50ミリくらいの単焦点レンズには明るさがf1.4とか1.8などがあり、中には1.2というのもあります。それぞれ値段がびっくりするほど違います。数字だけ見ればほんのわずかな違いだと思うのですが、なぜこんなに値段が違うのですか?
値段は高くても、明るいレンズを使うメリットは大きいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

明るいレンズの数値的な“凄さ”は別として


私が明るいレンズを使う意味は、室内・店内などでの人物スナップにあります。
人物を描くのには「明るい場所」と「薄暗い場所」の二通りがありますが、
特に「薄暗い場所」での人物スナップの場合には
カメラの存在を意識させないような状況で撮るほうが
被写体の人間性がいきいきと写せます。
そうなると必然的に手持ちで、フラッシュなどの人工光を使わない撮影になりますから
少しでも手ブレの危険の少ない明るいレンズを使う事になります。

現在では「手ブレ補正レンズ」が登場して
暗い場所でのスナップもし易くなりましたが、それでも
シャッター速度が遅いまま「手ブレ」だけを補正できても
“被写体そのものが動いてしまう”という危険は解消しませんから
やはりシャッター速度の稼げる明るいレンズが必要なことに変わりはありません。

多くの方が「メリット」として挙げてくるのはその点だと思います。

じゃあ、その、僅かシャッター速度で1~2段の違いにン十万円も出せるのか、というと
やはり“撮れた時の嬉しさ”が、お金に換えられない部分があるからです。
こればかりはそれを実感した事がないと理解できないかもしれませんが
例えば「薄明かりの中で人物の表情や仕種をピタリと写し止めて、
絞り開放の何とも言えない曖昧な背景の中に被写体だけがシャープに浮き上がった描写」というものは
一度でも味を占めてしまうと簡単には忘れられない、という部分で何かと似ています(汗)。

また、報道分野などのプロ用途では
生命を賭けて潜入するルポなどで金額を惜しんでシャッターチャンスを逃がす事に比べたら
数十万円の出費は何でもありません。

メーカーも明るいレンズの開発に多くの労力を費やしているのですから
実際にこうした需要がそこそこあるんだろうと思います。



価格的な面から言えば、
絞りひとつ分明るくする事で多くの収差が発生しますから
単に面積(口径)の大きなガラスを使うだけでは解決しない部分があるらしいです。
レンズの形状や配置などから設計のし直しをするのですから
高くなって当然なのかもしれません。

でも、よく盛り場のスナップを撮っている知人は
「絞りは要らないから、その分製品価格を安くして欲しい」なんて言っていますが
その気持ちもよく分かります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
たとえ明るいレンズは高価であっても、そのレンズでなければ写せない写真というのがあるということですね。
そう考えると自分でほんとに満足できる写真を写すために少しでも明るい高価なレンズを買うのも分かるような気がします。

お礼日時:2005/04/04 21:55

>なぜこんなに値段が違うのですか?


明るさ以外にも、絞り羽根枚数や形状などもちがいます。
レンズ自体も高精度のものになりますので、周辺露光の落ち込みや歪も低減されています。F1.4クラスでシャープに撮影したいなら、1~2段絞り込んで使う必要があります(レンズ周辺の精度がいまいちなので、絞り込んで中心のよう部分だけを使って撮影する)が、明るいレンズでは開放から使う事も出来ます(被写体深度が浅い分使いにくいですが・・)。
鏡筒などもそれ相応に考慮されていると思います。
    • good
    • 0

1つだけ出ていないので。



一眼レフの場合明るいレンズの方がファインダーが明るくなります(当然ですが)。暗い場所でマニュアルでのピント合わせが楽ですし、オートフォーカスの場合でも(多くの機種で)フォーカス速度や精度が向上します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かにオートフォーカスのカメラは暗い所ではピントが合い難いしファインダーも暗くて見にくくなりますね。でもレンズが明るければファインダーも見やすいしピントが合うのが早くなるということがあるんですね。

お礼日時:2005/04/04 23:27

Canonを愛用しておりますのでCanonLensで説明します。



まず「なぜこんなに値段が違うのですか?」ですが、
1例としてかいつまんで説明します。

写真レンズの使命は、被写体の像を出来るだけ鮮明かつ正確に撮像面に結像させることですが、これは中々容易なことでは有りません。レンズには光線を結像すべき点に正しく集めず、その周辺に分散させてしまうと言う宿命的な性質が有るためです。これを収差と言いますが、他にも屈折や分散、回折など解決しなければならない性質が多々有ります。
これらを解決するために基本的には数枚の球面レンズを組合わせる事によって収差などを抑えております。
しかし理想のレンズを追い求めてゆくと数枚の球面レンズの組合わせだけでは解決しません。
そこで開発されたのが非球面レンズや蛍石・UDレンズです。これらは非常に高価で生産コストも比較にならないほど高額になります。このようなレンズが多く組合わされるほど高価なレンズになります。(CanonではLレンズと言われている)勿論これは一例であって、他の機能向上面での価格上昇も有ります。

ならば非球面レンズや蛍石・UDレンズを使っていないレンズは良くないのか…と反論されますが、とんでもない。現在市販されているレンズは全て四つ切まではクリアーしております。またこのLレンズを使用したら良い写真が撮れるのか?もNOです。

「明るいレンズを使うメリット」は皆さんが回答されている通りではありますが、使用するレンズの焦点距離によっても違います。ボケ味にメリットを求めるか、シャタースピードに求めるかと思います。
レンズが明るいがゆえに比較的暗い場所でより自然に撮影することが出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ただ明るいレンズを作るだけならそれほど難しいわけではないようですね。
明るくしようとすれば、画質の点でいろいろな問題が出てくる。画質と明るさを両立させようとすれば高価なレンズになってしまうということでしょうか。

お礼日時:2005/04/04 23:25

>>数字だけ見ればほんのわずかな違いだと思うのですが



果たして、ほんのわずかな違いだといえるでしょうか。

ちょっとエクセルで計算式を作って、焦点距離50mmのレンズとして計算してみました。

F値は焦点距離÷開口直径の値です。
レンズの明るさは、開口部分の面積に比例します。
開口直径が1/2になると、F値は√2倍になります。
開口面積は、(焦点距離÷F値/2)^2×πで求められます。

F値(厳密なF値), [レンズ開口部分の直径(mm)], レンズ開口部分の面積

F 1.0 ( 1.00000000), [50.000], 7854平方ミリメートル
F 1.4 ( 1.41421356), [35.355], 3927平方ミリメートル
F 2.0 ( 2.00000000), [25.000], 1963平方ミリメートル
F 2.8 ( 2.82842712), [17.678], 982平方ミリメートル
F 4.0 ( 4.00000000), [12.500], 491平方ミリメートル
F 5.6 ( 5.65685425), [ 8.839], 245平方ミリメートル
F 8.0 ( 8.00000000), [ 6.250], 123平方ミリメートル
F11.0 (11.31370850), [ 4.419], 61平方ミリメートル
F16.0 (16.00000000), [ 3.125], 31平方ミリメートル
F22.0 (22.62741700), [ 2.210], 15平方ミリメートル
F32.0 (32.00000000), [ 1.563], 8平方ミリメートル

F1.4と2.0では2倍も開口部分の面積が違うことがわかります。
面積が2倍ということは、入ってくる光の量も2倍ということです。F2.0のときの適正露出がシャッター速度1/125秒なら、F1.4にすれば、1/500秒のシャッター速度で使えるということになります。

ついでに、F1.8 焦点距離50mmのレンズを基準に、で同様に面積を比較します。
F1.82424平方ミリ(これを1とする)
F1.44007平方ミリ1.36倍
F1.25454平方ミリ   2.25倍

これを見るとF1.2のレンズは、F1.8のレンズに比べて、2倍以上の明るさがあることが分かります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説ありがとうございます。
f1.8と1.2を比べた場合、1.2のレンズは2倍以上の速さでシャッターが切れるというのは意外でした。やはり1.2というのは暗い場所では大変使い安いようですね。
1.8と1.4の1.36倍というのはちょっと小さいような気もしますが、でも普段から、あまり明るくない場所でストロボを使わずに写している人にとってはそれだけでも大変大きな違いなのかな、なんて思ったりもします。

お礼日時:2005/04/04 21:17

おおむね出揃っていますが



レンズと言うものは光を集めるためのものですから、少しでも元のまま、すなわち明るいほうが良いわけです。
そして、それを達成するためにはよりコストがかかります。

f値の差が1.4 と、1.8の違いで倍位違うのは、たとえば100mを9秒で走るのと、8.9秒で走る差のようなもので、限界に近い部分は顕著になります。
日常生活では、100mを10秒でも15秒でも、大して変わりませんが、オリンピックでは、0.01秒というほんのわずかな差で、メダルの色が変わります。

さて、その効果は。
もともとは、マニュアルでピントを合わせるためにも、明るいほうが良かったのですが、最近はAFなので、あまり問題にはなりません。

が、明るいレンズは、より暗い場所でも使えると言うことです。
また、背景をぼかす効果も大きくなります。
更に、周辺光量不足対処には、少し絞る必要があります。

写真は、感度、絞り、シャッター速度のトータルで結果が出ますから、日中の撮影ではあまり差はありません。
が、暗い場所や、背景ボケに力点を置く場合には、効果があります。
その効果は、自分の用途と感じ方ですから、他者が決めるものではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
レンズの性能を維持しながらギリギリまで明るくするためには、やはりそれ相応のコストがかかるということですね。

>周辺光量不足対処には、少し絞る必要があります。

仮にf1.8のレンズを開放で写すより、1.2.とか1.4のレンズを1.8に絞って写したほうが光量不足を防ぐことができる、それも明るいレンズの持つメリットひとつなんですね。

お礼日時:2005/04/04 20:58

シャッター速度が稼げること、アウトフォーカスでの演出的な利点のほか、感度の低いフィルムを使う際にメリットがあります。

いまはそうでもありませんが、十数年前には高感度フィルムでは粒状性の低下がかなりありました。そこで、これを嫌い、感度は低いが、粒状性のよいフィルムを使う場合が多々ありました。このようなとき、明るいレンズのメリットがあります。

映画の例ですが、スタンリー・キューブリックの「バリー・リンドン」で蝋燭の炎だけでライティングされたシーンにF0.7なんて明るさのレンズで撮影した例があります。このようなミッションクリテカルな撮影では明るいレンズが要る場合もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今ではISO400というフィルムが一般的で、ISO800というのも出回っていますね。
シャッター速度を早くするだけなら、明るい高価なレンズを買うよりそういうフィルムを買ったほうが安上がりという気がします。でもそういうフィルムを使い、なおかつ明るいレンズを使うことで、いろんな状況に対応できるのでしょうね。

お礼日時:2005/04/04 17:46

大昔にはf0.95というレンズもあったんですよ(笑)



まずレンズが明るいとどういうメリットがあるかと言いますと、絞り値とシャッタースピードの組み合わせの幅が広がるからです。つまり速い物を止まっているように見せるには高速シャッタースピードが必要です。最大開放値f2で1/125なら像が流れてしまうけどf1.4なら1/250で像が止まることが有ります。それに人物を撮る際の浮き上がるような感じにするにも開放値が大きくできれば出来るほど効果があります。

値段の差ですが、レンズを明るく造るには当然レンズに入る光量が多くなければなりません。それは単純にレンズの口径を大きくすればいいのですが当然レンズの大きさには制約が入ります。それに大きなレンズほど収差が発生します。この収差も修正しなければならずその修正用のレンズも組み込まなければなりません。すなわち明るいレンズを造るためには複雑で大きな仕組みのレンズ構成が必要となりそれに比例して値段も高くなるのです。

ただし最近はフィルム自体が高感度になって来ていますのでさほど高性能(高開放値)レンズは必要としなくなっています。(高感度フィルムだと更に絞りとシャッタースピードの組み合わせバリエーションが増えます)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
明るいレンズでなお且つ性能の良いレンズを造るためには、やはり技術的に難しい面もあり、レンズ構成も複雑になって、どうしてもコストも高くなるという事ですね。

お礼日時:2005/04/04 17:45

メリットは2つあると思います。



・シャッタースピードを稼げる
レンズが明るければ明るいほど、速いシャッターを切ることができます。シャッタースピードが速ければ、特に手持ち撮影の場合、手ぶれいよる失敗を防止できる可能性が高くなります。

・被写体以外をボケやすくできる
ポートレートなど、被写体以外をうまくボカしたい場合、F値が小さいレンズは被写界深度を浅くできるので、上手に使えばボケをうまく制御することができます。85mmのF1.2がポートレートに使われることが多いのは、そういった理由だと思います。

極端に明るいレンズは、プロなどが使用することを想定して作られているためか、各社レンズの素材や研磨方法に工夫していようです。
そのため、価格もより高くなってしまうのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
背景をボカすということは、これまで考えたことがなかったのですが、そういうテクニックを使うためは、どうしても明るいレンズが必要な場合があるんでしょうね。

お礼日時:2005/04/04 17:41

レンズが明るいと、たくさんの光を取り入れられます。


するとシャッタースピードを早く切ることができるようになります。

すると、手ぶれなどの対策になります。

簡単ながら。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
シャッター速度が一段や二段も早くなるなら、確かに便利だと思いますが、仮にf1.8と1.4を比較した場合、ほんのわずか早くなるだけではないかという気がするのですが、今までそれがそんなに大きなメリットだろうかという疑問を持っていました。

お礼日時:2005/04/04 17:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QキヤノンLレンズをオークションやキタムラで購入

皆様こんにちは!
先日質問した際Iお勧め頂いたキヤノンEF70-200mm F2.8 ISの中古ををネットオークションかキタムラで購入しようかと思っています。
キタムラですと三脚部やマウンドに結構傷があるけどレンズはキレイな「良品(一般的な中古品)」で、6ケ月保証が付き、125000円です。

ネットオークションですと、カメラ本体やレンズの販売で好評価(500ほど全て良い評価)を受けてる業者が出品している物で、保証1ケ月付き、138000円、数百ショット撮ったのみで外観もレンズもほとんど使用感がない極上品があります。


(1)皆様でしたらどちらを購入されますか・・?^^;



(2)個人的にはキタムラさんが安心だと思うのでこちらでの購入を考えておりますが、この状態のレンズで125000円というのは妥当な値段なのでしょうか?



(3)オークションの業者ですと、1ケ月は保証が付くようなので、初期不良等であれば対応して頂けます。
1ケ月の保証期間が終わった後、普通に屋内で使っていて、レンズが壊れるという事ってあり得ますか?


以上です。もしよろしければご意見を頂戴できないでしょうか?
宜しくお願い致します(;ー;)

皆様こんにちは!
先日質問した際Iお勧め頂いたキヤノンEF70-200mm F2.8 ISの中古ををネットオークションかキタムラで購入しようかと思っています。
キタムラですと三脚部やマウンドに結構傷があるけどレンズはキレイな「良品(一般的な中古品)」で、6ケ月保証が付き、125000円です。

ネットオークションですと、カメラ本体やレンズの販売で好評価(500ほど全て良い評価)を受けてる業者が出品している物で、保証1ケ月付き、138000円、数百ショット撮ったのみで外観もレンズもほとんど使用感...続きを読む

Aベストアンサー

購入されようとしていらっしゃるレンズはこれですね。
http://web.canon.jp/Camera-muse/camera/lens/ef/data/telephoto_zoom/ef_70~200_28lis_usm.html

キタムラの125,000円という価格は“妥当”と呼んでいい範囲内だと思います。
キズが結構あるとのことなので、私だったら「もう少し安くならない?」とか交渉するかもしれませんけど(笑)

少し足して新品、という意見もありますが、IS付の旧型はディスコンになって久しいので新品を探すのは大変だと思います。
ISのないEF70-200mm F2.8L USMは現行販売商品で、予算を2万円程足せば手に入りますから、こちらでもよければ新品にする手はありますね。
http://kakaku.com/item/10501010047/

私だったらどうするかですが、IS付の旧型自体を購入しないと思います。
質問者さんがどういう撮影に使われるつもりなのか分かりませんが、私だったらEF70-300mm F4-5.6L IS USMが実用的にすごく便利そうなので、これが第一候補になると思います。
http://kakaku.com/item/K0000141302/

70-200mmというズームレンジでいける、という根拠があるなら、明るさが一段違ってもコンパクトさで勝るEF70-200mm F4L IS USMのほうに個人的には魅力を感じます。
http://kakaku.com/item/10501011809/

どうしてもF2.8通しなら、多少値が張っても現行型のEF70-200mm F2.8L IS II USMを考えたいですけど、私の財布では多分どうにもならないので、TAMRONのSP 70-200mm F/2.8 Di VC USDとかSIGMAのAPO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMを考えます。
純正IS付き旧型との比較でしたら、描写で負けることはないと思います。
http://kakaku.com/item/K0000417329/
http://kakaku.com/item/K0000126374/

ところでF2.8通しの望遠ズームはかなり重いのですけど、その辺りは大丈夫ですか。
腕がパンパンになるかもしれませんよ。

>保証期間が終わった後、レンズが壊れるという事ってあり得ますか
レンズはボディに比べたら相当長く使えますが、こういうことが心配なら中古そのものに手を出すべきではないです。
たとえ新品でも保証期間が終わった次の日にレンズが壊れる可能性は否定できないのですが、新品なら気分的にずいぶん違うのではないですか。

私はオークションには結構お世話になっているので、毛嫌いはしていないのですが、レンズの場合は業者ではなく個人、しかも実際にその人が使用していたものを狙っています。
写真好きの人は自分の道具には優しいですから、多少使い込まれていても管理がしっかりしているので、見かけ以上にバリバリ働いてくれるレンズである公算が高いと個人的には思っています。

購入されようとしていらっしゃるレンズはこれですね。
http://web.canon.jp/Camera-muse/camera/lens/ef/data/telephoto_zoom/ef_70~200_28lis_usm.html

キタムラの125,000円という価格は“妥当”と呼んでいい範囲内だと思います。
キズが結構あるとのことなので、私だったら「もう少し安くならない?」とか交渉するかもしれませんけど(笑)

少し足して新品、という意見もありますが、IS付の旧型はディスコンになって久しいので新品を探すのは大変だと思います。
ISのないEF70-200mm F2.8L USMは現行販売商品で、予...続きを読む

QEOS 7Dで使う単焦点レンズ、シグマ 30mm F1.4 EX DC HSMかキャノンEF 28mm F1.8 USMか迷っています。

前回までにいろいろとアドバイスをいただき、シグマ 30mm F1.4 EX DC HSMか、キャノンEF 28mm F1.8 USMの2つにまで候補を絞りました。
私は、本当にカメラを始めたばかりの初心者なので、専門家の方や、セミプロの方のように、細かい部分は多分違いがわからないと思います。
キットレンズでEF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USMが付いていましたので、今回の単焦点レンズは買い足しとして考えています。
子供が幼いので、家にいる時の、食事をしている、座っておもちゃで遊んでいる、昼寝をしているなど、日常の風景、表情、しぐさを撮りたいと思い、フラッシュなしで自然光で撮れる明るいレンズが欲しいと思っています。
30年以上前の父が持っていた古いミノルタのカメラで、(何も知識もなくですが、)単焦点レンズで撮影しており、単焦点ならではのボケが大好きですし、撮りたいものには自分から寄って行ったり、離れたりすることに慣れているので、(というかそれが普通と思っていたので、)ズームレンズだけでなく、ぜひEOSでも単焦点を使ってみたいと考えています。
基本的に普段撮った写真ははがきサイズでプリントをします。伸ばしても2Lくらいです。
今後、写真のできがよければ、もっと伸ばす機会もあるかもしれませんが、…といってもB4くらいまでだと思います。
基本、はがき、2Lくらいなので、細かい部分の粗は気にならないと思います。
素人なので、扱いがよく、当たり前ですが、写りがいい方がいいです。
金額には2万ほどの差があり(シグマの方が安いです)、純製がもちろんいいのは分かりますが、同等に撮影できるのであれば、安いのは確かに魅力です。
あと、キャノンEF 28mm F1.8 USMが約15年前の設計という点も、やや引っかかり、なかなかキャノンEF 28mm F1.8 USMに踏み切れないのもあります。
それぞれに癖や、長所、短所あるかと思いますが、まだ、自分の好みの写りとかもわからない、初心者です。
どちらを選んだらいいか、何かアドバイスをお願いします。

前回までにいろいろとアドバイスをいただき、シグマ 30mm F1.4 EX DC HSMか、キャノンEF 28mm F1.8 USMの2つにまで候補を絞りました。
私は、本当にカメラを始めたばかりの初心者なので、専門家の方や、セミプロの方のように、細かい部分は多分違いがわからないと思います。
キットレンズでEF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USMが付いていましたので、今回の単焦点レンズは買い足しとして考えています。
子供が幼いので、家にいる時の、食事をしている、座っておもちゃで遊んでいる、昼寝をしているなど、日常の風景、...続きを読む

Aベストアンサー

私は、両方、使っていますが、この2本のレンズは、全く異なるテイストのレンズです。

「シグマ 30mm F1.4 EX DC HSM」はAPS-Cサイズデジタル一眼レフ専用に開発されたレンズであり、フィルム撮影など、全く考慮されていません。
撮像素子の特性にマッチした最新設計だけあって、絵の傾向はF1.4の解放から、どんな絞りでも崩れない、ライカ的なカリカリ描写、硬調、一言で優等生。
レンズ構成がガウスタイプですから、収差の補正が完璧。
唯一の欠点はガウスタイプがゆえに最短撮影距離が長くなる点。

「EF28mm F1.8 USM」は、1995年9月発売と少々設計が古いレンズで、当然、撮像素子を考慮したレンズではありません。
当時の一般的なフィルム時代のレンズと同様の描写傾向。
開放から高コントラスト&シャープネス抜群という現代的なレンズではありません。
開放付近ではフワッと軟調でコントラストも低め。
絞るに従ってカッチリ、カリカリ立ち上がってくる感じの、絞り値により絵の傾向の変わるオーソドックスなレンズです。

この、解放付近の像の甘さは、上手く使うと、子供や女性などの撮影や、何気ない生活感ある家庭の写真では、柔らかさや暖かさを表現することが出来ます。
当然、解放付近の像の甘さゆえに、ガッカリ写真が量産される可能性もあります。

補正には限度がありますが、「シグマ 30mm F1.4 EX DC HSM」の解放付近のカリカリ描写を軟調に仕上げることも、「EF28mm F1.8 USM」の解放付近のボヤボヤ描写をキリッと仕上げることも、RAWで撮影しておけば、ある程度、後からPCで加工補正することが出来るのがデジタルの良いところだと思います。

以上の特性を、考慮され、uaua様の撮影スタイルや好みに合っていると思う方を選択されれるのが良いと思います。
キレがの良いのはシグマ30mm、ソフトが好みならばキヤノン28mmです。

私は、両方、使っていますが、この2本のレンズは、全く異なるテイストのレンズです。

「シグマ 30mm F1.4 EX DC HSM」はAPS-Cサイズデジタル一眼レフ専用に開発されたレンズであり、フィルム撮影など、全く考慮されていません。
撮像素子の特性にマッチした最新設計だけあって、絵の傾向はF1.4の解放から、どんな絞りでも崩れない、ライカ的なカリカリ描写、硬調、一言で優等生。
レンズ構成がガウスタイプですから、収差の補正が完璧。
唯一の欠点はガウスタイプがゆえに最短撮影距離が長くなる...続きを読む

Q凸レンズへ平行光を入れた場合の倍率

いつもお世話になります。
光学は素人のレベルで勉強中です。ご指導下さい。
質問は凸レンズへ平行光を入れた場合の倍率の計算がうまく出来ず困っています。

よく参考書等に焦点距離との関係で以下の様な式が載っているかと思います。
(1)「物体M倍の像を得るにはどこに物体を置けばよいか?」
  物体面~前側焦点の距離=焦点距離/倍率
(2)「M倍像が出来る位置」
  後側焦点~像面の距離=焦点距離×倍率

平行光(レンズで加工した)でも同様に考えて良いものでしょうか?

〔追伸〕
回折格子の実験をしていて既に組みあがった装置を見てみました。
回折格子から凸レンズまで=約60mm
凸レンズからカメラまで=約70mm
凸レンズの焦点距離は60mmでした。
回折格子にはレンズで加工した平行光の830nm±10nmをあてています。

ご指導よろしくお願い致します。

以上

Aベストアンサー

はじめから内容を確かめて回答するべきでした。

平行光線をレンズで集光するとガウスビームというものになります。たとえばこのへんをご参照ください。ようは、ビーム径が有限であるために回折の影響で、焦点の位置でも点にならず、広がりを持ちます。

http://www.newport-japan.jp/pdf/0143.pdf
http://www.cvimgkk.com/products/pdf/01-guide/2-guide.pdf

レーザーならほぼこのとおり、その他一般の光源なら、光源の広がりの影響でおそらくもう少し広がるとおもいます。(レーザー以外でガウスビームを扱っている場合を見たことがないので、実際どこまで広がるかは知りません。)

このほかに、ビームが広がっているとレンズの収差も問題になってきて、そのぶん、より広がります。理想的なレンズでも球面収差は避けられません。収差まで入れた広がりの計算は残念ながら知らないので、さらに詳しい方にお願いしたいと思います。

Qカメラ初心者です。 EOS M3を使っているのですが単焦点レンズの購入を考えています。 EF50m

カメラ初心者です。

EOS M3を使っているのですが単焦点レンズの購入を考えています。
EF50mmF1.8STMとEFM22mmF2STMではどちらがおすすめですか?
ちなみにアダプターは持っていませんがそこまで高くないので買うことに抵抗はありません。

Aベストアンサー

まるっきり用途の異なるレンズですが・・・
どう言うシーンを想定でしょうか?
EF50mmは、フルサイズ画角換算で80mm相当。ポートレートのように浅い被写界深度が得られるレンズ。
EF-M22mmは、35mm相当でスナップ等に使い易い準広角レンズです。

Qネットショップの売却及び買取価格の相場について、おうかがいします。

ネットショップの売却及び買取価格の相場について、おうかがいします。

ブランド化粧品のショップで、現在開店から約半年で
粗利益が月平均10万程度、
出品個数は増やせて最大100個まで

といった現状のショップですと、売却及び買取価格の相場は
幾らぐらいと見積もればよろしいでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年利で考えるといいです。
将来的な発展は置いておいて、毎月10万円、年120万円の利益ですよね。
今、銀行から借り入れをした時の金利は何%でしょう。それよりも良い利回りになるように、売値は決まります。
もし、1200万円で売れば、買った方は1200万円の投資に対して、年利は120万円ですから、10パーセントですよね。粗利ではなく、純利でこのパーセントだと、1円も持っていない人が、銀行からお金を借りて、そのサイトを買ったら、年利5パーセントとしても、年5パーセントの純益となります。

正しい値としては、実際の純利がどのくらいで、将来性がどう、というところで、決まるのではないでしょうか。

Qカメラ初心者です、教えて下さい。単焦点、ズームレンズやレンズの純正、レ

カメラ初心者です、教えて下さい。単焦点、ズームレンズやレンズの純正、レンズメーカーのレンズによって撮った写真にどれ程影響が出るのですか?半年前にキャノンEOS7Dを購入して興味を持ちまして気になったので質問させてもらいました。

Aベストアンサー

必ずしも純正の方が性能が良いとか、レンズメーカーの物が性能が悪いとか一概には言えません。
また、特定のメーカーはキヤノンと相性が悪いとの書き込みもある様ですが、私は古いそのメーカーのレンズを1本持っていますが、対応するカメラで使用する限りなんら問題は発生していませんし、同じレンズを使うフリーのプロカメラマンも問題は発生したことないと言ってます。
ただ、レンズに内蔵されているROMが新しいボディには対応していないとかで、デジタルのボディに使用すると絞りの制御に問題が出るとのことらしいのですが、何度かテストしてみてもその様な問題は発生していません。
ただ、レンズメーカー製のレンズなど、純正以外の物を使った際に発生したカメラボディ本体の故障については、たとえメーカーの保証期間中であっても、保証は効きませんのでその点は注意が必要です。

純正の初級レンズよりはレンズメーカー製の中級以上のレンズの方が性能的には優れていることも珍しくはありません。
ただ、先の回答者さんの答えのように、カメラボディでのレンズ収差の補正や、RAWで撮影したもののPC編集時の収差補正などにレンズメーカー製の物は対応していないのと、レンズ独自のカラーバランスなどが、純正のレンズと比べ幅が広い(けして良い・悪いの意味ではありません)面があります。

単焦点レンズは、ズームレンズに比べ構成されるレンズの枚数が少なく、そのためレンズ内での乱反射等によるフレアーやゴーストが発生しにい、明るいレンズが多いのでファインダーが鮮明で見やすい、ボケが比較的きれい、小型・軽量(同クラスのズームレンズに比べ)などの利点がありますが、焦点距離を変えられないので、ファインダーを覗いて余分なものが写り込むようだと前へ出る、被写体がフレーム内に収まりきらないようだと自分が後ろへ下がると、フットワークが必要となりものぐさな人が使うと、不便なレンズ以外の何物でもありません。
しかし、そうやって自分のフットワークで写る範囲を調整するという行為は、写真の上達につながります。
また、焦点距離の違いによる描写の違いなども単焦点レンズを使っていると分かってくると思います。

必ずしも純正の方が性能が良いとか、レンズメーカーの物が性能が悪いとか一概には言えません。
また、特定のメーカーはキヤノンと相性が悪いとの書き込みもある様ですが、私は古いそのメーカーのレンズを1本持っていますが、対応するカメラで使用する限りなんら問題は発生していませんし、同じレンズを使うフリーのプロカメラマンも問題は発生したことないと言ってます。
ただ、レンズに内蔵されているROMが新しいボディには対応していないとかで、デジタルのボディに使用すると絞りの制御に問題が出るとのことら...続きを読む

Qキャノンとニコンのレンズについて

キャノンやニコンのレンズについて詳しく知らなかったのでカタログを見てみたのですが、いくつか疑問があり、メーカーに問い合わせてもしっかりした答えがなかったものもありましたので、ここで質問させて下さい。

・キャノンのLレンズ(ニコンではGレンズ)とそうでない純正レンズの質の差はどれほどか
・キャノンではIS、ニコンではVRと名前に付いていないと手振れ補正機能はないのか
・ニコンのDCレンズやPCレンズ(キャノンではTS-Eレンズ)はポートレート撮影に有効か(背景のボケ等)

皆様の知識を拝借致したく、どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

個々の製品により差はありますが同社内で同じ焦点距離のズームなら
ズームと単焦点なら単焦点とを比べれば、画質と呼ばれる中の大部分
はLレンズなりEDの高級レンズと呼ばれている物が優れていると思います。

DCレンズ←ピント面に対して前後のボケ量をコントロール出来ますから
、その機能が必要なら便利です。
ポートレートを主目的に開発された機能だと思います。

PCレンズTS-Eレンズ←発売されている数種の焦点距離のレンズの中で
中望遠に当る焦点距離の物は良くポートレート撮影に使われています。
立ちポーズのモデルを顔だけにピントを来させて身体はぼかすと言う
具合に。

Q望遠での単焦点レンズの利点

デジタル一眼、未経験者からレンズについての質問です。

単焦点レンズ(EF400mm F5.6L USM 等)を使用した場合、思い描いている構図(被写体の大きさ)に近付ける際、レンズの機能ではなく自分のフットワークが必要だと考えて良いものなのでしょうか。

また、コンパクトデジカメのように、デジタル一眼レフ(私の場合、Canonを想定しております)には、カメラ本体自体にズーム機能は付いているものなのでしょうか。

経験者の方、ご教授願います。

望遠レンズを使用する際、単焦点を選ぶか、それともズームレンズを選ぶのか、それぞれにどんな利点があるのかアドバイスをいただけますとありがたいと思います。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>単焦点レンズ(EF400mm F5.6L USM 等)を使用した場合、思い描いている構図(被写体の大きさ)に近付ける際、レンズの機能ではなく自分のフットワークが必要だと考えて良いものなのでしょうか。

そうです。今お持ちのカメラでズームを使わないで試して見てください。

ご質問とちょっとずれますが
焦点距離が違うと主たる被写体だけでなく背景の描写が違ってきます。
下記URL作例は主たる被写体(人形)の大きさを維持しつつ焦点距離を変えたものです。
・望遠になるほど背景の範囲は狭くなります。
・望遠になるほど背景の物は大きくなります。(距離の圧縮)
 逆に広角ほど背景のものは小さくなり遠近感が出てきます。
  <パースペクティブ>
http://photozou.jp/photo/list/138850/367874
ついでに
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/feelnikon/discovery/workshop/kumon/02j.htm#2
http://cweb.canon.jp/camera/ef/description/knowledge/index.html
http://cweb.canon.jp/ef/special/lens/index.html

>カメラ本体自体にズーム機能
コンパクトデジカメのデジタルズームでしょうか。
この機能はCCDの撮影範囲を狭めることにより拡大率を上げているようです。(画素数は減少します。)
上記のような背景の変化は無いでしょう。
撮影した画像を後から必要な部分だけカット拡大すれば(トリミング)同様の効果があります。

400mmをカバーするレンズに特化すれば単焦点レンズの方が安価です。
ボケ味は単焦点が優れているようです。
明るさでも単焦点が有利です。ただしデジタルカメラは感度設定の変更が出来きるので、多少暗いレンズでもカバーできます。
特にRAWデーターでの記録ならば撮影後のRAW現像で補正できます。
http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/raw/what/raw_merit03.html
http://www.isl.co.jp/DCC/PRODUCT/dc10/function/raw.html
http://www.rbbtoday.com/news/20041119/19707.html

ズームレンズでも賞を撮っている作品は多いようです。
カメラ雑誌などを見て確認してください。

>単焦点レンズ(EF400mm F5.6L USM 等)を使用した場合、思い描いている構図(被写体の大きさ)に近付ける際、レンズの機能ではなく自分のフットワークが必要だと考えて良いものなのでしょうか。

そうです。今お持ちのカメラでズームを使わないで試して見てください。

ご質問とちょっとずれますが
焦点距離が違うと主たる被写体だけでなく背景の描写が違ってきます。
下記URL作例は主たる被写体(人形)の大きさを維持しつつ焦点距離を変えたものです。
・望遠になるほど背景の範囲は狭くなります。
・...続きを読む

Qデジカメのレンズ内のゴミでレンズは傷つきますか?

 コンパクトデジカメ(LUMIX F60)で小さな黒い点が写るようになり修理に出すと、レンズが交換されてきました。
 掃除で済むと思っていましたので問い合わせたところ、ゴミが入っていたと説明され、それなら清掃で済むのではないかと言うと、慌てて、そのゴミがレンズに傷を付けていたと言い直されました。信じられなかったので再確認すると、修理は別の会社で行っているし、修理担当者もよく覚えていないと言っている、と ごまかされてしまいました。

 沈胴式レンズなので、細かいゴミが入ってしまうことがあるのは理解できます。でも、そんなチリのようなゴミがレンズに傷をつけたりするものなのでしょうか?もしそんなことがありうるのなら、デジカメの扱い方を改めなければならないと感じています。
 交換前のレンズが手元にありますが、どうみても傷があるようには思えず、首をかしげています。

 どなたかカメラに詳しい方、教えてくださいますでしょうか。

Aベストアンサー

現物を見ていないので何とも言えませんが。

傷つくこともありますし、カビなどの胞子であれば除去不能となることもあります。

またこの種のカメラの場合清掃のためにレンズを分解してゴミの除去をせずレンズのアセンブリごと交換となる事は十分可能性は有ります。(その方が安い)

Q結婚式の単焦点レンズ選び

デジカメ購入から一年が経つおじさんです。日頃は風景写真を撮り社内ではアマチュアカメラマンと呼ばれています。実は室内撮影は経験が少なく自信がないのにある程度の撮影技術から会社の後輩に結婚式(披露宴)の撮影を頼まれました。カメラはCanonEos30D、レンズはEF-S17-85、ストロボ430EXまで揃いましたが、あと一本単焦点レンズでストロボなしで披露宴撮影をしたいと考えています。35mmなのか50mmなのか周辺に持っている方もおらず悩んでおります。5万円以内で何か良いレンズはありますでしょうか?教えてください。ただ披露宴中はレンズ交換が大変と思い友人からEosKissDを借りる予定です。

Aベストアンサー

結婚式・披露宴は何度となく撮影しましたが、その時必ず使うのはフルサイズで70-200F2.8L ISと24-78F2.8Lです。カメラ2台は基本ですね。大体70-200が6~7割、24-70が3~4割です。カットに応じてさらに明るい単焦点に付け替える場合もありますが、基本はこの2本。質問者さんの場合17-85で広角~標準域は十分ですが、望遠が足りませんので適当な望遠が欲しいです。

基本的にブライダル撮影で喜ばれるのは、これでもかとフレームいっぱいに新郎新婦を入れたカットと、みんなに祝福されている状況を広く写した写真の2種類です。中途半端なカットは不要です。中規模以上の披露宴だと、標準レンズでは大きくフレーミングすべき状況で十分に撮れないと思います。
ケーキカットや乾杯、お色直しなど、出席しているみんなが写真を撮りたがりますから、近くに寄りすぎると他の方の邪魔になってしまいますし、離れて広くフレーミングすると逆に客が邪魔になります。手紙の朗読などで厳粛なシーンもありますから、新郎新婦の周りをずっと動き回ってるわけにも行きません。
明るさだけなら単焦点ですが、5万で収まるのはそれほど種類がありませんし、取り回しも難しいです。APS-Cなので70-200ほど長くなくてもいいですが、やはり大口径ズームにすべきですね。望遠では天井バウンスすると光が十分届きませんし、直接狙っても多少露出補正しないと足りないと思います。
背景もある程度の明るさを保つためにはややスローシンクロ気味になるはずですから、暗いレンズでは手ブレもしますし、キャンドルサービスなどの演出でストロボを使わない場合も想定すると、高倍率の暗いズームでは期待を裏切る結果になるだろうと想像します。
(標準側のほうも明るいレンズがいいですが、430EXのバウンスや内蔵ストロボスローシンクロすれば、17-85でも問題ないです)

さて、シグマ50-150F2.8(\74,799)は予算的に無理でしょうかね。検索してみたんですが、条件を満たすレンズでいちばん安いのはコレでした。これと17-85があれば安心だと思うのですが・・・・。
http://kakaku.com/item/10505011805/
http://www.sigma-photo.co.jp/lens/digital/50_150_28.htm
あとはどこのメーカーでもいいからこの程度のスペックのレンズを中古で探すのが懸命です。

単焦点ならEF135mmF2(\37,523)がちょうど良い焦点距離で予算にも収まりますが、ズームの利便性を考えるとあまりお勧めはできません。
http://kakaku.com/item/10501010015/

また、50mmF1.8が安いですからオマケ程度に持っていってもいいかもしれません。レンズ交換しているヒマは無いと思いますが・・・。

いずれにしても、できれば披露宴会場に一度案内してもらったほうがいいですよ。初めて行く場所で期待通りの写真を撮るのはなかなか大変です。そういう場合は大抵レンズを複数持っていって状況に応じて選ぶものですが、前もって単焦点を1本選んでいくというのは熟練者でも難題です。
私の場合も、なるべく早く会場に入って進行表を受け取り、流れを把握してから撮影に望みます。

結婚式・披露宴は何度となく撮影しましたが、その時必ず使うのはフルサイズで70-200F2.8L ISと24-78F2.8Lです。カメラ2台は基本ですね。大体70-200が6~7割、24-70が3~4割です。カットに応じてさらに明るい単焦点に付け替える場合もありますが、基本はこの2本。質問者さんの場合17-85で広角~標準域は十分ですが、望遠が足りませんので適当な望遠が欲しいです。

基本的にブライダル撮影で喜ばれるのは、これでもかとフレームいっぱいに新郎新婦を入れたカットと、みんなに祝福されている状況を広く写した写真...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報