この度事務所の改装工事を予定しています。経理処理の
仕方がわかりません。
借りている事務所の改装でも資産の改良と見なされるんですか。固定資産であげて償却しないといけないんでしょうか。とりあえず経費で落とせるものはすべて一括で落としてしまいたいと思っています。資産に上げなければならないものと償却方法、経費で落とせるものの科目など仕訳の方法を教えて下さい。見積もりの内容は・・壁撤去 35万、 新規壁・パーテーション設置工事一式 67万、残財処分費 8万、床張替え工事 25万、クロス張替え 15万 合計150万円程です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

壁撤去 35万


残財処分費 8万

・・・これは修繕費で計上されては如何ですか?
それとともに、最初に入居した際に資産計上されていれば、残っている金額を除却損で計上します。

他は資産計上した方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
なかなか難しいですね。少しでも経費で落として
しまえるよう、工事内容を調整して貰います。

お礼日時:2005/04/23 19:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事務所移転のお知らせと年賀状は?

年賀状を出すのもいよいよ押し迫ってきましたが、皆さんにアドバイスをいただきたく、お願い致します。
先日、商売の事務所を移転しまして、バタバタしていたため、顧客への通知をまだ、出せていないのですが、(出張メインのため、あまり不都合は出ていなかった)こういったものは一般的に年賀状に添えて、というのは失礼にあたるのでしょうか? 
まあ、多量の年賀状と一緒ですと、埋もれてしまって認識されにくいって事もあるかもしれませんが・・・
物入りの時節柄、支障が無ければ一緒にしたいのですが、先輩諸氏、お知恵を拝借したいと思います。

Aベストアンサー

>失礼にあたるのでしょうか?
受け手の立場で考えると、大丈夫だと思うのですがねぇ。
「なんだよ、ハガキけちったな」とか思う人もいるんでしょうか?

形式どおりの年賀状より
「新しい場所で、新年を迎えてさらにガンバります」のようなことが書かれていれば、印象いいし、記憶に残ると思いますよ。

>認識されにくいって事もあるかもしれませんが・・・
 案外大量でも全部見ますよ。で、移転通知がいっしょだったら、他の人にわかるように事務所のカベに貼り付けたり・・・

Q減価償却費の計算(残存価格10%で残っている資産を5%まで償却、経費算入できますか?)

減価償却費の経費算入の件ですが、耐用年数がだいぶ前に過ぎた、償却資産があります。期末残高が、取得価格の10%残っています。ずっとそのままだったのですが、19年度で、5%まで償却し、経費に算入することは出来るのでしょうか?最後の年度から何年ならという決まりはありますでしょうか? (定額法・現在も使用している物です)宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>取得価格の10%を19年度で、5%まで償却し、経費に算入することは出来るのでしょうか?
下記の方法で償却します。
定額法における残存価格10%を5%にする場合
償却金額が毎年償却している金額を超える事ができません。
2年にわたって5%まで償却することとなります。
毎年償却している金額が小さい場合は、今年度で償却できます。
残存価格が5%の物は、来年平成20年から5年間(均等)で残存価格1円まで償却できます。

残存価格5%で50,000円の場合
平成20年 10,000円
平成21年 10,000円
平成22年 10,000円
平成23年 10,000円
平成24年  9,999円
となります。
ご参考まで

Q小さな会社の、事務所開設のお知らせについて

知人が会社を経営しているのですが、
この度、2拠点目の事務所を開設する事になりました。
その際、事務所開設のお知らせを取引先に出したいそうなのですが
もしみなさんが、そのお知らせをハガキでもらったら
非常識な会社だと思いますでしょうか?
やはり、そのようなお知らせは、封書で出すのがビジネス取引として
正式な形でしょうか?

ハガキで出せば、郵便料金も安いですし
封書に出す際のように紙を折ったり、のり付けしたり
そのような手間が省けるので(人でもお金も抑えたいので)
ハガキで出したいのですが
今までそのようなお知らせを取引先からもらう際は
必ず封書でくるので、失礼ではないかと悩んでいたのですが
私もそのような常識が解らず、こちらに質問させて頂きました。

ご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

自営業者です。
ハガキで十分だと思います。
逆に封書で来ると、ちょっと仰々しい感じがします。
どんなにすごい事務所なんだと思ったりして…。

代表取締役就任とかなら封書がいいですが、新規立ち上げでもないようですしハガキの案内でいいと思いますよ。
逆に手書きで一言添えているほうが、体裁を整えたものよりよっぽどいいかと。
参考になれば幸いです。

Q償却資産申告書(償却資産課税台帳)の記載内容で

市へ,20年度固定資産(償却資産)の申告を行う準備をしています。
償却資産申告書(償却資産課税台帳)での「評価額」とは,営業車であれば,市場での中古車としての査定額を記入すれば良いのでしょうか。前年(19年中)に新品で取得したパソコンはどう「評価額」を決めればよいのでしょうか。ご教示頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

最下段にある「評価額(ヘ)」のところですよね?ここは償却資産の税額算出上、計算する方法があるのでその方法により算出した金額が記載されます。
ここは電算処理で申告されなければ記載は不要です。

もしも電算処理で行うのであれば、会計ソフトで出力が可能なものもありますが、下記に東京都主税局のHPにあるその計算方法のアドレスを載せておきます。

ところで営業車は自動車税・軽自動車税の課税対象であれば申告の必要はありません。あとパソコンでも10万円未満で取得時の費用、10万以上20万円未満で3年での一括償却にしているのであれば申告不要です。

参考URL:http://www.tax.metro.tokyo.jp/shisan/shokyak_sis.html#sy_5

Q移転通知のお知らせのタイミング

小さな会社に勤務しています。

この9月末に事務所が移転することになりました。
それにあたり、取引先への移転通知のお知らせを
出すタイミングがわかりません。

うちの会社には総務部がないので、
おそらく私がやることになると思います。

ネットで調べてみましたが、サンプル文は
載っていましたが、タイミングについては
書いてないようです。

どなたか詳しい方教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いたします。

Aベストアンサー

住所とか電話番号とか、必要な情報が確定しているか、再確認しておきましょう。
もし、必要な情報が揃っているのであれば、移転の準備も大変でしょうから、あなたの仕事の谷間で準備をして行って、準備ができれば1ケ月半くらい前から発送してもおかしくはありません。
儀礼的な通知状は移転の一週間前くらい前までに先方に届くように考えておけば良いと思います。

小さな会社ですと、事務をやっているあなたが日常取引があるところへの連絡もすることになるでしょうから、それらのところへの案内は実質本位で判断して、8月の月末の請求・支払いのやり取りの際に、簡単な案内メモを添付して渡しておくという方法もあると思います。

準備大変でしょうが、がんばってくださいね・・・。

Q【償却資産税申告】動力配線工事と電力引込工事

すみません、どなたかご教示下さいm(_ _)m

償却資産税の手引きを確認したところ、
「電力引込設備」は償却資産税申告の対象、
「動力配線設備(特定の生産又は業務用設備を除く)」は償却資産税申告の対象外(家屋として評価)
となっておりました。

そもそも、「電力引込設備」と「動力配線設備」の違いがぴんと来ません。
ネットで調べたりもしたのですが・・・
どなたか詳しい方、ご教示くださいませ。。。

Aベストアンサー

電気屋さん視点での意見です。

電力引込設備 電力会社の設備から、建物にはいるまでの間(屋外)
動力配線設備 建物に入って以降の配線設備など(屋内)

という感じでしょうか。

私の場合ですが、工事の見積をする場合に「建物に引き込んだ後、最初に接続されているブレーカーの前と後」で、引込み側と屋内側を分けています。たぶんこのような考え方が、税金の計算にも反映されているのではないかと思います。


税金を計算する役所の担当者も、たぶん工事費明細などを元にして課税するでしょうから、工事をしていただいた業者さんに明細を聞いてみるのも、解決の近道かもしれません。

 

Q事務所移転の通知

事務所移転の通知を年賀状と一緒にしてもマナー上問題ないでしょうか?
(年賀状の中に事務所移転の旨も書いておくこと)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マナー上はだめです。

まずは事務所移転の通知を出す。
次に年賀状に「昨年○月に移転しました」と記載し、新住所を明記する。
間違いを避けるために、年賀状には旧住所は書かない。

一般的にはそうします。

Q少額減価償却資産?一括償却資産?

色々調べたんですが、

理解ができません・・・

もっと噛み砕いておしえていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

小額資産の金額は1個10万円未満かどうかなので判断しますが、これは通常の取引単位の金額で考えるということになっています。
従って9万円の机を何百台購入しても1台9万円未満ですから全額当期の費用となります。

これが車のタイヤであると、10万円未満だといってもそれだけでは用をなさないので車の価格に含めて一つの資産として評価します。(補修用に別途買う場合は1個あたりで判断します)

一方、一括償却資産の意味は下記のとおりです。
税法上、少額の固定資産について特別の償却方法を認めたものです。

-------------------------------------------------------------
一括償却資産(いっかつしょうきゃくしさん)とは、取得価額20万円未満の減価償却資産 の取得を行い、当該資産を3年間にわたって税務上の一括均等償却をする際に計上する 勘定科目を指す。

Q得意先の事務所移転

得意先が事務所を移転する事になりました。大手の会社で貸し事務所を移転するだけで新社屋を建てたと言うわけではないですが、こういう時何かお祝いみたいな事をするべきなんでしょうか?

Aベストアンサー

その得意先が「新事務所移転オープン」セレモニーをされるのでしたら、業種により花輪などが良いかもしれません。

地味な業種で、特にセレモニーなしなら1番回答のような「お酒」、「祝い花」が無難でしょう。

お付き合いの度合いで、押し花付き祝電が良いケースもあります。

Q固定資産税や減価償却や償却資産について解りやすく知りたい。

固定資産税や減価償却や償却資産について解りやすく知りたい。
管理職で標題の言葉をよく耳にします。
しかし営業一筋ですので詳しくは解りません。今更ながら聞けません。
ネットで調べても文字ばからで、その中にはまた知らない言葉ばかり…
解りやすいサイトや本がありましたら教えて下さい。
知りたい内容は、言葉の意味その物ではなく、この処理をする事で会社にとって何がいいのか、何の義務があるのか等です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

※固定資産税とは。
固定資産と名がつけば会社の資産(財産)なのです。「例えば,あなたの家の固定資産税を毎年納付しているのと同じことです。」
ですから会社も固定資産税を納付しなければならないのです。

※固定資産には。
(1)有形固定資産「土地・建物・構築物・機械及装置・車両・工具器具備品」土地・建設仮勘定は減価償却しません。他は減価償却します。と

(2)無形固定資産「営業権・特許権・借地権・商標権・施設利用権・長期前払費用「未経過保険料・前払賃借料・ネオン権利金・看板権利金・不動産権利金」減価償却しない,があります。

(3)(1)の固定資産には土地・建設仮勘定以外は耐用年数があります。この耐用年数に見合った減価償却率があります。これをそれぞれの固定資産に乗じて(例)建物×減価償却費=残存価額(残存価格でもOK)を出します。

※例えば5,000万円で事務所を建てました。固定資産税が50万円だとすればこれを納付し続けることになります。
取得価格     償却率   償却額      残存価額
50,000千円×(0,063=3,150千円)=46,850千円・・・・このように毎年計算をすれば残存価額に税額を乗じて少ない固定資産税を納付する。つまり会社は無駄な費用が使わないで済むわけです。
固定資産税は国が定めた税であるので,必ず納付しなければならないのです。
P/L・B/Sを作成するとき,費用(経費)・資産・負債・資本の科目が出てきますが,これらの勘定科目を理解していなければ作成できません。
教本等の内容を見ても,例として事務用消耗品としか掲載されていません。私たちは例えば事業主貸・事業主借とは何か?を知りたいがぜんぜん掲載されていない。そう言いながら事業主貸・事業主借の勘定科目を使用して例題にしています。私は思います。事業主貸←この科目は資産か負債かを説明して例題に掲載されたらいいと思います。
事業主貸=資産勘定。事業主借=負債勘定
例えば,小さい会社で従業員の給与が200,000円でした。しかし会社は現金では150,000円しか支払えない,後の50,000円は事業主が出します。つまり事業主貸になります。事業主は債権を得たのです。参考まで。

※固定資産税とは。
固定資産と名がつけば会社の資産(財産)なのです。「例えば,あなたの家の固定資産税を毎年納付しているのと同じことです。」
ですから会社も固定資産税を納付しなければならないのです。

※固定資産には。
(1)有形固定資産「土地・建物・構築物・機械及装置・車両・工具器具備品」土地・建設仮勘定は減価償却しません。他は減価償却します。と

(2)無形固定資産「営業権・特許権・借地権・商標権・施設利用権・長期前払費用「未経過保険料・前払賃借料・ネオン権利金・看板権利金・不動産権利金...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング