NHK義経のオープニングテーマで変な面をつけて赤い衣装で舞をしている人が3秒ほどでてきますが、あれはいったい何ですか。神楽とか猿楽とかいうものでしょうか。また、あの面は何を表現しているのですか。神、てんぐ、動物、妖怪???

A 回答 (2件)

舞楽「蘭陵王」だと思います。



中国南北朝時代末期、北斉の蘭陵王・高長恭は勇猛果敢であったが、
余りにも美しすぎたために、敵を威嚇できないことを残念に思っていた。
 そこで、彼は醜悪な仮面を着けた戦いに挑み、大勝を博した。
 彼の勇猛な姿を舞にしたのが、舞楽「蘭陵王」である。
(参考URLより)

参考URL:http://toukaen.fem.jp/syoyou/ranryo/bugaku.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教養に感服しました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/04 23:25

平清盛ゆかりの厳島神社で雅楽の時に


使われていた面だと思います。
厳島神社では盛んに雅楽が行われていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教養に感服しました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/04 23:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング