衝突事故で車が全損となり、今 保険会社と損害賠償
の交渉中です。
時価額は納得しました。(新車で買った半分の額)
あとは一般的に困難とされる諸費用の件です。
話し合いしていただけではやはり無理でした。
判例でもって交渉していこうと思ってます。
でも判例を探したいけどどうやって探せばいいのでしょうか?
図書館で探しても損害賠償の本とか少額訴訟の手続きの本とかマニュアル本しかないようでした。
自分は自分と同じような事故で諸費用請求した場合に
判決で認められたか、否か調べたいのです。
法律って難しそうで自分でできるか不安ですけど
やるだけやってみたいんです。
アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

具体的な費用の項目はかかれてないので、あくまでも一般論としてアドバイスを・・・



確かに自動車事故は過去の判例等を参考に処理されることが一般的です。しかしケースバイケースということもありレアケース(特殊な例)の判例を挙げて主張しても、それはあまり意味を持ちません。

まず大切なのは、損害や費用を確定させ、その数字を根拠のあるものとすることです。そしてその損害や費用について、今回の事故で発生したもの、ということをはっきりさせることです。

特に保険会社は根拠のないものは一切払わないと思ってください。払ったあとで契約者から指摘されても、その説明がしっかりとできる場合は払います。そうでない場合は払うことはありません。
またこれは司法判断になったときも同じことが言えます。

この回答への補足

ありがとうございます。特に最後の文章はなるほどなあと思いました。
損害や費用の内訳は見積書送付してあるので請求金額は確定してます。
8対2の被害者でこの事故によって全損になったのです。
根拠あるものにするにはやっぱり判例を検討して交渉
していくのがいいですかねえ・・・

補足日時:2005/04/04 17:16
    • good
    • 0

基本的には#2にあるように、「いつかは自分で負担する費用」とされ、補償はされません。



新規取得にまつわる費用については、ケースバイケースの判断ですが、補償されることもあります。(くどいですが、原則不認)

特にリサイクル費用についてはこの先新規登録、廃車、車検のいずれかの段階で必ず負担の必要のあるものです。まず補償されることは、考えられないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく分かりました。
何回も質問に答えていただきありがとうございました。

お礼日時:2005/04/07 09:51

#3にも書きましたが、質問者さんは相手側に請求しようとする費用の項目さえ明らかにしてません。


明らかにしない以上、それが適切であるとか請求するのは間違っている、などと書くことができません。

一般的に想定される費用等については#2に書かれてあります。

知りたい事があればそれを具体的に書かないと、適切な回答を得たりアドバイスを受ける事は難しいですよ。

この回答への補足

具体的に書いていませんでした。すみません。
 請求したいと思っているものですが
 検査登録法定費用
 車庫証明法定費用
 預かりリサイクル預託金
あと検査登録、車庫証明の手続き代行費用です。
代行費用はほんとに高い金額ですけど自分でできるのなら(難しくなければ)自分で済ませたいのですが
できるものでしょうか?
12月18日に事故があり今月で4ヶ月経ってしまって時効のことも気になりますが自分はその日から2年後に時効と記憶してますが間違いないでしょうか
重ね重ねよろしくお願いします。

補足日時:2005/04/06 10:22
    • good
    • 0

>その数字を根拠のあるものとすることです


金額の確定も大切なポイントだとは思いますが、それだけで損害賠償が認められるものではありません。それが今回の事故によって発生した損害である事や、損害賠償の対象になることも明らかにする必要があります。

まずそれをはっきりさせない事には、何も始まりません。ただ判例を調べたからといって、自分の勉強にはなりますが、損害賠償をとるといった目的を考えると、それ自体は無意味です。

この回答への補足

たびたびありがとうございます。
今回の事故によって発生したのは事実なんですが
明らかにするとは具体的にどのようにすることなんでしょうか なにか証明書が必要ってこと?
損害賠償の対象になることは 赤い本っていうのに
記載されてるそうですが、保険やに示すにはなにを
もって明らかにすればいいのでしょう
自分もはっきりさせたいんですけど、頭が硬いせいか
今ひとつピンとこないんですが 教えてもらう立場で
恐縮ですが具体的に教えて下さると頭悪い自分も助かります。すみません。

補足日時:2005/04/05 10:17
    • good
    • 0

#2です。


我が国は米英のようにコモンローの国とは違って、判例特に、高裁、地裁レベルの判例(車の代替え費用で最高裁まで争われるケースはありませんし、最高裁判決も時代とともに変りえます)は単なる「参考」で、しかも1件1件事情が違いますから、あなたの場合の根拠を示さないと、請求理由になりません。(判例にあるからといって判例を示しても、あまり意味がありません)

何が余分に必要であったかを、#2の詳細で検討してみてください。

あるいは、費用に拘るのではなく、例えば費用はいらないから、そのかわり時価の100%を払ってくれというのも、交渉としてはありで、そういう解決も現実にはありえますよ。

この回答への補足

他人事ながら親切に教えて下さり恐縮です。
#2で検討してみましたら5番の車庫証明書代だけでした。ほんと微々たるものですね
保険やは新車の半分の額で諸費用の分もその額に含まれてる、車屋によって市場価格の金額の出し方が違っていて適切な判断ができないためそういう諸費用は出せれないといってました。(一週間まえに)
交渉の仕方もいろいろあるんですね
判例も認められたのと認められなかったのとあるので
よく分からないけど自分の場合の事故は特に複雑ってわけでなく
過失割合8対2 交差点で直進(自分)右折(相手)
での衝突事故 そして結果に自分の車だけ時価より
修理代が上回ったため全損扱いとなった。
そのため被害者の自分が原状回復のため時価額+諸費用(請求できるもの)を立証しただけです。
だから判例の中にも認められる方ではないかと思ったのです。


  

補足日時:2005/04/05 09:45
    • good
    • 0

あなたが被った損害は、


1.あなたが乗っておられた車の交換価値、つまり、あなたが将来車は乗らないとして、それを市場で売却したらいくらか、という考え方です。あなたの例では、新車の半分という、合意額のことです。
2.同種、同程度の車を市場で調達し、前の車と同じように、実際に乗ることができるような状態にするための費用も込みの金額

という2つの考え方があります。
損害賠償は、どのようにしなさいということが法律に書いてあるわけではなく、いずれが正義にかなうか、実態に即しているかということを、裁判官が最終的なジャッジをします。その積み重ねが判例なわけですが、一般的には、上の2の考え方が妥当とされています。

これを実務に照らすと、
1.車の市場価格、これは、多数の車が実際に売買されており、平均的な価格を割り出せば良いのですが、あなたの場合には、新車価格の半分で協定済み。それでOKです。
2.自動車取得税:新車ではありませんから、通常は非課税範囲内、あまりに高級車だと、これも対象になります。
3.重量税:中古車の車検切れあるいは、登録抹消車両を購入する場合には、車検を新たに取らねばならず、必要になってきますが、これは、事故がなくても、2年に1度は必要な費用、従って、認めないというのが一般的です。
4.車検整備費用:これも、上記3と同じように、いずれ必要な費用の前倒し、新たな損害とは言えないということで、対象外というのが一般的です。
5.車庫証明費用:千円未満ですが、これは、請求すればOKの可能性が高い費用です。余分にかかる費用だからです。
6.自動車税:自動車税を新たに負担しなければなりませんが、前の車の自動車税が還付されますので、これは対象外。
7.自賠責保険保険料:これも、前の車を廃車することによって、解約返戻金があり、対象外。
8.任意保険保険料:車両の入れ替え手続きをすれば済みますから、これも対象外。
9.レッカー代などの実費:これは請求してもOK。

ということで、実際には、そんなに多額になることはないのですね。
しかしこれは、支払側があなたの請求に異議をとどめた場合。請求するのは自由です。

まあ、少額訴訟にせよ、何にせよ、理論的に争うには手間がかかり、その割りには、成果が乏しい争いになりますから、プラスアルファを認めてくれたら手打ちというのが、賢い対処方です。

この回答への補足

詳しく書いて頂きありがとうございます。
事故車同等の(ウ”ッツなんですけど)中古車を探し
諸費用の内訳が書かれてる見積書は保険会社に送付済みです。でも全部認めないといってるんです。
諸費用に関して自分が話しても言い返されるだけで・・。だからあとは判例で対抗していこうと思った次第です。プラスアルファだけでも認めてほしいのです。そこまでもっていくのにもやっぱり判例でしか思い当たらないのです。

補足日時:2005/04/04 17:03
    • good
    • 0

↓当てはまるかどうかはわかりませんが、判例です。



参考URL:http://home.att.ne.jp/kiwi/JHSC/hanrei-0027.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
こちらのサイト、初めて見ました。
教えてくれて助かります。

お礼日時:2005/04/04 15:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人身事故を起こしてしまった場合の免許の点数

今月4日に、人身事故を起こしてしまい、相手に全治10日の怪我を負わせてしまいました。

その際、警察を呼んで処理をしてしまったのですが、そのときは、免許の点数のことは言われませんでした。この事故は、急な下りの雪道をスリップしてしまった事故で、スピード違反などの交通違反はしていません。(警察の方にも何かの違反があった旨の指摘は受けませんでした。)

そして、本日に至るまで、点数についての警察または免許センターからの通知などは一切来ません。

そこで、質問なのですが、
1、この場合、免許の点数は加算されないのでしょうか?
2、加算される場合は、いつごろになるのでしょうか?(17日の今日まで、何の連絡もないので不安なのですが・・・)

Aベストアンサー

相手も車なのかそれとも歩行者なのか、過失割合や示談状況の詳細が不明ですが、

1.刑事処分

 無謀運転の挙句に重傷負わせて逃げたとかならともかく、今回のケースは
 ・雪によるスリップ
 ・その場で警察を呼んでいる
 ・被害者は軽症
 ・質問者さんも普段は優良運転者(と想像)
 ですので、刑事処分を課されることはまず無いでしょう。

2.行政処分

 A.単に事務処理中
    処分内容は他の回答者さんがお書きの通りですが、スピード違反で赤切符を貰ってから地検への呼び出しが
    来るまでも平気で1,2ヶ月かかったりしますから。

 B.被害者が調書の”行政処分を求めない”に○を付けてくれた
    相手が寛大な人で、警察での聴取の時に「わざとやった訳じゃないだろうし、大した怪我でも無いから。」と
    行政処分を求めなかったのかもしれません。 この場合は何もお咎め無しです。

のどちらかだと思います。

人身扱いである以上、必ず質問者さん側の保険会社が間に入っていると思うので、そちらにも状況を聞いてみてはいかがでしょう?

相手も車なのかそれとも歩行者なのか、過失割合や示談状況の詳細が不明ですが、

1.刑事処分

 無謀運転の挙句に重傷負わせて逃げたとかならともかく、今回のケースは
 ・雪によるスリップ
 ・その場で警察を呼んでいる
 ・被害者は軽症
 ・質問者さんも普段は優良運転者(と想像)
 ですので、刑事処分を課されることはまず無いでしょう。

2.行政処分

 A.単に事務処理中
    処分内容は他の回答者さんがお書きの通りですが、スピード違反で赤切符を貰ってから地検への呼び出し...続きを読む

Q損害賠償について(長文)

去年の年末に交通事故を起こしてしまいました。
押しボタン信号のある交差点で、ボタンを押すことなく赤信号でいきなり飛び出してきた老婆を避けた結果、電柱に衝突してしまいました。幸いその老婆は無傷で済みましたが、車が全損になってしまいました。車はH9のレガシィワゴンGT-B走行7万弱で新車のときから大切に乗っていたものです。外装だけでも結構な金額がかかっています。(車両保険は入ってません)
その場では、その老婆も赤信号で飛び出したことを認め、すべて自分が悪いとも言っていました。事故現場にいた近所の方もその事は聞いています。
スピードも多少でていた(法定速度40のところ60~70くらい)のもあり、警察では単独の自爆事故扱いになりました。

後日、相手方に会った時に謝罪が一切無い事と、老婆の旦那の「どうせ車両保険を使って保険会社とうちらと両方から金を取る気なんだろ」という言葉を許すことが出来ません。

そこで、質問があります。
この場合、損害賠償などで相手方からお金は取れるのでしょうか?
取れるとしたらどれくらいですか?
後付けパーツの料金も上乗せできますか?

今回のことについて全く知識がないので、御回答頂ければ幸いです。
宜しくお願いします。

去年の年末に交通事故を起こしてしまいました。
押しボタン信号のある交差点で、ボタンを押すことなく赤信号でいきなり飛び出してきた老婆を避けた結果、電柱に衝突してしまいました。幸いその老婆は無傷で済みましたが、車が全損になってしまいました。車はH9のレガシィワゴンGT-B走行7万弱で新車のときから大切に乗っていたものです。外装だけでも結構な金額がかかっています。(車両保険は入ってません)
その場では、その老婆も赤信号で飛び出したことを認め、すべて自分が悪いとも言っていました。事...続きを読む

Aベストアンサー

歩行者→赤:自動車→青信号の場合
基本割合は70:30と思われます。

ただし相手老人なので-10%、
車の速度超過30km以上ならば+20%の修正をしますと
過失割合
歩行者40:60車(速度超過30未満なら50:50)と思われます。

車両保険未加入との事ですが、過失割合・損害額の確定方法や
損害賠償金請求方法等々、まずはご自身の保険会社に相談
されることをおすすめします。

Q物損事故は免許の点数に影響ないですが、

物損事故は免許の点数に影響ないですが、
免許の更新のとき、交通違反者が受ける
教室で講習を受けたんですが、何でですか?

Aベストアンサー

過失による物損事故は刑事責任を問われないからです。
但し、故意に当てたり、過失でも当て逃げの場合は器物損壊罪又は当て逃げで刑事責任と行政処分がくだされます。
物損事故は、当事者間の民事事件になるので加害者は被害者に対して損害賠償責任は過失や故意を問わず発生します。

Q過失部分への損害賠償

自動車保険を調べていてすごく気になることがあったので質問します。

対歩行者等の特約というものがあるのですが、これには
「対人賠償保険では支払対象とはならない被害者の過失部分にあたる損害について保険金を支払いするものだ」とあります。
しかし、相手の過失部分については賠償責任はないと思うので、こちらは慰謝料を支払う必要はないのだと思いますが、どうなんですか?

もしそうなら何のためにこういう特約があるのでしょうか?
スムーズに示談をするためでしょうか?

Aベストアンサー

対歩行者事故において、相手方に過失があると主張しても、歩行者はなかなか認めなく、示談が難航するケースが多々あります。
示談な難航すると、刑事罰にも影響が出るため、契約者を守るために、そのような特約ができたわけです。

Q交通事故の、免許点数の減点について

友達が交通事故してしまい、免許の点数がいくつ減点されるのか詳しくわからないので、もし分かる方いましたら教えて下さい。右直事故で過失割合はこちらが8の8:2だったと思うんですが、人身事故になってしまい、点数が減点されると思うのです。おそらく、怪我は15日未満の怪我ということですむと思うのですが、15日未満の場合、安全運転義務違反の2点と、事故の点数が2点になると思うのですが、8:2の場合、こちらが分が悪いので、『専らの原因で治療期間15日未満の軽傷事故又は建造物損壊に係る交通事故』という風になって3点になるんですか?過失割合がいくつだと、両方とも減点されると、どちらかだけ減点されるとかはあるんでしょうか??

Aベストアンサー

直進車=3右折車=7 です。 
(交渉で条件が変わる事もあり)
点数は、重くして欲しいと相手が言ってる場合 
軽い人身事故 で 過失大 3点 軽い場合 2点
不起訴の場合 減点は無い。
今回の事故は 追加)違反は無いと思われます。

直進者には当然過失が軽いので不起訴で減点は無いでしょう。 

Q二十歳の馬鹿ドライバーはいくらぐらいの損害賠償義務が有るのでしょうか。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00319638.html
酒酔い運転してパトカーの追跡から逃げようとしてタクシーと激突して運転手を殺した
二十歳の馬鹿ドライバーは全部でいくらぐらいの損害賠償額を負わなくてはならないのでしょう。
運転していたアウディも他人名義だったそうですね。

Aベストアンサー

これってはっきり言って、死亡した方には悪いけど、相手が悪すぎです。
おそらく、タクシー会社は、従業員の志望と言う事で、かなりの額面の損害賠償を求めてくるでしょうね。
しかも相手は、20歳なら彼の家族に、賠償額を支払う義務を求めてくるかもしれません。

私も過去に、タクシー会社と事故を起こしてしまい、かなり強引に賠償を求められた事があります。
相手が企業だけに、きちんとした弁護士やらいろいろと抱えているので、タクシーとの事故は意外と大変です。

しかも今回の場合、事故後逃亡と言うやってはいけない行為までしているうえに飲酒がらみですから、保険は使えないと思います。
まあ、ネット上での噂では暴力団のむすこでは・・・・
との言噂がありますが、それでも相手はタクシー会社と言う企業ですから、相当もめると思いますよ。

Qバイクで事故に合いました。どちらが悪いか、また免許の点数は引かれるのですか??

本日7時ごろ事故にあいました。こちらは400ccバイクで相手は50ccの3輪バイクです。
自分が中央線が引いていない、あまり大きくない道路の左よりを30キロぐらいで走っていました。そうしたら袖がひっかかり、ハンドルが少しぶれてしまいました。その瞬間左後方部(ステップ付近)に原付が衝突してきました。そのまま私は転倒しました。

バイクから降りて、いてーなとちょっと口調が悪くなってしまい、少し話していたら警察を呼ぶと言ってきたのですが、免許不携帯だったので警察呼ばなくていいといってしまいました。
その相手がデリバリーの途中で、相手の連絡先と仕事場を聞き、15分くらいで戻ってくると言って行ってしまったので、その間に免許を取りに戻りました。

そうしたらなかなか戻ってこないで40分ぐらいして、
待ちきれず警察を呼びました。腰が少し痛かったので救急車まできてしまいました。
病院の後、警察に行き、事故のことを話して、相手の仕事先まで行きました。

するとその事故の相手の店の店長が入って3人で話し合いをしました。
言い分はそっちがぶれたから後ろに当たったんだとの事です。
こちらはステップ後方に当たられたから前方不注意でそっちが悪いだろうと言ったら、じゃあ俺もひざが痛いから医者に行くからといって、そしたら警察に行くといいだしました。そして事故の場合は二人とも点数が引かれるよといわれて、
自分は点数が後3点(初心者期間)しかなくて、と言われて、はっきり言ってそれだけは絶対に勘弁してほしかったので、こちらが誤るばかりで結局相手は警察に行かないということになりました。免許取り消しだけは避けたかったのでこちらも相手の言い分にしぶしぶ従いました。

この場合事故でどちらが悪い比率が高いですか?

また免許の点数は事故の加害者、被害者両方とも引かれるのですか?

読みずらい文章ですが、回答よろしくお願いします。

本日7時ごろ事故にあいました。こちらは400ccバイクで相手は50ccの3輪バイクです。
自分が中央線が引いていない、あまり大きくない道路の左よりを30キロぐらいで走っていました。そうしたら袖がひっかかり、ハンドルが少しぶれてしまいました。その瞬間左後方部(ステップ付近)に原付が衝突してきました。そのまま私は転倒しました。

バイクから降りて、いてーなとちょっと口調が悪くなってしまい、少し話していたら警察を呼ぶと言ってきたのですが、免許不携帯だったので警察呼ばなくていいといってし...続きを読む

Aベストアンサー

No4です。
最初に言っておきますがこのケースではあなたには過失はありません。
50ccの三輪車(原付)で制限速度30キロまでしか法的に出せないはずなのに、あなたのバイクに追いつきぶつかるほど接近しているのがおかしいのです。

事故後の流れは、まず現場検証をします。
事故現場で自分がどう走っていて相手がどう来たのかを話し合います。
それを元に警察が事故証明と言う書類を作ります。
後は違反が無かったかを調べ違反金と罰則点を決められます。
警察の仕事はここまでです。

警察は民事不介入なのでそれ以上は何もしません。
解りにくいですが事故は人身事故と物損事故の二つに分かれます。
人身事故が刑事、物損事故が民事になります。
処理方法が違うのです。
警察が介入するのが刑事、民事は保険屋が介入します。
過失割合を決めるのは民事の方です。

警察が事故証明を作ったら次はあなたのバイクの修理の見積もりをバイク屋で作ってもらいます。
そして保険屋(任意保険)に連絡し、相手の保険屋と話し合ってもらい過失割合を決め、見積もりの金額を出してもらいます。
そのお金でバイクを修理しておしまい。
あなたの治療費は相手の自賠責(強制保険)から全額でます。

事故の交渉のコツはどれだけ冷静に感情を出さないかによります。
相手がかわいそうだとか、憎いとかそういった感情は捨て淡々と事実だけをはっきり言えば良いのです。
相手に流されちゃいけません。

ところで、任意保険は入ってますよね?

No4です。
最初に言っておきますがこのケースではあなたには過失はありません。
50ccの三輪車(原付)で制限速度30キロまでしか法的に出せないはずなのに、あなたのバイクに追いつきぶつかるほど接近しているのがおかしいのです。

事故後の流れは、まず現場検証をします。
事故現場で自分がどう走っていて相手がどう来たのかを話し合います。
それを元に警察が事故証明と言う書類を作ります。
後は違反が無かったかを調べ違反金と罰則点を決められます。
警察の仕事はここまでです。

警察は民...続きを読む

Q車の諸費用って?

新車を購入予定です。自動車税、自動車取得税、自動車重量税、自賠責、車庫証明以外にかかる諸費用を教えてください。金額も分かればお願いします。下取車はありません。

Aベストアンサー

yakeiさんの書いている費用の他、ディーラーが登録諸費用に計上してくるのは、納車費用、車庫証明代行手数料、検査登録代行手数料です。
このうち、検査登録代行手数料は専門知識が必要な上、場合によっては実車を車検場に運ぶことが必要になるなどの手間がかかりますので、ディーラーに任せた方がよいでしょう(だいたい2万~3万円位)
納車費用は、新車納車時にディーラーへ車を取りに行くことにすればカットすることが出来ます。
「納車状態にするための手間賃」とか「輸送費用」と言ってカットを渋る場合もありますが、輸送費用は明らかに間違いですし、何とか粘ってカットさせたいところです。
自販連のHP「読者の広場、自動車関連Q&A」に諸費用についての記述がありますので、是非お読み下さい。
また、車庫証明手数料は自分で、管轄の警察署に2回行けば証紙代2500円のみで取得できます。
登録諸費用は、ディーラーの取り分である手数料関係を計上しやすい部分ですので、きっちりと明細を出して貰い損得がないかを確認する必要があります。
特に、最近は利益確保のため手数料カットになかなか応じてくれないディーラーもあるようです。
ですが、車両本体値引き分が少ない車種では、諸費用の削減が総支払額に影響しますので、地道に交渉してみて下さい。
車両本体値引きと、オプション値引きを分離させて交渉することもお忘れ無く。
以下に、自販連のURLを記載しておきます。

yakeiさんの書いている費用の他、ディーラーが登録諸費用に計上してくるのは、納車費用、車庫証明代行手数料、検査登録代行手数料です。
このうち、検査登録代行手数料は専門知識が必要な上、場合によっては実車を車検場に運ぶことが必要になるなどの手間がかかりますので、ディーラーに任せた方がよいでしょう(だいたい2万~3万円位)
納車費用は、新車納車時にディーラーへ車を取りに行くことにすればカットすることが出来ます。
「納車状態にするための手間賃」とか「輸送費用」と言ってカットを渋る場合...続きを読む

Q物損事故と免許の点数

先日ガードレールに引っかかる事故を起こしてしまいました。
車は助手席側のフロントタイヤの上のボディがめくれ上がるくらい損傷していましたが、ガードレールは比較的何ともありませんでした。多少こすった跡と塗装が付くくらい。
幸い同乗者、その他の人には怪我人はなく、単純に車とガードレールの損傷だけでした。
そこで質問なのですが、こういった事故には免許の点数が減点されるとか、「事故」という履歴が残ったりするのかをお聞きしたいです。
どうかわかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

きちんと警察に届け出て被害者(=県庁)と示談が成立すれば点数無し。事故点は違反の加算点数な為、違反無しにすればセーフ。だから届け出をする必要があります。
但しその事故について対物保険や車両保険を使えば当然保険の無事故割引等級は下がります。結果5等級以下迄下がると引受不可になる代理店もありますし、保険料は等級下落分引き上げになります。

Q販売諸費用!?15万??

先日中古車をみにいって気に入った車を発見し見積もり
もだしてもらったのですが本体価格と車検をのぞいて
販売諸費用(事務手数料、納車手数料)という欄に
事務手数料→約10万
納車手数料→約5万とありました
よくわからないのですがそんなにかかるものなのでしょうか??

Aベストアンサー

車を購入するときに必要な費用は次の通りですので、ご注意下さい。
(1)本体価格
(2)本体消費税(5%)
(3)自動車取得税(新車時の相場価格に経年係数を掛けた額の5%。通常中古 車の場合、50万円以下又は新規登録から7年経過した車は不要です。)
(4)自動車税(未経過分:2月登録だと1ヶ月分)
(5)重量税(車検残がある場合は不要)
(6)自賠責保険(未経過分)
(7)車庫証明(警察署には2500円だけです)
(8)名義変更(陸運局には3000円以下:ナンバーが変わる場合でも)
(9)印鑑証明書(市町村役場で200円)
の以上です。
事務手数料と納車手数料の内訳が分りませんので乗れる状態にしてくれて
15万円でしたら妥当だと思いますので充分に内容を確認してください。
尚、検2年付と明記しておきながら納車整備費(貴方が特に依頼しないのに)を要求するとか、重量税の未経過分を要求する所とは取引すべきでは有りません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報