友達に誕生日に欲しいものを聞いたら「あまずっぱいような恋愛小説」と言われたのですが、よく知らないのでいい本があったら教えてください。
今度高3になる17歳でこの間彼氏のできた女の子です。
おねがいします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

ある愛の詩


新堂冬樹(著)
角川書店

純愛物語です。純粋な主人公と愛を信じられないヒロインの恋が小笠原を舞台に繰り広げられます。御伽噺のような展開ですが、最後のヒロインの台詞には感動します。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048735 …
    • good
    • 0

love history


西田俊也(著)
メディアファクトリー

コレもいいかなーって思ってまた書き込みました。
この話は、結婚を明日に控えた主人公が昔の恋の思い出の品を捨てようとしたその時に事故に遭い、今まで経験した恋をたどっていくというものです。
ラストの主人公と明日結婚する婚約者の愛には感動です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4840101 …
    • good
    • 0

昨年は『冬のソナタ』や『世界の中心で、愛をさけぶ』などいわゆる純愛ブームが起こったことは、ご存知の通りです。

これらは読んでいませんが、私は昨年末からこの年初にかけ、市川拓司氏の作品を全て読み、深い感銘を受けました。

有名な『いま、会いにゆきます』はもちろん、処女作『VOICE』と『Separation―きみが還る場所』という作品があります。本で出版されているのは『Separation―きみが還る場所』で、この中に『VOICE』が収まっています。この2作品を足してお湯で薄めた様に(?)読み易くしたのが『いま、会いにゆきます』です。

この他、『恋愛寫眞―もうひとつの物語』と『そのときは彼によろしく』も読みました。
    • good
    • 0

あまずっぱくはないかもしれませんが、セカチューなんかより遙かにスケールの大きい、感動できる一冊です。


『きみに読む物語』ニコラス・スパークス著
つい最近映画化された小説なのでご存じかもしれませんが…

参考URL:http://www.kimiyomu.jp/
    • good
    • 0

僕のお薦めは、


まず有名なもので
(1)「世界の中心で、愛を叫ぶ」
(2)「いま、会いにゆきます」
(3)「猟奇的な彼女」
(4)「僕の彼女を紹介します」
(5)「天国の本屋」
(6)「博士の愛した数式」←これは恋愛小説ではないです。でも、感動します!!!  
漫画では、
(7)「NANA」
(8)「からくりサーカス」
僕のお薦めは(1)~(4)です。
有名ですが、本で読むとやっぱり感動します。
映画を見たのであれば、思い出しながら読むとより感動できると思いますよ。
「NANA」は、有名ですが、女の子にも男の子にもとにかくお薦めです!!!
長々とした文でごめんなさい;;
    • good
    • 0

あまずっぱいような恋愛小説とはかなり外れてしまうのですが、「岩明均さん著 寄生獣」というコミックはいかがでしょうか?


私はかなり影響を受けましたので、お勧めします。
かなりグロテスクなコミック表現がある作品ですが、家族愛、異性愛、ついでに言えば異生物間、同生物間でのコミュニケーションの可能性と絶望について、切ない物語が展開されます。
本屋さんや漫画喫茶、インターネットカフェで手に取ることができたら、お読みいただければと思い、書き込みました。
    • good
    • 0

山田詠美の 放課後の音符


あれ?ごめんなさい、漢字があやしい。
放課後のキーノートといいます。
装丁もすごくかわいいです。
    • good
    • 0

No.1です。

情報を追加しておきますね。
村山由佳のCOFFEE BREAK
http://www.shueisha.co.jp/coffee/nighttime.html

SeriesGuideでおいしいコーヒーのいれ方シリーズの紹介が載っています。

参考URL:http://www.shueisha.co.jp/coffee/nighttime.html
    • good
    • 0

#1さんと同じく村山由佳さんの著作です。



「天使の羽」http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087484 …


「天使の梯子」http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087813 …

参考URL貼っておきました。「天使の梯子」は「天使の羽」の続編ですので、あわせてどうぞ!
    • good
    • 0

キスまでの距離―おいしいコーヒーのいれ方〈1〉


集英社文庫
村山 由佳 (著)

これなどどうでしょうか?
男性視点で書かれた物ですが、純情な恋愛に抵抗の無い人には一読する価値はあると思います。
シリーズものですが、非常に読みやすいです。(それだけに読書家の人には物足りなさを感じる人もいると思いますが)
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報