私は、買掛金の支払を担当しています。
原因はわかりませんが、あるメーカーの支払で未請求のものが沢山あります。そういう時、皆さんの会社ではどうしていますか?

うちの会社では、未請求のままで1年後に雑収入に振替ますが、その前に、うちの店のある特定の人がメーカーに教えて、数ヶ月前の未請求のものが、請求されたりします。

メーカーに教えてしまう者が悪いのが、その人に聞くメーカーが悪いのか。
なぜか、とっても、腹立たしいです。

なにせ、その未請求だったものの仕入れは、その人が会社を半年間休んでいた時のものなんです。その人が、事情をしる訳がないのです。

イライラするのがおかしいのでしょうか。どう思われますか。

A 回答 (2件)

継続的な取引をしている仕入先からの請求が遅かった場合、経理担当者が


仕入担当者もしくは仕入先に対して、早急に請求書を送付するように
連絡します。

「黙っていれば払わなくて済む」なんていうのでは、会社の信用が落ちますし、
その後の取引で損をすることもあると思います。

何度言っても請求が遅かったりしたら放っておくかもしれませんが、
自社の決算のためにも債権債務を明確にすることは重要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ここで初めての経理担当です。私の会社では、請求が来ないものは支払をしないという考えです。
すでに、根本が間違ってるんですね。
仕入れ台帳を勝手に盗み見て、メーカーに知らせるという行為が、私をイライラさせましたが、考えなおしてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/04 14:40

経理です。


月単位で締めて請求書の支払いをしています。
その際に、納品書だけあって請求書のないもの、買掛明細で未払い金があるもの、毎月や隔月など定期的に支払いが発生しているのに当月は見当たらないもの、等を当社担当者に確認し、担当者から仕入先・支払先に確認をしてもらっています。

請求書の発行漏れなどの場合は、早急にFAXで送ってもらい、原本も必ず郵送してもらっています。

社内事情はどうあれ、仕入れたものに代金を支払うのは当然だと思いますので、毎月きちんと精算されるべきと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今の会社で初めて経理担当になったので、課長の言う事が正しいと思ってきました。それは、請求がきたものは払う、来なければ払わないという考えかたでした。
皆さんの言われるとおりだと、全く変な事で怒っているって事ですね。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/04 15:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経理処理についてお尋ねします。負債勘定に10年間放置されている買掛金が

経理処理についてお尋ねします。負債勘定に10年間放置されている買掛金があります。これは10年前ある設備メーカーより製品を購入したのですが瑕疵が見つかりその補償につき交渉をしておりました。しかしメーカーの担当部門が突然廃部となりその後連絡が取れなくなりました。民法で売掛金の時効は2年となっていますので既に時効が成立しているものと考えますが、メーカー側からの確認が得られない場合いかに処理すべきでしょうか。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

yosifuji2002です。

この場合の税務リスクは、時効をとうに過ぎており相手から請求もないものをなぜ今まで放置していたかという点です。つまりなぜもっと早く処理しなかったかということです。

税務当局としては自発的に益金にする処理ですから、このこと自体は問題としません。税金が多くなる方の処理だからです。でも10年間放置ということは、ではなぜ3年目やもう少し早い時期に益金経理をしなかったのかという疑問がでるということです。

実際は自主的な益金計上なので、それ以上の問題にはならないと思いますが。
内容証明等はあってもなくても関係ないでしょう。いずれにしても時効は過ぎていますので。

この場合の税務リスクは先方の方で、相手が果たして正式に売上を上げていたのかどうかが問題ですが、もしそうならばその会社で貸倒れ相当の処理をする税務リスクは大きいと思います。こちらは損金を計上する処理ですから。

 取締役会の決議等は会社内の内部統制上の問題で、税務リスクとは又別な問題と考えます。 これは経理規程等に従って決裁を得るというしかありません。
 金額が書かれていませんので重要性がわかりません。少額ならそこまでの手続きも不要だと思います。

 関係会社同士の話は又別な事情です。上記は全く資本関係がないもの同士の場合で、関係会社間ではそれこそ経過を完全に記録してそうせざるを得ない事情を説明できるようにしておかないといけません。
そうしないと、債権放棄側がそれを否認される恐れが大です。なんといっても債務者が現に存在しているのに回収を断念する話ですから。


又勘定科目は別に債務免除益でも雑収入でもどちらも益金ですからかまいません。税務署からの問い合わせがあっても、それ以上税金が増えることはありえませんので事情説明でおしまいです。

yosifuji2002です。

この場合の税務リスクは、時効をとうに過ぎており相手から請求もないものをなぜ今まで放置していたかという点です。つまりなぜもっと早く処理しなかったかということです。

税務当局としては自発的に益金にする処理ですから、このこと自体は問題としません。税金が多くなる方の処理だからです。でも10年間放置ということは、ではなぜ3年目やもう少し早い時期に益金経理をしなかったのかという疑問がでるということです。

実際は自主的な益金計上なので、それ以上の問題にはならないと思いま...続きを読む

Q買掛金の計上のタイミング

ある業者さんから商品を仕入れました。
納品後、翌月末に請求書が届きます。
この場合、経理上は買掛金として処理すると思いますが、
この買掛金の計上はどのタイミングで行うのがベストでしょうか?
商品発注時?商品納品時?請求書を受領した時?実際に代金を支払った時?どれでしょうか?

Aベストアンサー

支払義務が発生するのは、納品時、検収印を押印した日付になるでしょう。
ですが、実際には請求書受付には締め日が設けられ、
締め日までに受領した分を締め日の日付で計上することが多いと思います。


人気Q&Aランキング