硫安(80%)沈殿を用いて
微生物由来の加水分解酵素を濃縮しました。
1Lを20mLにしたにも関わらず
活性は2倍、タンパク濃度3倍でした。

硫安が原因で失活した例は聞いたことがありません。

遠心後、沈殿せずに漂っていた析出物がありました。
この沈殿せずに漂っている析出物が酵素なのか、
そもそも硫安で析出しなかったのか・・・。

硫安で沈殿させられない酵素は有得るのでしょうか?

A 回答 (2件)

80%硫安でも沈殿しないタンパク質はあります。


一度、上清に残っていないか確かめてみてはいかがでしょうか。
硫安の濃度をもう少し上げるか、時間をかけて沈殿させるなどの方法で解決するかもしれません。

また、
>硫安が原因で失活した例は聞いたことがありません。
というのは、あなたの扱っている酵素についてでしょうか?
一般的には、硫安で失活することはあります。
塩濃度が高くなるとだめなものや、タンパク質濃度が高くなるとだめなものもかなり多いです。
    • good
    • 0

はずしているかもしれませんが、培地が糖リッチである条件の時に、硫安塩析が非常にやりづらかったことがあります。


糖の濃度と相関があるかまで調べておりませんが・・・

対象の菌はasp.oryzaeでした。酵素はプロテアーゼだったのでそんな特殊なものではないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

硫安沈殿」に関するQ&A: イチジクの病気?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硫安について

数年前から自宅の庭で野菜を育て始めた者ですが。
硫安というのは肥料として使う物ですか?
私の亡き祖母も家庭菜園をしていたのですが、
私の記憶の中に肥料として硫安を使っていると聞いたことがあるのですが。

家庭菜園をされていらっしゃる方へ、主な肥料は
何を使っていらっしゃいますか? 鶏糞ですか?
それとも硫安を使っていらっしゃいますか?
野菜を育てる上で、肥料は欠かせないと思っております。
どんな肥料を使っていらっしゃるかご指導の程よろしく
お願いします。

Aベストアンサー

硫安(硫酸アンモニウム)は速効性の窒素肥料です。
肥料は、窒素、リン酸、カリの3成分を主に含みますが、そのうち窒素はたんぱく質の原料として最も多く必要です。
これらの3成分(及び微量要素)をバランス良く含んだものが「野菜用肥料」として市販されていますが、窒素だけやりたいときや追肥などには良いと思います。

なお、鶏糞も窒素成分の高い肥料として使われますが、リン酸やカリも含みます。(バランスはあまり良くないと思う)
これは、有機物ですので土の中で分解されてから肥料として利用されますが、その際「ガス」が発生し作物に害を与えることもありますので注意が必要です。

どんな肥料を使えば良いかは畑と作る作物によっても違いますが、堆肥と一般の野菜用肥料、それに石灰を少々というところでしょうか。そして追肥には硫安または燐硝安カリです。

いずれもやりすぎに注意しましょう。

Q沈殿の析出について

先日アスピリンの合成実験を行いました。その際結晶がなかなか析出しなかったので、教科書に載っているように器壁を擦ってみたところ見事に析出しました。ところで何故器壁を擦ると析出するのでしょうか。ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

溶液から結晶を析出させようとするとき、溶液の温度を下げる、あるいは溶媒を濃縮するなどの操作により、飽和濃度に近づけて行きます。飽和濃度に達しても、すぐに結晶は析出せず、飽和濃度以上が溶けた状態(=過飽和状態)になります。

この過飽和状態で、ちょっとした物理的刺激があると、結晶が析出し始めます。

過飽和に達していない状態で壁を擦っても、種晶を加えても、晶析は起こりません。

Q肥料による土壌の酸性化について

茶園などの土壌を酸性化するために肥料として、硫安(硫酸アンモニウム)をまくといわれています。なぜ、硫安なのでしょうか? そして、硫酸がなぜ酸性化させる(H+を増やす)役割をしているのか教えてください。

Aベストアンサー

 はじめまして、
 質問の件ですが、茶園に硫安を用いる点ですが、主に芽だし肥、夏肥として使用しており、土壌を酸性化するために使用することは稀です。(茶園の土壌PHが極端に高いときに使用することがあります。)
 これは、この施肥の目的は施肥後、速やかに分解しすぐに茶の木に吸収されるからです。(他に硝安を使用したりします)
 茶園の土壌PHが低いのは硫安や施用後酸性化しやすい肥料を多用していたり、また茶の木が酸性土壌に強いからです。(実際年1回くらい苦土石灰等用いPHの矯正をおこないます)
 硫安が施用後土壌を酸性化させることについては前の方の述べているとおりだと思います。

Q硝酸銅に硫化水素水を加えるとなぜ、黒い沈殿が出るのですか? そして、この黒い沈殿の正体はなんですか?

硝酸銅に硫化水素水を加えるとなぜ、黒い沈殿が出るのですか?
そして、この黒い沈殿の正体はなんですか?

Aベストアンサー

銅と硫黄が反応した硫化銅が黒い物体の正体。

Q肥料にいろいろ種類があって迷います

みなさん、こんにちは。農業初心者です。肥料の三要素というものがあることは知っていましたが、いざ買いに行くと、たとえば石灰窒素とか、塩化カリ、硫安などがあって、どれを買ってよいのやら分からなくなってしまいます。結局、野菜用肥料を買ってしまうこととなり、さっぱり進歩がありません。一般的な肥料を大ざっぱに教えていただけるとありがたいのですが。また、素人でも読みやすいサイトもありましたら、紹介してください。お願いします。

Aベストアンサー

 植物はご存じの通りN,P,Kの三要素が必ず必要な成分となっております。その他に、Mg(マグネシュウム)、B(ホウ素)、Zn(亜鉛)、Cu(銅)など少し必要な要素もあります。これら成分が肥料といわれております。この肥料には、大きく無機質肥料と有機質肥料があります。無機質肥料は、化学的に作った(自然の中にあるものを使って)ものですが、有機質肥料はソレとは違い魚や、動物の糞、植物の葉っぱなどを利用したものです。この二つで大きく違う点は、有機質肥料には窒素成分としてアミノ酸が含まれております。そのアミノ酸が普通は分解して硝酸態窒素や、アンモニア態窒素となり吸収されると言われておりましたが最近は、アミノ態でも吸収されるようです。このアミノ酸が植物に対してかなり有効な働きがあるみたいです。結論から申しますと、有機質を十分土の中に入れれば後は、無機肥料でも有機肥料でも十分に植物は育ちます。肥料の種類は色々ですが成分を確認して使ってください。

Q飽和硫安について

30%飽和硫安を作りたいと思います。
その時、100ml中に何グラムの硫安を加えたらいいでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水に溶かすのなら、硫酸アンモニウムの溶解度は、20℃で、74.4g/100mLだから、30%では飽和にならない。

飽和にするなら、74.4gを100mLの水に溶かすことになるが、42.7%ほどになる。
温度によって変わるから、100g程度を100mLの割合で溶かして上澄みをとり、溶けきれない部分を除く。ふつう飽和溶液を作るのはこのようにする。

Q硫安沈殿でのタンパク濃縮

硫安(80%)沈殿を用いて
微生物由来の加水分解酵素を濃縮しました。
1Lを20mLにしたにも関わらず
活性は2倍、タンパク濃度3倍でした。

硫安が原因で失活した例は聞いたことがありません。

遠心後、沈殿せずに漂っていた析出物がありました。
この沈殿せずに漂っている析出物が酵素なのか、
そもそも硫安で析出しなかったのか・・・。

硫安で沈殿させられない酵素は有得るのでしょうか?

Aベストアンサー

80%硫安でも沈殿しないタンパク質はあります。
一度、上清に残っていないか確かめてみてはいかがでしょうか。
硫安の濃度をもう少し上げるか、時間をかけて沈殿させるなどの方法で解決するかもしれません。

また、
>硫安が原因で失活した例は聞いたことがありません。
というのは、あなたの扱っている酵素についてでしょうか?
一般的には、硫安で失活することはあります。
塩濃度が高くなるとだめなものや、タンパク質濃度が高くなるとだめなものもかなり多いです。

Q体積が2倍なら状態変化にかかる時間も2倍?

中学生に理科を教えていて、疑問が生じました。

例えば氷(固体)を加熱して水(液体)に状態変化させるとします。
50gの氷を全て水に変化するまでに10分かかったとすると、100gの氷が全て水に変化するまでに20分かかる、と単純に考えてしまってよいものでしょうか?つまり、厳密に時間が2倍になるのかという疑問です。周りの空気の温度や気圧、その他の細かい要因によって厳密には2倍にはならないのでしょうか?

Aベストアンサー

詳しくないのですが自分なりに考えてみました。

氷が水になるために必要な熱は氷の表面から入ってくるでしょうが、氷が溶けて来るにしたがって表面積は小さくなります。となれば単位時間に入って来る熱量は減少して行きますね。つまり「50gの氷を全て水に変化するまでに10分かかった場合」において、1分間に5gづつ溶けたとは言えないのだと思います。

また体積が2倍の場合に表面積は1.6倍弱位でしょうか。となるとスタート時点で氷に入ってくる熱量は50gの時の1.6倍程度ですから氷の溶け方も50gの時とは異なるのだと思います。

体積の減少と表面積の減少の関係は直線では表せないですから、これも考えるとなるとかなり面倒ですね(^^;)>。

氷に入ってくる熱量は氷と外気の温度差も影響すると思いますので、外気の温度が変化すれば当然変わってきます。外気が流れてたりするとこれまた変わってくると思います。

Q尿素と硫安の使い方

私は硫安を適宜使うことはあります(じゃがいもの植えつけと、なすの追肥、その他肥切れ対策の応急の硫安希釈水などです)が、尿素の単肥は使ったことありません。尿素と硫安はチッソ分の含有率はちがいますが、それはそれとして。
私はだいたいの野菜作りには元肥は鶏糞と過リン酸石灰をよく使います。その補佐的な使い方として、・・・家庭菜園の野菜作りの話ですが、・・・
硫安と尿素は性質や使い方でどのような違いがありますでしょうか?
どのような使い分けをすれば、よりよいでしょうか?
なにかご指導をくださいませ。

Aベストアンサー

イオウは多量元素ですが火山国日本ではイオウをわざわざ補給する必要はありません。

硫酸イオンが土中に残ると土が酸性に傾きます。
そうすると
o アルミニウムが可溶化します。根が崩壊します。セルロースの合成が阻害されます。
o 住んでいる有用な土壌微生物がいなくなります。
o 硝酸の入った肥料を与えると硝酸分は土に吸収されずに地下に行き、地下水を汚染します。
o 石灰が流亡してしまいます。

No.2の回答にあるとおりで硫安は(日本では)あまり使わない方向だと思います。土中にイオウを含んでいない他の国では使われています。

Q金属析出について

金属の析出についてなのですが、核生成および核成長段階では金属が析出したといわないのでしょうか?核生成した時点で析出しているようにも思えるのですが。。。どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

析出したと言います。
本来,PVDあるいはCVDはコーティング用途に用いられます。したがって,均一な皮膜の形成を目指すことが多いです。ただし,昨今のナノコンポジット開発においては,まだらに析出した核や,アイランド状の析出物を利用することも行われています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報