プロが教えるわが家の防犯対策術!

ヘントの祭壇画のオルガンは現物のオルガンとほとんど同じ縮図になっているというのは本当なのでしょうか?

A 回答 (2件)

《ヘントの祭壇画のオルガンは現物のオルガンとほとんど同じ縮図》のようですが、鍵盤位置は演奏者手元の関係?絵画的な配慮からなのか、位置が違っている可能性があるようです。

 パイプは絶妙らしいです。

https://dokkyo.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view …
上のURLでは開けないようでしたら、下記の長い文をgoogleで検索してください。

音楽図像学へ : 美術史学からのアプローチ : ファン・エイク兄弟作《ヘントの祭壇画》「奏楽の天使たち」を中心に

全文を上から読む方がいいですが、p14/40あたりから読んで、p16までいったら、P35から下の写真  

  《ほとんど同じ縮図》にはちがいなさそうです。
    • good
    • 0

それはですね


当時の画家には
カメラ・オピュキラスといって
リアルな絵を描くために
カメラで写った風景や人物を
そのままキャンバスに写して
絵を描いていましたから
同じ縮図になっています

もちろん
それを使わない画家もいましたが
はやっていたのですね

今でもそういう画家はいます
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング