちの災害、質病保険までつけられていました。こちらは保険をもとめたのでなく金利の高いもののみを求めたのに、まったくこちらの意図に反するものが設定され、いかもこれらの説明がまったくなされていませんでした。
このような意図に反する契約であることが判明した以上、契約を直ちに解約し、今までに払い込んだお金をすべて返却してもらいたいのですがどのようにすればよいでしょうか。
お教えください。よろしくお願い致します。

銀行金利が低いため少しでも高い金利の貯蓄ということで郵便局に相談したところ養老保険をすすめられました。月支払いが数万円という条件で郵便局にすべて任せたところ、1000万円の普通養老保険と550万円の特別養老保険を設定してくれ契約しました。普通養老保険には500万円を先に振り込みました。10年もので昨年3月に契約、証書が送られてきました。郵便局ということでまったく信頼し調べもしなかったのですが、どうも少しおかしいと気づき、払い込み金額をチェックしたところ、普通養老保険は10,824,000円、特別...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。

弁護士は最終手段です。
あくまでも「不利益の件の説明不足」だけで
コンプライアンス違反です。

正しく説明していれば、このような間違いはありえません。
「銀行金利が低いため少しでも高い金利の貯蓄」との相談をしたにもかかわらず
高金利でもない商品を不利益も告げずに売る事は
確実にコンプライアンス違反ですので。
場合によっては、お客様相談センターに苦情電話されても良いと思いますよ。

**この件は「oxbridgeさん」の話が間違い無い事を前提に書いております。**

Q養老保険の満期金と配当について

H2年に掛け始めた全期間払込15年満期10倍型特別養老保険が来年早々に満期となります。単純に毎月の掛け金×15年すると満期金が払い込んだ額より少ないことに気がつきました。貯蓄代わりのお得な保険ということで掛けていたのにがっかりしています。郵便局に問い合わせても配当金については電話ではお答え出来ませんと言われてしまいました。大体でも良いので配当金はどのようにして計算すればよいのか教えてください。

Aベストアンサー

配当金については個々の契約ごとに違います。個人情報なので電話では教えてもらえませんが、郵便局の窓口または外務員を自宅に呼べば教えてもらえますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報