ある程度目標はあるのですが、それが本当になりたいものか分かりません。
皆さんは就職にあたってどういうように、この問題に対処してきましたか?
年齢は25です。もう仕事につきたいです。
この歳でフリーターしていること事態についてもおきかせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私はなりたいものがあっったのですが、学部が違うだけでなりたいものになれなかったという苦い目に遭っています。

私は思うのですが、この日本で職に就いてる者で、本当になりたいものになれた人は非常に少ないと思います。本当にやりたいものがあって運良くそれになれた人もいれば、やりたくもない仕事を仕方なくやってその会社の長所を探し、それぞれの目標を探す人もいるようです。中にはあまりにひどい会社に愛想を尽かす人もいます。自分がもし、そのなりたいものになれたと仮定して、どういう気持ちでやってるだろうかと想像してみたら如何でしょう?
そうすれば自ずと道標が見えてくるかも知れません。
私は現在就職活動してるのですが、今のあなたと同じような気持ちです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御返事有難うございました。
最近は、私と同じように就職活動している人に会う機会が本当にすくなくなっています。だから、君にあえて嬉しかったです。
御互いに不況を理由にフリーターに甘んじないように、就職活動を続けましょう!
出来るだけ希望のところには入れるように。
このたびは、ホントにありがとうございました。

お礼日時:2001/09/07 20:28

私もやりたいことをやってこなかったので、心の中ががらんどうになってしまったことがあります。

その時に、とにかく何でも興味があったものはやってみようと思い、読みたいと思う本を読み、映画を見、興味あることを書き出して、その分野について、見たもの、体験したこと(旅行に行った場所など)をノートにつけたりしてみました。

結局仕事としてのやりたいことはまだ見つかっていないのですが、生活が豊かになったのは事実です。また、行動していくうちに、好きな物と嫌いなもの、関心のあるものが少しずつ分かるようになってきました。関心があるものがわかってくると、やりたいことも出てくるのではないかと思います。
    • good
    • 0

>本当になりたいものか分かりません。



考える前に行動しよう。なってみてやはり駄目だったらやめればいいし。
今より悪くなることはないさ。

もしかして「なりたいもの」になるためには30近くまで職歴がつかないとか?
司法試験とか、大学院の博士課程とかがそうだけど、その時はその時さ。
なんとかなる。
そうじゃなかったら今すぐ職をさがそう。

25歳フリーターよりももっと厳しい状況の人もたくさんいるが、やっぱり
その年齢で職についてないのは、日本では最悪に近い状態だぐらいに思っていたほうがいいね。
スキルがなければもう選り好みすらできない・・・
    • good
    • 0

「坂本竜馬は、それくらいの年まで、何をやるべきかを探していた」という説があります。


ありとあらゆる人に会い、話しをして、自分がやるべきことを探していたと言うのです。もしかすると、歴史に姿をあらわしたころも「俺は何をやりたいんだ?」と自問していたのかもしれません。
ホントかウソかは別として、仕事って「やってたら面白くなってハマる」もんじゃないのかな?

かく言う自分は、25で転職。(身体と心がかなり傷ついた)。リハビリのつもりで就いた仕事にハマリました。

打算的でなく、無心に没頭したとき、「この仕事の魅力はここかな?」と見えたようです。

自分で「フリーター」って言うってことは、短期間やった仕事でも「けっこう、おもしろいじゃん」と思ったバイトはなかったのかな。

>ある程度目標
ってのも、とりあえず、めざしてみるてとこから行ってみれば?

「あ~、これやっててもどうせあの辺までか~」とか、打算的になるとやる気もなくなるよ。
    • good
    • 0

ひょっとして、「仕事はやりたいことをやるもんだ」という無責任きわまりない言葉を真に受けていませんか。


特にまだしばりのない人には(学生とか)そう言うのが慣例なんですが、そうじゃなくなった人は自発的にやりたくない仕事でもやるしかないからその時期だけそう言うんじゃないですか。やりたくない仕事についたからといって地獄に落ちるわけでもなく、自分のためになると思えば続けるし、ためにならないと思えばやめて他を探す。そういうもんじゃないでしょうか。

25歳でフリーターというのは、何か目算がないかぎりできれば避けたい事態です。
フリーターでもけっこう重要な仕事をしている場合もあるのでそれなら続けてもいいと思いますが、そう思えないならばここらで自分に見切りをつけてみるのも長い目で見ればプラスになると思います。
「こんな仕事なんか」と思うような仕事でもやってみると奥が深かったり、同じ会社でも頑張り次第でハイレベルな仕事に就ける、ということもあるじゃないですか。
私の場合も別に「やりたい!」とチカラをこめて入った会社じゃないですが、やっているうちに自分が向いていることに気づきました。とりあえずやってみることが仕事では重要だと思います。とりあえずでもなんでもやってる時は真剣勝負するしかないので辞めるにしても続けるにしても気軽なアルバイトより感じることが多いのではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報