プロが教えるわが家の防犯対策術!

昨今言われてるジェンダー平等って必要ですかね?
そもそも男女それぞれの特性があり、また国ごとの特徴もあって、見かけの数字だけを見て無理クリへし曲げる必要あります?
日本は女性の政治家と管理職(管理職という職業はない)が少ないと大騒ぎですが、これは日本の特徴ではダメですか? 女性と言う理由で門前払いを食らうと騒いでますが、男性でも多くのチャンスを逸してます。 実力ないか運が悪いか縁がないか、などの何れの理由で。
名指しで失礼ですが、生稲氏のような政治家を増やせば何か良い方向に向かうのでしょうか? 企業も同じです。
最後に、日本は男性がメインで稼ぐという習慣が現在も強く、何ちゃら指数の結果もやむ無しではないでしょうか? もちろん実力ある女性政治家管理職はウエルカムです。

質問者からの補足コメント

  • 補足ですが、周りの女性を見てもあまり気にしてないように思えます。むしろ大変な仕事は男性でお願い、に見えますが。

      補足日時:2022/08/21 06:35

A 回答 (14件中1~10件)

オカマはいらん‼️(o^ O^)シ彡☆

    • good
    • 0

>昨今言われてるジェンダー平等って必要ですかね?



近代的民主主義国家なら必要です。

>そもそも男女それぞれの特性があり、また国ごとの特徴もあって、見かけの数字だけを見て無理クリへし曲げる必要あります?

日本人は男女平等しか意識しませんが、世界的には人種平等・民族平等・宗教平等(宗教の自由)・思想の平等(思想の自由)という啓蒙的個人主権の中の一つでしかありません。

啓蒙的個人主権を実現するなら男女平等も含めて「すべての平等」が必要です。

>日本は女性の政治家と管理職(管理職という職業はない)が少ないと大騒ぎですが、これは日本の特徴ではダメですか? 

「日本の特徴」でもいいですが、そうなると日本は世界の啓蒙的平等主義の国ではなくなりますし「近代的個人主権」を担保する理由もなくなります。
 
 それでもよければ、日本の特徴で「外国にガタガタ言われる筋合いはない」と突っぱねてもいいと思います。

>日本は男性がメインで稼ぐという習慣が現在も強く、何ちゃら指数の結果もやむ無しではないでしょうか?

むしろ逆で、日本は世界的に見て「もっとも男性の権利が弱い国」です。
逆に女性の権利はものすごく強いのが日本です。

でもなんでそれが何ちゃら指数に現れないかというと「指数のカウントの前提が違う」からです。
 
実際「男女幸福度指数」では、日本女性の幸福度は世界一、しかも「男性よりも女性の幸福度が高い少数の国の中でも一位」です。これは「日本では女性の権力がものすごく高い」からです。

しかし、それ以外の「世界何ちゃら指数」にそれが現れず、むしろ日本の順位が低くなるのは《社会活動に参加することが善だとしている》からです。
 
なんで《社会活動に参加することが善》なのかというと、実際に(日本以外の)女性たちは権利がなく社会活動に参加できなかったからです。

世界のほとんどの国の女性たちは、男性と違って「財産権・契約権・相続権」などが制限されていました。

財産権がなければ、働いても給料が自分の財産になりませんし、契約権がなければそもそも労働契約を結ぶこともできませんし、部屋を借りる賃貸契約もできません。
 この権利がない、ということは「社会参加できない」ということ、今の日本でも子供の契約権を制限しているので、子供は実質的に社会参加できませんし、労働にも制限があります。

それが世界の女性たちの現実で「男に養ってもらうしかない」状態が長く続き、養ってもらう場合、今の子供と同じように「保護者の指示命令に従う」ということだったわけです。

だから欧米を始め、世界の女性たちは「虐げられ」ていて、社会参加ができないので「自分達が望む社会に変革することができない」状態だったわけです。

それを破ったのが女性解放で、女性解放で女性達も社会参加できるようになりました。社会参加できるようになった女性たちは、政治家になったり企業幹部になったりして、社会環境や労働環境を「女性達も社会参加しやすいやり方」に変えていったわけです。

だから「男女平等」は本来とても重要、近代的な民主主義にとって根幹ともいえる内容であるといえます。

しかし、日本の場合、律令制の時代から権利は男女平等でした。
だから、戦後、選挙権が男女平等になっても、一向に女性政治家が増えていきません。

質問者様はそれを「大変な仕事は男性でお願い」と喝破されていますが、実際には「家の中では私が権力、夫の給料だって私が管理するんだからそれでいい。社会的にめんどくさいことは男がやってください」という意味で、日本では《専業主婦が夫の給料も管理(搾取)して、家庭内の権限を維持している》状態が長かったのです。

だから、フェミニストではない普通の女性たちはむしろ「なんか、女性の社会進出って、負担が大きくないか?」と思うし「女が政治家なんかやってどうするの?」と思うわけです。

そこには厳然とした《女性優位の家庭環境と権力》があるからです。

だから日本の女性たちは、何ちゃら指数が低くても気にしません。気にしないから改善しないし、むしろ「改善したら男と同等に社会参加しないといけないので、負担が大きい(しかも家庭内での権力が奪われる)」と分かっている人たちもいます。

このような「日本的な男女分業(男女平等)のやり方」のほうがいいなら、私もそれでいいと思います。その代わり、女性達は専業主婦に戻ってもらって、キャリア志向の女性たちは外国にでも行ってもらう、ということになるかもしれません。

逆に「男女限らず、すべての個人が平等で自由意志によって活動できる」という啓蒙的個人主権を実現したいなら、男女平等は必要な要素になります。

個人的には、日本的な男女分業でもよい、と思いつつ、今のグローバルな価値観に合わせるなら男女平等にするほうがよいと考えます。
    • good
    • 1

    • good
    • 1

日本って結構、島国で無法地帯って感じ。


宗教とか少数だもんね。趣味も結構様々。
一生独身とか男性も女性も現実多い。
昔から色んな国の文化を取り入れて発展していっているのが日本だと思っています。
    • good
    • 1

昨今言われてるジェンダー平等って必要ですかね?


 ↑
必要ない、というか、害悪ばかりが
目立ちます。



そもそも男女それぞれの特性があり、また国ごとの特徴もあって、
見かけの数字だけを見て無理クリへし曲げる必要あります?
  ↑
ありません。
あれはですね、社会主義の夢破れた連中が
環境やジェンダーにシフトして来ただけです。
つまり、側面から資本主義を攻撃しているだけです。
だから、サヨクとジェンダーの人は、概ね
一致します。



日本は女性の政治家と管理職(管理職という職業はない)が
少ないと大騒ぎですが、これは日本の特徴ではダメですか?
 ↑
どうして、政治家と管理職なんですかね。

荒海での漁労、
熱風の溶鉱炉作業、
深山ダム建設労働、
機械工場で汗と油にまみれる重労働、
凶悪犯人との格闘、
猛火に飛び込む消防活動
死と隣り合わせのレスキュー、
数十㎏の重量物を一日中担ぐ土建、
糞尿や汚染物質にまみれるゴミ処理業、
最前戦での殺し合い
海上140㍍での力仕事
極寒での命がけの仕事、
とび職、鉄筋工
地上数十㍍での高圧電線工事
死亡率が最も高い木樵
地上40㍍での電気工事

これらの平等には切り込みません。



女性と言う理由で門前払いを食らうと騒いでますが、
男性でも多くのチャンスを逸してます。 
実力ないか運が悪いか縁がないか、などの何れの理由で。
 ↑
専業主夫、助産婦などに男が進出するのを
嫌がりますね。



名指しで失礼ですが、生稲氏のような政治家を増やせば
何か良い方向に向かうのでしょうか? 企業も同じです。
 ↑
テストステロン、という男性ホルモン
があります。
これが多いと、闘争心が強くなります。
いわゆる、男らしくなります。
少ないと、精子の数が減り
精子の奇形が増えます。
男が家事育児をやるようになると
このテストステロンが減少します。
反対に、女性が仕事をし管理職などに
就くと、テストステロンが増え、
排卵や着床に障害が起りやすくなります。

男は男らしく、女は女らしく、という
のは時代遅れですが、
生物学的には正しいのです。



最後に、日本は男性がメインで稼ぐという習慣が
現在も強く、何ちゃら指数の結果もやむ無しではないでしょうか?
 ↑
男女平等ですが。
世界経済ホーラム では日本は120位/156ですが、
国連のジェンダー不平等指数では、日本は24位/162です。
そしてマスコミは、世界経済ホーラムの数字しか
報じません。



もちろん実力ある女性政治家管理職はウエルカムです。
  ↑
以下の順位表は国別(58カ国)の「男女の幸福格差」です
(世界価値観調査2010から引用)。

1位 日本(8.1)
2位 ヨルダン(7.2)
3位 パレスチナ(6.4)


30位 メキシコ(0.1)
31位 アメリカ(-0.1)


58位 キプロス(-8.4)

たとえば、58位のキプロスは日本と正反対で男性の幸福度が
女性よりも極めて高い国です。
ランキングの中位に位置するメキシコやアメリカでは、
男女の幸福格差がほぼありません。
    • good
    • 1

仰る通りです。



女性に共同参画推進や働き方改革、男女雇用機会均等法など

世界がやっているからと、上辺だけで女性に権利を渡すのではなく

アメリカのギンズバーグさんの様に女性自ら女性の権利を勝ちとらないと

日本は単なる「絵に描いた餅」化するだけです。

それに女性がお金持ちになると異性を求めるのに大陸続きでない

限られた島国日本の男性に頼らなくなり、困らない女性の一人暮らしが増加し

少子化に拍車をかけるようになってしまいます。
    • good
    • 2

最近になって、他の国の真似して急にジェンダージェンダー騒ぎだしたよね(笑)


正直、日本人って外国に比べてそこまでうるさくないよねその辺
それよりも、外国で体は男なのに心は女だからそのまま競技に出場して優勝する、みたいなのがあったから、それはそれで問題なんじゃないかなーと思ったね

今の日本は、男尊女卑の考えを改め、もはや平等に考えつつある社会になっている(一部の老害は除く)
そんな社会の中において、未だ女性の有識者が居ないのは、それこそ努力が足りないか運が悪いかだとは思いますね
本当に平等になりたいのなら女性も頑張らなければいけないわけです

ですが、女性は男性と違い家庭を持つことを夢見るものです
男性のようにただ金を稼ぐため、地位を築く為だけに働けないんですよね
そういうところを考えると、なかなかそういった社会を築くには時間がかかる、ということでしょうな
    • good
    • 1

「ジェンダー平等って必要ですかね?」


  ↑
日本では、必要ではありません。

ここで、「ジェンダー」を主張する方々を時々
拝見しますが、ただの「ヒステリー」です。

彼らは、「自然の摂理」を理解していない。
生物が繁栄するために、多くの種が、男女という「性差」を
生み出してきました。

そのことが分かっていない。

特に日本なんかは、男女差別が非常に小さく、その
性差さへ、女性が、有効に利用している。

キリスト教圏、イスラム教圏では、厳しい男女差別が
あったようで、それが「ジェンダー主義者の発狂」の
原因になっているのは、解りますが、日本には、
そのような歴史が無い。

日本人が、数千年をかけて育んできた価値観を
たかがこの数十年の、ローカルな極論で、
傷つける必要は無いだろう。
    • good
    • 2

>遅れてるのは日本の女性ですよね?



その通りですね。

まずご質問の「ジェンダー平等って必要ですかね?」という問いに対しては

啓蒙的個人主権による平等を推進するなら絶対に必要、です。
私はフェミニズムにはかなり批判的ですが、それはむしろ「日本ではフェミニズムが男女平等を妨げている」と考えているからです。

しかし、日本はともかく、世界には様々な差別がまだまだたくさん残っています。ACの広告でもあるように「女だから長生きできない」という社会もたくさんあります(とはいえ、同時に「男だから殺される」という世界もたくさんあることはなぜ広告しないかも疑問です)

日本では男女平等以外の「人間の平等」のテーマがないので、どうしてもそこだけが議論の的になりますが、本来は「様々な属性差別の撤廃の中の男女平等」議論なのです。

で、日本ではすぐに「男女は特性が違う」という理由で「男女平等への疑問」が出されますが「啓蒙的平等」からみれば、まったく理由になっていません。

それは「〇〇は特性が違う」という言葉を男女以外に使ってみればすぐにわかります。曰く
・「白人と黒人・アジア人は特性が違う」
事実、アメリカでは人口の3%しかいないアジア人の平均IQがその他人種よりも数パーセント高いことが知られています。

・「同じアジア人でも体格の特性が異なる」
中国・モンゴル・韓国などは体が大きく白人並み、インドアラブは白人とほぼ同じ、日本人や東南アジア人は小さめ、インドネシア人は世界でもっとも体が小さいです。

・「キリスト教徒とイスラム教徒は特性が違う」
社会規範が違うのですから、特性が異なるように見えるのは当然です。

たとえば「白人や黒人は体が大きく、日本人は体が小さいから、日本人は弱く保護すべきだ」という議論はあり得るでしょうか?
 実際にはありえませんし、なにより「弱く保護すべき」という論調には「保護される者は保護するものに従う」という条件が付くことを知らないといけません。

啓蒙的個人主権とそれによるすべての人々の平等とは「個人が個人として同じ社会的能力を持つこと」が前提なのです。

もちろん「個々人が同じ社会能力を持っている」ということはありえません。
 しかし封建社会というのは「支配階級だけが社会能力があり、平民以下を保護すべき、だから平民以下は権利がなくてよい」という発想であったことが前提になっていたことを知る必要があります。

それを「平民でも同じ能力があり、社会を運営できる」としたのが啓蒙的個人主権のもう一つの顔で、それがフランス革命につながった理由でもあるのです。

現代社会は特に日本や欧米などの先進国は「啓蒙的個人主権」を前提にした社会構造になっています。だからこそ「男女平等を含めた、すべての個人の権利平等」が必要なのです。

「特性が違う」それは男女でも違うし人種でも違います。男女でも人種でも個々人によってさらに違います。
 吉田沙保里のような強い女性がいる以上「女は弱く保護する対象である」ということはできません。

これが日本でも男女平等が必要な理由です。
    • good
    • 1

なぜ、神様が男性と女性という2つの性を創造したか?って考えてみれば、現在のジェンダー平等ってのは、神に逆らう行為に近いものが含まれています。


神様の基本的な考え方は変わっていません。
だから、この方向で進むと地獄に行く人が増えます。
考え直さないとダメですね。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング