人気雑誌が読み放題♪

私は、黒澤明監督の映画(七人の侍・用心棒・隠し砦の三悪人など)に出会うまで、洋画と比べ邦画を見下してました。
何度か映画館が邦画を観たことがあるのですが、印象は最悪でした。(REX・水の旅人・バトルロアワイアル・いぬのえいが、などです。サトラレは、感動しました。)
現在映画館でやっている邦画のほとんどが、TVドラマよりもつまらなく、TVドラマ俳優が主役をはって、観るのにお金がかかるという事です。
ほとんど黒澤明の映画を観てしまったので、新境地発見の為に、黒澤明監督以外の邦画を観たいと思っています。
黒澤映画のような感動を与えくれる監督の撮った映画教えてください。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

僕も『用心棒』好きですが、岡本喜八の『斬る』には脱帽しました。

同じく仲代達矢つながりで小林正樹の『切腹』もどっしりときました。
最後まで巨匠と呼ばれる事を嫌った岡本喜八で攻めてみるのも良いのではないでしょうか。現場では鬼、プライベートでは仏と呼ばれた人らしいです。
もうお亡くなりになっているし後継者という歳でもないですが、是非。

あと、『デ○ルマン』を監督した事で某映画雑誌で『死んで欲しい奴』のレッテルを貼られ、挙句に本当にお亡くなりになってしまったN監督の作品などは駄作ぞろいらしいので比較のために見るのもいいでしょうね。

No.3でも挙げられていますが、茶の味良いですよ、タイトルからして小津チックですが、新しいスタッフ、新しい俳優で古き良き時代を感じられる作品です。

押井作品で言えばつい一昨日『劇場版パトレイバー1・2』を見直したばっかりです。何度観てもグッドです。
一作目は16年前、二作目は12年前の作られた作品だという事がいまだに信じられません。
例の踊る大捜査線はパトレイバーに憧れたプロデューサーによって作られたドラマです。

『いぬのえいが』ダメだったんですね、一般的には結構評判が良い作品だったので観てみようかと思っていたのですが・・・宮崎あおいつながりで『ユリイカ』なんかはどうでしょうか?僕が観た中では『デカローグ』『ファニーとアレクサンデル』の次に長~い作品でしたが、長さは感じませんでした。

僕はレンタルビデオ屋で働いているんですが、良い邦画作品は結構あるんですが、お客さんは下らない娯楽大作を借りていきます。悲しいです・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
用心棒が大好きなので、『斬る』『切腹』チェックしときます。
『茶の味』は絶対観ます。
『いぬのえいが』は、レンタルで十分だと思います。宮崎あおいは、10分から20分くらいしか出てきませんので。

お礼日時:2005/04/06 05:21

私も映画といえば洋画しか興味ないと、ずーっと決め込んでいました。


しかし最近TVでやってた「鉄道員」は少なからず感動を得るものがありました。

七人の侍はごく最近やっと観ました。いやはや、脱帽です。凄いの一言。面白かったです。白黒映画だし、長いし、どうせトロトロした展開なんだろうと敬遠してきたのですが、やはり観てよかったと思います。

あと、邦画をあげるなら、古いんですが、「戦国自衛隊」「野生の証明」とか面白かったです。

これらに比べると「踊る大走査線」とかものすごく、安直に作られてるな、いったい何やってるの? と、日本映画の未来に暗澹たる印象を持ちました。
バトルロアワイアル、私も映画館で、椅子を蹴って出てきました。怒り心頭でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
七人の侍に関して、oupatuさんと同意見です。若い人達にもって観てもらいたいです。
世間では評判があまり良くないですが『戦国自衛隊』好きです。『野生の証明』は今度借りてきて観てます。
私も、こんな映画を金を取って映画館で上映するな!と怒りを覚えることもあります。もちろん、洋画にもあります。

お礼日時:2005/04/06 05:16

日本映画を愛しているならば、あるいは愛したいと思うならば日本映画史をすこし勉強してみませんか。


山根貞男、四方田犬彦あたりの著作がおすすめです。

日本映画は戦前、戦後と2回黄金時代があった世界でも珍しい国の一つです。
現在も映画市場におけるアメリカ映画の占有率が先進国では低い方です。国家の庇護政策が無いにも関わらずそうなのです。色々不満はありますがこの点は、評価すべきではないでしょうか。

黒澤の絶頂期は、日本映画も産業としてまだ健全な時期であり年間4-5百本が製作されていました。
傑作は100本に一本、秀作が100本に5本しか生まれないのだとしたら製作本数が激減している今の日本でなかなか傑作が誕生しないのも仕方がないのかもしれません。

戦前、日本映画は世界的には殆ど注目されませんでしたが戦後、所謂「映画祭」ブームにより黒澤、溝口が国際的に有名になりました。その後小津、成瀬、木下などが続き、大島渚、今村昌平あたりも国際的な賞を獲得しています。
現在は、鈴木清順、三隅研二などプログラムピクチャの名手および黒沢清、青山真治、是枝などが(おっと北野を忘れてはいけません)フランスを中心としてヨーロッパでは注目されています。

「あずみ」の海賊DVDが、アフリカで売られたりしていますので現代日本映画も捨てたものではないですよ。

東京の池袋文芸座、国立フィルムセンターあるいは日本各地の映画祭で良い日本映画が上映されていますので機会があれば是非観て下さい。

まとまりがなくてスミマセン。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
ismaelさんの説明、とても勉強になります。
今度機会があったら、文芸座・国立フィルムセンターに足をはこんでみます。
日本映画発展のためには映画会社が薄利多売の考え方を捨て、三本に一本は大金をつぎ込むといった考えに切り替えてもイイと思います。
先週に観た『いぬのえいが』悪印象がとても強いだけに、強い口調ですみません。

お礼日時:2005/04/05 05:41

確かに過去の巨匠が創りあげてきた作品の持つ芸術性や、雰囲気、映像に比べると今の日本映画はとても薄っぺらいと感じるかもしれません。

そしておそらくSUPERBITさんの求める映画、求める監督はやはり♯1さんのいうとおり小津安二郎なのだと思います。
しかし、あえて、ここで若輩ですが、私の意見を言いたいと思います。
黒澤明の映像は今はもうありません。が、黒澤明と同じだけの野心や映画に掛ける思いの詰まった作品はたくさんあると思います。
実写で挙げるのであれば石井克人などがいます。新しい映像、新しい日本映画としてもっと日本でも認められても良いと思います。最近の作品は「茶の味」です。
また、あえて実写といったのは今、邦画で一番世界の先端を行っているのはやはりアニメだと思うからです。何がアニメだと思うかもしれませんが、世界的に認められているアニメ監督はたくさんいます。一人挙げるのであれば、押井守でしょうか。俗物的に言えば、マトリックスは押井作品から多分に影響されていますし、タランティーノもファンというのは有名です。最近の作品は「イノセンス」です。
結論を申しますと、もし、新境地を発見したいのであれば、黒澤明に代表する、古き良き日本映画もすばらしいですが、一方で新しい、斬新な日本映画というのもちゃんとあります。そして、その新しい日本映画もおすすめで、とてもおもしろいのでぜひ観てもらいたいということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
石井克人という名前をはじめて聞きました。早速、茶の味を観てみようと思います。
押井作品を今日借りてきます。

お礼日時:2005/04/05 05:35

近年の邦画は確かにつまらないと思います。


これには幾つか原因があると思うのです。
1・ネタがつまらない(邦画は純愛ブームだそうです)
2・サラリーマン監督(成功報酬がない)
3・時代や風俗考証などしなさすぎ(映画は芸術だからしなくていいって感覚)
4・お金の無さ

映画は世界的には大河ブーム(ロードオブザリングみたいな物)なのですが、邦画は女性に媚を売るような映画ばかりです。面白いデータなのが、世界的にはプライベートライアンは名作、パールハーバーはラジー候補になる程の駄作なのに、日本ではパールハーバーが売れてプライベートライアンはこけました。

ですが、一番の原因はお金の無さだと思うのです。お金がないから人気俳優やアイドルを軸にした作品を作る。考証や小道具製作に金をかけられない。(友人に映画関係者の方がいるのですが、小道具は考証的に間違っていても使いまわすそうです。海外は大作の場合は作るそうです)監督は成功しようが失敗しようが一定の収入がある。海外では成功報酬なので、100億売り上げればバックも大きい。失敗すれば無一文…

ただ、海外にも日本の数倍規模で駄作は作られています。日本には持ち込まれていないだけです。日本に持ち込まれた作品は成功した物や大河作品だけという事情もありますから…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
やはり、映画を作るのにはお金が沢山かかるのですね。
海外でも通用する作品を作れば、もっと良作の邦画が増えると思います。
特にTVドラマの延長みたいな映画はホントに嫌気がさしてきます。

お礼日時:2005/04/05 05:33

おはようございます。



黒澤監督はコッポラ、スピルバーグにも尊敬されているのですから、なかなか同レベルの作品は難しいかもしれないですね。

黒澤監督以外に世界的評価のある監督は

小津安二郎監督ではないでしょうか。

あと黒澤監督とはジャンル的にも異なりますがその後の日本の監督で名匠は

山本薩夫監督
熊井啓監督
深作欣二監督
市川崑監督
大林宣彦監督
岩井俊二監督

黒澤明監督でも少々疑問に思う作品もあり上記監督でも勿論、推薦に値しない作品もあるとは思います。

各監督のお薦め映画はまた別の機会に記入したいと思います。

少しでも参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
確かに、巨匠黒澤監督作品でもいまいちな作品ありますね。
小津安二郎チェックしてみます。

お礼日時:2005/04/05 05:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオススメの時代劇アクション映画

侍もしくは忍者を主人公にしたオススメの時代劇アクション映画を紹介していただけませんか?

黒澤明監督作、中野裕之監督作、北村龍平監督作以外でお願いしまっす!

Aベストアンサー

ちょっと古めですが、悪しからず。

深作欣二 監督作品

1、柳生一族の陰謀(1978年)
  松方弘樹 萬屋錦之介 他
   重厚な感じの時代活劇です。

2、魔界転生(1981年)
  沢田研二  佳那晃子 他
   窪塚クンの作品より良かったなあ~。

3、里見八犬伝(1983年)
  薬師丸ひろ子 真田広之 他
   深作監督得意のスピード感は最高!

中島貞夫 監督作品

1、真田幸村の謀略(1979年)
  松方弘樹 他
   松方さんの立ちまわりはさすが本物!

Q黒澤明監督作品「隠し砦の三悪人」の中で、、、

役者として殺陣師の久世竜さんが出演していると効いたことがあるのですが、一体どこのシーンに出ておられたのでしょうか? ご存じの方がおられましたら詳しく教えて下さいませ。

Aベストアンサー

まだ私自身は未確認なんですが、
話によると、
馬上の殺陣のシーンで、真壁六郎太(三船敏郎)と対する山名の兵が、久世竜氏らしいです。

…もっと詳しい情報が必要ですか?

Q黒澤明の「夢」の「本当にいいもの」って何?

ここには電気は引いてないんですか?
あんなものは要らない
人間は便利なものに弱い
便利なものほど いいものだと思って
本当にいいものを捨ててしまう

黒澤明の「夢」という映画に、こういうセリフがありますが、
本当にいいものって例えば何が挙げられますか?

Aベストアンサー

ビデオで観たことがあります。

内容はよい夢というより悪夢ですよね。

これは、、、内在している死を日頃人びとは認識しないでいる。
死を認識しないということは、生の存在もあやふや。

ところが悪夢により生と死の狭間に降り立ったとき、死を近くに感じることで、同時に生の存在を強く感じる ということを言いたかったのではないかと。

本当にいいものとは生と死の狭間にたったとき、隠れていた生の存在が出現するということだと思うのです。

つまり本当にいいものとは、生きているという実感。

便利なものでは生が希薄になりがち。
そこで夢というコントロール不可能 つまり 不便に突入させられたことで、逆に得がたいもんを得たという。。。。

と解釈しました。
そしてそれを回答とさせていただきます。

Q黒澤明の『七人の侍』初公開時に朝日新聞が「自衛隊賛美だ!」と批判したのは本当ですか?

会社の先輩と映画の話をしていると、
「黒澤明の名作の『七人の侍』が初公開された時、朝日新聞は「自衛隊賛美だ!戦争賛美につながる!」と言って批判したんだ。
だから、『七人の侍』が初公開時は評価が低かったんだ。」
と言ってました。

私は黒澤映画が好きで、何度も『七人の侍』を観ていますが、どこが自衛隊賛美で、どこが戦争賛美なのかサッパリ分かりません。
朝日新聞は本当にそんなトンチンカンなことを言ったのでしょうか?

また『七人の侍』が初公開時は評価が低かったというのは本当ですか?

Aベストアンサー

朝日新聞がそのような批評を掲載したのかはわかりませんが、”戦争賛美的”な批判があったのは事実です。
というのも、公開は1954年のゴールデンウィークで、54年というと戦争から10年経ってませんし、52-53年には米ソが水爆実験を行うなど、新たな戦争が始まるのではないか、といった風潮がありました。
そんな世相だったので「一見、その内容は再軍備問題にからんだ感もある(読売新聞)」といったこの映画の本質をはき違えた見方をすることも多かったようです。

まあ、農民が一般の市民、責めてくる野武士軍が仮想敵国、で、守る7人の侍たちが自衛隊、って”驚くような想像力”で見てしまったんでしょうねぇ。いま思うと不思議ですが、戦争の臭いがしていた、当時の世相と照らし合わせると、何に付けても批判的に見たがる評論家や新聞各紙は、仕方がなかったのかも??

またこういった娯楽性に富んだ作品は軽く見られがちで、キネマ旬報誌のベスト10では3位でした。
ちなみにイタリアのベネチア映画祭では銀獅子賞を獲得してます。

余談ですが、知人がアメリカの映画館で「七人の侍」をたまたま見たところ、映画終了後、観客たちが「おお、ここに日本人が居るぞ!」と握手を求めてきて、何だがわからず握手に応じたと言っていました。
感激したアメリカの観客たちが、「七人の侍」=日本人が作った傑作と興奮して握手して欲しかったんでしょうね。
それくらい世界の観客を魅了してやまない大傑作だと思います。
また世界の映画学校の教材としても、この作品を揃えてない学校はほとんど無いのだそうです。
TVでイギリスの映画学校で教材として授業をしている様子を見たことがあります。

朝日新聞がそのような批評を掲載したのかはわかりませんが、”戦争賛美的”な批判があったのは事実です。
というのも、公開は1954年のゴールデンウィークで、54年というと戦争から10年経ってませんし、52-53年には米ソが水爆実験を行うなど、新たな戦争が始まるのではないか、といった風潮がありました。
そんな世相だったので「一見、その内容は再軍備問題にからんだ感もある(読売新聞)」といったこの映画の本質をはき違えた見方をすることも多かったようです。

まあ、農民が一般の市民、責めてくる野武士軍...続きを読む

Q黒澤明監督が出演するCM

CM内容は黒沢明監督の映画の撮影現場の映像が映っているのですが。
どこの会社の映画なのか教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは
ちょっと意味がよく分からないのですが、
CMは日立のCMですよね?↓

http://www.hitachi-ad.net/tv/20050801_25273/20050801_25273.html

その中で出てくる映画の撮影シーンは「乱」(東宝)のもののようです。

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=149440

Q黒澤明 【用心棒】の大きな男優さん(丑寅の子分)

プロフィールやその後など知りたいのですが?よろしくお願いします

Aベストアンサー

丑寅の用心棒「かんぬき」を演じている大男は、「羅生門綱五郎」さんという人。
簡単なプロフィールは
1920.3.5 生まれ 台湾出身で本名は卓詒約。
花籠部屋に入門し、新高山の四股名で幕下まで進む。
力道山時代にプロレスに転向。身長204cm
映画出演は「用心棒」以外に
1958.「曲馬団の娘」... 座員
1960.「太陽の墓場」... 大男
1961.「ヒマラヤ無宿 心臓破りの野郎ども」... 雪男
1966.「悪女日記」
役名を見ても、俳優と言うよりただ体の大きさを生かしたという感じですね。
その後はどうなったのかはわかりませんでした。

Q黒澤明の後継者

私は、黒澤明監督の映画(七人の侍・用心棒・隠し砦の三悪人など)に出会うまで、洋画と比べ邦画を見下してました。
何度か映画館が邦画を観たことがあるのですが、印象は最悪でした。(REX・水の旅人・バトルロアワイアル・いぬのえいが、などです。サトラレは、感動しました。)
現在映画館でやっている邦画のほとんどが、TVドラマよりもつまらなく、TVドラマ俳優が主役をはって、観るのにお金がかかるという事です。
ほとんど黒澤明の映画を観てしまったので、新境地発見の為に、黒澤明監督以外の邦画を観たいと思っています。
黒澤映画のような感動を与えくれる監督の撮った映画教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

僕も『用心棒』好きですが、岡本喜八の『斬る』には脱帽しました。同じく仲代達矢つながりで小林正樹の『切腹』もどっしりときました。
最後まで巨匠と呼ばれる事を嫌った岡本喜八で攻めてみるのも良いのではないでしょうか。現場では鬼、プライベートでは仏と呼ばれた人らしいです。
もうお亡くなりになっているし後継者という歳でもないですが、是非。

あと、『デ○ルマン』を監督した事で某映画雑誌で『死んで欲しい奴』のレッテルを貼られ、挙句に本当にお亡くなりになってしまったN監督の作品などは駄作ぞろいらしいので比較のために見るのもいいでしょうね。

No.3でも挙げられていますが、茶の味良いですよ、タイトルからして小津チックですが、新しいスタッフ、新しい俳優で古き良き時代を感じられる作品です。

押井作品で言えばつい一昨日『劇場版パトレイバー1・2』を見直したばっかりです。何度観てもグッドです。
一作目は16年前、二作目は12年前の作られた作品だという事がいまだに信じられません。
例の踊る大捜査線はパトレイバーに憧れたプロデューサーによって作られたドラマです。

『いぬのえいが』ダメだったんですね、一般的には結構評判が良い作品だったので観てみようかと思っていたのですが・・・宮崎あおいつながりで『ユリイカ』なんかはどうでしょうか?僕が観た中では『デカローグ』『ファニーとアレクサンデル』の次に長~い作品でしたが、長さは感じませんでした。

僕はレンタルビデオ屋で働いているんですが、良い邦画作品は結構あるんですが、お客さんは下らない娯楽大作を借りていきます。悲しいです・・・

僕も『用心棒』好きですが、岡本喜八の『斬る』には脱帽しました。同じく仲代達矢つながりで小林正樹の『切腹』もどっしりときました。
最後まで巨匠と呼ばれる事を嫌った岡本喜八で攻めてみるのも良いのではないでしょうか。現場では鬼、プライベートでは仏と呼ばれた人らしいです。
もうお亡くなりになっているし後継者という歳でもないですが、是非。

あと、『デ○ルマン』を監督した事で某映画雑誌で『死んで欲しい奴』のレッテルを貼られ、挙句に本当にお亡くなりになってしまったN監督の作品などは駄作...続きを読む

Q黒澤明の用心棒

用心棒の最後に太鼓(?)をたたきながら出てくる人は誰ですか・・?他の場面にも出てきましたか?何か意味があるのでしょうか?すごく気になってなす。わかる人教えてください!

Aベストアンサー

町の有力者でもあった名主の多左衛門 です。藤原釜足さんが演じていました。

町を二分する有力者の役なので作品中に何度か出ています。

自分の思い通りだった宿場町が、用心棒のため崩壊したため発狂!、ということですが、あまりの変わりように誰なのかわからなかったのかもしれませんね。

あの太鼓は実在する某宗教の『おつとめ』そのままです。
朝、あのような小太鼓をデンデンと叩きながらお経を読みます。

「金と欲で動いてた現実主義者が、発狂し宗教にすがる」というような意味合いと捕らえていいのではないでしょうか?

Q黒澤明が日本アカデミー賞を拒否したって本当?

黒澤明監督は没後日本アカデミー賞の特別賞を授与されましたが、生前は「アメリカのモノマネの賞なんていらない!」と受賞を拒否したと誰かから聞きました。ホントですか?

Aベストアンサー

第一回日本アカデミーで出席辞退しています。理由は質問者様の言う通りです。授賞式でも拒否理由を言っていました。

アメリカのアカデミー協会からありがちな社交辞令を述べた祝電が届いていました。

司会の山城慎吾が「これでも権威が無いと言うんですか!?」と必死にフォローしていたのが空しかったです。

Q隠し砦の三悪人の予告編で、、、

勿論、1958年の黒沢版ですが、予告編の前半に流れる音楽は別の作品で使われたものだと思うのですが、何という映画で使用された曲なのかを御存じの方がおられましたら、是非とも教えて下さいませ。

Aベストアンサー

私も以前、「この曲は絶対にどこかで聞いたことがある!」
と思って探しまわったことがありました。
あの予告編の出だしの、ちょっと重々しい感じの曲ですよね?

実際のところ、この曲はかなり有名なクラシック音楽でした…。
ムソグルスキーの組曲「展覧会の絵」の中の「ビドロ」という曲す。
(検索なさると、どこかで試聴できるかもしれません)
質問者さんももしかしたら、映画とは関係ないところで
お聞きになった可能性もおありかと思うのですが、いかがでしょうか。

違っていたら、申し訳ありません!


人気Q&Aランキング