建設業界の土木事務?工事の事務入札から注文請書まではわかりますが、それ以降、解りません工事終了までの流れ、特にポイントを教えてください。

A 回答 (1件)

指名願い提出→指名→入札→落札→契約→出来高算定→請求→入金→検査→竣工→引渡し・・・。


発注者とのやり取りだけでも、大きくこういった流れがあり、これらの中味を分解すると更に作業レベルでの事務処理業務があります。

一方で、下請け会社とのやり取りの事務処理業務等も並行してあります。

かくのごとく広範な事務業務がありますから、もう少し質問内容を具体的に絞り込まないと、「ポイントを教える」と言う訳にはいかないでしょうね・・・。

この回答への補足

会社に行って流れを比べてみました。教えていただいた流れに添って見るとよくわかりました。今までの仕事が売りと買いで建設業私のところは土木です。工事出来高計算書、とか外注出来高集計。出来高の意味と集計のタイミングがわかりません。ようやく外注さんと元請さんの意味が解りました。ないか良い勉強法があれば教えてください。どこから入っていいのかわかりません。

補足日時:2005/04/06 10:51
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。土木事務の経験もなく。教えてくれる人もなく困っていました。とりあえずタイミングわかりました。また内容を把握確認します。その時は宜しくお願いします。

お礼日時:2005/04/05 19:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング