よく、文系の大学生の就職の場合、就職試験で通り、面接試験を受けると聞きますが、面接で企業が見るのは大学時代にどのような活動をしていたのか、ということと本人のコミュニケーション能力だと聞きます。

同時に、大学の成績や学部・学科の内容はほとんど気にしないと聞きます。成績や学業の内容ではなくて、重視されるのは就職試験・面接におけるアピールということになりますよね。
しかも、「大学生活での経験」については、「例えばバイトで重要な仕事をした経験」とか「海外旅行をして自己を見つめなおした経験」とか、「サークルや部活動で指導的地位を勤めた」、「資格の有無」などだといいます。

思うのですが、これらって、例えば○○大学法学部に行かなくたって、経験しようと思えばできることですよね。それこそ、専門学校でもいいわけです。「大学」本来の学業よりも、学業に付随している部分のほうが遥かに評価対象のような気がします。学業が本業である学生の「学業」の部分(成績や卒業研究)よりも、前大学的な「人格」とか「個人的経験」を重視するなら、【そもそも就職を考える人は、大学には「合格」さえしてしまえばそれで良くて、講義やゼミにまじめに参加するのではなく、課外活動に専心没頭した者のほうが向いている】ということになりませんか?

学府である大学で、学業ではなくて、課外活動や資格、コミュニケーション能力を重視するのなら、大学は「入ってしまえばそれでいい」ことになりませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.1で書かせてもらったbascavilです。



たしかに、不愉快ですなあ。就職活動なんかしてますと、「リクルーター」という年齢の若い人(OBとか)と接するわけですが、話をしてても教養のかおりなんかしないアンちゃんみたいなのばかりなわけです。学歴はしっかりしているんですが、人間としての内容が無い。こういうのが、可愛いと思われるし、こういう人は自分みたいなのが好きなわけですな。

で、「学問に研鑽した人間はむしろ不利」というわけではないわけです。学問の内容が問題にされないだけで、コミュニケーション能力・柔軟性(要するに若いということ)を雇う側が持っていると考えればいいわけです。だから、重要なのは「若さ」なんです。大学の学問自体は企業の慣習とは違うので、役に立たないわけです。頭は良い・その上で純白で空っぽなのがいいわけですから、必然的に「新卒採用主義」になります。新卒採用主義(大学での成果は問わない主義)によって、大学は「この年齢までに卒業していなければならない」という期限がうまれますから、必然的に18歳での受験競争が激化することになります。

例えば、「高校卒業して、いったん働き、そこで学問の必要性を感じて、大学に入る」という選択肢は不利以外の何者でもないわけです。大学での学問は評価の対象ではないからです。単なる経歴上の傷になるだけなのです。企業としては、遅くとも24歳までに卒業していないと大卒者ではないわけです。

アメリカも昔はそうでした。というか、大学など不要!少しでも早く実社会で学ぶべしという風潮がずっとありました。ただ、凄い移民社会で人間の質の判定が難しかったこと、長い不況で、上の人間が使いやすい人間よりも、有能な即戦力を社会が求めたことによって、この状況が変わったわけです。アメリカは非常な学歴社会です。年齢に関係なく大学での学位が威力を持ちます。さっきの例で十分サクセス・ストーリーを狙えるわけです。もちろん弊害もあるでしょうけどね。

日本も余裕がなくなってきましたから、社員の一生の丸がかえが難しくなってきたので、純白少年をゼロから教育する余裕がなくなってきたので、当然、大学での成果が意味を持つようになっていく傾向にはあるでしょうね。ただ、その反映として、大学での学問は、「直接役に立つ」学問になっていくでしょうね。純学術的なことは、学者のみがやることになるでしょう。アメリカなんかも、経営学部や工学部なんかは、ピカピカの校舎ですが、文学部、歴史学部なんかはボロボロの校舎です。まあ、それでもいいんですけどね。

こういうふうに、大学での学問や学生のあり方は、企業社会の要請によって変化するんですなあ。ただ、「大学を出なければ、よい仕事は望めない」という傾向自体は、強まりこそすれ、弱まることはないでしょう。ただ、「新卒採用主義」の後退により、大学での勉強の価値は増えていくでしょうね。
    • good
    • 0

>同時に、大学の成績や学部・学科の内容はほとんど気にしないと聞きます。



そんなことはありませんよ。
普通の会社では、やはり成績は関係しますし、学部も気にします。
上場会社の数は山ほどありますので、「確かに学部・成績不問」という会社も中にはあるということでしょう。

大学はペーパー試験中心で選考しますが、会社は面接中心ですので、逆にさきに大学名や、学部、大学での成績でふるいにかけておく必要があります。
でないと、人事がオーバーワークになりますから。

まぁ、素材としての大学新卒という考え方は、終身雇用を前提にしておればこその話ですから、今でしたら何もわからん新卒を手取り足取りという余裕がなくなっている会社が多いことは事実です。
経理にまわすなら、せめて日商1級はとっておいてとか。関連科目で可とるようなアホは要らんとか、事前に釘をさされることはあります。
人事としても、こいつここにまわしても長続きしないでつぶれるだろうなというのはこわくて配属できませんから、成績+面接時の反応+本人の職種に対する希望+人事としてのシビアな目を加味して採用してゆきます。
    • good
    • 0

まあ、おっしゃるとおりですね。



これまでの日本企業にとっては、大学入試がいわば1次試験だったんです。つまり、大学入試に通るということは最低限の知能の保証だったわけです。大学のランクが知性のランクとされました。
そのうえで大学入試後は、4年間遊ばせて、頭の中身を空っぽにして、「使いやすい」「教育しやすい」人間になるようにして欲しいというのが企業社会の要請でした。そして、卒業にさいして、以下のように、枠を決めて審査します。

一流大学→幹部候補
中堅大学→中堅幹部候補
三流大学→前線の兵隊

つまり、日本の大学が入ってから楽だといわれてきたのは、実は企業社会の要請でもあったわけです。だから、文系で大学院にいくと就職が難しかったのもこういう理由ですね。「使いやすさ」を基準に人間をとるわけですから、知能が高くて、ないかつ空っぽな人材が良かったわけです。これを反知性主義といいまして、アメリカも20世紀初頭まではそうでした。

で、これが最近では通用しなくなってきたわけですね。これからは変わるんでしょうね。もっともそれがいいかというとわかりません。今度は、企業は大学にもっと即物的な「役に立つ」勉強をすることを要求し始めましたから、哲学、歴史学みたいな学問をすることがマイナス(これまではプラスでもマイナスでもなかった)に評価されちゃうかもしれません。

いずれにせよ、これまでの体育会系原理はそろそろ終焉をむかえるでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか・・・なんか腹立たしい論理ですね。だったら大学ではなく、職業訓練校、もしくは自社の研修施設(入所試験を課すことで大学入試と同様の役目)を使って、鍛えればいいと思いますね。大学は「学問」の府であることを根底から否定するような話ですね・・・。

じゃあ、学問に研鑽した人間はむしろ不利ということになるのですか?どうも納得できません。まあ、ここで怒ったって仕方ないですけどネ。

>これを反知性主義といいまして、アメリカも20世紀初頭まではそうでした。

そうなんですか。アメリカも「20世紀初頭まではそうでした。」とありますが、過去形ということは今のアメリカは違うのですか?

>で、これが最近では通用しなくなってきたわけですね。これからは変わるんでしょうね。

通用しなくなってきたということは、現在の学生は、やはり大学でも学業にしっかり取り組むことが要請されるようになってきた、ということですか?

引き続きお願いします。

お礼日時:2005/04/04 06:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校面接のことなんですが自己PRが上手く書けません。できれば例とかお願いします!

高校面接のことなんですが自己PRが上手く書けません。できれば例とかお願いします!

Aベストアンサー

「高校面接 自己PR 例」で検索すれば、参考になる情報がたくさん見つかります。
丸投げせず、自分でも情報を探しましょう。

Q大学の成績、優・良が8割は成績が良いか?

私は、ただいま就職活動中の大学4年生です。よく面接で学生時代に頑張ったことや自分の強みを聞かれます。私の強みは、自己分析や友人・家族の意見を踏まえて、「まじめ」ということだと思います。自分でも、わたしはコツコツ派だなと実感しています。今までは面接で、学生時代に頑張ったことは、ボランティアや資格取得だと答えていました。その方が、面接受けがよさそうだし、かっこいいかなって思ったからです。ですが、一番頑張ったことを考えると、大学の勉強だったかな、と最近考えるようになってきました。私は大学の成績は、約8割がAA(優)、A(良)で、単位は一回も落としたことがありません。ちなみに私は文系ですが、単位の取りやすい授業ばかりを取っていたわけでもないです。
 そこでお聞きしたいのですが、私の成績は良い成績と胸を張って言えるでしょうか。あまり友人や他の方の成績を知らないので、自分が成績が良い方なのかわかりません。大学生の方、大卒の方のご意見を頂ければ嬉しいです。

 

Aベストアンサー

学士を取るための単位数は約120単位と文科省により定められていますが、教科目数は各大学が定めます。

成績重視する一般企業がすべての教科に目を見張るかどうかは疑問です。もちろん「優」が多い少ないというのは一見してわかるので、少ないより多い印象を与える方がいろんな意味で有利だと思います。

たとえば、エンジニア選抜で工学系学生が志望すれば、専門科目の工学系の成績が優秀な者に有利だと思います。これは語弊があるかもしれませんが、語学を除いて文系でその特殊性、専門性をあらわす専門科目の優位性というのは一概にいえないところもあるので何を見るかということもありますが、要は「欲しい人材、能力と関係が深い専門科目の成績を重視することもある」ということです。

極端な例では、体育実技の成績よりも、健康診断や適性検査で身体的、精神的状態を把握した方がより客観的ですから。

Q面接時の自己PRについて。

面接時の自己PRについて。

今まで職務経歴書を提出するような企業の面接を受けたことがないので困っています。
職務経歴書は職歴が多いため1枚目に職歴、2枚目にスキルや保有資格、自己PRを記入しました。
これだけですと2枚目の用紙はほぼ下半分が空白になっていたため、
自己PRを4例に増やし空白をなんとか埋めてみました。

当日の面接時に自己PRをと言われた時は、この4例をアレンジを加えながら全て言うのがいいのでしょうか?
それとも抜粋して2例ほどのPRを言ってもいいのでしょうか・・・

書いたからには言わないといけないような気もします。

もしも自己PRを2例に減らした場合、用紙の空欄というのは面接官も気になるものでしょうか。

Aベストアンサー

フォーマットがオリジナルなのでしたら、たとえば、業務経歴を入れてみてはいかがでしょうか。

自己PRは、私の場合は基本的に一文にまとめていました。PRポイントも分散しないよう絞り込んでいました。

それよりも、前職まででどんな仕事をどのようにこなしていたのかについてのリストをつけておきますと、仕事内容そのものに興味を持ってもらえ、その仕事上で活かせた自己PRに書いていない長所を自然にアピールできるかと思います。

以上参考になりましたら幸いです。

Q大学編入について質問です。 大学によっては第一次選考(書類選考)があり、現在通っている大学の成績証

大学編入について質問です。

大学によっては第一次選考(書類選考)があり、現在通っている大学の成績証明書と志望動機書、英語の資格を証明する書類などが提出する書類となりますが、その際、大学の成績はどの位影響するのですか?
単位に不可があると落ちますか?
どのような書類が1番重視されるのですか?

たくさんの質問すみません。
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして、元大学関係者です。

編入試験ですよね。編入試験のやり方は各大学の裁量にまかされています。ですので大学の成績をどの程度合否に影響させるかは各大学、各学部により異なりますので一律的なことはいえません。

それと成績証明書には不可は記載しませんよ。ですので不可の数が合否に影響することはありません。

Q履歴書の自己PR欄と面接の自己PRは同じ内容でも良い?

履歴書の自己PR欄と面接の自己PRは同じ内容でも良い?

昨日、コンビニで履歴書を買いました。
履歴書の内容をよく見ないで買ってしまい、家に帰り、履歴書を見てみたら自己PRの欄がありました。
このような履歴書を見たのは初めてです。
パートの面接でも、派遣の登録でも最近は自己PRを求められる事があります。
その場合、面接で話す自己PRと履歴書に記入する自己PRは同じような内容になってしまっても構わないのでしょうか?

学生ではないので、面接の練習など指導してくれる人もいないので困っています。
また、私は自己PRが一番苦手で何を言ったら良いのか、面接中に悩んでしまいます。
履歴書を買いなおせば良いだけの話しだと思いますが、購入してしまったので無駄にしたくはありません。
今週、面接を受けます。ちなみに12月までの公務の臨時職員です。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

メインのポイントは同じでないとおかしいです。文章で各言葉と話すときの言葉遣いは違うので全く同じフレーズにはならないのでそこは気にしなくていいでしょう。面接の場では時間があるので文章で書いた内容に補足をつける事ができるので、文章だけでは理解が不十分と思われるところ、強調したい話があればそこに肉づけして説明するのがお勧めです。

Q学生生活と課外活動について

「学生生活と課外活動について」という内容のレポートが出たのですが、自分だけの意見でなく、皆さんの意見が聞きたいと思います。教えてください。

具体的には、「あなたの課外活動というものの位置付け」・「あなたの課外活動への心構え」などどんなものでも良いです。

また、課外活動とはここでは部活とサークルに限定させていただきたいです。さらに、これは大学での話で、高校までの団体とは明らかに運営などが異なるので、大学生や卒業生の方だけにしてください。

Aベストアンサー

私は、サークル活動を大学生活の一部としてではなく、社会経験の一部であると考えています。運動部なので先輩と
(社会に出れば上司と)お酒を交わす場でのマナーだとか
勉強になります。また、さまざまな学科の人やOB、OG、その他関係者の方々と付き合う中で、自分とは違った考えの人と接したり、現実の社会の生きた情報をもらったりする事ができます。特に教員を目指す人には、将来教員以外の良い友人・知人をたくさんもっておくのは良い事です。要するに人間関係の勉強の場ですね。そしてもう1つ、これは私のサークル独特かもしれませんが、”怒ってくれる人がいる場”という大きな位置づけがあります。大学生にもなって、怒られる?と疑問に思われるかもしれませんが、
人間怒られてこそ成長するもんだと思いません?もう大人
の仲間入りですから、自分の意見や判断をツッパルことも
できますが、あえて人の(他人の)意見に巻かれる、柔軟さを身に付ける良い機会ですよ。どうせ社会に出ても上司に小言いわれるんですから、キレナイ頭にするよい機会ではないでしょうか。@某大学1年の学生です

Q公務員の面接試験での自己PR

地方上級の二次の面接試験なのですが、面接の冒頭に5分間の自己PRをせよということのようです。果たして5分間もの間自己PRできるものでしょうか。私はせいぜい2,3分くらいしか話せる自信がありません。特に自己PRは重要なところと聞いたのですが。皆さん本当にすることでしょうか。
加えて長時間の自己PRのポイントや気をつけておいた方がいいことを教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、

 少々、心配です。5分のPR時間を「長い」と感じられているからです。このままでは、2,3分程度の(失礼ですが)ありきたりの内容を、無理に広げて薄めた「5分間」になると思います。

 まずは、5分の倍の10分間、きちんと話せる内容を、どんな手段でも良いので完成させてください。その上で、余分な部分をカットしたり、余分な部分を縮めて、「5分間」を完成させるのです。そうすれば非常に内容の濃いPRになります。
 
 回答は以上だけど、ついでに2つほどアドバイスするね。

 1.日本の面接は、「形式的なことを言わねばならないし、言ってもいけない」という変な約束もあります。(公務員なら、特にこの傾向が強いと思います)

 これは、例えば「公務員への志望動機に関する部分」を例にとりますと、
「地域密着型の住民サービスが重要と思い、私自身もそれに対し、大いに興味があり…」
等と、面接の教科書(ノウハウ本)に書いてある様なことを延々と喋っても、面接官は「また教科書小僧か」という気分にしかなりません。これが「言ってはいけない」です。では、「住民サービス」とかいう、当たり前の言葉は言わないほうがいいのかと言うと、これも違います。言わねばなりません。
 つまり、「地域住民へのサービスはもちろんですが、私はそれ以上に(ここに貴方オリジナルの意見)」と言うような形が良いのです。

 2.「自分は責任感(or協調性)があると良く言われます」なんて、絶対言わないでね。
「今まで、何人に言われましたか?全て教えてください」と、思わず言いたくなります。
(本当に何10人もの人に言われた学生さんがいるなら、是非、会って見たいものです)

 御参考まで。就活応援します。

こんにちは、

 少々、心配です。5分のPR時間を「長い」と感じられているからです。このままでは、2,3分程度の(失礼ですが)ありきたりの内容を、無理に広げて薄めた「5分間」になると思います。

 まずは、5分の倍の10分間、きちんと話せる内容を、どんな手段でも良いので完成させてください。その上で、余分な部分をカットしたり、余分な部分を縮めて、「5分間」を完成させるのです。そうすれば非常に内容の濃いPRになります。
 
 回答は以上だけど、ついでに2つほどアドバイスするね。
...続きを読む

Q眞鍋かをりをはじめとする、学業とそれ以外を両立する人の才能。

 眞鍋かをりさんは横浜国立大学を卒業されましたよね。
 しかし、なんで学業とその他の活動を両立できるんでしょうかね?。
 本当に凄すぎると思います。芸能人だから単位取得が有利ってのも極端な優遇は無いと思うんですが、なんで両立なんて器用な事が出来るんでしょうか?。

 眞鍋さんだけでなく、そういう人っていますよね。
 二足のわらじを器用にこなせるというか・・・。

 そういう人って何が優れているんでしょうか?。

Aベストアンサー

芸能活動と学業の両立は
本人の熱意が最も重要であることはもちろんですが,
試験日程に合わせたスケジュールの調整など,
事務所がどれだけ学業に理解を示すかが鍵になると思います。
大学生タレント,あるいは大卒タレントであることを
ひとつの売りにしている場合,
当然ながら事務所は協力的になると思います。

眞鍋かをりの場合,
本人の熱意と事務所の理解の両方が満たされたわけで,
広末涼子の場合はおそらく両方が欠けていたのではないでしょうか。

これからは
石田ひかりのような大学院生芸能人も珍しくなくなると思います。

Q紙面上の自己PRと面接で自己PRの違い

新卒で現在就職活動を行っております。

個人面接の時の自己PRについて質問があります。

先日の面接では、「強み」→「経験談」→「得たもの」を訳1分半くらいで言ったのですが、経験談のあたりで人事の方が飽き飽きしている雰囲気でした。

もしかしたら、ネタがつまらないものだったかも知れませんが‥。

自己PRには体験談を入れるのが鉄則と聞きましたが、実際のところどうなのでしょうか?
逆にダラダラしてしまう気もします。

履歴書上の自己PRと面接の自己PRはどのように区別していけば相手にとって聞きやすいでしょうか?


少し抽象的で回答しにくいかと思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

去年の今頃、就職活動をしていた者です。

>経験談のあたりで人事の方が飽き飽きしている雰囲気でした。
質問者様が仰るとおり、ネタがつまらなかった可能性もありえますね。
しかし、人事担当ならば学生一人一人ときちんと向き合う必要があると思います(時に向き合う価値のない学生もいますが、それはよっぽどひどい人(^_^;))。
私ならそんな人事を見たら即、その会社に見切りをつけてしまいます(笑)
(ある程度就活をしていると、自分に合う・合わない会社が分かってきます。それは、人事の方を見ることで分かる時もあります。)

自己PRで先ず「強み」を述べ、それを裏付ける「経験談」を述べるのはごく普通の流れです。強みばかり述べても、全く真実味がないからです。
経験談を入れることでダラダラしたように感じられるなら、もう一度エピソードを上手く削ったり、言葉を変えたりしてすっきり伝えられるようにアレンジしてはいかがでしょうか?(^-^)

>履歴書上の自己PRと面接の自己PRはどのように区別していけば…
難しいですよね…(汗)
人事の方々は履歴書の自己PRを読んだ上で、ツッコんだ質問をしてくることが多いです。ただ、面接の最初にいきなり「自己PRをしろ」と言われることもありますよね。
私の場合、面接の冒頭で「自己PRを」と言われたら、履歴書の自己PRより更に詳しく述べる、もしくは履歴書と同じ強み→別の体験談、を述べるようにしていました。
後者の場合は更に自分の強みを実証することができるので、効果が上々だった気がします♪

長々と失礼しました。
就職活動が上手くいくよう、祈っています。

去年の今頃、就職活動をしていた者です。

>経験談のあたりで人事の方が飽き飽きしている雰囲気でした。
質問者様が仰るとおり、ネタがつまらなかった可能性もありえますね。
しかし、人事担当ならば学生一人一人ときちんと向き合う必要があると思います(時に向き合う価値のない学生もいますが、それはよっぽどひどい人(^_^;))。
私ならそんな人事を見たら即、その会社に見切りをつけてしまいます(笑)
(ある程度就活をしていると、自分に合う・合わない会社が分かってきます。それは、人事の方を見るこ...続きを読む

Q〜派と〜派で争うことを、何というのですか? 例えば、新しく出来た方針を重視する人達と、昔からある方針

〜派と〜派で争うことを、何というのですか?

例えば、新しく出来た方針を重視する人達と、昔からある方針を大切にするべきと考える人達が討論している。

こんな状態のことです。

説明不足で申し訳ありません(T ^ T)。

Aベストアンサー

一般的には、論争ですね。・・・派は、同じ理念や考え方の人達の総称として使われる場合が多く、質問の例にもピッタリです。
また、学術的なテーマでも、同様に・・・派と、・・・・派の論争と言います。

派閥争いは、・・・派と・・・・派の争いでははく、ずばり、派閥争いとか、派閥間闘争などと言われます。質問の例とはちょっと違うかと。あれは言わば・・・派という名を借りた、ただの政治闘争です。別に、理念や考え方を共有しているわけでもなく、だれだれについていってメリットを得る公式の利害集団。会社などの派閥もそう。それぞれの派閥の利害を最大限にすべく、情報を交換して協調行動して、相手の派閥と戦っている。名簿があり、所属非所属が組織的に明確になっているもの。単なるグループや、会と言ったほうがいい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報